八木 絵香

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/17 02:52
 
アバター
研究者氏名
八木 絵香
ハンドル
ekouyagi
所属
大阪大学
部署
COデザインセンター
職名
准教授
学位
博士(工学)(東北大学)
その他の所属
大阪大学大阪大学大阪大学
科研費研究者番号
30420425

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
: 大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター  准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
: 大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター  特任准教授
 
2005年6月
 - 
2010年3月
:  大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター 特任講師  
 

学歴

 
 
 - 
2005年
東北大学 工学研究科 
 

論文

 
Attempt of dialogue forum series for on-demand information disclosure about nuclear facilities
Ekou YAGI, Makoto TAKAHASHI, Masaharu KITAMURA
   2004年6月   [査読有り]
リスクコミュニケーションにおける原子力技術専門家の役割
八木絵香,高橋信,北村正晴
科学技術社会論研究      2004年9月   [査読有り]
Lessons Obtained from Dialogue Between Nuclear Experts and Citizens
Masaharu KITAMURA Ekou YAGI
   2005年8月
Proposal of New Scheme of Science Communication Through Repetitive Dialogue Forums
Ekou YAGI, Makoto TAKAHASHI, Masaharu KITAMURA
   2006年5月   [査読有り]
Proactive Information Provision for Reducing Social Construct Risk of Nuclear Facility
Daisuke Karikawa, Ekou Yagi, Makoto Takahashi, and Masaharu Kitamura
   2006年10月   [査読有り]

Misc

 
3.11をめぐる関心事の違いー地域別比較の観点から
標葉隆馬,八木絵香,田中幹人
   2014年10月   [査読有り]
東日本大震災をめぐる関心の所在—パイロット分析
 標葉隆馬,八木絵香
   2013年11月   [査読有り]
リスクコミュニケーションにおける原子力技術専門家の役割
八木絵香,高橋信,北村正晴
科学技術社会論研究   (3) 129-140   2004年
原子力発電施設等におけるトラブル・事故・災害時の情報伝達のあり方に関する検討
首藤由紀,八木絵香,木村拓郎
日本災害情報学会誌   (2) 82-91   2004年
ロボット技術開発への「市民参加型テクノロジーアセスメント(Participatory Technology Assessment;pTA)手法」の応用
八木絵香
人間融合ロボット分野におけるアカデミック・ロードマップ報告書.日本人間工学会人間融合ロボット分野アカデミック・ロードマップ研究委員会(人間工学vol.43別冊)      2007年

書籍等出版物

 
対話の場をデザインするー科学技術と社会のあいだをつなぐということー
八木絵香
大阪大学出版会   2009年8月   
阪神・淡路大震災被災地‘神戸’の記録
1.17神戸の教訓を伝える会編 (担当:共著)
株式会社ぎょうせい   1996年5月   
ヒューマンファクター10の原則
古田一雄編著日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム部会著 (担当:共著)
株式会社日科技連出版社   2008年3月   
Bridging Global-Local Knowledge Gaps in Public Deliberation ikko Rask and Richard Worthington (eds.) Governing Biodiversity through Democratic Deliberation
Naoyuki MIKAMI and Ekou YAGI (担当:共著)
Routledge   2015年5月   
Bridging Global-Local Knowledge Gaps in Public Deliberation ikko Rask and Richard Worthington (eds.) Governing Biodiversity through Democratic Deliberation
Naoyuki MIKAMI and Ekou YAGI (担当:共著)
Routledge   2015年5月   

講演・口頭発表等

 
Problems of administrative response in the JCO accident
PSAM5:Probabilistic Safety Assessment and Management   2000年   
Toward Bridging a Gap Between Experts and Local Community Through Repetitive Dialogue Forum
VALDOR:Values in decisions on risk   2003年   
Enhancement of Credibility of Experts via On-demand Provision of Safety-Relevant Information
VALDOR:Values in decisions on risk Proceedings   2003年   
Attempt of dialogue forum series for on-demand information disclosure about nuclear facilities
PSAM7:Probabilistic Safety Assessment and Management   2004年   
Development of an Organizational Safety Measurement Questionnaire
CSEPC:Cognitive Systems engineering in Process Control   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
科学技術への市民参加,科学技術コミュニケーション,事故・災害のヒューマンファクターズ,災害時の人間の心理と行動