高倉 克人

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/07 19:49
 
アバター
研究者氏名
高倉 克人
 
タカクラ カツト
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
生物応用化学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
半経験的分子軌道計算ソフトウェア「Scigress MO Compact」を利用したe-learning教材の作成と教育効果
高倉克人・上原美優・植田帆南
鈴鹿工業高等専門学校紀要   49 29-32   2016年3月   [査読有り]
Takakura K, Yamamoto T, Kurihara K, Toyota T, Ohnuma K, Sugawara T
Chemical communications (Cambridge, England)   50 2190-2192   2014年2月   [査読有り]
高倉 克人
鈴鹿工業高等専門学校紀要   46 77-80   2013年   [査読有り]
Takahashi H, Kageyama Y, Kurihara K, Takakura K, Murata S, Sugawara T
Chemical communications (Cambridge, England)   46 8791-8793   2010年12月   [査読有り]
SUZUKI Kentaro, TOYOTA Taro, TAKAKURA Katsuto, SUGAWARA Tadashi
Chem Lett   38(11) 1010-1015 (J-STAGE)   2009年

Misc

 
菅原 正, 高倉 克人
現代化学   (386) 30-36   2003年5月

講演・口頭発表等

 
両親媒性分子間長鎖転移反応にもとづく自己複製ベシクルの構築
高倉克人・小阪流星
日本油化学会第55回年会   2016年9月9日   
炭素-炭素結合の開裂/形成反応に基づく両親媒性分子間転移反応
高倉克人・柴原悠・小林祐哉
日本化学会第96春季年会   2016年3月24日   
高倉克人, 柴原悠
中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集   2015年11月7日   
高倉克人, 久野友梨亜, 古川愛
基礎有機化学討論会要旨集   2014年8月25日   

担当経験のある科目

 
  • 有機化学 (独立行政法人国立高等専門学校機構鈴鹿工業高等専門学校)
  • 物理化学(反応速度論・量子化学) (独立行政法人国立高等専門学校機構鈴鹿工業高等専門学校)
  • 界面化学 (独立行政法人国立高等専門学校機構鈴鹿工業高等専門学校)
  • 一般化学 (独立行政法人国立高等専門学校機構鈴鹿工業高等専門学校)
  • 電気化学 (独立行政法人国立高等専門学校機構鈴鹿工業高等専門学校)

競争的資金等の研究課題

 
自己保存能をもつ自己複製ベシクルの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 高倉 克人
自己複製ベシクルの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
養分として、ベシクル膜構成脂質の前駆体を添加すると、ベシクル自身のもつ反応場において膜分子を生産し、それにともないベシクルが増殖していく分子システムの構築をおこなう。

社会貢献活動

 
界面活性剤概論-両親媒性分子の構造と性質-
【講師】  日本油化学会東海支部  界面科学実践講座2014  2014年12月5日
界面活性剤概論-両親媒性分子の構造と性質-
【講師】  日本油化学会東海支部  界面科学実践講座2013  2013年12月6日