石井 登

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/24 18:27
 
アバター
研究者氏名
石井 登
 
イシイ ノボル
所属
小樽商科大学
部署
言語センター
職名
准教授
学位
修士(地域研究)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
北海道大学 外国語教育センター 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
小樽商科大学 言語センター 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
早稲田大学 社会科学総合学術院 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
獨協大学 国際教養学部 非常勤講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻
 
2005年4月
 - 
2008年3月
筑波大学 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
筑波大学 地域研究研究科 地域研究専攻
 
1990年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 第二文学部 社会専修
 

論文

 
ボルヘスと時間ー文学と歴史哲学についての一考察
石井 登
迷宮 (ボルヘス会)   (10) 14-33   2014年3月   [査読有り]
石井 登
現代文芸論研究室論集 れにくさ   (4) 44-57   2013年3月   [招待有り]
石井 登
駒澤大学外国語論集   (14) 177-197   2013年3月
石井 登
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部 現代文芸論研究室論集 れにくさ   (2) 19-39   2010年12月   [招待有り]
後藤雄介・石井登・浜邦彦・岩村健二郎
早稲田教育評論 (早稲田大学教育総合研究所)   24(1) 45-61   2010年3月

Misc

 
書評:久野量一著『島の重さをめぐって キューバの文学を読む』(松籟社2018年)
石井 登
言語センター広報   (27) 73-74   2019年1月
カルロス・フエンテス、アレハンドロ・ゴンサレス=イニャリトゥ、メキシコ映画
石井 登
日本映画学会会報   (52) 15-17   2017年11月
最良の読者
石井 登
迷宮   (11) 90-94   2015年6月
解題:カルロス・フエンテス「二つのアメリカ」
石井 登
神奈川大学評論   (77) 161-163   2014年4月
翻訳:カルロス・フエンテス「二つのアメリカ」
石井 登
神奈川大学評論   (77) 142-160   2014年4月

講演・口頭発表等

 
ボルヘスの『永遠の歴史』について―歴史哲学・フエンテス・ウクロニア
石井 登
ボルヘス会2012年度大会   2012年11月17日   
高等学校におけるスペイン語教育の現状と展望 (共同発表)
後藤雄介・石井 登
日本イスパニヤ学会第56回大会   2010年10月30日   
メキシコのドラキュラ伯爵−カルロス・フエンテスの 「ヴラド」
石井 登
日本ラテンアメリカ学会第30回大会   2009年6月6日   
カルロス・フエンテスの'Las dos Americas'における時空間
石井 登
日本イスパニヤ学会第54回大会   2008年10月11日   
【講演】メキシコ文学
石井 登
神奈川県藤沢市市民講座「メキシコ」   2005年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
スペイン語教員免許状交付に向けたスペイン語教授法・教材開発のための基礎研究
早稲田大学教育総合研究所: 共同研究
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 後藤雄介
ウクロニア研究
研究期間: 2008年   
カルロス・フエンテスの作品研究
研究期間: 2002年