基本情報

所属
東京交通短期大学 運輸科 准教授
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
学位
博士(社会学)(慶應義塾大学)

研究者番号
60739126
J-GLOBAL ID
200901079810449946

外部リンク

研究上の興味は3つです。

【1.医療人類学の視点に基づく慢性の病い・患者会研究】
主に小児期に発症する1型糖尿病をもつ人々の会について研究してきました。具体的には、●病いを機縁にした人と人の関係の生まれ方とそれ以外の関係の生まれ方(例:地縁・血縁)の相違、●同一疾病患者会の国際比較、●器具・薬剤・治療方針の変化と病気観や理想として語られる患者像の変化、などに興味があります。

【2.総合診療医との協働による医療と文化・社会の影響関係の研究、医療従事者教育の実践】
プライマリ・ケアに従事する総合診療医・家庭医との協働に基づき、医療と文化・社会の影響関係について、インタビューと文献に基づいて研究しています。並行して、医療従事者教育に文化人類学を生かす方法について、実践(医学部における教育・学会WSにおけるファシリテーション等)に基づいて研究しています。一方的情報提供ではなく、医療従事者・医療現場から得られた知見に基づいて文化人類学を深めてゆくようなインタラクティブな営みも目指しています。

【3.文化人類学教育論:中等教育と医療人類学教育】
①中等教育の教員・生徒の間では文化人類学は全く無名です。しかし、フィールドデータに基づくメディアリテラシー教育やナショナリズムの高揚への対処など、文化人類学的思考が中等教育に貢献できる余地は大きく、その実現のための実践的方策を模索しています。

②医療人類学の知見を、医療者や他分野に伝えるための方策を検討するプロジェクトに加わています。医学系の学会でワークショップを開くなどの活動を予定しています(上記の2.と重複)。


受賞

  1

論文

  9

MISC

  1

書籍等出版物

  8
  • 濱 雄亮
    金剛出版  2018年5月 
  • 濱 雄亮(担当:分担執筆, 範囲:アーサー・クラインマン『病いの語り』)
    明石書店  2018年4月 (ISBN: 9784750346427) 
  • 濱 雄亮(担当:分担執筆, 範囲:ホッピーをめぐる豊かな「物語」:ヘルシズム社会における酒の語られ方、pp.63-88)
    ハーベスト社  2016年8月 
  • 濱 雄亮(担当:分担執筆, 範囲:医療人類学教育の実践:その課題と授業研究の提示)
    風響社  2015年3月 
  • 濱 雄亮(担当:分担執筆, 範囲:「「病縁」論に向けての断章」pp.272-274)
    中部大学(発行)・風媒社(販売)  2012年12月 
  • 濱 雄亮(担当:共著, 範囲:Patient Association Activities and Illness-Related Ties(pp.351-356))
    論理と感性の先端的教育研究拠点(慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム)  2011年3月 
  • 濱 雄亮(担当:共著, 範囲:自己注射の経験と〈つながり〉:1型糖尿病者の事例から、pp.127-153)
    明石書店  2007年3月 
  • 濱 雄亮(担当:共著, 範囲:もりのやま 8月23日の死者供養 ―吹浦の森の山を中心に―、pp.356-373)
    遊佐町教育委員会  2006年3月 

講演・口頭発表等

  4

Works(作品等)

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

社会貢献活動

  1