平澤 毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/29 18:54
 
アバター
研究者氏名
平澤 毅
 
ヒラサワ ツヨシ
所属
文化庁
部署
文化財第二課(併・文化資源活用課)
職名
主任文化財調査官(名勝部門)
学位
博士(農学)(東京大学), 修士(農学)(東京大学), 学士(農学)(東京大学)
その他の所属
日本学術会議

プロフィール

名勝地や遺跡、文化的景観の保護を出発点として、地域における遺産の包括的な保護の施策・計画・技術等に関する調査研究に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
文化庁 文化財第二課(併・文化資源活用課) 主任文化財調査官(名勝部門)
 
2018年4月
 - 
2018年9月
文化庁 文化財部記念物課 主任文化財調査官(名勝部門)
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議 第24期 連携会員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
文化庁 文化財部記念物課 文化財調査官(名勝部門)
 
2014年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議 第23期 連携会員
 

学歴

 
 
 - 
1994年3月
東京大学 農学系研究科 農業生物学専攻(修士課程)
 
 
 - 
1992年3月
東京大学 農学部 農林生物学科緑地学専修
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
現在
日本学術会議 第24期  史学委員会 文化財の保護と活用に関する分科会 委員
 
2017年12月
 - 
現在
日本学術会議 第24期  環境学委員会 都市と自然と環境分科会 委員
 
2017年12月
 - 
現在
日本学術会議 第24期  環境学委員会 環境政策・環境計画分科会 委員
 
2007年
 - 
現在
日本遺跡学会  (幹事、編集委員ほか)、監査
 
1999年
 - 
現在
公益社団法人日本造園学会  国際委員会委員、学術委員会委員、編集委員会委員、論文集委員会委員、学会賞選考委員会委員、校閲委員、関西支部運営委員ほか
 

受賞

 
2012年5月
公益社団法人日本造園学会 平成23年度日本造園学会賞(研究論文部門) 「文化的資産としての名勝地の研究」
 
平成24年5月19日付け
2011年11月
日本造園学会 平成23年度日本造園学会全国大会ベストペーパー賞(造園原論・庭園史分野) 「名勝の保存管理計画策定に関する考察」
 
平成23年11月13日付け

論文

 
平澤 毅
韓國傳統造景學會誌   31(4) 129-137   2013年12月   [招待有り]
2013年10月18日 韓國傳統造景學會秋季学術論文發表會
於:江陵原州大學校(大韓民國 江原道江陵市)
における招待講演に係る「特別寄稿」として。
記念物の保存管理計画 -特に名勝について-
平澤 毅
文化財論叢Ⅳ 奈良文化財研究所創立60周年記念論文集(奈良文化財研究所学報第92冊);ISBN978-4-905338-16-1   1257-1292   2012年10月
地域と遺跡・遺産 -総合的マネジメントについて-
平澤 毅
地域における遺跡の総合的マネジメント -平成22年度遺跡整備・活用研究集会(第5回)報告書-;ISBN978-4-905338-05-5   54-86   2011年12月
火山噴火罹災地の歴史的庭園復元・自然環境変遷とランドスケープの保全活用
武内 和彦・平澤 毅・鹿野陽子
遺跡学研究   (8) 150-153   2011年11月   [招待有り]
日本における名勝の保護 -保存と活用、その方策と動向-
平澤 毅
韓・中・日 명승 보존과 활용방안 (韓・中・日 国際ワークショップ 名勝保存と活用方案);ISBN978-89-6325-693-1   33-164   2011年10月   [招待有り]
일본의 명승 보호 -보존과 활용, 그 대책과 동향-

Misc

 
名勝煙雲館庭園
平澤 毅
文部科学教育通信   (443) 40-41   2018年9月   [依頼有り]
ジアース教育新社・刊、『文部科学教育通信』2018年9月10日号(通巻443号)、連載「文化財を歩く(392)」
歴史的庭園の生きた保存と活用
平澤 毅
都市公園   (221) 16-19   2018年7月   [依頼有り]
特集:東京の文化財庭園 ―魅力と価値の発信
庭園を将来に継いでいく
平澤 毅
文化財指定庭園保護協議会会報   (54) 49-65   2018年6月   [依頼有り]
平成29年6月22日文化財指定庭園保護協議会第55回総会における公開講演会の記録
名勝天念寺耶馬及び無動寺耶馬
平澤 毅
文部科学教育通信   (430) 40-41   2018年2月   [依頼有り]
ジアース教育新社・刊、『文部科学教育通信』2018年2月26日号(通巻430号)、連載「文化財を歩く(379)」
登録記念物(名勝地関係)摩尼山
平澤 毅
文部科学教育通信   (419) 40-41   2017年9月   [依頼有り]
ジアース教育新社・刊、『文部科学教育通信』2017年9月11日号(通巻419号)、連載「文化財を歩く(368)」
基調講演「生きている庭園」
平澤 毅
文化財指定庭園保護協議会会報   (53) 13-25   2017年6月   [依頼有り]
平成28年度文化財指定庭園保護協議会総会「公開シンポジウム~日本の美を伝える名園の手入れ~」の記録、同パネルディスカッション記録は、p.p.48-52に掲載。
名勝旧沼津御用邸苑地
平澤 毅
文部科学教育通信   (406) 40-41   2017年2月   [依頼有り]
ジアース教育新社・刊、『文部科学教育通信』2017年2月27日号(通巻406号)、連載「文化財を歩く(355)」
Studies of the Japanese Gardens Created in South Korea Overall Conditions and Typological Classification of the Remaining Japanese Gardens
洪光杓・……・鈴木誠・佐々木邦博・……平澤毅ほか
The 15th International Landscape Architectural Symposium of Japan, China, and Korea: Landscape as Urban Infrastructure; Program and Proceedings   301-306   2016年10月   [査読有り]
Studies of the Japanese Gardens Created in South Korea Historical Backgrounds and Significant Characteristics of the Remaining Japanese Gardens
鈴木誠・佐々木邦博・……・平澤毅ほか
The 15th International Landscape Architectural Symposium of Japan, China, and Korea: Landscape as Urban Infrastructure; Program and Proceedings   195-200   2016年10月   [査読有り]
名勝旧池田氏庭園
平澤 毅
文部科学教育通信   (395) 40-41   2016年9月   [依頼有り]
ジアース教育新社・刊、『文部科学教育通信』2016年9月12日号(通巻395号)、連載「文化財を歩く(344)」

書籍等出版物

 
神崎宣武・白幡洋三郎・井上章一 編 『日本文化事典』
平澤 毅 (担当:分担執筆, 範囲:名勝と名所、天然記念物)
丸善出版   2016年1月   ISBN:978-4-621-08979-8
名勝地保護関係資料集
平澤 毅 (担当:編者)
奈良文化財研究所   2015年3月   ISBN:978-4-905338-51-2
科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:25292214「東アジアを中心とした名勝地の保護に関する研究」の成果の一部
計画の意義と方法 ~計画は何のために策定し、どのように実施するのか?~
平澤毅ほか (担当:編者, 範囲:編著)
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所   2014年12月   ISBN:978-4-905338-45-1
http://repository.nabunken.go.jp/dspace/handle/11177/2858
パブリックな存在としての遺跡・遺産
平澤毅ほか (担当:編者, 範囲:編著)
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所   2013年12月   ISBN:978-4-905338-37-6
http://www.nabunken.go.jp/org/bunka/pdf/site-sympo2013.pdf
奈良文化財研究所創立60周年記念 遺跡をさぐり、しらべ、いかす ―奈文研60年の軌跡と展望―
平澤 毅 (担当:分担執筆, 範囲:遺跡を現在に活かし、未来に伝える ―平城宮跡の保存と整備 p.p.101-126)
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所 (製作:クバプロ)   2013年9月   ISBN:978-4-905338-30-7

講演・口頭発表等

 
名勝地の個性と多様性 [招待有り]
平澤 毅
名勝『文殊耶馬』・『中山仙境(夷谷)』指定記念シンポジウム 行者の見た世界~いにしえの風景を未来へつなぐ~   2018年12月1日   国東市・国東市教育委員会/共催:豊後高田市・豊後高田市教育委員会
約120名
パネルディスカッション「名勝を活かした地域づくり」
コーディネーター:飯沼賢司(別府大学教授)
 パネリスト:平澤毅(文化庁文化財第二課主任文化財調査官)
       佐藤誠治(大分大学名誉教授)
       秋吉文隆(文殊仙寺住職)
       清水伸一(藁蓑区長)
       板井伸博(西夷自治委員)

後援:大分県教育委員会、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送
文化財の保存と活用 ~保護法の改正と史跡整備~ [招待有り]
平澤 毅
厳原市街地所在史跡群整備完了記念シンポジウム『厳原の史跡からまちづくりを考える』~清水山城跡・金石城跡・対馬藩主宗家墓所~   2018年11月10日   対馬市教育委員会
約80名

基調講演 西谷 正 対馬藩主宗家墓所等保存整備委員会委員長(海の道むなかた館館長、九州大学名誉教授)
『25年前の城下町と歴史遺産 ~厳原で史跡整備をおこなう意義~』

講話 平澤 毅(文化庁文化財第二課 主任文化財調査官)
『文化財の保存と活用 ~保護法の改正と史跡整備~』

パネルディスカッション
『史跡の保存と活用への期待とまちづくりへの展開』
パネリスト
西谷 正
齊藤 弘征(鄕土史研究者、元・対馬市文化財保護審議会長)
高瀬 要一(財団法人琴ノ浦温山荘園理事長)
西村...
文化財行政の動向と文化財庭園保存技術 [招待有り]
平澤 毅
平成30年度文化財庭園保存技術者協議会総会・研修会   2018年7月13日   文化財庭園保存技術者協議会
約80名
文化財保護制度の見直しと庭園の保護 [招待有り]
平澤 毅
文化財指定庭園保護協議会第56回総会・公開講演会   2018年6月28日   文化財指定庭園保護協議会
約130名
名勝地の保護とおくのほそ道の風景地 [招待有り]
平澤 毅
おくのほそ道の風景地ネットワーク総会・講演会   2018年6月21日   おくのほそ道の風景地ネットワーク
約100名
庭園の本質 ―名勝庭園の指定動向から― [招待有り]
平澤 毅
第15回文化財庭園フォーラム「庭園にこめられた思いを次代につなぐ」   2018年6月17日   文化財庭園保存技術者協議会
約150名
庭園は何からできているのか? [招待有り]
平澤 毅
日本造園学会平成30年度全国大会ミニフォーラム「東京における庭園×都市のマネジメント」   2018年5月27日   公益社団法人日本造園学会(企画責任者:竹内智子)
15:00~16:30 参加者 約50名
竹内智子(東京都):趣旨説明・座長
樋渡達也(武蔵野文化協会):東京における庭園×都市のマネジメント2018
平澤毅(文化庁):コメンテーター
菊池正芳(公益財団法人東京都公園協会):コメンテーター

【記録】ランドスケープ研究82(2), p201,July, 2018
名勝の指定基準について [招待有り]
平澤 毅
日本造園学会平成30年度全国大会ミニフォーラム「指定基準から名勝を考えてみよう!」   2018年5月27日   公益社団法人日本造園学会(企画責任者:粟野隆)
16:40~18:10 参加者 約30名
粟野隆(東京農業大学):趣旨説明・座長
平澤毅(文化庁):名勝の指定基準について
丸山宏(名城大学):「史蹟名勝天然紀念物保存要目」策定の経緯
亀山章(日本自然保護協会):自然的名勝の評価の視点
井原縁(奈良縣立大学):名勝の曖昧性と指定基準

【記録】ランドスケープ研究82(2), p202,July, 2018
公開シンポジウム「庭園の美学」パネリスト [招待有り]
平澤 毅
世界遺産平泉シンポジウム「庭園の美学」   2018年3月18日   世界遺産連携推進実行委員会
約120名
基調講演「庭園の美学」重森千靑(作庭家、重森庭園設計研究室主宰)
パネルディスカッション
モデレーター 千葉絢子(フリーアナウンサー、岩手県議会議員)
パネリスト 重森千靑
      平澤毅(文化庁文化財部記念物課文化財調査官)
      千葉信胤(平泉文化遺産センター館長)

ディスカッションテーマ
*平泉庭園群の価値
*平泉庭園群の活用
*庭園文化をいかしたまちづくり
名勝保護の考え方と近年の動向 [招待有り]
平澤 毅
名勝「天念寺耶馬及び無動寺耶馬」指定記念シンポジウム 六郷満山の風景~岩峰、岩屋、磨崖仏、そして無明橋~   2017年12月2日   豊後高田市・豊後高田市教育委員会
約100名
記念講演「名勝保護の考え方と近年の動向」
     平澤毅(文化庁文化財調査官)
記念講演「くにさきの名勝的価値」
     飯沼賢司(別府大学教授)
パネルディスカッション「六郷満山開山1300年と名勝指定」
 コーディネーター 飯沼賢司(別府大学教授)
 パネリスト    平澤毅(文化庁文化財調査官)
          吉永浩二(大分大学非常勤講師)
          隈井修道(行入寺住職)
          岡部功(豊後高田市文化財保護審議会委員)

担当経験のある科目

 
 

Works

 
日本学術会議史学委員会文化財の保護と活用に関する分科会   その他   2017年8月
提言「持続的な文化財保護のために―特に埋蔵文化財における喫緊の課題―」

1 現状及び問題点
 全国各地の土中に残されている埋蔵文化財は、昭和25年(1950)の文化財保護法施行以来、数次の法改正を経て保護の充実が図られてきた。しかし、近年の諸状況の変化のなかで、その持続的な保護と活用のために、早急に対応すべき課題が生じている。

2 提言の内容
(1)埋蔵文化財保護の水準を全国的に維持するための制度面、(2)次世代の担い手を確保して埋蔵文化財保護の発展を図る人材育成面、(3)これらを支え...
景観研究室   その他   2013年4月 - 2015年3月
"World Heritage Cultural Landscapes - A Handbook for Conservation and Management" (World Heritage Papers 26, Nora Mitchell/Mechtild Rossler/Pierr-Marie Tricaud edt., 2009)の日本語版制作。
独立行政法人国立文化財機構における「文化的景観およびその保存・活用に関する調査研究」の一環として奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室で...
平澤毅   その他   2014年9月
2014年9月20日(土)於:平城宮跡資料館小講堂
*平澤 毅:趣旨説明
*杜 暁帆(DU Xiaofan):中国の文化的景観
*芮 京禄(YE kyungrock):韓国の文化的景観―韓国の文化隆盛政策と文化的景観―
*波多野 想:台湾の文化的景観 ―「場域性」「地景性」「景観性」が混在する空間、そして「景観性」の台頭―
*菊地 淑人:フィリピンとインドネシアの文化的景観 ―農業に関する文化的景観を中心に

奈良文化財研究所 平城宮跡資料館小講堂(参加実績43名)
科学研究費補助金「東ア...
平成26年度文化財担当者専門研修「文化的景観調査計画課程」企画・主催
景観研究室(平澤毅・惠谷浩子)   その他   2014年9月
開催期間:平成26年9月8日(月)~12日(金)
『計画の意義と方法 ―計画は何のために策定し、どのように実施するのか?―』[平成25年度遺跡整備・景観合同研究集会]企画・主催
平澤 毅   2013年1月 - 2014年1月
平成25年1月24日(金)・25日(土)開催
http://www.nabunken.go.jp/org/bunka/sites-sympo.html

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究促進費, 基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 平澤毅
本研究では、記念物の一類型である「名勝地」について、資料の収集・整理を基礎とした総括的資料を作成しつつ、名勝地の概念とその適用等について検討した。また、検討の過程においては、「文化的資産としての名勝地に関する座談会」を開催し、さらには、国際学術シンポジウム「名勝の現状と将来」(韓国・ソウル)での講演の機会も得て、中国・韓国・北朝鮮の名勝地に関する検討も行った。なお、包括的な成果は『文化的資産としての名勝地』として刊行した。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 平澤毅
本研究は、近代都市計画以前の都市空間を、今日の緑地学的視点に照らし合わせて、体系的解釈を試みる研究成果の一部である。造園学のうち、近代以前についての史的研究の中心課題は庭園に関するものであるが、今日の緑地の概念に照らし合わせると、並木や公に開放された園地、広場など、造園学の対象とする空間は庭園以外にも存在している。本研究においては、近代都市計画以前の都市、特に享保期の江戸に存在していた空間のうち、今日の緑地に匹敵する空間について、社会的背景の検討を通じて文化的、制度的な観点より研究を行った...