藤森 功

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/03 19:55
 
アバター
研究者氏名
藤森 功
 
フジモリコウ
eメール
fujimorigly.oups.ac.jp
URL
http://pathobiochem.pharm.oups.jp/
所属
大阪薬科大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
大阪薬科大学 病態生化学研究室 教授
 
2012年
   
 
大阪薬科大学 生体防御学研究室 准教授
 
2007年
   
 
大阪薬科大学 生体防御学研究室 講師
 
1999年
   
 
(財)大阪バイオサイエンス研究所 研究員
 
1993年
   
 
日本チバガイギー㈱ 国際科学研究所 研究員
 

受賞

 
2007年
日本生化学会 柿内三郎記念奨励研究賞
 

論文

 
Fujimori, K., Aritake, K., Oishi, Y., Nagata, N., Maehara, T., Lazarus, M., and Urade, Y.
Sci. Rep.   9 19321   2019年   [査読有り]
Nagai, S., Matsumoto, C., Shibano, M., and Fujimori, K.
Nutrients   10 nutrients-240954   2018年   [査読有り]
Teno, N., Yamashita, Y., Iguchi, Y., Fujimori, K., Une, M., Nishimaki-Mogami, T., Hiramoto, T., and Gohda, K
ACS Med. Chem. Lett.   9 78-83   2018年   [査読有り]
Watanabe R, Kurose T, Morishige Y, Fujimori K
Neurochemical research      2017年12月   [査読有り]
Wakai E, Aritake K, Urade Y, Fujimori K
Biochemical and biophysical research communications   490(2) 393-399   2017年8月   [査読有り]
Baba S, Ueno Y, Kikuchi T, Tanaka R, Fujimori K
Journal of agricultural and food chemistry   64(51) 9607-9615   2016年12月   [査読有り]
Gambo Y, Matsumura M, Fujimori K
Molecular and cellular endocrinology   431 1-11   2016年8月   [査読有り]
Kawakami T, Kawamura K, Fujimori K, Koike A, Amano F
Biochemistry and biophysics reports   5 328-334   2016年3月   [査読有り]
Bessho T, Okada T, Kimura C, Shinohara T, Tomiyama A, Imamura A, Kuwamura M, Nishimura K, Fujimori K, Shuto S, Ishibashi O, Kubata BK, Inui T
PLoS neglected tropical diseases   10(1) e0004339   2016年1月   [査読有り]
Koike A, Shibano M, Mori H, Kohama K, Fujimori K, Amano F
Biological & pharmaceutical bulletin   39(6) 969-976   2016年   [査読有り]
Watanabe M, Hisatake M, Fujimori K
Journal of agricultural and food chemistry   63(20) 4979-4987   2015年5月   [査読有り]
Morishige Y, Fujimori K, Amano F
Biological & pharmaceutical bulletin   38(9) 1255-1264   2015年   [査読有り]
Yuyama, M. and Fujijmori, K.
Biochem. J.   459 489-203   2014年   [査読有り]
Fujimori, K., Yano, M., Miyake, H., and Kimura, H.
Mol. Cell. Endocrinol.   384 12-22   2014年   [査読有り]
脂質メディエーターの産生制御による肥満制御を目指した新規肥満抑制剤の開発
藤森 功
大和証券ヘルス財団研究業績集   37 114-118   2014年
脂質メディエーターによる肥満初期の進展制御機構の解明
藤森 功
薬学研究の進歩   30 51-56   2014年
在宅医療の充実に向けて―地域医療での薬剤師の新たな役割を考える―
当麻成人、林 哲也、西野隆雄、銭田晃一、東 剛志、藤森 功、戸塚裕一、松村人志、阪本恭子、山沖留美、芝野真喜雄、佐藤健太郎、小森勝也、藤田芳一
大阪薬科大学紀要   8 91-93   2014年   [査読有り]
Gohda, K., Fujimori, K., Teno, N., Wanaka, K., and Tsuda, Y.
Chem. Biol. Drug Des.   83 52-57   2014年   [査読有り]
Yasuda, K., Cline, C.B., Vogel, P., Onciu, M., Fatima, S., Sorrentino, B.P., Thirumaran, R.K., Ekins, S., Urade, Y., Fujimori, K. and Schuetz, E.G.
Drug Metabol. Dispos.   41 923-931   2013年   [査読有り]
Fujimori, K. and Shibano, M.
J. Agric. Food Chem.   61 5139-5147   2013年   [査読有り]
Fujimori, K., Fukuhara, A., Inui, T., and Allhorn, M.
J. Neurochem.   120 279-291   2012年   [査読有り]
Yazaki, M., Kashiwagi, K., Aritake, K., Urade, Y., and Fujimori, K.
Mol. Biol. Cell   23 12-21   2012年   [査読有り]
Fukuhara, A., Yamada, M., Fujimori, K., Miyamoto, Y., Kusumoto, T., Nakajima, H., and Inui, T.
Biochem. J.   443 75-84   2012年   [査読有り]
Endo-Umeda, K., Uno, S., Fujimori, K., Naito, Y., Saito, K., Yamagishi, K., Jeong, Y., Miyachi, H., Tokiwa, H., Yamada, S., and Makishima, M.
Mol. Pharm.   81 800-811   2012年   [査読有り]
Kobayashi, T. and Fujimori, K.
Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab.   302 E1461-E1471   2012年   [査読有り]
Fujimori, K., Maruyama, T., Kamauchi, S., and Urade, Y.
Gene   505(1) 46-52   2012年   [査読有り]
Fujimori, K.
PPAR Res.   527607   2012年   [査読有り][招待有り]
Minami, N., Yasuda, T., Ishii, Y., Fujimori, K., and Amano, F.
J. Biochem.   149(5) 519-527   2011年   [査読有り]
Fujimori, K. and Amano, F.
Gene   473(2) 150-156   2011年   [査読有り]
Fujimori, K. and Amano, F.
Prostaglandins Other Lipid Mediat.   94 96-103   2011年   [査読有り]
Suematsu, N., Hosoda, M., and Fujimori, K.
Neurosci. Lett.   504(3) 223-227   2011年   [査読有り]
Ono, M. and Fujimori, K.
J. Agric. Food Chem.   59(24) 13346-13352   2011年   [査読有り]
プロスタグランジンによる脂肪細胞の分化制御の分子機構
藤森 功
日本応用酵素協会誌   46 1-12   2011年
Involvement of forkhead transcription factor Foxa1 in adipocyte differentiation of mouse mesenchymal stem cells.
Fujimori, K. and Amano, F.
大阪薬科大学紀要   4 61-73   2010年   [査読有り]
Fujitani, Y., Aritake, K., Kanaoka, Y., Goto, T., Takahashi, N., Fujimori, K., and Kawada, T.
FEBS J.   277(6) 1410-1419   2010年   [査読有り]
Fujimori, K., Ueno, T., Nagata, N., Kashiwagi, K., Aritake, K., Amano, F., and Urade, Y.
J. Biol. Chem.   285(12) 8880-8886   2010年   [査読有り]
Devidze, N., Fujimori, K., Urade, Y., Pfaff, D.W., and Mong, J.A.
Neurosci. lett.   474(1) 17-21   2010年   [査読有り]
プロスタグランジン受容体を介した脂肪細胞分化シグナル伝達経路の解明
藤森 功、上野聡之
医科学応用研究財団誌   27 377-382   2010年
Fujimori, K., Ueno, T., and Amano, F.
Prostaglandins and Other Lipid Mediat.   93 52-59   2010年   [査読有り]
Suzuki, H., Forrest, A.R.R., van Nimwegen, E., Daub, C.O., Balwierz, P.J., Irvine, K.M., Lassmann, T., Ravasi, Hasegawa, Y., de Hoon, M.J.L., Katayama, S., Schroder, K., Carninci, P., Tomaru, Y., Kanamori-Katayama, M., Kubosaki, A., Akalin, A., Ando, Y., Arner, E., Asada, M., Asahara, H., Bailey, T. , Bajic, V.B., Bauer,D., Beckhouse, A.G., Bertin, N., Björkegren, J., Brombacher, F., Bulger, E., Chalk, A.M., Chiba, J., Cloonan, N., Dawe, A., Dostie, J., Engström, P.G., Essack, M., Faulkner, G.J., Fink, J.L., Fredman, D., Fujimori, K., Furuno, M., Gojobori, T., Gough, J., Grimmond, S.M., Gustafsson, M., Hashimoto, M., Hashimoto, T., Hatakeyama, M., Heinzel, S., Hide, W., Hofmann, O., Hörnquist, M., Huminiecki, L., Ikeo, K., Imamoto, N., Inoue, S., Inoue, Y., Ishihara, R., Iwayanagi, T., Jacobsen, A., Kaur, M., Kawaji, H., Kerr, M.C., Kimura, R., Kimura, S., Kimura, Y., Kitano, H., Koga, H., Kojima, T., Kondo, S., Konno, S., Krogh, A., Kruger, A., Kumar, A., Lenhard, B., Lennartsson, A., Lindow, M., Lizio, M., MacPherson, C., Maeda, N., Maher, C.A., Maqungo, M., Mar, J., Matigian, N.A., Matsuda, H., Mattick, J.S., Meier, S., Miyamoto S., Miyamoto-Sato, E., Nakabayashi, K., Nakachi, Y., Nakano, M., Nygaard, S., Okayama, T., Okazaki, Y., Okuda-Yabukami, H., Orlando, V., Otomo, J., Pachkov, M., Petrovsky, N., Plessy, C., Quackenbush, J., Radovanovic, A., Rehli, M., Saito, R., Sandelin, A., Schmeier, S., Schönbach, C., Schwartz, A.S., Semple, C.A., Sera, M., Severin, J., Shirahige, K., Simons, C., St. Laurent, G., Suzuki, M., Suzuki, T., Sweet, M.J., Taft, R.J., Takeda, S., Takenaka, Y., Tan, K., Taylor, M.S., Teasdale, R.D., Tegnér, J., Teichmann, S., Valen, E., Wahlestedt, C., Waki, K., Waterhouse, A., Wells, C.A., Winther, O., Wu, L., Yamaguchi, K., Yanagawa, H., Yasuda, J., Zavolan, M., Hume, D.A., Arakawa, T., Fukuda, S., Imamura, K., Kai, C., Kaiho, A., Kawashima, T., Kawazu, C., Kitazume, Y., Kojima, M., Miura, H., Murakami, K., Murata, M., Ninomiya, N., Nishiyori, H., Noma, S., Ogawa, C., Sano, T., Simon, C., Tagami, M., Takahashi, Y., Kawai, J., and Hayashizaki, Y.
Nature Genetics   41 553-562   2009年   [査読有り]
Nagata, N., Fujimori, K., Okazaki, I., Oda, H. Eguchi, N.; Uehara, Y., and Urade, Y.
FEBS J.   276(23) 7146-7158   2009年   [査読有り]
プロスタグランジンD合成酵素
藤森 功
日本薬理学会誌   134 343-344   2009年
脂肪細胞分化におけるリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素の機能解明
藤森 功
日本応用酵素協会誌   43 52   2008年
肥満防止薬に道!脂肪を蓄積させる酵素を確認
藤森 功
化学   62 73   2007年
Shimamoto, S., Yoshida, T., Inui, T., Gohda, K., Kobayashi, Y., Fujimori, K., Tsurumura, T., Aritake, K., Urade, Y., and Ohkubo, T.
J.Biol.Chem.   282(43) 31373-31379   2007年   [査読有り]
Fujimori, K., Watanabe, M., Urade, Y., and Ishikawa, K.
Neurosci. Lett.   423 133-137   2007年   [査読有り]
Effects of interleukin-1beta and prostaglandin E2 on prostaglandin D synthase production in cultivated rat leptomeningeal cells.
Muraki, T., Fujimori, K., Ishizaka, M., Ohe, Y., Urade, Y., Okajima, F., and Ishikawa, K.
J. Cereb. Blood Flow Metab.   24 409-418   2004年   [査読有り]
Fujimori, K., Fujitani, Y., Kadoyama, K., Kumanogoh, H., Ishikawa, K., and Urade, Y.
J. Biol. Chem.   278(8) 6018-6026   2003年   [査読有り]
Fujimori, K., and Ohta, D.
Biosci. Biotech. Biochem.   67(4) 896-898   2003年   [査読有り]
Higashi, K., Inagaki, Y., Fujimori, K., Nakao, A., Kaneko, H., and Nakatsuka, I.
J. Biol. Chem.   278(44) 43470-43479   2003年   [査読有り]
Involvement of the Oct-1 and AP-2 elements in the transcriptional regulation of the human hematopoietic prostaglandin D synthase gene in megakaryoblastic Dami cells.
Fujimori, K., Kanaoka, Y., Sakaguchi, Y., and Urade, Y.
Proceedings of the 3rd International Oxygenase Conference "Oxygen and Life". Elsevier Science, Holland.   1233 435-439   2002年   [査読有り][招待有り]
Expression of NADP+-dependent 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase mRNA in monkey ocular tissues and characterization of its recombinant enzyme.
Fujimori, K., Okada, T., and Urade, Y.
J. Biochem. (Tokyo)   131 308-315   2002年   [査読有り]
Gohda, K., Ohta, D., Kozaki, A., Fujimori, K., Mori, I., and Kikuchi, T.
Quant. Struct.-Act. Relat   20 143-147   2001年   [査読有り]
Ueno, N., Murakami, M., Tanioka, T., Fujimori, K., Tanabe, T., Urade, Y., and Kudo, I.
J. Biol. Chem   276(37) 34918-34927   2001年   [査読有り]
Molecular cloning and characterization of ATP-phosphoribosyl transferase from Arabidopsis, a key enzyme in the histidine biosynthetic pathway.
Ohta, D., Fujimori, K., Mizutani, M., Nakayama, Y., Kunpaisal-Hashimoto, R., Münzer, S., and Kozaki, A.
Plant Physiol.   122 907-914   2000年   [査読有り]
Kanaoka, Y., Fujimori, K., Kikuno, R., Sakaguchi, Y., Urade, Y., and Hayaishi, O.
Eur. J. Biochem.   267(11) 3315-3322   2000年   [査読有り]
Beuckmann, C. T., Fujimori, K., Urade, Y., and Hayaishi, O.
Neurochem. Res   25 733-738   2000年   [査読有り]
Kubata, B.K., Duszenko, M., Kabututu, Z., Rawer, M., Szallies, A., Fujimori, K., Inui, T., Nozaki, T., Yamashita, K., Horii, T., Urade, Y., and Hayaishi, O.
J. Exp. Med.   192 1327-1338   2000年   [査読有り]
Inui, T., Ishibashi, O., Origane, Y., Fujimori, K., Kokubo, T. and Nakajima, M.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   258(1) 173-178   1999年   [査読有り]
PGD合成酵素
藤森 功、裏出 良博
現代医療(現代医療社)   31 111-117   1999年
Isolation and characterization of a histidine biosynthetic gene in Arabidopsis encoding a polypeptide with two separate domains for phosphoribosyl-ATP pyrophosphatase and phosphoribosyl-AMP cyclohydrolase
Fujimori, K. and Ohta, D.
Plant Physiol.   118 275-283   1998年   [査読有り]
Anamnart, S., Tomita, T., Fukui, F., Fujimori, K., Harashima, S., Yamada, Y. and Oshima, Y.
Gene   184(2) 299-306   1997年   [査読有り]
Fujimori, K., Anamnart, S., Nakagawa, Y., Sugioka, S., Ohta, D., Oshima, Y., Yamada, Y. and Harashima, S.
FEBS Lett   413(2) 226-230   1997年   [査読有り]

書籍等出版物

 
病態生化学 解明 第2版
藤森 功
京都廣川書店   2017年9月   
Transcription Factor Regulatory Networks. Methods in Molecular Biology
Fujimori, K. and Urade, Y. (担当:共著, 範囲:Transcriptional regulation in adipogenesis through PPARγ-dependent and -independent mechanisms by prostaglandins)
Springer   2014年   
病態生化学 解明
藤森 功
京都廣川書店   2013年8月   
プロスタグランジン研究の新展開(現代化学増刊)
東京化学同人   2001年   
Structure and Regulation of lipocalin-type prostaglandin D synthase gene. Prostaglandin D2 Synthase – A Multitude of Biological Functions. (Ed. Louis Ragolia)
Research Signpost   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
エイコサノイドによる肥満制御機構の解明とその制御機構に基づく新規治療法の探索
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 藤森 功
代謝異常疾患制御におけるエイコサノイドの機能解析
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 藤森 功
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 藤森 功
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 藤森 功
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤森 功
脂質メディエーターの産生制御による肥満抑制を目指した新規肥満抑制剤の開発
大和証券ヘルス財団: 調査研究助成
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 藤森 功
脂質メディエーターとその代謝物による代謝疾患制御の統合的理解
内藤記念科学振興財団: 研究奨励助成
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 藤森 功
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 藤森 功
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 藤森 功
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 裏出 良博
睡眠時には代謝が低下し遺伝子発現も低下するが、脳の疲労回復や記憶の定着など積極的な活動も行われている。しかし、睡眠中に起きる脳の疲労回復や記憶定着の制御機構は不明である。我々は、睡眠時のマウス脳内の神経細胞において転写因子SOX5のエクソン2の一部が欠損した新規スプライシングアイソフォーム(SOX5t2)の発現が上昇することを発見した。本申請研究では、睡眠時のマウス脳の神経細胞におけるSOX5t2の機能解明と睡眠制御の解明を目的とする。平成22年度は、(1)SOX5と相互作用するタンパク質...
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 藤森 功
間葉系幹細胞から骨芽・脂肪細胞への分化における脂質メディエーターの機能解明
武田科学振興財団: 研究奨励・継続助成(薬学)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 藤森 功
脂質メディエーターによる肥満初期の進展制御機構の解明
薬学研究奨励財団: 研究助成
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 藤森 功
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 藤森 功
脂肪細胞において、PGF_<2α>はFP受容体に結合したのち、PGF_<2α>添加10分後にMEK/ERK経路が活性化されることが分かり、さらに、COX-2遺伝子の発現を上昇させることが分かった。PGF_<2α>により活性化されるCOX-2遺伝子の発現調節機構御解明するために、COX-2遺伝子のプロモーター領域をクローニングし、順次、プロモーター領域を欠失させてルシフェラーゼレポーター遺伝子に連結した。それぞれのレポーターコンストラクトをマウス3T3-L1細胞に導入し、PGF_<2α>の安...
脂質メディエーターによる肥満制御の分子基盤
大阪薬科大学同窓会: 研究助成
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 藤森 功
新しい肥満モデルマウスを用いた薬剤スクリーニング法の開発
科学技術振興機構: 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 藤森 功
脂質メディエーターに関する遺伝子発現制御ネットワークの解明
文部科学省: ゲノムネットワークプロジェクト
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 藤森 功
間葉系幹細胞から骨芽・脂肪細胞への分化における脂質メディエーターの機能解明
武田科学振興財団: 研究奨励助成(薬学)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 藤森 功
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 有竹 浩介
酵素活性と低分子化合物輸送能を有する多機能タンパク質のリポカリン型プロスタグランジン(PG)D2合成酵素(L-PGDS)と、酵素反応生成物PGD2の相互作用を調べたところ、LPGDSはPGD2と可逆的に結合する一方で、PGD2の分解物の15d-PGJ2 とは不可逆的に共有結合することが判明した。L-PGDSは細胞内ではPGD2産生を触媒し、細胞外ではPGD2を安定的に標的組織まで輸送し、分解物を結合して不活化する作用を有すると考えられた。
日本応用酵素協会: 研究助成
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 藤森 功

特許

 
諸橋憲一郎、佐藤優子、斎藤幸一、藤森 功
特開2006-180712
Fujimori, K., Mizutani, M. and Ohta, D.
EP9804652