鐘巻 将人

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/21 11:22
 
アバター
研究者氏名
鐘巻 将人
 
カネマキ マサト
eメール
mkanemaknig.ac.jp
URL
http://kanemaki-lab.sakura.ne.jp/jpn/
所属
国立遺伝学研究所
部署
遺伝メカニズム研究系
職名
教授
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 教授
 
2013年10月
 - 
2017年3月
JSTさきがけ研究員
 
2010年10月
 - 
2016年3月
国立遺伝学研究所 新分野創造センター 准教授
 
2006年7月
 - 
2010年9月
大阪大学 理学研究科生物科学専攻 助教
 
2004年7月
 - 
2006年6月
日本学術振興会海外特別研究員
 
2001年7月
 - 
2006年6月
Cancer Research UK Paterson Institute for Cancer Research, Manchester, UK Postdoctoral fellow
 
1998年4月
 - 
2001年3月
日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
国立千葉大学 大学院自然科学研究科 博士課程(後期)
 
1996年4月
 - 
1998年3月
国立千葉大学 大学院自然科学研究科 博士課程(前期)
 
1992年4月
 - 
1996年3月
国立千葉大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Yesbolatova A, Natsume T, Hayashi KI, Kanemaki MT
Methods      2019年4月   [査読有り]
Goto H, Natsume T, Kanemaki MT, Kaito A, Wang S, Gabazza EC, Inagaki M, Mizoguchi A
Journal of Cell Science   132(2)    2019年1月   [査読有り]
Morii I, Iwabuchi Y, Mori S, Suekuni M, Natsume T, Yoshida K, Sugimoto N, Kanemaki MT, Fujita M
Cancer Science   110(3) 1044-1053   2019年1月   [査読有り]
Nagashima R, Hibino K, Ashwin SS, Babokhov M, Fujishiro S, Imai R, Nozaki T, Tamura S, Tani T, Kimura H, Shribak M, Kanemaki MT, Sasai M, Maeshima K
The Journal of Cell Biology      2019年3月   [査読有り]
Kuscu C, Mammeadov R, Czikora A, Unlu H, Tufan T, Fischer NL, Arslan S, Bekiranov S, Kanemaki M, Adli M
Journal of Molecular Biology      2018年8月   [査読有り]
Minamino M, Tei S, Negishi L, Kanemaki MT, Yoshimura A, Sutani T, Bando M, Shirahige K
Current Biology   28(16) 2665-2672.e5   2018年8月   [査読有り]
Platani M, Samejima I, Samejima K, Kanemaki MT, Earnshaw WC
Journal of Cell Science   131(9)    2018年5月   [査読有り]
Okumura M, Natsume T, Kanemaki MT, Kiyomitsu T
eLife   7    2018年5月   [査読有り]
Yesbolatova A, Kanemaki MT
Nature Chemical Biology      2018年3月   [招待有り]
Samejima K, Booth DG, Ogawa H, Paulson JR, Xie L, Watson CA, Platani M, Kanemaki MT, Earnshaw WC
Journal of Cell Science   131(4)    2018年2月   [査読有り]
Okamoto Y, Iwasaki WM, Kugou K, Takahashi KK, Oda A, Sato K, Kobayashi W, Kawai H, Sakasai R, Takaori-Kondo A, Yamamoto T, Kanemaki MT, Taoka M, Isobe T, Kurumizaka H, Innan H, Ohta K, Ishiai M, Takata M
Nucleic Acids Research      2018年1月   [査読有り]
Gibcus JH, Samejima K, Goloborodko A, Samejima I, Naumova N, Nuebler J, Kanemaki MT, Xie L, Paulson JR, Earnshaw WC, Mirny LA, Dekker J
Science   359(6376)    2018年1月   [査読有り]
Eaton JD, Davidson L, Bauer DLV, Natsume T, Kanemaki MT, West S
Genes & Development   (2) 127-139   2018年2月   [査読有り]
Takagi M, Ono T, Natsume T, Sakamoto C, Nakao M, Saitoh N, Kanemaki MT, Hirano T, Imamoto N
Journal of Cell Science   131(6)    2018年2月   [査読有り]
Yamano K, Wang C, Sarraf SA, Münch C, Kikuchi R, Noda NN, Hizukuri Y, Kanemaki MT, Harper W, Tanaka K, Matsuda N, Youle RJ
eLife   7 e31326   2018年1月   [査読有り]
Yesbolatova A, Tominari Y, Kanemaki M.T.
Drug Discovery Today: Technologies      2018年   [査読有り]
Natsume T, Kanemaki MT
Annual Review of Genetics   51 83-102   2017年11月   [査読有り]
Nozaki T, Imai R, Tanbo M, Nagashima R, Tamura S, Tani T, Joti Y, Tomita M, Hibino K, Kanemaki MT, Wendt KS, Okada Y, Nagai T, Maeshima K
Molecular Cell   67(2) 282-293.e7   2017年7月   [査読有り]
Takahashi A, Okada R, Nagao K, Kawamata Y, Hanyu A, Yoshimoto S, Takasugi M, Watanabe S, Kanemaki MT, Obuse C, Hara E
Nature Communications   8 15287   2017年5月   [査読有り]
Natsume T, Nishimura K, Minocherhomji S, Bhowmick R, Hickson ID, Kanemaki MT
Genes & Development   31(8) 816-829   2017年5月   [査読有り]
Ode KL, Ukai H, Susaki EA, Narumi R, Matsumoto K, Hara J, Koide N, Abe T, Kanemaki MT, Kiyonari H, Ueda HR
Molecular Cell   65(1) 176-190   2017年1月   [査読有り]
Takagi M, Natsume T, Kanemaki MT, Imamoto N
Genes to Cells   21(10) 1113-1124   2016年9月   [査読有り]
Natsume T, Kiyomitsu T, Saga Y, Kanemaki MT
Cell Reports   15(1) 210-218   2016年3月   [査読有り]
Imai R, Komeda S, Shimura M, Tamura S, Matsuyama S, Nishimura K, Rogge R, Matsunaga A, Hiratani I, Takata H, Uemura M, Iida Y, Yoshikawa Y, Hansen JC, Yamauchi K, Kanemaki MT, Maeshima K
Scientific Reports   6 24712   2016年4月   [査読有り]
Devrekanli A, Kanemaki MT
Methods in Molecular Biology   1369 257-278   2016年   [査読有り]
Hoa NN, Akagawa R, Yamasaki T, Hirota K, Sasa K, Natsume T, Kobayashi J, Sakuma T, Yamamoto T, Komatsu K, Kanemaki MT, Pommier Y, Takeda S, Sasanuma H
Genes to Cells   20(12) 1059-1076   2015年12月   [査読有り]
Sanuki Y, Kubota Y, Kanemaki MT, Takahashi TS, Mimura S, Takisawa H
Cell Cycle   14 1010-1023   2015年4月   [査読有り]
Samejima K, Ogawa H, Ageichik AV, Peterson KL, Kaufmann SH, Kanemaki MT, Earnshaw WC
The Journal of Biological Chemistry   289 31617-31623   2014年11月   [査読有り]
Nishimura K, Kanemaki MT
Current Protocols in Cell Biology   64 20.9.1-20.9.16   2014年9月   [査読有り]
[Structure and function of the MCM family proteins].
Kanemaki MT
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   86 249-254   2014年4月   [査読有り]
Rodriguez-Bravo V, Maciejowski J, Corona J, Buch HK, Collin P, Kanemaki MT, Shah JV, Jallepalli PV
Cell   156 1017-1031   2014年2月   [査読有り]
Kanemaki MT.
Pflugers Archive - European Journal of Physiology   465(3) 419-425   2013年   [査読有り][招待有り]
総説
Kubota, T., Nishimura, K., Kanemaki, MT., Donaldson, AD.
Molecular Cell   50(2) 273-280   2013年   [査読有り]
Kanemaki, MT.
Cell Cycle   12(9) 1338-1339   2013年   [査読有り][招待有り]
総説
Watase G.,Takisawa H., and Kanemaki MT.
Current Biology   22(4) 343-349   2012年   [査読有り]
Nishimura K., Ishiai M., Horikawa K., Fukagawa T., Takata M., Takisawa H., Kanemaki MT.
Molecular Cell   47(4) 511-522   2012年   [査読有り]
Kanke M, Nishimura K, Kanemaki M, Kakimoto T, Takahashi TS, Nakagawa T, Masukata H.
BMC Cell Biology   12(8)    2011年   [査読有り]
Tanaka T, Umemori T, Endo S, Muramatsu S, Kanemaki M, Kamimura Y, Obuse C, Araki H.
EMBO Journal   30(10) 2019-2030   2011年   [査読有り]
Masumoto H., Nakato R., Kanemaki M., Shirahige K., Hachinohe M.
PLoS One   6(12) e28980   2011年   [査読有り]
Renshaw MJ., Ward JJ., Kanemaki M., Natsume K., Nédélec FJ., and Tanaka TU.
Developmental Cell   19(2) 232-244   2010年   [査読有り]
Nishimura K, Fukagawa T, Takisawa H, Kakimoto T, Kanemaki M
Nature methods   6 917-922   2009年12月   [査読有り]
Gambus A, Jones RC, Sanchez-Diaz A, Kanemaki M, van Deursen F, Edmondson RD, Labib K
Nature cell biology   8 358-366   2006年4月   [査読有り]
Kanemaki M, Labib K
The EMBO journal   25 1753-1763   2006年4月   [査読有り]
Calzada A, Hodgson B, Kanemaki M, Bueno A, Labib K
Genes & development   19 1905-1919   2005年8月   [査読有り]
Sanchez-Diaz A, Kanemaki M, Marchesi V, Labib K
Science's STKE : signal transduction knowledge environment   2004 PL8   2004年3月   [査読有り]
Kanemaki M, Sanchez-Diaz A, Gambus A, Labib K
Nature   423 720-724   2003年6月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

書籍等出版物

 
MCMヘリカーゼファミリー因子の構造と機能(生化学vol.86 No.2, 249-254)
鐘巻 将人
日本生化学学会   2014年5月   
生細胞内での標的タンパク質分解(翻訳)
鐘巻将人
丸善出版   2013年1月   ISBN:9784621086261
編者名:長野哲雄、荻原正敏
First Author's Mcm8とMcm9は複合体を形成しDNA二本鎖間架橋のひき起こす相同組換え修復において機能する
西村浩平, 鐘巻将人
http://first.lifesciencedb.jp/archives/5309   2012年   
編者名:http://first.lifesciencedb.jp/archives/5309
動物の培養細胞における迅速なタンパク質発現制御法(AID法)
西村浩平、鐘巻将人 (担当:共著, 範囲:実験医学 2010年 Vol. 28 No.14, 2279-2284.)
羊土社   2010年9月   
複製フォーク形成複合体の染色体サイクルにおける働き
鐘巻将人、久保田弓子、滝澤温彦 (担当:共著, 範囲:細胞工学 vol.27 No.10, 992-997)
学研メディカル秀潤社   2008年10月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 鐘巻 将人
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 鐘巻 将人
私たちは植物ホルモンオーキシンの作用機構を利用して、細胞内で標的 タンパク質を分解除去する新規手法オーキシンデグロン(AID)法を開発した。植物はジャスモン 酸イソロイシン(JA-ile)によって、オーキシンと類似の方法でJAZ 因子を分解することから、あらたなJA-ile デグロンシステムを作ることができれば、AID と組み合わせて利用できることが 期待された。そこで、JA-ile デグロンの開発を試みたが、残念ながら今のところ成功していない。 今後は植物におけるJA-ile 作用機構の...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 鐘巻 将人
本助成により、植物ホルモンオーキシンが植物内で引き起こす分解システムを、異種真核生物に移植することに成功した。これにより、非植物細胞において標的タンパク質をオーキシン依存的に分解除去することが可能になり、私たちは本手法をオーキシン誘導デグロン(AID)法と命名した。私たちは本手法が出芽酵母、分裂酵母、ニワトリDT40細胞、マウスおよびヒト培養細胞で機能することを確認し、その成果を論文公表した。さらに、本手法を利用して、出芽酵母内の因子の機能解析に応用し、その成果を論文公表した。また、改良版...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 鐘巻 将人
本年度は本研究課題で達成された、植物ホルモンオーキシン分解経路を出芽酵母および動物培養細胞に移植することで、特定の目的タンパク質を分解により発現コントロールする新たな手法(auxin inducible degron ; AID)を論文公表するために多くの時間を割いた。その結果、投稿した論文はNature Methods誌12月号にArticleとして掲載された。使用した出芽酵母およびプラスミドはバイオリソースセンターNBRPに寄付したが、論文公表以後非常に多く研究者からサンプルリクエスト...

特許

 
鐘巻 将人, 西村 浩平, 滝澤 温彦, 三村 覚, 小畑 有以
鐘巻 将人, 西村 浩平, 滝澤 温彦, 三村 覚, 小畑 有以
鐘巻 将人, 柿本 辰男, 西村 浩平, 滝澤 温彦, 深川 竜郎
鐘巻 将人, 柿本 辰男, 西村 浩平, 滝澤 温彦, 深川 竜郎

社会貢献活動

 
【寄稿】  羊土社  実験医学2019年6月号 News & Hot Paper Digest  2019年5月21日
【寄稿】  羊土社  実験医学2017年1月号 News & Hot Paper Digest  2016年12月1日
【寄稿】  羊土社  実験医学2016年10月号 News & Hot Paper Digest  2016年10月1日
【その他】  JST  JST News  2016年5月17日
【コメンテーター, 寄稿】  サイエンスメディアセンター  (専門家コメント 米チームが、遺伝子改変技術で新たなキルスイッチ(自殺装置)を開発)  2015年12月9日 - 2015年12月9日
【コメンテーター, 寄稿】  サイエンスメディアセンター  サイエンスメディアセンター  (専門家コメント CRISPR-cas9システムを光で制御、より自在なゲノム編集へ)  2015年6月24日
【出演, 講師】  国立遺伝学研究所  遺伝研公開講演会2014 アキバで遺伝学  (秋葉原コンベンションホール)  2014年11月1日
みなさんの体内では、信じられないほどの長さのDNAが日々複製されています(その長さは当日お話ししましょう!)。 DNAの複製エラーは、細胞死やがん化の原因になるため、細胞は問題が生じたときに正常に修復する方法を持っています。 私たちが解き明かそうとしているDNA複製と修復の関連性と、それに迫る研究法についてお話ししたいと思います。
【寄稿】  総合研究大学院大学学生セミナー実行委員会チームセーガン  2012年