AMEZAWA Koji

J-GLOBAL         Last updated: Sep 19, 2019 at 14:32
 
Avatar
Name
AMEZAWA Koji
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/6da78815bf625cd2b41ab80ee48579b6.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Kyoto University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Jan 2013
 - 
Apr 2013
第80回電気化学会大会  実行委員
 
Jan 2013
 - 
Dec 2013
Journal of Electroceramics誌  guest editor
 
Jan 2013
 - 
Jul 2013
The 19th International Conference on Solid State Ionics  実行委員
 
Jan 2013
 - 
Today
Solid State Ionics誌  Associate Editorial Board
 
Jan 2013
 - 
Dec 2013
Tenth International Conference on Flow Dynamics  実行委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2017
その場軟X線吸収・発光分光同時測定技術の開発, 電気化学会論文賞, 公益社団法人 電気化学会
Winner: 大池諒、岡本悠祐、徳島高、中村崇司、雨澤浩史
 
Sep 2016
Best Paper Award 受賞, The 2016 Joint Academic Forum between Thai-Nichi institute of Technology and the Japan University & Company Research Group
Winner: M. Fakkao, Y. Kimura, T. Nakamura, N. Kuwata, J. Kawamura, K. Amezawa, and T. Kawada
 
May 2016
Quantitative Evaluation of Reaction Distribution in SOFC Cathodes by Using Model Patterned Thin Film Electrode,, E-MRS2016 ポスター賞, E-MRS 2016
Winner: Y. Fujimaki, Y. Shindo, T. Nakamura, K. Yashiro, T. Kawada, F. Iguchi, H. Yugami, K. Amezawa,
 
Mar 2015
層状プロブスカイト構造を有するランタンニッケル酸化物の局所構造と酸化物イオン拡散の相関性, 電気化学会論文賞, 公益社団法人電気化学会
Winner: 伊奈稔哲, 折笠有基, Titus MASESE, 中尾孝之, 嶺重温, 雨澤浩史, 谷田肇, 宇留賀朋哉, 内本喜晴
 

Published Papers

 
Norikazu Ishigaki, Naoaki Kuwata, Arunkumar Dorai, Takashi Nakamura, Koji Amezawa, Junichi Kawamura
Thin Solid Films   686 137433   Jul 2019   [Refereed]
Hajime Toriumi, Taisei Kobayashi, Satoshi Hinokuma, Toshiaki Ina, Takashi Nakamura, Koji Amezawa, Chunyu Zhu, Hiroki Habasaki, and Yoshitaka Aoki
Inorganic Chemistry Frontiers   6 1587-1597   May 2019   [Refereed]
Takashi Nakamura,Kazuki Chiba, Mahunnop Fakkao, Yuta Kimura, Kiyofumi Nitta, Yasuko Terada, Yoshiharu Uchimoto, and Koji
Batteries and Supercaps   2 688-694   Jun 2019   [Refereed]
The cover feature of Batteries & Supercaps, Vol. 2 Issue 8
Masatsugu Oishi, Takashi Nakamura, Iwao Watanabe, Takashi Yamamoto, Takuya Doi, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Koji Amezawa, and Yuji Okuyama
J. Phys. Chem. C   123 16034-16045   Jun 2019   [Refereed]
Takashi Nakamura, Koji Amezawa, Jörn Kulisch, Wolfgang G. Zeier, Jürgen Janek
ACS Appl. Mater. Interfaces   11 19968-19976   May 2019   [Refereed]

Misc

 
高温・制御雰囲気下での放射光X線吸収分光測定技術の開発とこれを用いた電池反応機構のオペランド評価
雨澤浩史
電池技術   29 95-1000   Dec 2017
雨澤 浩史
Electrochemistry   85(4) 208-214   Apr 2017
雨澤 浩史
Electrochemistry   85(4) 208-214   Apr 2017
1489
雨澤 浩史
Electrochemistry   85(3) 151-156   Mar 2017
雨澤 浩史
Electrochemistry   85(3) 151-156   Mar 2017
1478

Books etc

 
基礎化学実験
京都大学大学院人間・環境学研究科化学部会 (Part:Joint Work, 第1章 無機定性分析実験)
共立出版   Mar 2008   
ナノイオニクス 最新技術とその展望
内本喜晴、雨澤浩史、酒井夏子 (Part:Joint Work, 第I編 第15章 ヘテロ接触界面のイオン移動現象のその場観察)
シーエムシー出版   Feb 2008   
水素エネルギーのための材料とデバイス
雨澤浩史 (Part:Joint Work, 第1章 第4節 43ページ~55ページ)
TIC出版   2005   
わかりやすい非平衡熱力学
伊藤 靖彦 監訳、雨澤 浩史、池庄司 民夫、石崎 武志、岡田 達弘、鎌田 正裕、福田 正己 (Part:Joint Work)
オーム社   1992   
SPring-8の高輝度放射光を利用したグリーンエネルギー分野における電池材料開発
雨澤浩史 (Part:Joint Work, in-situ XAFS測定による固体酸化物形燃料電池の電極反応機構解析)
SPring-8グリーンエネルギー研究会   Feb 2014   

Conference Activities & Talks

 
Solid State Ionics Devices for Use of Renewable Energy ~Device Developments Based on Synchrotron X-Ray Operand Measurements~ [Invited]
AMEZAWA Koji
The 10th International Symposium of Advanced Energy Science   4 Sep 2019   
放射光X線を用いた全固体リチウムイオン二次電池のオペランド解析
AMEZAWA Koji
第74回固体イオニクス研究会   12 Jul 2019   
ポテンシャル分布に基づいた全固体電池設計指針
中村崇司、雨澤浩史
第9回 物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会   1 Jul 2019   
Evaluationof Factors Influencing Cr-Poisoning in SOFC Cathodes
Shota Kageyama, Yusuke Shindo,Yoshinobu Fujimaki, Keita Mizuno,Yuta Kimura, Takashi Nakamura, Fumitada Iiguchi, KeijiYashiro,Hiroo Yugami, Tatsuya Kawada, Koji Amezawa
22nd International Conference on Solid State Ionics   16 Jun 2019   
Evaluation of the electrode reaction mechanismin anLa0.6Sr0.4CoO3-δ PCFC cathode
Katsuya Nishidate, Yuki Shinomiya, Keita Mizuno, Yuta Kimura, Takashi Nakamura, Keiji Yashiro, Tatsuya Kawada, Yuichi Mikami, Shigenori Onuma, Tomohiro Kuroha, Noboru Taniguchi, Yoichiro Tsuji, Koji Amezawa
22nd International Conference on Solid State Ionics   16 Jun 2019   

Others

 
Jul 2008   耐久性・信頼性向上に関する基礎研究
固体酸化物形燃料電池の機械的解析による劣化機構の解明、加速試験法の確立
Jul 2008   高温電気化学デバイスにおける反応場のその場計測技術の確立と高機能界面設計
次世代エネルギー変換システムとして期待される固体酸化物形燃料電池(SOFC)などの高温電気化学デバイスの高性能化,長寿命化を図り,実用化を実現するためには,反応場である固-気界面あるいは固-固界面の動的状態を把握し,これをもとに,円滑かつ安定な反応進行を可能とする界面を設計することが必要である。しかしながら,高温電気化学デバイスの反応場は,高温,制御ガス雰囲気,通電,応力存在といった非常に特殊な環境下にあるため,その状態をその場計測できる手法は未だ確立されていない。以上の背景を踏まえ,本研究では,汎用の電気化学的手法に加え,X線吸収,赤外吸収,ラマンなどの分光学的手法,化学ポテンシャルプローブなどの熱力学的手法などを併用することにより,高温電気化学デバイスにおける反応場の動的状態を直接計測する手法を世界に先駆けて開発・確立することを目指す。またこれらの手法を用い,SOFC空気極・燃料極をモデルケースに,高温電気化学デバイスの反応場解析を行い,反応進行時の電極/電解質の化学・構造・熱力学・機械的状態や反応メカニズムを明らかにする。さらに,得られた情報をもとに,ナノ~マイクロメートルレベルで界面の形態制御を行い,高温電気化学デバイスの高性能化・高寿命化を達成し得る反応場の構築へと繋げることを目的とする。本申請では,種々の計測手法および界面制御技術に精通した研究者を,分野横断的環境を有する学際センターに集結させ,センター常勤スタッフとも緊密に連携をとることにより,上記の研究プログラムを遂行する。
Jul 2007   中温域の新規プロトン伝導体の開発
高効率燃料電池システム用の電解質の開発を目指し,希土類リン酸塩の導電性影響要因の把握と高性能化を行う。
Jul 2005   中高温作動型燃料電池の実現に向けた新規プロトン伝導性セラミックスの開発
本研究では、申請者等によってこれまでに見出されたオキソ酸塩系中高温プロトン伝導体についての研究成果を基盤とし、環境調和型エネルギー変換技術として期待される燃料電池の電解質材料として、新規なプロトン伝導性セラミックスを開発する。特に、リン酸塩を始めてとするオキソ酸塩を用いた新たな材料設計に基づく系統的材料合成・探索を通し、優れたプロトン伝導特性と実用化に耐えうる化学的安定性を兼ね備えたセラミックスを創製し、円滑な電極反応、使用燃料の多様性、コジェネレーションによる高校率化など多くの魅力を有する中高温度域において作動可能な燃料電池を実現するための基礎技術を確立する。