西田 満

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 02:40
 
アバター
研究者氏名
西田 満
 
ニシタ ミチル
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
准教授
学位
修士(地球環境科学)(北海道大学), 博士(薬学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
北海道大学 大学院薬学研究科博士課程製薬化学専攻修了  
 

論文

 
Genetic interactions between Ror2 and Wnt9a, Ror1 and Wnt9a and Ror2 and Ror1 - phenotypic analysis of the limb skeleton and palate in compound mutants
Weissenbock M, Latham R, Nishita M, Wolff LI, Ho HH, Minami Y, Hartmann C
Genes Cells      2019年2月   [査読有り]
IFT20 promotes collective cancer cell invasion by regulating polarized organization of Golgi-associated microtubules
AokiT, NishitaM, SonodaJ, IkedaT, KakejiY, MinamiY
Cancer Sci      2019年2月   [査読有り]
Critical role of the Ror-family of receptor tyrosine kinases in invasion and proliferation of malignant pleural mesothelioma cells
Saji T, Nishita M, Ogawa H, Doi T, Sakai Y, Maniwa Y, Minami Y
Genes Cells   23(7) 606-613   2018年7月   [査読有り]
Synchronized mesenchymal cell polarization and differentiation shape the formation of the murine trachea and esophagus
Kishimoto K, Tamura M, Nishita M, Minami Y, Yamaoka A, Abe T, Shigeta M, Morimoto M
Nat Commun   9(1) 2816   2018年7月   [査読有り]
Expression of Ror2 Associated with Fibrosis of the Submandibular Gland
TakahashiD, SuzukiH, KakeiY, YamakoshiK, MinamiY, KomoriT, NishitaM
Cell Struct Funct   42(2) 159-167   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
Non-canonical Wnt signaling and cellular responses
NishitaM, SajiT, MinamiY
Clinical Calcium   29(3) 291-297   2019年3月   [依頼有り]
【知る・見る・活かす!シグナリング研究2015 シグナル伝達の要素発見から時空間ダイナミクスへ】 (第2章)シグナリングから見た生命現象 その破綻と疾患の理解 Wnt5a-Ror2シグナルによるがんの浸潤制御
西田満, 西尾忠, 南康博
実験医学   33(10号) 1612-1616   2015年6月   [依頼有り]
Insight into the role of Wnt5a-induced signaling in normal and cancer cells
Endo M, Nishita M, Fujii M, Minami Y
Int Rev Cell Mol Biol   314 117-48   2015年   [査読有り]
尿管芽形成におけるWnt5a-Ror2シグナルの役割
西田 満, 喬 森, 宮本 真里, 沖中 由佳, 山田 真紀子, 飯島 一誠, 大谷 浩, Hartmann Christine, 西中村 隆一, 南 康博
発達腎研究会誌   22(1号) 11-14   2014年4月
【Wntシグナルと骨】 非古典的Wntシグナルの情報伝達と細胞応答
西田 満, 遠藤 光晴, 南 康博
Clinical Calcium   23(6号) 809-815   2013年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
イラストレイテッド生化学 原書7版 / 遺伝情報の維持と発現
西田満 (担当:共訳)
丸善   2019年1月   
イラストレイテット生化学 / 遺伝情報の維持と発現
西田満 (担当:共訳)
丸善   2015年4月   
Receptor Tyrosine Kinases: Family and Subfamilies / The Ror Receptor Family.
EndoM, NishitaM, DoiR, HayashiM, MinamiY
Springer   2015年   
イラストレイテット生化学 / 遺伝情報の維持と発現
西田 満 (担当:共訳)
丸善   2011年9月   
イラストレイテット生化学 / 遺伝情報の維持と発現
西田満 (担当:共訳)
丸善   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
Rif低分子量Gタンパク質による核膜タンパク質の動態制御と老化との関連
西田 満, 南 康博
AMED「老化メカニズムの解明・制御プロジェクト」第1回リトリート   2018年2月   AMED老化研究プロジェクト
がん細胞浸潤突起の伸長・成熟におけるKIF1Cの機能
佐事 武, 西田 満, 岡田 康志, 南 康博
2017年度生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   日本分子生物学会、日本生化学会
KIF1Cはkinesin-3ファミリーの一員であり、微小管プラス端集積因子CLASPによって細胞内局在が制御され、ポドソーム形成に寄与することが知られている。ポドソームはアクチンの集積した細胞膜突起構造であり、生理的状況下で破骨細胞などによる細胞外基質の分解に関与している。一方、がん細胞においては、ポドソームと類似した細胞膜突起構造である浸潤突起(invadopodia)が細胞外基質の分解および浸潤に関与している。しかし、がん細胞の浸潤突起形成や浸潤能とKIF1Cとの関連は明らかにされて...
Novel role of Ror2 signaling in regulating Golgi structure and polarity for tumor cell invasion [招待有り]
Michiru Nishita, Yasuhiro Minami
International Joint Symposium in Kobe 2017 University of Washington University of Oslo and Kobe University   2017年3月   Kobe University, University of Washington, University of Oslo
Ror2 is a receptor tyrosine kinase that plays essential roles in developmental morphogenesis by mediating Wnt5a signaling. In tumor cells, Ror2 signaling is constitutively activated, due to sustained expression of Ror2, leading to the formation of...
Role of Ror2 tyrosine kinase in ivasiveness of malignant pleural mesothelioma cells.
Takeshi Saji, Michiru Nishita, Takefumi Doi, Yoshimasa Maniwa, Yasuhiro Minami
International Joint Symposium in Kobe 2017 University of Washington University of Oslo and Kobe University   2017年3月   Kobe University, University of Washington, University of Oslo
Malignant mesothelioma is a highly aggressive tumour originated from mesothelial cells of the pleura, pericardium or peritoneum. Among them, malignant pleural mesothelioma (MPM) is most common with increasing frequency throughout the world and cl...
IFT20はゴルジ体における微小管形成を促進することでRor2シグナル依存的ながん細胞浸潤を制御する [招待有り]
西田 満, 西尾 忠, 紙崎 孝基, 内匠 透, 大谷 浩, 南 康博
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月   日本分子生物学会
受容体型チロシンキナーゼRor2は骨肉腫などのがん細胞で高発現し、がんの増悪・進展に関与しているが、その分子機構については未だ不明な点がある。私たちは、Ror2がIFT20 (Intraflagellar transport 20)の発現を誘導して骨肉腫細胞などのがん細胞の浸潤を促進することを見出した。IFT20は、一次線毛において鞭毛内輸送(IFT)を担うIFT複合体の構成因子であるが、これら構成因子の中で唯一ゴルジ体にも局在することが知られており、IFT20はゴルジ体において一次線毛非...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西田 満
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 南 康博
科学研究費補助金/新学術領域研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 西田 満
科学研究費補助金/新学術領域研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 西田 満
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 西田 満

特許

 
特許5867671 : コンディショナルノックアウト動物
南 康博, 西田 満, 可児 修一