Kazuhiro Seki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 25, 2019 at 21:36
 
Avatar
Name
Kazuhiro Seki
Affiliation
Konan University
Section
Faculty of Intelligence and Informatics
Job title
Assistant Professor
Degree
Ph.D. in Information Science
ORCID ID
0000-0002-1967-4334

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kazuhiro Seki
JIP   27 315-321   2019   [Refereed]
Kazuhiro Seki
Proceedings of the 27th ACM International Conference on Information and Knowledge Management, CIKM 2018, Torino, Italy, October 22-26, 2018   1591-1594   2018   [Refereed]
Kazuhiro Seki,Masahiko Shibamoto
IJMDEM   9(1) 22-35   2018   [Refereed]
Kazuhiro Seki,Masahiko Shibamoto
2017 IEEE International Conference on Information Reuse and Integration, IRI 2017, San Diego, CA, USA, August 4-6, 2017   121-126   2017   [Refereed]
Kazuhiro Seki
Knowledge Engineering and Knowledge Management - EKAW 2016 Satellite Events, EKM and Drift-an-LOD, Bologna, Italy, November 19-23, 2016, Revised Selected Papers   176-179   2016   [Refereed]
Akira Yoshihara,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
Artif. Intell. Research   5(1) 103-110   2016   [Refereed]
Shun Kawahara,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
Computational Linguistics - 14th International Conference of the Pacific Association for Computaitonal Linguistics, PACLING 2015, Bali, Indonesia, May 19-21, 2015, Revised Selected Papers   193-208   2015   [Refereed]
Kazuhiro Seki
Trans. Large-Scale Data- and Knowledge-Centered Systems   22 145-164   2015   [Refereed]
Shun Kawahara,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
OJWT   2(1) 16-26   2015   [Refereed]
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   7(2) 1-10   Jun 2014   [Refereed]
マイクロブログ検索には,単語を用いた疑似適合フィードバックによるクエリ拡張が有効である.しかし,単語は意味的・時間的な曖昧性を持つため,単語を用いたクエリ拡張は有効に機能しない場合がある.そこで,本稿では,単語や2語以上の単語の組合せであるコンセプトを用いた疑似適合フィードバックによるクエリ拡張手法を提案する.さらに,提案手法は検索クエリと同時期に出現するコンセプトの頻度の時間遷移に関する情報を疑似適合フィードバックに組み入れることで,マイクロブログサービスのリアルタイム性を考慮する.代表...
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌   55(5) 1585-1594   May 2014   [Refereed]
マイクロブログ検索には疑似適合フィードバックを用いたクエリ拡張が有効であることが知られている.疑似適合フィードバックでは,初期検索の上位の検索結果は適合文書であり,この適合文書の中にユーザクエリの補強に役立つ単語が含まれていると仮定している.しかし,上位の検索結果の多くが非適合文書である場合,疑似適合フィードバックを用いると,ユーザクエリに関係のない単語が選ばれてしまう可能性がある.そこで,提案手法は上位の検索結果の中からマイクロブログ文書を1つだけユーザが選び,この文書をクエリ拡張に用い...
関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌   55(4) 1428-1437   Apr 2014   [Refereed]
生物医学文献は日々増大しており,個人がすべての情報を把握・利用することは現実的には難しい.専門家の知識でさえも生物医学の特定分野に限定されていることから,疾病や遺伝子といった概念間の重要な関係が,複数の文献から暗示されながらも,大量の情報に埋もれている可能性がある.このような潜在的な関係を発見する研究は,仮説発見と呼ばれる.本稿では,学術文献から抽出した関係の閉じた連鎖に注目し,仮説発見を行う新しい枠組みについて述べる.具体的には,関係の連鎖を構成する述語を同定し,これらの組合せを仮説生成...
Akira Yoshihara,Kazuki Fujikawa,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
PRICAI 2014: Trends in Artificial Intelligence - 13th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, Gold Coast, QLD, Australia, December 1-5, 2014. Proceedings   759-769   2014   [Refereed]
Taiki Miyanishi,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
Proceedings of the Eighth International Conference on Weblogs and Social Media, ICWSM 2014, Ann Arbor, Michigan, USA, June 1-4, 2014.      2014   [Refereed]
東山 翔平, ブロンデル マチュー, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   6(3) 43-52   Dec 2013   [Refereed]
固有表現抽出は,テキスト中に現れる人名などの語句の同定を目的とする自然言語処理の基本的な問題である.抽出する固有表現は,人名や組織名など数種類を対象とすることが一般的であり,これらのカテゴリの間の関係は考慮しないことが多い.しかし,これらのカテゴリは階層性を有する場合があり,その場合,階層的に近い(遠い)という情報は抽出の際に活用できる可能性がある.本研究では,階層構造が定義された固有表現を対象に,階層的な近さの値を与えるコスト関数を定義する.機械学習手法である構造化パーセプトロンにコスト...
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌   54(4) 1655-1666   Apr 2013   [Refereed]
本研究では,順位学習によって時間情報と非時間情報を統合したクエリ拡張をマイクロブログ検索に適用する.1つ目の時間情報を用いたクエリ拡張手法には,時間の新近性と話題の時間変化を取り入れる.マイクロブログ検索では最近起こった出来事について調べることが多いため,新鮮な文書やそれに出現する単語ほどユーザの意図に適合しやすくなる新近性の特徴を持つ.また,話題に関連する文書や単語が話題の盛り上がった時期に出現しやすくなる.2つ目のクエリ拡張手法では,クエリと単語の検索エンジンのヒット数を基にした統計情...
Shohei Higashiyama,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
The First Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields@IJCNLP 2013, Nagoya, Japan, October 14-18, 2013   14-21   2013   [Refereed]
Tetsuya Nakamura,Keishi Taki,Hiroki Nomiya,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
Pattern Anal. Appl.   16(4) 535-548   2013   [Refereed]
Mathieu Blondel,Kazuhiro Seki,Kuniaki Uehara
Machine Learning   93(1) 31-52   2013   [Refereed]
Kazuhiro Seki,Ryota Jinno,Kuniaki Uehara
IJGHPC   5(4) 79-96   2013   [Refereed]
Miyanishi Taiki, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   27(3) 223-234   2012   [Refereed]
This paper proposes a framework to predict future significance or importance of nodes of a network through link prediction. The network can be of any kind, such as a co-authorship network where nodes are authors and co-authors are linked by edge...
Jinno Ryota, Kumanami Kouji, Fukui Satoshi, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   27(5) 308-319   2012   [Refereed]
In trajectory data mining which discovers frequent movement patterns from the trajectories of moving objects, both mining complex patterns and processing massive trajectory data are challenging problems. In this paper, we propose a new approach t...
マチュ- ブロンデル, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   27(6) 401-410   2012   [Refereed]
Support Vector Machines, when combined with kernels, achieve state-of-the-art accuracy on many datasets. However, their use in many real-world applications is hindered by the fact that their model size is often too large and their prediction funct...
ブロンデル マチュー, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   4(4) 49-58   Nov 2011   [Refereed]
本稿では,文献の情報を基に遺伝子機能を付与する問題に対して,カーネルを用いた機械学習の手法を提案する.生物医学文献の数は膨大であり,また遺伝子の種類も数多くある.そのため,各文献に記された遺伝子に対して遺伝子機能を手作業で付与 (ラベル付け) するには,多大なコストが必要となる.その結果,機械学習を行うために必要な訓練データが,十分に集まらないことが多い.訓練データを必要としない手法として,従来,文字列一致が利用されてきたものの,この手法では,表記の揺れや未知語に対処できないという問題があ...
吉川 幹人, 佐藤 翔平, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   3(1) 29-37   Mar 2010   [Refereed]
インターネットの普及と情報検索技術の向上によって,ウェブページの商業利用がさかんになり,特定のページへの誘導などを目的としたスパムブログ (スプログ) が大量に作成されている.これらのスプログは,人気のキーワードなどをページ内にちりばめるなどの方法で,検索エンジンの出力結果に不当な影響を及ぼしている.これに対処するため,スプログのコンテンツに着目したテキスト分類手法が数多く提案されてきた.しかし,分類器を学習するためには多数のラベル付けされた訓練事例が必要となり,人的コストが高い.そこで本...
関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   2(3) 27-38   Dec 2009   [Refereed]
本研究では,遠方にある語の関連性をモデル化するために考案されたトリガー言語モデルを用いて,意見情報検索を行うための枠組みを提案する.このため,まず主観的意見は主たる2つの構成要素を持つことに着目する.1つ目の構成要素は主観的意見を持つ主体,あるいは批評の対象であり,もう1つは意見を表す表現である.これをトリガーモデルにあてはめると,前者はトリガー,後者は非トリガーと考えることができる.これらの語の対(トリガー対)は,意見を記述した文章から統計的に発見することができる.本研究では,このように...
服部弘幸, 関和広, 上原邦昭
情報処理学会論文誌トランザクション(CD-ROM)   2008(2) VOL.2.NO.1,145-155-155   Apr 2009   [Refereed]
服部 弘幸, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   2(1) 145-155   Feb 2009   [Refereed]
日本語,特にカタカナ語では,異なる表記を持ちながら同じ対象を指す異表記同義語が多く存在する.たとえば,「ロサンジェルス」 は 「ロサンゼルス」, 「ロスアンジェルス」, 「ロスアンゼルス」 のように表記することもできる.このような表記の多様性は,文字を単なる記号として扱う処理,たとえば情報検索などにおいて処理精度を低下させる要因の 1 つとなっている.具体的には,検索語として 「ロサンジェルス」 が与えられたとき,通常の情報検索では異表記のみを含む文書はけっして検索されることがない.この問...
関和広, MOSTAFA Javed
電子情報通信学会論文誌 D   J91-D(4) 1033-1041   Apr 2008   [Refereed]
Gene Ontology (GO)は遺伝子の機能を記述するために作られた一種の統制語彙であり,複数の異なるモデル生物データベースを横断的に検索可能にする.GOコードを個々の遺伝子に付与する作業,すなわちGOアノテーションは情報アクセスの効率性を向上させるために重要であるものの,その専門性の高さから自動化は進んでいない.そこで本研究ではGOアノテーション自動化の第一歩として,テキスト分類の手法を応用してGOドメインの推定を行う.まず,生物医学分野の特殊な術語を考慮し,辞書や規則を併用して多...
Proc. of the 28th annual international ACM SIGIR conference on research and development in information retrieval   pp. 793-794    2008   [Refereed]
Discovering Implicit Associations between Genes and Hereditary Diseases
Pacific Symposium on Biocomputing   Vol. 12, pp. 316-327    2006   [Refereed]
Information Processing & Management   Vol. 41, No. 4, pp. 723-743    2005   [Refereed]
Proceedings of the 28th annual international ACM SIGIR conference on research and development in information retrieval (SIGIR 2005)   pp. 138-145    2005   [Refereed]
SEKI KAZUHIRO, FUJII ATSUSHI, ISHIKAWA TETSUYA
Journal of Natural Language Processing   9(3) 63-85   Jul 2002   [Refereed]
In Japanese, entities which can easily be predicted are often omitted. Identifying appropriate antecedents associated with those ellipses, which is termed “anaphora resolution”, is crucial in natural language processing, specifically, ...

Misc

 
Michael Segundo Ortiz,Sam Bubnovich,Mengqian Wang,Kazuhiro Seki,Javed Mostafa
CoRR   abs/1809.01678    2018   [Refereed]
Michael Segundo Ortiz,Kazuhiro Seki,Javed Mostafa
CoRR   abs/1812.02129    2018   [Refereed]
Rivindu Perera,Parma Nand,Boris Bacic,Wen-Hsin Yang,Kazuhiro Seki,Radek Burget
CoRR   abs/1711.01518    2017   [Refereed]
Shun Kawahara,Kuniaki Uehara,Kazuhiro Seki
Proceedings of The Twenty-Third Text REtrieval Conference, TREC 2014, Gaithersburg, Maryland, USA, November 19-21, 2014      2014   [Refereed]
田中 優子, 関 和広, 上原 邦昭
人工知能学会全国大会論文集   28 1-4   2014
王 一驄, 関 和広, 上原 邦昭
人工知能学会全国大会論文集   28 1-3   2014
藤川 和樹, 関 和広, 上原 邦昭
人工知能学会全国大会論文集   28 1-4   2014
岡村 直人, 関 和広, 上原 邦昭
神戸大学都市安全研究センター研究報告   (17) 177-184   Mar 2013
北口 沙也香, 宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
神戸大学都市安全研究センター研究報告   (17) 185-196   Mar 2013
KUMANAMI Koji, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
Technical report of IEICE. Thought and language   112(442) 49-54   Feb 2013
This paper proposes an approach to clustering synonymous phrases focusing on two types of predicate argument relations extracted from natural language texts One is associated with similar causes, the other with similar effects Based on the context...
東山 翔平, ブロンデル マチュー, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2012(25) 1-6   Nov 2012
固有表現抽出は,テキスト中に現れる人名などの語句の同定を目的とする自然言語処理の基本的な問題である.抽出する固有表現は,人名や組織名など 10 種類程度を対象とすることが一般的であり,これらのカテゴリの間の関係は考慮しないことが多い.しかし,これらのカテゴリは階層性を有する場合があり,その場合,階層的に近い (遠い) という情報は抽出の際に活用できる可能性がある.本研究では,階層構造が定義された固有表現を対象に,階層的な近さの値を与えるコスト関数を定義する.機械学習手法である構造化パーセプ...
東山 翔平, ブロンデル マチュー, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告バイオ情報学(BIO)   2012(25) 1-6   Nov 2012
固有表現抽出は,テキスト中に現れる人名などの語句の同定を目的とする自然言語処理の基本的な問題である.抽出する固有表現は,人名や組織名など 10 種類程度を対象とすることが一般的であり,これらのカテゴリの間の関係は考慮しないことが多い.しかし,これらのカテゴリは階層性を有する場合があり,その場合,階層的に近い (遠い) という情報は抽出の際に活用できる可能性がある.本研究では,階層構造が定義された固有表現を対象に,階層的な近さの値を与えるコスト関数を定義する.機械学習手法である構造化パーセプ...
BLONDEL Mathieu, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
電子情報通信学会技術研究報告. IBISML, 情報論的学習理論と機械学習 = IEICE technical report. IBISML, Information-based induction sciences and machine learning   112(83) 9-14   Jun 2012
Support Vector Machines, when combined with kernels, achieve state-of-the-art accuracy on many datasets. However, their use in many real-world applications is hindered by the fact that their model size is often too large and their prediction funct...
Liu Xiaoxi, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
Proceedings of the IEICE General Conference   2012(1)    Mar 2012
Nakasuga Akihiro, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
Proceedings of the IEICE General Conference   2012(2)    Mar 2012
TAKAHASHI Hiroyoshi, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
IEICE technical report. Speech   111(431) 103-108   Feb 2012
In this study, we propose a method for stock price prediction using web news articles. There are two types of information available to predict stock prices : numeric information such as stock prices, and textual information such as news articles. ...
TAKAHASHI Hiroyoshi, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
Technical report of IEICE. PRMU   111(430) 103-108   Feb 2012
In this study, we propose a method for stock price prediction using web news articles. There are two types of information available to predict stock prices : numeric information such as stock prices, and textual information such as news articles. ...
ブロンデルマチュー, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2011(2) 1-8   Nov 2011
カーネル分類器は多くのデータセットに対して優れた精度を示すことが分かっている.しかし,カーネル分類器のモデルの複雑性は訓練事例数に応じて線形に増加するため,訓練データの規模が大きくなるほど効果的にカーネル分類器を学習することが難しくなる.本研究では,スパースカーネル分類器を学習するための新しい逐次最適化アルゴリズムを提案する.提案アルゴリズムは,カーネルパーセプトロンと kernel matching pursuit に着想を得たものであり,a) 訓練データを有効に使用できる,b) ラベル...
ブロンデルマチュー, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告バイオ情報学(BIO)   2011(2) 1-8   Nov 2011
カーネル分類器は多くのデータセットに対して優れた精度を示すことが分かっている.しかし,カーネル分類器のモデルの複雑性は訓練事例数に応じて線形に増加するため,訓練データの規模が大きくなるほど効果的にカーネル分類器を学習することが難しくなる.本研究では,スパースカーネル分類器を学習するための新しい逐次最適化アルゴリズムを提案する.提案アルゴリズムは,カーネルパーセプトロンと kernel matching pursuit に着想を得たものであり,a) 訓練データを有効に使用できる,b) ラベル...
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告バイオ情報学(BIO)   2011(1) 1-8   Sep 2011
近年,生物医学分野で発表される文献の数は急増しており,その結果,研究者個々人が自身の専門分野のすべての情報を理解し統合することは困難になっている.そのため,未だ発見されていない知識 (仮説) が大量の文献の中に埋もれていると考えられる.事実,そのような仮説が複数報告され,一部は臨床的にも証明されている.本研究では,意味的に類似したイベントから生成された仮説はより妥当であると仮定し,仮説を構成するイベント間の意味的な類似度を用いて仮説の妥当性を定義する.そして,この妥当性に基づいて仮説を順位...
岡村 直人, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告自然言語処理(NL)   2011(9) 1-7   May 2011
感染症サーベイランスには,大別して医療機関の情報を利用した方法とWeb情報を利用した方法がある.Web情報はリアルタイム性が高く,感染症の蔓延防止を目的とする感染症サーベイランスに有用である可能性がある.本論文では,Web情報,特にソーシャルメディアを用いた感染症サーベイランスの第一歩として,インフルエンザを対象にTwitterの有効性を実験的に調査する.Twitterに投稿されたインフルエンザの症状を含むtweetの分類を行い,実際のインフルエンザ報告件数との関係を分析する.There ...
岡村 直人, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告音声言語情報処理(SLP)   2011(9) 1-7   May 2011
感染症サーベイランスには,大別して医療機関の情報を利用した方法とWeb情報を利用した方法がある.Web情報はリアルタイム性が高く,感染症の蔓延防止を目的とする感染症サーベイランスに有用である可能性がある.本論文では,Web情報,特にソーシャルメディアを用いた感染症サーベイランスの第一歩として,インフルエンザを対象にTwitterの有効性を実験的に調査する.Twitterに投稿されたインフルエンザの症状を含むtweetの分類を行い,実際のインフルエンザ報告件数との関係を分析する.There ...
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会研究報告   2010(6) 1-8   Apr 2011
宮西 大樹, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2011(3) 1-8   Feb 2011
本論文では,リンク予測の問題を解くことで,ノードの順位予測を行うモデルを提案し,共著ネットワークから,将来的に重要または影響力を持つ著者 (有望エンティティ) を同定する.従来では,ある時点における著者をノード,著者同士の共著関係をエッジとした共著ネットワークから,構造的な特徴を基に重要度や影響力の大きな著者の同定を行ってきた.しかし,著者同士の関係は年を追うごとに変化しており,著者の最新の重要度や影響力を把握するためには,現時点における著者間の関係を見るだけでは不十分である.そこで,本論...
マチュー・ブロンデル, 関 和広, 上原 邦昭
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2011(11) 1-6   Feb 2011
本稿では,文献の情報を基に遺伝子機能を付与する問題に対して,カーネルを用いた機械学習の手法を提案する.生物医学文献の数は膨大であり,また遺伝子の種類も数多くある.そのため,各文献に記された遺伝子に対して遺伝子機能を手作業で付与 (ラベル付け) するには,多大なコストが必要となる.その結果,機械学習を行うために必要な訓練データが,十分に集まらないことが多い.訓練データを必要としない手法として,従来,文字列一致が利用されてきたものの,この手法では,表記の揺れや未知語に対処できないという問題があ...
QIN Huawei, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
IEICE technical report   110(400) 71-76   Jan 2011
This paper focuses on social bookmarks (or social tags) and investigates the their utility for information retrieval (IR). Our main research question asked in the present work is "How are social tags compared with conventional, yet reliable manual...
Murasato So, Noguchi Tomoyoshi, Seki Kazuhiro, Uehara Kuniaki
インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集   2011(21) 70-73   2011
The previous work for blog feed search typically aggregates the contents of blog posts or the relevance of blog posts belonging to the same site to find relevant blog sites. As another approach, the present study focuses on an assumption that ther...
萩村 卓也, 関 和広, 上原 邦昭
情報処理学会研究報告   2010(1)    Jun 2010
HAGIMURA Takuya, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
IEICE technical report   110(42) 99-103   May 2010
In the biomedical domain, a number of researchers have conducted research to find potential relationships (hypotheses). This framework could be applied to other domains, which, if viable, can be a support to creative thinking by helping human conc...
宮西大樹, 関和広, 上原邦昭
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   24th ROMBUNNO.1B2-4   2010
宮西大樹, 関和広, 上原邦昭
情報処理学会関西支部支部大会講演論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.C-25   2009
関和広, 上原邦昭
情報処理学会研究報告   2008(126(MPS-72 BIO-15)) 61-64   Dec 2008
木野嘉祐, 関和広, 上原邦昭
情報処理学会研究報告   2008(126(MPS-72 BIO-15)) 107-110   Dec 2008
KINO YOSHIHIRO, SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG Notes   2008(126) 107-110   Dec 2008
This paper proposes a novel method for gene functional annotation in the framework of hierarchical classification that uses as constraints known (already annotated) functions of genes orthologous to a given gene. A gene function is a biological pr...
SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG Notes   2008(126) 61-64   Dec 2008
This paper presents a novel application of trigger language models to opinionated blog post retrieval. We employ the models to capture the characteristics of written personal opinions based on an assumption that there are two constituents to form ...
KINO YOSHIHIRO, SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG technical reports   2008(126) 107-110   Dec 2008
This paper proposes a novel method for gene functional annotation in the framework of hierarchical classification that uses as constraints known (already annotated) functions of genes orthologous to a given gene. A gene function is a biological pr...
SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG technical reports   2008(126) 61-64   Dec 2008
This paper presents a novel application of trigger language models to opinionated blog post retrieval. We employ the models to capture the characteristics of written personal opinions based on an assumption that there are two constituents to form ...
木野嘉祐, 関和広, 上原邦昭
情報処理学会研究報告   2008(88(DBS-146)) 205-210   Sep 2008
KINO Yoshihiro, SEKI Kazuhiro, UEHARA Kuniaki
IPSJ SIG Notes   2008(88) 205-210   Sep 2008
This paper proposes a novel method for gene functional annotation in the framework of hierarchical classification that uses as constraints the known (already annotated) functions of genes orthologous to a given gene. A gene function is a biologica...
佐藤翔平, 関和広, 上原邦昭
言語処理学会年次大会発表論文集   14th 360-363   Mar 2008
HATTORI HIROYUKI, SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG Notes   2008(17) 65-68   Mar 2008
In Japanese orthography, there is often more than one way to spell a phoneme sequence. This is especially true for katakana words which are typically transliterations from foreign languages. For example, "Los Angeles" can be written as "rosuanjeru...
服部弘幸, 関和広, 上原邦昭
情報処理学会研究報告   2008(17(MPS-68)) 65-68   Mar 2008
関和広, MOSTAFA Javed
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2007(3) 1C-3   Nov 2007
HATTORI HIROYUKI, SEKI KAZUHIRO, UEHARA KUNIAKI
IPSJ SIG Notes   2007(94) 59-64   Sep 2007
In information retrieval and other text processing applications, there has been a problem concerned with variant notations. For example, "Los Angeles" can be written as "rosuanjerusu, " "rosanzerusu, " or "rosuanzerusu" in Japanese. Thus, it would...

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
An informatics approach to hypothesis discovery