久野 潤

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/19 03:28
 
アバター
研究者氏名
久野 潤
 
クノ ジュン
URL
http://www.kunojun.com/
所属
大阪観光大学
学位
法学修士(京都大学)

プロフィール

昭和55年大阪生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修了。
学問的専門分野は近現代日本の政治外交とその背景思想で、これまでに大阪国際大学・皇學館大學・名城大学で政治・経済・外交・歴史系の授業を担当。
学術研究以外では、全国で戦争経験者や神社を取材・調査して各雑誌に記事を執筆。大阪・東京・名古屋・静岡・福岡・広島・長岡・福井で一般向け公開講座「歴史勉強塾」(れきべん)が開催されている。
著書に『新島八重』(晋遊舎新書)『帝国海軍と艦内神社』(祥伝社)『帝国海軍の航跡』(青林堂)のほか、共著書多数。

研究分野

 
 

経歴

 
1980年8月
 - 
2100年10月
大阪観光大学 国際交流学部
 

学歴

 
 
 - 
2006年
京都大学 法学研究科 国際公共政策専攻
 
 
 - 
2003年
慶應義塾大学 総合政策学部 
 

論文

 
日中戦争不拡大方針の挫折と昭和研究会―メンバーの思想と戦争初期の動向を中心に―
久野潤
(修士論文)      [査読有り]

Misc

 
「支那事変不拡大方針の挫折と昭和研究会 -メンバーの思想と事変初期の言説」
『自由』   49(1) 97-112   2006年
「山本権兵衛 -〝藩閥〟〝リベラル〟というイメージのはざまで時代と戦った明治の軍人政治家」
『歴史読本』11月号   126-131   2009年

書籍等出版物

 
『総図解 よくわかる世界史』(共著)
新人物往来社   2009年   ISBN:4404037732
『ファンダメンタル政治学』(共著)
北樹出版   2010年   ISBN:4779302250

講演・口頭発表等

 
戦前戦中の「国策知識人」と京都帝国大学―第一次近衛政権の戦争遂行と昭和研究会―
京都文化国際研究会 平成十八年度第二回例会(2006.9.23)   2006年   
賤ヶ岳合戦―ターニングポイントはあったのか―
戦略研究学会 日本古戦史研究部会(2007.6.23)   2007年   
第一次近衛内閣と支那事変拡大期における論壇の言説―事変拡大の論理的支柱となった「国策知識人」たち―
軍事史学会 第75回関西支部定例研究会(2007.11.17)   2007年   
支那事変の拡大と日本海軍―組織と知的人脈、そしてその影響力―
第四十二回(平成二十年度)軍事史学会年次大会(2008.5.31)   2008年   
第一次近衛内閣期における「東亜共同体」論と国内改革―蠟山政道を中心に―
第1回皇學館大學人文學會大会(2008.12.21)   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
日本近現代政治外交史
日中戦争初期の不拡大方針挫折の要因
日中戦争遂行過程における知識人・言説の影響
情報社会論