森 暢平

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 18:20
 
アバター
研究者氏名
森 暢平
 
モリ ヨウヘイ
ハンドル
yoheimori
eメール
ymoriseijo.ac.jp
所属
成城大学
部署
文芸学部 マスコミュニケーション学科
職名
教授
学位
国際関係学修士(国際大学)
その他の所属
京都大学文学研究科

プロフィール

メディア・皇室・家族という切り口から、近代とはなにかを考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成城大学 文芸学部マスコミュニケーション学科 教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
成城大学 文芸学部マスコミュニケーション学科 准教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
成城大学 文芸学部マスコミュニケーション学科 専任講師
 
2002年4月
 - 
2005年3月
琉球新報社 ワシントン駐在記者
 
1990年4月
 - 
1998年9月
毎日新聞社 記者
 
1999年6月
 - 
2002年3月
CNN 日本語サイト編集長
 

学歴

 
2018年4月
 - 
現在
京都大学 文学研究科 歴史文学科専攻(私学研修員)
 
1998年9月
 - 
2000年12月
国際大学 国際関係学研究科 国際関係学専攻
 
1984年4月
 - 
1990年3月
京都大学 文学部 史学科
 

委員歴

 
2017年9月
   
 
日本マス・コミュニケーション学会  企画委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本マス・コミュニケーション学会  国際交流委員
 

受賞

 
2003年
新聞労連ジャーナリスト大賞(琉球新報軍事基地と住民取材班の一員として)
 
2004年
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞(琉球新報社地位協定取材班の一員として)
 
2004年
2004年度JCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞(同上)
 

論文

 
森 暢平
成城文藝 = The Seijo University Arts and Literature Quarterly   (236) 60-26   2016年6月   [査読有り]
森 暢平
成城学園教育研究所研究年報   37 67-81   2016年2月
森 暢平
成城学園教育研究所研究年報   36 83-112   2015年2月
森 暢平
成城文藝   (229) 50-24   2014年12月   [査読有り]
森 暢平
マス・コミュニケーション研究   81(0) 67-85   2012年   [査読有り]
After World War II, the Civil Information and Education Section (CIE) of GHQ encouraged the setting up of schools of journalism at Japanese universities and expected these schools to train potential journalists. However, the journalism programs wh...
森 暢平
成城文藝   (214) 46-64   2011年3月
森 暢平
成城文藝   (213) 31-54   2010年12月
森 暢平
ジャーナリズム   (228) 68-77   2009年5月   [招待有り]
森 暢平
朝日総研リポート   (218) 92-108   2008年7月
森 暢平
朝日総研リポート   (217) 100-120   2008年6月
森 暢平
朝日総研リポート   (216) 68-89   2008年5月
森 暢平
朝日総研リポート   (214) 79-91   2008年3月
森 暢平
朝日総研リポート   (213) 75-88   2008年2月
森 暢平
朝日総研リポート   (212) 102-120   2008年1月
森 暢平
成城文藝   (200) 17-45   2007年9月
森暢平
成城文藝   197(第197号) 1-34   2006年12月
森暢平
コミュニケーション紀要   18(第18輯) 1-22   2006年3月
American Decision Making Process: The Case of the Relocation of Futenma Air Station in Okinawa
森 暢平
国際大学大学院修士論文      [査読有り]

Misc

 
森 暢平
本郷   (136) 26-28   2018年7月
森 暢平
日本史研究 = Journal of Japanese history   (665) 83-90   2018年1月
森 暢平
エコノミスト   94(35) 24-25   2016年8月
森 暢平
本郷   (120) 11-13   2015年11月
森 暢平
コミュニケーション紀要   26 99-115   2015年3月
森 暢平
ジャーナリズム   (234) 20-28   2009年11月
森 暢平
現代   40(2) 42-47   2006年2月
森 暢平
新潮45   22(7) 148-156   2003年7月
森 暢平
エコノミスト   81(20) 46-47   2003年4月
森 暢平
週刊ダイヤモンド   89(35) 120-122   2001年9月

書籍等出版物

 
森暢平、河西秀哉 (担当:共編者, 範囲:はじめに、第3章皇太子妃良子の登場、6章香淳皇后と美智子妃の連続と断絶)
吉川弘文館   2018年5月   ISBN:4642083332
樺島 榮一郎、森暢平ほか (担当:共著, 範囲:二層性のなかの記者クラブ)
ミネルヴァ書房   2015年4月   ISBN:4623072592
酒井雅浩, 花谷美枝, 橋場義之, 保阪正康, ハーバート・ビックス, 高森明勅, 森暢平ほか (担当:共著)
毎日新聞出版   2016年11月   
吉田裕ほか (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ部1章メディア天皇制)
岩波書店   2017年7月   ISBN:4000247239
古川隆久、茶谷誠一、森暢平 (担当:共編者, 範囲:はじめに『昭和天皇実録』を読む前に、Ⅰ部4章メディア史からみた天皇の生活)
吉川弘文館   2015年11月   ISBN:4642082859
河西秀哉 (担当:分担執筆, 範囲:7章ミッチー・ブーム、その後)
吉田書店   2013年11月   ISBN:4905497167
森 暢平ほか (担当:編者, 範囲:はじめに、皇室と雅子妃はどこへ行くのか)
洋泉社   2009年11月   ISBN:4862484107
天野 勝文, 橋場 義之 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅰ部Ⅰ章漂流する21世紀の記者クラブ)
学文社   2008年10月   ISBN:4762018775
木村 茂光 (担当:分担執筆, 範囲:皇室の収入(近現代))
東京大学出版会   2008年5月   ISBN:4130230549
松元 剛, 宮里 努, 松永 勝利, 森 暢平 (担当:共著, 範囲:3章住民との軋轢を引き起す米国本土の基地問題)
日本放送出版協会   2003年8月   ISBN:4140808101
森 暢平
新潮社   2003年6月   ISBN:4106100185

講演・口頭発表等

 
Imperial Family Purse
森 暢平
外国人特派員協会講演   2017年9月25日   
日米関係に関する報道とその構造:沖縄基地問題を題材に
森 暢平
第18回日韓国際シンポジウム   2012年8月25日   
ワシントンから見た米軍再編
沖縄平和研究センター講演   2004年   
女系天皇と皇室典範改正
成城大学教育研究所講演   2006年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
大正期から昭和期における「皇室映画」の研究活用に向けた基礎調査
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 紙屋牧子
藤樫準二文書の研究―皇室記者と宮内官僚の関係をめぐって―
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 森 暢平
臨時災害放送局聴取者調査を通じた被災地教育の実践
成城学園教育研究所: 研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 森暢平