八木 絵香

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 03:24
 
アバター
研究者氏名
八木 絵香
 
ヤギ エコウ
所属
大阪大学
部署
COデザインセンター
職名
准教授
学位
博士(工学)(東北大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
30420425

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
: 大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター  准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
: 大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター  特任准教授
 
2005年6月
 - 
2010年3月
:  大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 特任講師  
 

学歴

 
 
 - 
2005年
東北大学 工学研究科 
 

論文

 
ただ「加害者」の傍らにあるということ--福島第一原子力発電所事故とJR福知山線事故 2つの事故の経験から
八木絵香
科学技術社会論研究   (12) 106-113   2016年6月   [査読有り][招待有り]
Ryuma SHINEHA, Mikihito TANAKA, Ekou YAGI
   2015年11月   [査読有り]
Recent Trends and New Approaches of Public Engagement in Japan
Mikami, Naoyuki, Ekou Yagi, and Yasushi Ikebe
   2014年5月   [査読有り]
大規模災害の後遺障害に対する統合医療的アプローチ
(1) 林紀行,前田和久,八木絵香,松本めぐみ,谷口敏淳,宇留島隼人,平井啓,足立由香,谷向仁,伊藤和憲,川口裕子,渡辺眞実,福田文彦,石崎直人,上島悦子,阪上未紀,坂本淑子,岩田昌美,伊藤壽記
日本統合医療学会誌   6(1) 1-5   2013年3月   [査読有り]
Chie Nakagawa,Ekou Yagi,Kazuto Kato
10(2) 1-11   2011年6月   [査読有り]

Misc

 
学会の知を社会で活かすために
八木絵香
日本原子力学会誌   57(4) 4-5   2015年4月   [査読有り][依頼有り]
事故や災害の「負の遺産」をどのように保存すべきなのか――JR福知山線事故から10年
八木絵香
Synodos (http://synodos.jp/society/13869)      2015年4月   [査読有り][依頼有り]
3.11をめぐる関心事の違いー地域別比較の観点から
標葉隆馬,八木絵香,田中幹人
   2014年10月   [査読有り]
今,必要とされるのは「コミュニケーション」なのか
八木絵香
56(3) 62-63   2014年1月   [査読有り][依頼有り]
東日本大震災をめぐる関心の所在—パイロット分析
 標葉隆馬,八木絵香
   2013年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
対話の場をデザインするー科学技術と社会のあいだをつなぐということー
八木絵香
大阪大学出版会   2009年8月   
阪神・淡路大震災被災地‘神戸’の記録
1.17神戸の教訓を伝える会編 (担当:共著)
株式会社ぎょうせい   1996年5月   
ヒューマンファクター10の原則
古田一雄編著日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム部会著 (担当:共著)
株式会社日科技連出版社   2008年3月   
Bridging Global-Local Knowledge Gaps in Public Deliberation ikko Rask and Richard Worthington (eds.) Governing Biodiversity through Democratic Deliberation
Naoyuki MIKAMI and Ekou YAGI (担当:共著)
Routledge   2015年5月   
Bridging Global-Local Knowledge Gaps in Public Deliberation ikko Rask and Richard Worthington (eds.) Governing Biodiversity through Democratic Deliberation
Naoyuki MIKAMI and Ekou YAGI (担当:共著)
Routledge   2015年5月   

講演・口頭発表等

 
Problems of administrative response in the JCO accident
PSAM5:Probabilistic Safety Assessment and Management   2000年   
Toward Bridging a Gap Between Experts and Local Community Through Repetitive Dialogue Forum
VALDOR:Values in decisions on risk   2003年   
Enhancement of Credibility of Experts via On-demand Provision of Safety-Relevant Information
VALDOR:Values in decisions on risk Proceedings   2003年   
Attempt of dialogue forum series for on-demand information disclosure about nuclear facilities
PSAM7:Probabilistic Safety Assessment and Management   2004年   
Development of an Organizational Safety Measurement Questionnaire
CSEPC:Cognitive Systems engineering in Process Control   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
科学技術への市民参加,科学技術コミュニケーション,事故・災害のヒューマンファクターズ,災害時の人間の心理と行動