村中 孝司

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/19 16:49
 
アバター
研究者氏名
村中 孝司
 
ムラナカ タカシ
所属
ノースアジア大学
部署
経済学部
職名
准教授
学位
博士(農学)(東京大学), 修士(理学)(筑波大学), 学士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年9月
 - 
2006年3月
芝浦工業大学工学部非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科研究員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
ノースアジア大学教養部講師
 
2012年4月
 - 
現在
ノースアジア大学経済学部准教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻
 
1997年4月
 - 
2000年3月
筑波大学 生物科学研究科 生物学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
筑波大学 第二学群生物学類 生物学・基礎専攻
 

委員歴

 
2011年11月
 - 
現在
秋田市環境審議会委員
 
2015年4月
 - 
2015年4月
日本雑草学会  第54回大会運営委員
 
2010年1月
 - 
2012年12月
種生物学会  幹事
 
2002年
 - 
2004年
鬼怒川自然再生検討会(カワラノギク再生検討会(仮))検討委員
 

論文

 
秋田県スギ人工林に対する自然風景地としての利用可能性の検討
村中 孝司
総合研究(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   (6) 213-224   2018年3月
秋田・男鹿の魚介-食生活と漁業から-
村中 孝司
雪国民俗(ノースアジア大学雪国民俗館紀要)   (42) 16-26   2018年3月
風の松原がもたらす生態系サービスと自然風景「白砂青松」における課題
村中 孝司
総合研究(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   (5) 165-177   2017年3月
漬物と暮らし
村中 孝司
雪国民俗(ノースアジア大学雪国民俗館紀要)   (40)    2016年3月
八郎湖における沈水植物の再生に与える環境要因の影響
尾﨑 保夫 , 加藤 理 , 林 紀男 , 村中 孝司 , 岡野 邦宏 , 宮田 直幸
秋田県立大学ウェブジャーナル. A, 地域貢献部門   (3) 86-92   2016年3月   [査読有り]
砂礫質河原の植生を対象とした植物群落の識別方法に関する検討
村中 孝司
総合研究(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   (4) 175-192   2016年3月
雪国と山菜の豊かさ
村中 孝司
雪国民俗(ノースアジア大学雪国民俗館紀要)   (39)    2015年3月
鬼怒川河川敷に残存したムラサキセンブリSwertia pseudochinensis Hara個体群と植生との関係
村中 孝司
総合研究(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   2    2014年3月
“ねばり”食材の地域性 ―納豆とぎばさを中心に―雪国民俗シンポジウム『雪と暮らし 今と昔』
村中 孝司
雪国民俗(ノースアジア大学雪国民俗館紀要)   (38)    2014年3月
日本で利用される野菜・穀物の種子輸入における実態と問題点
村中 孝司
教養・文化論集(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   8(1) 49-63   2013年3月
Muranaka Takashi
Landscape and Ecological Engineering   8(2) 197-205   2012年8月   [査読有り]
湖沼の干拓によって成立した水田の植生保全上の意義:茨城県潮来市の例
村中 孝司
教養・文化論集(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   7(1) 159-172   2012年3月
A New Flora List of the Yatsugatake-Kawakami Forest, Agricultural and Forestry Research Center, University of Tsukuba
Inami,A. , Michikawa,M. , Muranaka,T. , Seino,T. and Nakamura,T.
Bulletin of Tsukuba University Forests   (28) 47-95   2012年3月   [査読有り]
The status and implications of the invasion of an alien grass on the Japanese River: Invasion condition of populations and effective control measures for introduced plant, Eragrostis curvula
Muranaka Takashi
The Bulletin of Cultural Sciences of North Asia University   6(2) 105-117   2011年3月
茨城県潮来市に残された二次林の現状と保全上の課題
村中孝司
教養・文化論集(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   6(1) 99-114   2011年2月
日本人の海藻に対する認識と記述 ―コンブとホンダワラ類についてー
村中孝司
雪国民俗(ノースアジア大学総合研究センター雪国民俗館紀要)   (35) 39-50   2010年10月
外来生物とは?
村中孝司
種生物学研究   (33) 25-37   2010年3月   [査読有り]
外来植物の渡来年代を考える:帰化植物と外来植物
村中孝司
種生物学研究   (33) 39-57   2010年3月   [査読有り]
河原を侵略する外来植物シナダレスズメガヤの防除に向けて
村中孝司
種生物学研究   (33) 61-75   2010年3月   [査読有り]
利根川下流氾濫原における植物相と保全上重要な維管束植物の分布
村中孝司
教養・文化論集(ノースアジア大学総合研究センター紀要)   5(1) 97-109   2010年1月

Misc

 
地域の経済実態調査を活用した学生の自主的研究プログラムの開発
ノースアジア大学経済学部(教育研究分担者、編集者)
平成29年度秋田県私大・短大等パワーアップ支援事業      2018年3月
新しい秋田の特産物発掘にもとづく地域発見プログラムの開発
ノースアジア大学経済学部(教育研究分担者、編集者)
平成28年度秋田県私大・短大パワーアップ支援事業報告書      2017年3月
若手教員による実践的カリキュラム実現を目指した教育プログラムの構築
ノースアジア大学経済学部(教育研究分担者、編集者)
平成27年度秋田県私大・短大パワーアップ支援事業報告書      2016年3月
交通が結ぶ生活基盤インフラと住民生活の質(県南編)
ノースアジア大学経済学部(教育研究分担者、編集者)
平成26年度秋田県私大・短大魅力アップ支援事業報告書      2015年3月
交通が結ぶ生活基盤インフラと住民生活の質(県北編)
ノースアジア大学経済学部(教育研究分担者、編集者)
平成25年度秋田県私大・短大魅力アップ支援事業報告書      2014年3月

書籍等出版物

 
人間活動と生態系
村中 孝司 (担当:共著, 範囲:第10章 外来生物の生態学)
共立出版   2015年3月   
外来生物の生態学-進化する脅威とその対策-(種生物学研究33号) (種生物学会編)
文一総合出版 (責任編集、分担執筆)   2010年   ISBN:978-4-8299-1080-1
大いなる鬼怒川
さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館- (分担執筆)   2007年   
牛久における絶滅のおそれのある野生生物 <植物編>
牛久市建設部緑化推進課 (編著)   2006年   
レッドデータブックとちぎ~栃木県の注目すべき地形・地質・野生動植物
栃木県林務部自然環境課 (分担執筆)   2005年   
外来種ハンドブック
日本生態学会編 (共同分担執筆)   2002年   ISBN:978-4805207062

講演・口頭発表等

 
秋田・男鹿の魚介-食生活と漁業から-
村中 孝司
雪国民俗シンポジウム(男鹿の暮らしと文化-自然・社会・民俗の視点から-)   2017年11月11日   
漬物と暮らし
村中 孝司
雪国民俗シンポジウム(山の暮らし)   2015年11月   
雪国と山菜の豊かさ
村中 孝司
雪国民俗シンポジウム   2014年   
‘ねばり’食材の地域性 納豆とぎばさを中心に
村中 孝司
雪国民俗シンポジウム『雪と暮らし -今と昔-』   2013年12月7日   
八郎潟周辺に残された池沼における保全上重要な沈水植物とヒシとの関係
日本生態学会第59回大会   2012年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
新しい秋田の特産物発掘にもとづく地域発見プログ ラムの開発(教育研究分担者)
秋田県: 秋田県私大・短大パワーアップ支援事業
研究期間: 2016年5月 - 2017年3月
若手教員による実践的カリキュラム実現を目指した教育プログラムの構築(教育研究分担者)
秋田県: 秋田県私大・短大パワーアップ支援事業
研究期間: 2015年5月 - 2016年3月
交通が結ぶ生活基盤インフラと住民生活の質(研究教育分担者)
秋田県: 秋田県 私大・短大魅力アップ支援事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
湖岸の自然浄化機能の回復施設における沈水植物の生育調査と安定再生手法開発研究(研究分担者)
秋田県: 受託研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
八郎湖の水質改善をめざした基礎的総合研究-水質改善と地域資源の循環利用をめざして(研究分担者)
秋田県: プロジェクト4A:秋田戦略学
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月