森岡 一朗

おとなりの研究者
削除

森岡 一朗

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/10 03:00
 
アバター
研究者氏名
森岡 一朗
 
モリオカ イチロウ
所属
日本大学
部署
医学部
職名
教授
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2018年4月
   
 
日本大学医学部小児科学系小児科学分野 主任教授
 
 
   
 
神戸大学 大学院医学研究科 医科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程内科学系専攻修了  
 

受賞

 
2016年12月
日本小児科学会 日本小児科学会学術研究賞 ?
 
2015年5月
第57回日本小児神経学会学術集会 奨励賞 学会員
 

論文

 
Neonatal alloimmune thrombocytopenia: A report of four cases.
Uenaka M, Morizane M, Tanimura K, Deguchi M, Ebina Y, Hashimoto M, Morioka I, Yamada H
Kobe Journal of Medical Sciences   64(6) 197-199   2019年
Feeding interval and use of donor breast milk for very low birthweight infants: a nationwide survey in Japan
Ashina M, Fujioka K, Totsu S, Shoji H, Miyazawa T, Wada K, Iijima K, Morioka I
Pediatrics and Neonatology   60(3) 245-251   2019年
Serum amino acid profiling in citrin-deficient children exhibiting normal liver function during the apparently healthy period
Miyazaki T, Nagasaka H, Komatsu H, Inui A, Morioka I, Tsukahara H, Kaji S, Hirayama S, Miida T, Kondou H, Ihara K, Yagi M, Kizaki Z, Bessho K, Kodama T, Iijima K, Saheki T, Yorifuji T, Matsuzaki Y, Honda A
JIMD Reports   43 53-61   2019年
重症Small for Gestational Age児における尿道下裂合併症例とその出生時臨床像の検討
芦名満理子, 藤岡一路, 福嶋祥代, 生田寿彦, 大山正平, 大久保沙紀, 山名啓司, 飯島一誠, 森岡一朗
小児科臨床   71(2) 180-184   2018年
Hepatitis B vaccine: Immunogenicity in an extremely low birth weight infant
Yamana K, Iwatani S, Fujioka K, Iijima K, Morioka I
Pediatrics International   60(5) 489-490   2018年
Two patients with PNKP gene mutations presenting with microcephaly, seizure, and oculomotor apraxia
Taniguchi-Ikeda M, Morisada N, Inagaki H, Ouchi Y, Takami Y, Tachikawa M, Satake W, Tsuneishi S, Takada S, Yamaguchi H, Unzaki A, Nagase H, Nozu K, Okamoto N, Nishio H, Toda T, Morioka I, Wada H, Kurahashi H, Iijima K
Clinical Genetics   93(4) 931-933   2018年
A case of incomplete Kawasaki disease with extremely high serum ferritin and interleukin-18 levels
Noto T, Seto H, Fukuhara J, Murabayashi M, Yachie A, Ayusawa M, Morioka I
BMC Pediatrics   18 386   2018年
Acute epiglottitis caused by community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus in a healthy infant
Fujisawa J, Mutoh T, Kawamura K, Sawada N, Ono D, Yamaguchi T, Morioka I
Infection and Drug Resistance   11 2063-2067   2018年
Fosphenytoin vs. continuous midazolam for pediatric febrile status epilepticus
Nishiyama M, Nagase H, Tomioka K, Tanaka T, Yamaguchi H, Ishida Y, Toyoshima D, Fujita K, Maruyama A, Kurosawa H, Uetani Y, Nozu K, Taniguchi-Ikeda M, Morioka I, Takada S, Iijima K
Brain and Development   60(8) 648-690   2018年
Sequence analyses of variable cytomegalovirus genes for distinction between breast milk- and transfusion-transmitted infections in very-low-birthweight infants
Furui Y, Yamagishi N, Morioka I, Taira R, Nishida K, Ohyama S, Matsumoto H, Nakamachi Y, Hasegawa T, Matsubayashi K, Nagai T, Satake M
Transfusion   58(12) 2894-2902   2018年
Evaluation index for asymmetric ventricular size on brain magnetic resonance images in very low birth weight infants
Ikuta T, Mizobuchi M, Katayama Y, Yoshimoto S, Ioroi T, Yamane M, Morisawa T, Takatera A, Ueda M, Shibata A, Maeyama K, Mandai T, Fujioka K, Nishimura N, Iijima K, Morioka I
Brain and Development   40(9) 753-759   2018年
Congenital chloride diarrhea needs to be distinguished from Bartter and Gitelman syndrome
Matsunoshita N, Nozu K, Yoshikane M, Kawaguchi A, Fujita N, Morisada N, Ishimori S, Yamamura T, Minamikawa S, Horinouchi T, Nakanishi K, Fujimura J, Ninchoji T, Morioka I, Nagase H, Taniguchi-Ikeda M, Kaito H, Iijima K
Journal of Human Genetics   63(8) 887-892   2018年
Clinical factor associated with congenital cytomegalovirus infection in pregnant women with non-primary infection.
Yamada H, Tanimura K, Tairaku S, Morioka I, Deguchi M, Morizane M, Nagamata S, Ozaki K, Ebina Y, Minematsu T
Journal of Infection and Chemotherapy   24(9) 702-706   2018年
Cholesterol metabolism is enhanced in the liver and brain of children with citrin deficiency
Hirayama S, Nagasaka H, Honda A, Komatsu H, Kodama T, Inui A, Morioka I, Kaji S, Ueno T, Ihara K, Yagi M, Kizaki Z, Bessho K, Kondou H, Yorifuji T, Tsukahara H, Iijima K, Miida T
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism   103(7) 2488-2497   2018年
Intron-retained transcripts of the survival motor neuron gene, SMN1 and SMN2
Harahap NIF, Niba ETE, Ar Rochmah M, Wijaya YS, Saito T, Saito K, Awano H, Morioka I, Iijima K, Lai PS, Matsuo M, Nishio H, Shinohara M
Brain and Development   40(8) 670-677   2018年
Early risk factors for mortality in children with seizure and/or impaired consciousness accompanied by fever without known etiology
Tomioka K, Nagase H, Tanaka T, Nishiyama M, Yamaguchi H, Ishida Y, Toyoshima D, Maruyama A, Fujita K, Taniguchi-Ikeda M, Nozu K, Morioka I, Nishimura N, Kurosawa H, Uetani Y, Iijima K
Brain and Development   40(7) 552-557   2018年
Human CD134 (OX40) expressed on T cells plays a key role for human herpesvirus 6B replication after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation
Nagamata S, Nagasaka M, Kawabata A, Kishimoto K, Hasegawa D, Kosaka Y, Mori T, Morioka I, Nishimura N, Iijima K, Yamada H, Yakushijin K, Matsuoka H, Mori Y
Journal of Clinical Virology   102 50-55   2018年
Hyperbilirubinemia in term newborns needing phototherapy within 48 hours after birth in a Japanese birth center
Tsujimae S, Yoshii K, Yamana K, Fujioka K, Iijima K, Morioka I
Kobe Journal of Medical Sciences   64(1) 20-25   2018年
Childcare environment and Japanese children who are overweight in early childhood
Miyakoshi C, Yamamoto Y, Mishina H, Shirai C, Morioka I, Fukuhara S
Childhood Obesity   14(3) 197-206   2018年
Development of ultra-deep targeted RNA sequencing for analyzing X-chromosome inactivation in female Dent disease
Minamikawa S, Nozu K, Nozu Y, Yamamura T, Taniguchi-Ikeda M, Nakanishi K, Fujimura J, Horinouchi T, Shima Y, Nakanishi K, Hattori M, Kanda K, Tanaka R, Morisada N, Nagano C, Sakakibara N, Nagase H, Morioka I, Kaito H, Iijima K
Journal of Human Genetics   63(5) 589-595   2018年
Diurnal Occurrence of Complex Febrile Seizure and Its Severity in Pediatric Patients Needing Hospitalization
Yamaguchi H, Nagase H, Ishida Y, Toyoshima D, Maruyama A, Tomioka K, Tanaka T, Nishiyama M, Fujita K, Taniguchi-Ikeda M, Nozu K, Morioka I, Nishimura N, Kurosawa H, Uetani Y, Iijima K
Epilepsy & Behavior   80 280-284   2018年
Clinical features predicting group A streptococcal pharyngitis in a Japanese pediatric primary emergency medical centre
Nishiyama M, Morioka I, Taniguchi-Ikeda M, Mori T, Tomioka K, Nakanishi K, Fujimura J, Nishimura N, Nozu K, Nagase H, Ishibashi K, Ishida A, Iijima K
Journal of International Medical Research   46(5) 1791-1800   2018年
Treatment with medium chain fatty acids milk of CD36 deficient preschool children
Nagasaka H, Hirano K, Yorifuji T, Komatsu H, Takatani T, Morioka I, Hirayama S, Miida T
Nutrition   50 45-48   2018年
Detection of a splice site variant in a patient with Glomerulopathy and fibronectin deposits
Tsuji Y, Nozu K, Sofue T, Nakanishi K, Yamamura T, Minamikawa S, Nozu Y, Kaito H, Fujimura J, Horinouchi T, Morisada N, Morioka I, Taniguchi-Ikeda M, Matsuo M, Iijima K
Nephron   138(2) 166-171   2018年
Renal insufficiency mimicking glutaric aciduria type 1 in newborn screening.
Matsumoto M, Awano H, Bo R, Nagai M, Tomioka K, Nishiyama M, Ninchouji T, Nagase H, Yagi M, Morioka I, Hasegawa Y, Takeshima Y, Iijima K
Pediatrics International   60(1) 67-69   2018年
More than two years follow-up of infants with congenital cytomegalovirus infection in Japan.
Koyano S, Morioka I, Oka A, Moriuchi H, Asano K, Ito Y, Yoshikawa T, Yamada H, Suzutani T, Inoue N
Pediatrics International   60(1) 57-62   2018年
Nationwide survey of neonatal invasive fungal infection in Japan.
Ishiwada N, Kitajima H, Morioka I, Takeuchi N, Endo M, Watanabe A, Kamei K
Medical Mycology   56(6) 679-686   2018年
Blood asymmetric dimethylarginine and nitrite/nitrate in short-stature children born small-for-gestational age with and without growth hormone therapy.
Nagasaka H, Morioka I, Takuwa M, Nakacho M, Yoshida M, Ishida A, Hirayama S, Miida T, Tsukahara H, Yorifuji T, Iijima K
Journal of International Medical Research   46(2) 761-772   2018年
Current Situation of Treatment for Anaphylaxis in a Japanese Pediatric Emergency Center
Ninchoji T, Iwatani S, Nishiyama M, Kamiyoshi N, Taniguchi-Ikeda M, Morisada N, Ishibashi K, Iijima K, Ishida A, Morioka I
Pediatric Emergecy Care   34(4) 64-67   2018年
Clinical factors associated with prehospital exacerbation of anaphylaxis in children.
Ninchoji T, Iwatani S, Nishiyama M, Kamiyoshi N, Nakagawa T, Taniguchi-Ikeda M, Morisada N, Ishibashi K, Iijima K, Ishida A, Morioka I
Minerva Pediatrica   70(3) 212-216   2018年
Identification of candidate diagnostic serum biomarkers for Kawasaki disease using proteomic analysis
KimuraY, YanagimachiM, InoY, AketagawaM, MatsuoM, OkayamaA, ShimizuH, ObaK, MoriokaI, ImagawaT, KanekoT, YokotaS, HiranoH, MoriM
Sci Rep   7 43732   2017年3月   [査読有り]
Diagnostic strategy for inherited hypomagnesemia
HorinouchiT, NozuK, KamiyoshiN, KameiK, TogawaH, ShimaY, UrahamaY, YamamuraT, MinamikawaS, NakanishiK, FujimuraJ, MoriokaI, NinchojiT, KaitoH, NakanishiK, IijimaK
Clin Exp Nephrol      2017年3月   [査読有り]
Circulating tricarboxylic acid cycle metabolite levels in citrin-deficient children with metabolic adaptation, with and without sodium pyruvate treatment
NagasakaH, KomatsuH, InuiA, NakachoM, MoriokaI, TsukaharaH, KajiS, HirayamaS, MiidaT, KondouH, IharaK, YagiM, KizakiZ, BesshoK, KodamaT, IijimaK, SahekiT, YorifujiT, HondaA
Mol Genet Metab   120(3) 207-212   2017年3月   [査読有り]
Characterization of contiguous gene deletions in COL4A6 and COL4A5 in Alport syndrome-diffuse leiomyomatosis
NozuK, MinamikawaS, YamadaS, OkaM, YanagitaM, MorisadaN, FujinagaS, NaganoC, GotohY, TakahashiE, MorishitaT, YamamuraT, NinchojiT, KaitoH, MoriokaI, NakanishiK, VorechovskyI, IijimaK
J Hum Genet      2017年3月   [査読有り]
Case of harlequin ichthyosis with a favorable outcome: Early treatment and novel, differentially expressed, alternatively spliced transcripts of the ATP-binding cassette subfamily A member 12 gene
WashioK, SumiM, NakataK, FukunagaA, YamanaK, KodaT, MoriokaI, NishigoriC, YamanishiK
J Dermatol      2017年3月   [査読有り]
Cryptic exon activation in SLC12A3 in Gitelman syndrome
NozuK, NozuY, NakanishiK, KonomotoT, HorinouchiT, ShonoA, MorisadaN, MinamikawaS, YamamuraT, FujimuraJ, NakanishiK, NinchojiT, KaitoH, MoriokaI, Taniguchi-IkedaM, VorechovskyI, IijimaK
J Hum Genet   62(2) 335-337   2017年2月   [査読有り]
Prediction of Congenital Cytomegalovirus Infection in High-Risk Pregnant Women
TanimuraK, TairakuS, EbinaY, MoriokaI, NagamataS, DeguchiK, MorizaneM, DeguchiM, MinematsuT, YamadaH
Clin Infect Dis   64(2) 159-165   2017年1月   [査読有り]
Clinical characteristics and long-term outcome of diarrhea-associated hemolytic uremic syndrome: a single center experience
NinchojiT, NozuK, NakanishiK, HorinouchiT, FujimuraJ, YamamuraT, MinamikawaS, IshimoriS, NakanishiK, YoshikawaN, MoriokaI, KaitoH, IijimaK
Clin Exp Nephrol      2017年1月   [査読有り]
MaeyamaK, MoriokaI, IwataniS, FukushimaS, KurokawaD, YamanaK, NishidaK, OhyamaS, FujiokaK, AwanoH, Taniguchi-IkedaM, NozuK, NagaseH, NishimuraN, ShiraiC, IijimaK
Sci Rep   6    2016年12月   [査読有り]
Alternative splicing of a cryptic exon embedded in intron 6 of SMN1 and SMN2
YoshimotoS, HarahapNI, HamamuraY, ArRochmahM, ShimaA, MorisadaN, ShinoharaM, SaitoT, SaitoK, LaiPS, MatsuoM, AwanoH, MoriokaI, IijimaK, NishioH
Hum Genome Var   3 16040   2016年12月   [査読有り]
Periomphalitis with Delayed Umbilical Cord Separation due to Alloimmune Neonatal Neutropenia
SameshimaT, IwataniS, FukushimaS, Taniguchi-IkedaM, HashimotoM, YurugiK, IijimaK, MoriokaI
Clin Lab   62(11) 2249-2252   2016年11月   [査読有り]
Genetic, Clinical, and Pathologic Backgrounds of Patients with Autosomal Dominant Alport Syndrome
KamiyoshiN, NozuK, FuXJ, MorisadaN, NozuY, YeMJ, ImafukuA, MiuraK, YamamuraT, MinamikawaS, ShonoA, NinchojiT, MoriokaI, NakanishiK, YoshikawaN, KaitoH, IijimaK
Clin J Am Soc Nephrol   11(8) 1441-9   2016年8月   [査読有り]
IwataniS, NakamuraH, KurokawaD, YamanaK, NishidaK, FukushimaS, KodaT, NishimuraN, NishioH, IijimaK, MiyawakiA, MoriokaI
Sci Rep   6    2016年6月   [査読有り]
Clinical factors associated with prehospital exacerbation of anaphylaxis in children
NinchojiT, IwataniS, NishiyamaM, KamiyoshiN, NakagawaT, Taniguchi-IkedaM, MorisadaN, IshibashiK, IijimaK, IshidaA, MoriokaI
MINERVA PEDIATR      2016年6月   [査読有り]
TagamiM, HondaS, MoriokaI, IijimaK, YamadaH, NakamuraM
BMC Ophthalmol   16(1)    2016年6月   [査読有り]
大澤 佳代, 岩谷 壮太, 飯島 一誠, 三枝 淳, 森岡 一朗
Sci Rep.   6    2016年4月   [査読有り]
NagasakaM, KikumaT, IwataniS, KurokawaD, YamanaK, MaeyamaK, KodaT, MatsumotoH, Taniguchi-IkedaM, IijimaK, NakamuraH, MoriokaI
BMC Res Notes   9(1)    2016年3月   [査読有り]
周産期の炎症と感染 長期予後改善を目指して 周産期の炎症・感染への挑戦 先天性サイトメガロウイルス感染の効果的な周産期管理法の確立を目指して
森岡一朗
周産期学シンポジウム   (33号) 75-80   2015年9月
小児初期救急施設を受診した生後3ヵ月未満の発熱児の臨床疫学的検討
久保川育子, 森岡一朗, 忍頂寺毅史, 池田真理子, 森貞直哉, 石橋和人, 梶山瑞隆, 石田明人, 竹島泰弘, 飯島一誠
日本小児救急医学会雑誌   14(1号) 30-36   2015年2月   [査読有り]
新版K式発達検査2001による極低出生体重児の3歳時における精神発達の特徴
万代 ツルエ, 森岡 一朗, 藤田 花織, 長坂 美和子, 北山 真次, 飯島 一誠
小児の精神と神経   54(3号) 201-208   2014年10月   [査読有り]
Pretermを考える preterm児のCPとlate pretermの諸問題:Late preterm Late preterm児の3歳時低身長の発生頻度 神戸市におけるpopulation-based研究
森岡 一朗
周産期学シンポジウム   (32号) 65-69   2014年9月   [査読有り]
Prophylactic intravenous immunoglobulin injections to mothers with primary cytomegalovirus infection
Tanimura K, Tairaku S, Deguchi M, Sonoyama A, Morizane M, Ebina Y, Morioka I, Yamada H
Kobe J Med Sci   60(2) E25-9   2014年7月   [査読有り]
尿スクリーニング検査にて早期発見し、抗ウイルス薬療法により聴性脳幹反応異常が軽快した先天性サイトメガロウイルス感染症の1例
森岡 一朗, 黒川 大輔, 長坂 美和子, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 柴田 暁男, 山田 秀人, 飯島 一誠, 井上 直樹, 大橋 正伸
近畿新生児研究会会誌   (22号) 45-48   2014年3月   [査読有り]
Fujioka K, Shibata A, Yokota T, Koda T, Nagasaka M, Yagi M, Takeshima Y, Yamada H, Iijima K, Morioka I
Sci Rep   4    2014年3月   [査読有り]
日本人Small-for-gestational age児におけるレニン・アンジオテンシン系遺伝子多型の関与の検討
藤岡 一路, 森岡 一朗, 長坂 美和子, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 柴田 暁男, 山田 秀人, 飯島 一誠
日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine   26 153-159   2014年2月   [査読有り]
家族歴にMenkes病を認める新生児3例の臨床像の検討
八木 麻理子, 八木麻理子, 楠 典子, 楠典子, 李 知子, 李知子, 粟野 宏之, 粟野宏之, 森岡 一朗, 森岡一朗, 児玉 浩子, 児玉浩子, 竹島 泰弘, 竹島泰弘, 飯島 一誠, 飯島一誠
脳と発達   46(1号) 26-29   2014年1月   [査読有り]
極低出生体重児における腸閉塞発症の予測因子
久松 千恵子, 大片 祐一, 松尾 希世美, 森岡 一朗, 西島 栄治
低出生体重児の外科 ~極・超低出生体重児外科の治療成績向上を目指して~   49-53   2013年   [査読有り]
日本人 small-for-gestational age 児における血管内皮増殖因子遺伝子多型の関与の検討
藤岡 一路, 森岡 一朗, 長坂 美和子, 香田 翼, 松尾 希世美, 横田 知之, 森川 悟, 三輪 明弘, 柴田 暁男, 山田 秀人, 飯島 一誠
日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine   25(2) 231-236   2013年6月   [査読有り]
乳児血管腫に対するβ遮断薬の治療経験
矢内友子, 江尻浩隆, 久保川育子, 三輪明弘, 森健, 森岡一朗, 早川晶, 竹島泰弘, 飯島一誠
兵庫県小児科医会報   58 23-25   2012年   [査読有り]
Emergence of HA mutants during influenza virus pneumonia
Morioka I, Takeshima Y, Shinya K
Int J Clin Exp Pathol   5(8) 787-95   2012年   [査読有り]
Correlation and precision of serum free bilirubin concentrations measured by single and two peroxidase concentration methods in term or late-preterm newborn infants using a FDA-approved analyzer
Morioka I
Clinical laboratory   Vol. in press, No. in press, p    2012年   [査読有り]
Correlation and precision of serum free bilirubin concentrations determined by single and two peroxidase concentration methods in term or late-preterm newborn infants using a FDA-approved analyzer
Morioka I, Morikawa S, Nishio H, Yamada H
Clin Lab   58(5-6) 507-14   2012年   [査読有り]
未熟児網膜症の発症におけるエリスロポエチン遺伝子多型の関与に関する検討
松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 森岡一朗, 飯島一誠
日本未熟児新生児学会雑誌   24(3号) 548   2012年10月
先天性サイトメガロウイルス感染症における脳室拡大の定量的評価
松尾希世美, 森岡一朗, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 山田秀人, 飯島一誠
日本未熟児新生児学会雑誌   24(3号) 546   2012年10月   [査読有り]
先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症に対する病型に応じたバルガンシクロビル(VGCV)療法の副作用および臨床効果に関する検討
三輪明弘, 森岡一朗, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 柴田暁男, 山田秀人, 飯島一誠
日本未熟児新生児学会雑誌   24(3号) 546   2012年10月   [査読有り]
長期予後からみた出生前診断症例における周産期管理の再評価 長期予後からみた出生前診断と治療 母体及び胎盤・臍帯要因で極低出生体重児として出生した重度胎児発育不全児の3歳時の精神運動発達
森岡一朗, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 谷村憲司, 北山真次, 横山直樹, 飯島一誠, 山田秀人
周産期学シンポジウム   (30号) 53-59   2012年9月   [査読有り]
在胎週数相当の-2SD未満のSmall-for-Gestational-Age児の臨床像 単一施設の入院症例における検討
森岡一朗, 三輪明弘, 横田知之, 松尾希世美, 森川悟, 柴田暁男, 横山直樹, 山田秀人
神緑会学術誌   28 73-77   2012年8月   [査読有り]
妊婦におけるサイトメガロウイルス母子感染に関する知識レベル
森岡一朗, 平久進也, 谷村憲司, 飯島一誠, 山田秀人
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2号) 409   2012年6月
新生児慢性肺疾患とVEGF遺伝子多型の関連
森岡一朗, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 山田秀人, 飯島一誠
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2号) 359   2012年6月
子宮内胎児発育遅延とレニン・アンジオテンシン系遺伝子多型の関連
森岡一朗, 松尾希世美, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 山田秀人, 飯島一誠
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2号) 368   2012年6月
ウリナスタチンとオクトレオチドの投与が胎児水腫における全身浮腫、乳糜胸の改善に効果的であった一例
横田知之, 松尾希世美, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 森岡一朗, 横山直樹, 飯島一誠
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2号) 452   2012年6月
CMV IgM陽性妊婦における先天性CMV感染の発生予測
谷村憲司, 森岡一朗, 森實真由美, 平久進也, 山田秀人
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2号) 545   2012年6月   [査読有り]
母体に基礎疾患のない成熟児に発症した早発型ビタミンK欠乏性出血症の5例
松尾希世美, 森岡一朗, 横田知之, 森川悟, 三輪明弘, 柴田暁男, 横山直樹, 飯島一誠
日本小児科学会雑誌   116(2号) 344   2012年2月
出生前診断を行った21水酸化酵素欠損症の1例
森岡一朗, 山田秀人, 竹島泰弘
臨床細胞分子遺伝   16巻, , pp. 34-36    2011年   [査読有り]
院内出生した新生児で染色体検査を施行した症例の検討
森岡一朗, 山田秀人
臨床細胞分子遺伝   16巻, , pp. 43-45    2011年
VEGF 936C>T is Predictive of Threshold Retinopathy of Prematurity in Japanese Infants with Gestational Age of 30 weeks or less
Yagi M, Yamamori M, Morioka I, Yokoyama N, Honda S, Nakamura T, Okamura N, Okumura K, Negi A, Sakaeda T, Matsuo M
Research and Reports in Neonatology   1(1) 5-11   2011年   [査読有り]
サイトメガロウイルス感染における妊婦および新生児スクリーニングの成果
平久進也, 森岡一朗, 山田秀人
兵庫県母性衛生学会雑誌   巻, 20号, pp. 47-50    2011年12月
A homozygous mutation in UGT1A1 exon 5 may be responsible for persistent hyperbilirubinemia in a Japanese girl with Gilbert's syndrome
Nakagawa T, Morikawa S, Morioka I, Takeshima Y, Nishio H
The Kobe journal of medical sciences   Vol. 57, No. 1, pp. E26-31    2011年7月   [査読有り]
パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009を発症中に分娩に至った妊婦2症例における経胎盤感染の検討
天野 真理子, 森岡 一朗, 森實 真由美, 森本 規之, 藤岡 一路, 柴田 暁男, 横山 直樹, 荒川 創一, 牧野 晶子, 新矢 恭子, 松尾 雅文, 山田 秀人
日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine   47(1) 50-53   2011年5月   [査読有り]
パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009を発症中に分娩に至った妊婦2症例における経胎盤感染の検討
森岡一朗, 横山直樹, 荒川創一, 山田秀人
日本周産期・新生児医学会雑誌   47巻, 1号, pp. 50-53    2011年5月   [査読有り]
慢性肺疾患のためAraC化学療法を回避した胎児期発症一過性骨髄異常増殖症の1例
森川悟, 森岡一朗
日本小児科学会雑誌   114巻, 12号, pp. 1939-1939    2010年12月   [査読有り]
咽頭奇形腫の新生児の1例
森川悟, 森岡一朗, 森本浩一, 谷本均
日本小児科学会雑誌   114巻, 12号, pp. 1945-1945    2010年12月   [査読有り]
極低出生体重児の精神運動発達の特徴 子宮内胎児発育の程度と発達的な偏り
森岡一朗, 北山真次
日本小児精神神経学会プログラム・抄録集104回   巻, , pp. 38-38    2010年11月
Honda S, Morioka I
Case reports in ophthalmology   1(2) 94-98   2010年11月   [査読有り]
重症子宮内胎児発育不全児における尿道下裂合併症例とその出生時臨床像の検討
森岡一朗, 森川悟
日本未熟児新生児学会雑誌   22巻, 3号, pp. 553-553    2010年10月   [査読有り]
高アンバウンドビリルビン血症に対する新しい黄疸管理法 神経学的短期予後の前方視的検討
森岡一朗, 森川悟
日本未熟児新生児学会雑誌   22巻, 3号, pp. 495-495    2010年10月   [査読有り]
オセルタミビル治療を受けた生後3ヵ月未満の乳児・新生児からみたパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009の特徴
森岡一朗
日本未熟児新生児学会雑誌   22巻, 3号, pp. 472-472    2010年10月
生後21日よりヒスチジン銅投与を開始し、順調な経過をとっているMenkes病の乳児例
森岡一朗
日本先天代謝異常学会雑誌   26巻, 2号, pp. 135-135    2010年9月
集学的治療により救命しえたPotter sequenceの1例
橋村裕也, 森岡一朗, 横山直樹, 飯島一誠
日本小児腎不全学会雑誌   30巻, , pp. 178-180    2010年8月   [査読有り]
バルガンシクロビル治療を行った先天性サイトメガロウイルス感染症2例におけるガンシクロビル血中濃度
森川悟, 森岡一朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   46巻, 2号, pp. 576-576    2010年6月   [査読有り]
臍帯血CO-Hbは妊婦の喫煙状況を反映する
森川悟, 森岡一朗
日本小児科学会雑誌   114巻, 2号, pp. 239-239    2010年2月   [査読有り]
特発性肺ヘモジデローシスを合併した新生児期発症血球貪食性リンパ組織球症の1例
森岡一朗, 森川悟, 横山直樹
日本未熟児新生児学会雑誌   22巻, 1号, pp. 97-103    2010年2月   [査読有り]
神戸大学医学部附属病院周産母子センター新生児病棟におけるMRSA新規発生ゼロへの挑戦
森岡一朗
日本化学療法学会雑誌   -巻, -, pp. ---    2009年
重度の発達遅滞をきたし早期にミトコンドリアA3243G変異を診断しえた超低出生体重児の一例
森岡一朗
日本先天代謝異常学会雑誌   -巻, -, pp. ---    2009年
分娩進行中に新型インフルエンザ(パンデミック(H1N1)2009)を発症した妊婦より出生した新生児の1例 オセルタミビルの使用経験
森岡一朗, 森實真由美, 森川悟
日本周産期・新生児医学会雑誌   45巻, 4号, pp. 1514-1517    2009年12月   [査読有り]
日齢14に発症した新生児甲状腺機能亢進症の1例
森岡一朗
日本小児科学会雑誌   113巻, 12号, pp. 1895-1895    2009年12月
新型インフルエンザ発症の母親と濃厚接触した日齢4の新生児へのオセルタミビルの使用経験
森岡一朗, 森實真由美
日本小児科学会雑誌   113巻, 12号, pp. 1898-1898    2009年12月
一酸化窒素吸入療法にエポプロステノール持続静注療法の併用が著効した新生児遷延性肺高血圧症の1例
森岡一朗
日本小児科学会雑誌   113巻, 12号, pp. 1890-1890    2009年12月
児に新生児同種免疫性血小板減少症を発症した1例
森實真由美, 森岡一朗, 森本規之, 小原範之
産婦人科の進歩   61巻, 4, pp. 409-409    2009年11月
Morioka I, Iijima K
BMC nephrology   10(1)    2009年11月   [査読有り]

Misc

 
日経メディクイズ【小児】1歳4か月, 女児. 聴性脳幹反応異常, 運動発達遅延
森岡一朗
日経メディカル   613(12) 89-90   2018年
感染症-今月の話題 先天性サイトメガロウイルス感染症の診断
森岡一朗
小児科臨床   71(11) 2387-2392   2018年
【知っておくべき治療可能な胎児・新生児希少疾患】先天性サイトメガロウイルス感染症
森岡一朗
周産期医学   48(10) 1410-1413   2018年
【産科での新生児医療機器ガイド】検査機器 経皮ビリルビン濃度測定装置
山名啓司, 黒川大輔, 森岡一朗
周産期医学   48(6) 702-706   2018年
【小児感染症の専門医を目指そう!】感染症診療の実際 新生児における感染症
松原康策, 森岡一朗
小児科診療特集号   81(9) 1171-1183   2018年
経皮黄疸計による高ビリルビン血症のスクリーニング(総説)
森岡一朗, 山名啓司, 黒川大輔
日本新生児成育医学会雑誌   30(2) 25-32   2018年
TORCH症候群 予防とカウンセリング
森岡一朗, 金子政時
母性衛生   59(1) 14-17   2018年
サイトメガロウイルス母子感染の対策
山田秀人, 森岡一朗, 出口雅士, 谷村憲司, 平久進也, 森實真由美, 蝦名康彦, 峰松俊夫
日本産婦人科感染症学会誌   2(1) 2-12   2018年
Hyperbilirubinemia in preterm infants in Japan: New treatment criteria
Morioka I
Pediatrics International   60(8) 684-690   2018年
Congenital cytomegalovirus infection in children with autism spectrum disorder: Systematic review and meta-analysis
Maeyama K, Tomioka K, Nagase H, Yoshioka M, Takagi Y, Kato T, Mizobuchi M, Kitayama S, Takada S, Nagai M, Sakakibara N, Nishiyama M, Taniguchi-Ikeda M, Morioka I, Iijima K, Nishimura N
Journal of Autism and Developmental Disorders   48(5) 1483-1491   2018年
【NICUの現状と課題-臨床と研究の最新情報】 先天異常を引き起こす新興母子ウイルス感染症 先天性ジカウイルス感染症
森岡一朗
医学のあゆみ   260(3号) 221-225   2017年1月   [依頼有り]
【周産期医学必修知識第8版】 新生児編 光線療法
山名啓司, 森岡一朗
周産期医学   46(増刊) 1068-1070   2016年12月   [依頼有り]
【周産期医学必修知識第8版】 新生児編 サイトメガロウイルス感染症
森岡一朗, 西田浩輔
周産期医学   46(増刊) 656-658   2016年12月   [依頼有り]
【産婦人科感染症の最前線】 母子に影響を与える感染症 トキソプラズマ感染症
山田秀人, 出口雅士, 森岡一朗, 谷村憲司, 蝦名康彦
産婦人科の実際   65(13号) 1719-1724   2016年12月   [依頼有り]
【妊娠時期別にみた分娩の対応-どうすれば児の予後を改善できるか?】 34~36週 新生児 late preterm何が問題なのか?
森岡一朗
周産期医学   46(7号) 883-886   2016年7月   [依頼有り]
【超低出生体重児のモデルケースで学ぶ NICUの検査と管理 goodなタイミング】 急性期管理 感染・黄疸管理と検査
黒川大輔, 森岡一朗
Neonatal Care   29(6号) 513-517   2016年6月
【周産期領域の新しい検査法】 新生児編 呼気COモニタ
山名啓司, 森岡一朗
周産期医学   46(6号) 795-797   2016年6月   [依頼有り]
【小児と感染症-この10年間のアップデート】 特殊な状況下での診断と治療 新生児における感染症
岩谷壮太, 森岡一朗
小児科   57(6号) 702-708   2016年5月
【妊娠と感染症 母児のリスクとベネフィットを考慮した薬物治療の実践】 TORCH症候群のインパクトと母児管理の最前線 サイトメガロウイルス感染症
山田秀人, 森岡一朗
薬局   67(5号) 2025-2030   2016年4月   [依頼有り]
【退院から1ヵ月健診までの新生児対応】 症候 黄疸
黒川大輔, 森岡一朗
周産期医学   46(1号) 7-9   2016年1月
サイトメガロウイルス妊娠管理マニュアル
27.藤井知行, 金山尚裕, 川名敬, 齋藤滋, 鮫島浩, 増崎英明, 山田秀人, 岡明, 古谷野伸, 森内浩幸, 森岡一朗, 吉川哲史, 井上直樹, 木村宏, 錫谷達夫, 峰松俊夫, 小林廉毅, 川名尚, 小島俊行, 鮫島浩二, 谷村憲司, 出口雅士, 永松健, 山口暁
日本産科婦人科学会雑誌   66 1-15   2015年
【小児感染症2015-小児感染症のマネージメント-】 小児感染症のマネージメント 先天性サイトメガロウイルス感染症
岩谷壮太, 森岡一朗
小児科臨床   68(12号) 2542-2546   2015年12月
【伝染性紅斑を見直す】 母子感染の実態 全国産科施設を対象とした実態調査
蝦名康彦, 平久進也, 森岡一朗, 出口雅士, 森實真由美, 山田秀人
小児科   56(12号) 1867-1873   2015年11月
【正期産児の機能を知って早産児をもっと理解する!比べて"ガッテン"新生児の観察ポイント】 正期産児の機能を知って早産児の観察ポイントを押さえよう! 早産児の免疫機能の観察ポイント
岩谷壮太, 森岡一朗
Neonatal Care   28(11号) 1065-1069   2015年11月   [依頼有り]
【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版】 新生児疾患 母子感染症 先天性サイトメガロウイルス感染症を中心に
岩谷壮太, 森岡一朗
小児内科   47(増刊) 177-181   2015年11月   [依頼有り]
【新生児医療-再評価されている話題・新しい話題】 早産児の臨床的核黄疸 黄疸管理の見直し
森岡一朗, 岩谷壮太
小児科   56(10号) 1611-1615   2015年9月
注目のTopics サイトメガロウイルスの治療 先天性サイトメガロウイルス感染症の診断・治療と新生児尿スクリーニング
森岡一朗, 西田浩輔, 谷村憲司, 山田秀人
Fetal & Neonatal Medicine   7(1号) 30-33   2015年4月
注目のTopics サイトメガロウイルスの治療 先天性サイトメガロウイルス感染の予防と胎児治療
谷村憲司, 森岡一朗, 山田秀人
Fetal & Neonatal Medicine   7(1号) 26-29   2015年4月
【その特殊性、どう捉えて行う?NICU感染制御の大原則】 NICUのMRSA対応 NICUにおけるMRSA感染対策 近年のMRSA動向を踏まえて
森岡一朗
感染対策ICTジャーナル   10(2号) 146-149   2015年4月   [依頼有り]
【新生児医療の最前線】 ピンポイント小児医療 新しい疾患概念と管理の見直し 臨床的核黄疸の予防-早産児の黄疸管理の再評価
森岡一朗
小児内科   47(3号) 379-382   2015年3月   [依頼有り]
【我々はこうしている-ガイドラインには対応が示されていない症例にどう対応するか?】 新生児編 出生体重1,200gで出生した日齢28で総ビリルビン値20mg/dLの治療をどうするか?
森岡一朗
周産期医学   45(3号) 371-374   2015年3月   [依頼有り]
【周産期感染症2014】 新生児からみた周産期感染症 臨床編 抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗原虫薬の選択
香田 翼, 森岡 一朗
周産期医学   44(増刊) 326-328   2014年11月
【周産期感染症2014】 新生児からみた周産期感染症 臨床編 起因菌からみた感染症 後天性サイトメガロウイルス感染症
長坂 美和子, 森岡 一朗
周産期医学   44(増刊) 424-426   2014年11月
【周産期感染症2014】 新生児からみた周産期感染症 臨床編 起因菌からみた感染症 MRSA感染症
岩谷 壮太, 森岡 一朗
周産期医学   44(増刊) 550-552   2014年11月
【周産期感染症2014】 新生児からみた周産期感染症 臨床編 院内感染対策 MRSAに対する院内感染防止策
森岡 一朗, 藤田 花織
周産期医学   44(増刊) 389-392   2014年11月
【胎児・新生児の肝・胆道疾患】 新生児黄疸の再評価
中村 肇, 森岡 一朗
周産期医学   44(10号) 1285-1289   2014年10月
【新生児感染管理なるほどQ&A】(第2章)実践編 感染児への対応/アウトブレイク時の対応 アウトブレイクとは、どういう状態を指すのでしょうか? また、「アウトブレイク?」と思ったら、どう対応すればよいでしょうか?
森岡 一朗, 八幡 眞理子, 吉田 弘之
Neonatal Care   (2014秋季増刊) 235-238   2014年9月
第V因子ライデン異常症の小児処置時における注意事項
森岡 一朗, 山田 秀人
日本医事新報   (4703号) 66   2014年6月   [依頼有り]
【胎児、新生児の脳機能評価】 生化学マーカー ビリルビン脳症とアンバウンドビリルビン
森岡 一朗, 香田 翼
周産期医学   44(6号) 829-831   2014年6月
【一般小児科医のための新生児対応パーフェクトガイド】 母子感染が疑われる児への対応 サイトメガロウイルス抗体・トキソプラズマ抗体
森岡 一朗, 山田 秀人, 平久 進也, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 香田 翼, 飯島 一誠
小児科診療   77(3号) 347-350   2014年3月   [査読有り]
早産児の黄疸管理の現状と課題
中村 肇, 森岡 一朗, 米谷 昌彦, 船戸 正久, 荒井 洋
日本未熟児新生児学会雑誌   26(1号) 57-66   2014年2月   [査読有り]
【臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう-産科編】 我が国における多施設共同研究の現状 サイトメガロウイルス
山田 秀人, 森岡 一朗, 平久 進也, 谷村 憲司, 出口 雅士, 蝦名 康彦
周産期医学   43(10号) 1295-1299   2013年10月   [依頼有り]
【小児科医に求められる感染制御の基礎知識】 小児診療部門別の感染対策 新生児病棟・新生児集中治療室(NICU)
森岡 一朗
小児科診療   76(9号) 1445-1449   2013年9月   [依頼有り]
【いま知りたい!母子感染対策 トキソプラズマ,サイトメガロウイルスを中心に】 母子感染の恐れのある感染症の情報
山田 秀人, 平久 進也, 森岡 一朗, 蝦名 康彦, 出口 雅士, 長又 哲史
助産雑誌   67(7号) 520-525   2013年7月   [依頼有り]
妊娠29週未満早産児の予後不良に関連する因子
谷村憲司, 森岡一朗, 森田宏紀, 山崎峰夫, 山田秀人
日本産科婦人科学会雑誌   64(2号) 561   2012年2月
先天性サイトメガロウィルス症 胎児MRIを中心に
北島一宏, 小西淳也, 岩間祐基, 杉村和朗, 谷村憲司, 山田秀人, 森岡一朗, 飯島一誠
日本医学放射線学会学術集会抄録集   (71回) S144   2012年2月
周産期母児管理におけるチーム医療の充実を期した助産師教育プログラム構築の試み
山崎峰夫, 陌間亮一, 森田宏紀, 森岡一朗, 平久進也, 谷村憲司, 山田秀人
日本産科婦人科学会雑誌   64(2号) 875   2012年2月
甲状腺機能亢進症合併妊娠の帰結と新生児甲状腺機能異常
谷村憲司, 平久進也, 森岡一朗, 森田宏紀, 山崎峰夫, 山田秀人
日本産科婦人科学会雑誌   64(2号) 703   2012年2月
インフルエンザに罹患した健康乳児へのオセルタミビル投与
森岡一朗
日本医事新報   4583巻, , pp. 54-55    2012年2月
CMV IgM陽性妊婦における先天性CMV感染の発生予測
蝦名康彦, 谷村憲司, 森岡一朗, 森實真由美, 平久進也, 山田秀人
日本産科婦人科学会雑誌   64(2号) 728   2012年2月
母子感染の対策:トキソプラズマとサイトメガロウイルス
森岡一朗
滋賀県産科婦人科雑誌   巻, , pp. -    2011年
【産婦人科の遺伝医療と遺伝カウンセリング】 周産期感染におけるカウンセリング トキソプラズマとサイトメガロウイルス
山田秀人, 森岡一朗, 平久進也
産婦人科の実際   60巻, 9号, pp. 1309-1321    2011年9月
周産期におけるサイトメガロウイルス対策
山田秀人, 谷村憲司, 森岡一朗, 森實真由美, 平久進也, 蝦名康彦
日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集   (29号) 28-36   2011年6月
オセルタミビル治療を受けた生後3ヵ月未満の乳児・新生児のインフルエンザA/H1N1 2009症例の特徴
森岡一朗
感染症   41巻, 3号, pp. 93-97    2011年5月
【母体感染症up to date】 サイトメガロウイルス
山田秀人, 森岡一朗
周産期医学   41巻, 2号, pp. 181-188    2011年2月
【知っておきたい周産期感染症の知識】 先天性サイトメガロウイルス感染症の胎児・新生児治療
森岡一朗
産婦人科治療   102巻, 2号, pp. 131-138    2011年2月
新型インフルエンザ発症中の妊婦より出生した新生児の2例〜感染経路に関する考察〜
森岡一朗
兵庫県小児科医会報   53巻, -, pp. 5-6    2010年
Genetic disorders associated with neonatal jaundice
Morioka I, Morikawa S, Nishimura N, Nishio H
Eastern Journal of Medicine   Vol. 15, No. 4, pp. 155-162    2010年   [査読有り]
【周産期診療指針2010】 産科編 合併症妊娠と感染 妊婦のサイトメガロウイルス感染
森岡一朗
周産期医学   40巻, 増刊, pp. 259-263    2010年12月
【これだけは知っておきたい胎児の診断と治療】 先天性トキソプラズマ、サイトメガロウイルス感染症に対する出生前医療
山田秀人, 森岡一朗
産婦人科治療   101巻, 5号, pp. 563-568    2010年11月
パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009の新生児症例についての2009年度全国調査
森岡一朗
日本小児科学会雑誌   114巻, 10, pp. 1625-1628    2010年10月
【パンデミックインフルエンザ 最新の知見と今後の展望】 臨床の最新知見 新型インフルエンザと季節性インフルエンザとの比較を含めて インフルエンザの臨床像と予防・治療戦略 新生児におけるポイントと留意点
森岡一朗, 荒川創一
日本臨床   68巻, 9号, pp. 1656-1658    2010年9月
オセルタミビル治療を受けた生後3ヵ月未満の乳児・新生児のパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009症例の調査解析
森岡一朗
日本小児科学会雑誌   114巻, 8, pp. 1294-1297    2010年8月
【周産期救急疾患への対応 妊産婦・新生児死亡を防ぐために】 新生児救急疾患 新型インフルエンザへの対応
森岡一朗
周産期医学   40巻, 6号, pp. 965-967    2010年6月
【新生児の薬物療法】 新型インフルエンザ[パンデミック(H1N1)2009] 日本小児科学会の指針に基づいた新生児への薬物療法
森岡一朗
周産期医学   39巻, 12号, pp. 1756-1758    2009年12月
【周産期と黄疸 Up to Date】 錫メゾポルフィリン(SnMP)による新生児黄疸の予防
森岡 一朗
周産期医学   37巻, 10号, pp. 1269-1273    2007年10月

書籍等出版物

 
新生児のプライマリ・ケア / VIII. late preterm児のケア, 4. 退院後のリスクと健診のあり方
藤田花織, 森岡一朗
診断と治療社   2016年   
新生児のプライマリ・ケア / VIII. late preterm児のケア, 3. 産科病棟におけるケアと留意点
藤田花織, 森岡一朗
診断と治療社   2016年   
産婦人科研修の必修知識 2016-2018 / 正常新生児の管理
長坂美和子, 森岡一朗, 山田秀人
日本産科婦人科学会   2016年   
改訂第2版 症例から学ぶ周産期診療ワークブック / HBV, HCV
森岡一朗
メジカルビュー社   2016年   
今日の小児治療指針第16版 / 先天性トキソプラズマ症
森岡一朗
医学書院   2015年   

講演・口頭発表等

 
臍帯由来間葉系幹細胞のWntシグナル経路の遺伝子発現は児の在胎週数により異なる [招待有り]
岩谷壮太, 黒川大輔, 山名啓司, 大山正平, 西田浩輔, 藤岡一路, 生田寿彦, 溝渕雅巳, 森岡一朗, 飯島一誠, 西村範行
第61回日本新生児成育医学会   2016年12月   日本新生児成育医学会
妊婦のサイトメガロウイルス抗体スクリーニングの有用性 [招待有り]
平久進也, 谷村憲司, 森岡一朗, 尾崎可奈, 長又哲史, 森實真由美, 出口雅士, 蝦名康彦, 峰松俊夫, 山田秀人
第31回日本生殖免疫学会   2016年12月   日本生殖免疫学会
重篤な経過を呈した、両親由来の異なる心筋障害遺伝子の変異を受け継いだ兄弟例 [招待有り]
長坂 美和子, 池田 真理子, 稲垣 秀人, 大内 雄矢, 西山 将広, 粟野 宏之, 永瀬 裕朗, 森岡 一朗, 戸田 達史, 倉橋 浩樹, 飯島 一誠
日本小児遺伝学会   2016年12月   日本小児遺伝学会
近年NICUで使用される各種薬剤のビリルビン・アルブミン結合に及ぼす影響 [招待有り]
黒川大輔, 大山正平, 福嶋祥代, 西田浩輔, 山名啓司, 岩谷壮太, 藤岡一路, 中村 肇, 飯島一誠, 森岡一朗
第61回日本新生児成育医学会   2016年12月   日本新生児成育医学会
教育セミナー:早産児の核黄疸とその予防戦略
森岡一朗
第61回日本新生児成育医学会   2016年12月   日本新生児成育医学会

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 中村 肇
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 森岡 一朗
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 溝渕 雅巳
学術研究助成基金助成金/若手研究(B)
研究期間: 2011年       代表者: 森岡 一朗
科学研究費補助金/若手研究(B)
研究期間: 2009年       代表者: 森岡 一朗