OHKUSHI Ken-ichi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 13, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
OHKUSHI Ken-ichi
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Human Development and Environment Department of Human Environmental Science
Job title
Professor

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Response of deep-sea benthic foraminifera to paleoproductivity changes on the Shatsky Rise in the northwestern Pacific Ocean over the last 187 kyr
OHKUSHI Ken'ichi, HATA Motoko, NEMOTO Naoki
Paleontological Research   22(4) 326-351   Oct 2018   [Refereed]
2016年千種川一斉水温調査の水質分析結果 : 溶存イオン成分の特徴
山本 雄大, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 申 基澈, 中野 孝教, 横山 正, 三橋 弘宗, 大串 健一, 伊藤 真之
神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要   12(1) 67-74   Sep 2018
Radiocarbon age differences between benthic–planktonic foraminifera in sediment cores from the Shatsky Rise, central North Pacific
OHKUSHI KEN-ICHI, Masao Uchida, Yasuyuki Shibata
Journal of the Sedimentological Society of Japan   76(1) 17-27   Dec 2017   [Refereed]
Yudai YAMAMOTO, Ichiro TAYASU, Takanori NAKANO, Shiho YABUSAKI, Tadashi YOKOYAMA, Hiromune MITSUHASHI, Ken’ichi OHKUSHI, ITOH MASAYUKI, Kuniyoshi EBINA
神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要   11(1) 105-109   Sep 2017   [Refereed]
兵庫県西部を流れる千種川は清流として知られる一方, しばしば大雨による河川氾濫が発生している. 2016年まで, 災害防止の目的で河川整備工事が行われたが, 工事による河川環境の変化や河川生態系への影響が懸念されている. 本研究では千種川の水循環や人為改変の環境影響評価の研究に必要な基礎データを得ることを目的として, 2015年8月9日に採取された河川水試料83点について, 水の水素・酸素同位体比を分析した.分析の結果は地理情報システム(GIS)により流域地図にマッピングした. 結果として...
Lithostratigraphy and paleoceanography in the Chukchi Rise of the western Arctic Ocean since the last glacial period
Kwangkyu Park, OHKUSHI KEN-ICHI, Hyen Goo Cho, Boo-Keun Khim
Polar Science   11 42-53   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
いろいろな元素からみえる千種川水系の姿
藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, 大串健一, 古川文美子, 伊藤真之, 山本雄大, 横山 正
共生のひろば 14号   (4) 115   Mar 2019
芝原暁彦「様々な化石の特徴、発掘方法、新しい調べ方がわかる 化石観察入門」成文堂新光社
OHKUSHI KEN-ICHI
地学教育   67(3) 124   Nov 2014
有孔虫から海洋環境の変遷をさぐる
根本 直樹, 大河原 にい菜, 大串 健一
地学団体研究会, 地球科学   62巻 6号,(409頁~414頁)    2008   [Refereed]

Books etc

 
キーワード 人間と発達
大串 健一 (Part:Joint Work)
大学教育出版   2006   

Conference Activities & Talks

 
安定同位体比を用いた兵庫県千種川流域における 硫酸、硝酸イオンの起源と動態研究
FUJIYOSHI REI, TAYASU ICHIRO, YABUSAKI SHIHO, 原口 岳, 由水 千景, OHKUSHI KEN-ICHI, FURUKAWA FUMIKO, ITOH MASAYUKI, 山本 雄大, 横山 正, 三橋 弘宗
第66回日本生態学会大会   Mar 2019   
いろいろな元素からみえる千種川水系の姿
藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, 大串健一, 古川文美子, 伊藤真之, 山本雄大, 横山 正
第14回共生のひろば   Feb 2019   
Dynamics of sulfate and nitrate inferred from stable isotope techniques in Chikusa river watershed, Hyogo Prefecture
藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, OHKUSHI KEN-ICHI, FURUKAWA FUMIKO, 山本 雄大, ITOH MASAYUKI, 横山 正, 三橋 弘宗
同位体環境学シンポジウム   Dec 2018   
千種川の水素・酸素同位体比の特徴
大串健一, 陀安一郎, 藪崎 志穂, 藤吉 麗, 申 基澈, 横山 正, 三橋弘宗, 八杉 和輝, 古川 文美子, 伊藤 真之
第8回同位体環境学シンポジウム   Dec 2018   
安定同位体比を用いた兵庫県千種川流域における硫酸イオンおよび 硝酸イオンの起源と動態の研究
藤吉 麗, 陀安 一郎, 薮崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, OHKUSHI KEN-ICHI, FURUKAWA FUMIKO, ITOH MASAYUKI, 山本 雄大, 横山 正, 三橋 弘宗
日本陸水学会第83回大会   Oct 2018