ITO Yukihiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2018 at 18:06
 
Avatar
Name
ITO Yukihiro
E-mail
yukitobios.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b8be021eb1491f7261a87d63f1338cc2.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Life Science Department of Environmental Bioscience Laboratory of Environmental Biotechnology
Job title
Associate Professor
Degree
博士(農学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1995
 - 
Mar 2007
助手, National Institute of Genetics
 

Education

 
 
 - 
Mar 1995
Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1990
農学科, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2014
 - 
Today
Plant Biotechnology  編集委員
 
Jul 2009
 - 
Sep 2010
日本植物細胞分子生物学会  第28回日本植物細胞分子生物学会(仙台)大会・シンポジウム準備委員会副委員長
 
Apr 2013
 - 
Mar 2014
日本育種学会 第125回講演会・総会  大会運営委員(アルバイト募集・管理担当、懇親会担当)
 
Mar 2011
   
 
第52回日本植物生理学会年会  年会委員(展示担当、高校生生物研究発表会担当)
 
May 2012
 - 
Aug 2012
日本植物生理学会 高校生シンポジウム  組織委員副委員長
 

Awards & Honors

 
Apr 2013
科学者の卵養成講座による分野横断的科学思考力の普及啓発, 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 (科学技術賞、理解増進部門), 文部科学大臣
Winner: 渡辺正夫、安藤晃、久利美和、伊藤幸博、日出間純
 
Dec 2016
極長鎖脂肪酸に関連した新たなイネシュート発生突然変異体の解析, 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞, 日本分子生物学会
Winner: 久慈正義、小暮恵太、菊池達也、石橋まゆ、小松陽花、佐藤菜々、佐藤優花里、藤倉理帆、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、高橋ほなみ、伊藤幸博
 
Sep 2010
イネの高糖化性遺伝子の同定と利用, 平成22年度東北大学先端農学研究奨励賞, 東北大学大学院農学研究科
Winner: 伊藤幸博、園木和典
 

Published Papers

 
Cytokinin-induced expression of OSH1 in a shoot-regenerating rice callus
Naruse M, Takahashi H, Kurata N, Ito Y
Plant Biotechnol   35 267-272   2018   [Refereed]
Ito Y*, Kimura F, Hirakata K, Tsuda K, Takasugi T, Eiguchi M, Nakagawa K, Kurata N*
Plant J   66 680-688   2011   [Refereed]
IF = 6.948 (2010)
Tsuda K, Akiba T, Kimura F, Ishibashi M, Moriya C, Kurata N, Ito Y*
Plant Cell Physiology   54 209-217   2013   [Refereed]
IF = 4.702 (2011)
Akiba T, Hibara K, Kimura F, Tsuda K, Shibata K, Ishibashi M, Moriya C, Nakagawa K, Kurata N, Itoh J-I, Ito Y*
Plant Cell Physiol   55 42-51   2014   [Refereed]
IF = 4.134 (2012)
Furukawa K, Ichikawa S, Nigorikawa M, Sonoki T, Ito Y*
Transgenic Res   23 531-537   2014   [Refereed]
IF = 2.609 (2012)
Nigorikawa M, Watanabe A, Furukawa K, Sonoki T, Ito Y*
Rice   5 4   2012   [Refereed]
IF = 3.110 (2011)
Iiyoshi R, Oguchi T*, Furukawa T, Iimura Y, Ito Y, Sonoki T
Transgenic Res   26 753-761   2017   [Refereed]
IF = 2.341 (2016)
Ishikawa T, Ito Y, Kawai-Yamada M*
Plant Journal   88 681-693   2016   [Refereed]
IF = 5.468 (2015)
Abe T, Ito K, Takahashi Y, Sato K, Matsuzaka A, Sonoki T, Ito Y*
Plant Biotechnol   33 105-110   2016   [Refereed]
IF = 0.715 (2015)
Fujii S, Kazama T, Ito Y, Kojima S, Toriyama K*
Rice   7 21   2014   [Refereed]
IF = 2.450 (2013)
Furukawa T, Sawaguchi C, Watanabe A, Takahashi M, Nigorikawa M, Furukawa K, Iimura Y, Kajita S, Oguchi T, Ito Y, Sonoki T*
J Biosci Bioeng   116 616-619   2013   [Refereed]
IF = 1.737 (2012)
Yoshimura S, Komatsu M, Kaku K, Hori M, Ogawa T, Muramoto K, Kazama T, Ito Y, Toriyama K*
Plant Biotechnology   29 501-504   2012   [Refereed]
IF = 0.944 (2011)
Tsuda K, Ito Y, Sato Y, Kurata N*
Plant Cell   23 4368-4381   2011   [Refereed]
IF = 9.396 (2010)
Ito Y*, Thirumurugan T, Serizawa A, Hiratsu K, Ohme-Takagi M, Kurata N*
Plant Sci   181 105-110   2011   [Refereed]
IF = 2.481 (2010)
Takasugi T, Ito Y*
Plant Signal Behav   6 887-888   2011   [Invited]
Toda T, Fujii S, Kazama T, Ito Y, Toriyama K*
Rice Genetics Newsletter   25 85-86   2010   [Refereed]
Sakaguchi J, Itoh J-I, Ito Y, Nakamura A, Fukuda H, Sawa S*
Plant J   63 405-416   2010   [Refereed]
IF = 6.946 (2009)
Miyashita Y, Takasugi T, Ito Y*
Plant Science   178 424-428   2010   [Refereed]
IF = 2.050 (2009)
Wu X, Kishitani S, Ito Y, Toriyama K*
Plant Biotech   26 431-434   2009   [Refereed]
IF = 0.853 (2010)
Tsuda K, Ito Y*, Yamaki S, Miyao A, Hirochika H, Kurata N*
Plant Science   177 131-135   2009   [Refereed]
IF = 1.974 (2008)

Misc

 
Kurata N, Miyoshi K, Nonomura K-I, Yamazaki Y, Ito Y
Plant Cell Physiol   46 48-62   2005
IF = 3.159 (2003)
Molecular studies on cytoplasmic male sterility and shoot apical meristem in rice
Ito Y, Kazama T, Toriyama K
Tohoku J Agri Res   60 55-58   2009
Enhancement of saccharification from rice straws by senescence-specific expression of cellulase
伊藤幸博
バイオサイエンスとインダストリー   74 412-413   2016
Biotechnology of rice
Ito Y, Sonoki T
Journal of the Japan Institute of Energy   93(5) 423-428   2014
研究室紹介
伊藤幸博
財団便り かけ橋   (31) 15   Dec 2009

Books etc

 
植物の遺伝子発現
伊藤幸博、町田泰則 (Part:Joint Work, 95頁〜108頁)
講談社サイエンティフィック   1995   ISBN:978-4-06-153538-1
植物育種学辞典
伊藤幸博
培風館   Sep 2005   ISBN:4-563-07788-7
植物ゲノム科学辞典
伊藤幸博
Jan 2009   ISBN:978-4-254-17134-1
農学生命科学を学ぶための入門生物学
伊藤幸博 (Part:Joint Work, 5-1-1成長と分化(p119-122))
東北大学出版会   May 2011   ISBN:978-4-86163-166-5

Conference Activities & Talks

 
Enhancement of saccharification yields from rice straws by senescence-inducible expression of cellulase
Takahata K, Ichikawa S, Furukawa K, Ito Y
International Rice Congress 2018   15 Oct 2018   
イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子ONION4の同定
菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博*
ConBio2017   6 Dec 2017   
本人の発表
イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子ONION4の同定
菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博*
ConBio2017   6 Dec 2017   
本人の発表
稲わらの糖化性を高める遺伝子の探索
伊藤叶裕*、阿部友美、伊藤幸博
ConBio2017   6 Dec 2017   
東北大学飛翔型「科学者の卵養成講座」における受講生のアイスブレイクとなる実技課題の効果
下山せいら*、渡辺正夫、伊藤幸博、久利美和、中村肇、犬竹正明、安藤晃
平成29年度第3回日本科学教育学会研究会(東北支部開催)   2 Dec 2017   
老化期特異的セルラーゼ発現による稲わらの糖化性向上
市川晋、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博*
第12回東北育種研究集会   25 Nov 2017   
本人の発表
稲わらの糖化性を決める遺伝子のマッピングとその要因の探索
伊藤叶裕*、阿部友美、伊藤幸博
第12回東北育種研究集会   25 Nov 2017   
イネの表皮分化に必要な受容体型プロテインキナーゼ遺伝子の同定
菊池達也*、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博
第12回東北育種研究集会   25 Nov 2017   
Identification of a receptor-like protein kinase gene ONION4 required for epidermis development in rice
Kikuchi T, Kogure K, Komatsu H, Sato N, Takahashi H, Ito Y*
Taiwan-Japan Plant Biology 2017   3 Nov 2017   
本人の発表
セルラーゼの老化期特異的発現による稲わらの糖化性の向上
市川晋、古川佳世子、伊藤幸博*
第35回日本植物細胞分子生物学会大会   29 Aug 2017   
本人の発表
イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子の同定
菊池達也*、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博
第35回日本植物細胞分子生物学会大会   29 Aug 2017   
東北大学 飛翔型「科学者の卵養成講座」における卓越した理数人材育成
安藤晃*、渡辺正夫、伊藤幸博、久利美和、中村肇、下山せいら
日本科学教育学会第41回年会   29 Aug 2017   
東北大学 飛翔型「科学者の卵養成講座」における受講生の能力伸長
下山せいら*、渡辺正夫、伊藤幸博、久利美和、安藤晃
日本科学教育学会第41回年会   29 Aug 2017   
Identification of a receptor-like protein kinase gene required for epidermis development in rice
Kikuchi T*, Kogure K, Komatsu H, Sato N, Takahashi H, Ito Y
Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation   7 Aug 2017   
Knock out of a bHLH gene involved in nicotine biosynthesis for production of nicotine-free Nicotiana benthamiana
Koseki M*, Ito Y
Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation   7 Aug 2017   
Enhancement of saccharification yields from rice straw
Ito Y
Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation   7 Aug 2017   
本人の発表
極長鎖脂肪酸に関連した新たなイネシュート発生突然変異体の解析
久慈正義、小暮恵太、菊池達也、石橋まゆ、小松陽花、佐藤菜々、佐藤優花里、藤倉理帆、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、高橋ほなみ、伊藤幸博*
第39回日本分子生物学会年会   30 Nov 2016   
本人の発表
極長鎖脂肪酸に関連した新規イネシュート発生突然変異体の選抜と解析、第29回植物脂質シンポジウム
小暮恵太、菊池達也、小松陽花、佐藤菜々、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、久慈正義、伊藤幸博*
第29回植物脂質シンポジウム   25 Nov 2016   
本人の発表
シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析
久慈正義*、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博
第29回植物脂質シンポジウム   25 Nov 2016   
海藻類からのバイオエタノール製造
坂本悠*、柴谷美帆、古川景大、濱松郁美、市川晋、佐藤耕平、村田真麻、佐々木秀明、伊藤幸博、小平裕子
第11回東北育種研究集会   12 Nov 2016   
イネ葉鞘の糖化性を高める遺伝子のマッピング
伊藤叶裕*、阿部友美、伊藤幸博
第11回東北育種研究集会   12 Nov 2016   
シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析
久慈正義*、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博
第11回東北育種研究集会   12 Nov 2016   
極長鎖脂肪酸合成に関わる新たなイネ突然変異体oni4の解析
小暮恵太、菊池達也、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、久慈正義、伊藤幸博*
第11回東北育種研究集会   12 Nov 2016   
本人の発表
Analysis of rice mutants defective in shoot morphology and cuticle
Kuji S, Kogure K, Kikuchi T, Ishibashi M, Ito Y*
14th International Symposium on Rice Functional Genomics   26 Sep 2016   
本人の発表
シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析
久慈正義*、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博
第34回日本植物細胞分子生物学会大会   1 Sep 2016   
効率的バイオリファイナリーに向けた稲わらの糖化性の向上
先端農学シンポジウム   20 Feb 2016   
バイオリファイナリーに適した稲わらの開発
市川晋*、阿部友美、園木和典、伊藤幸博
第38回日本分子生物学会年会   1 Dec 2015   
イネのシュート発生で機能する新たな極長鎖脂肪酸関連遺伝子の探索
小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博*
第38回日本分子生物学会年会   1 Dec 2015   
本人の発表
イネのシュート発生に必要なketoacylCoA synthaseと相互作用するketoacylCoA reductaseの探索
小暮恵太*、伊藤幸博
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
極長鎖脂肪酸合成に関わる新たなイネ突然変異体oni4の解析
小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博*
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
本人の発表
極長鎖脂肪酸によるシュート発生に関わる新たなイネ突然変異体の解析
佐藤優花里*、藤倉理帆、益子恵利那、佐々木長将、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
イネのシュート発生に影響を及ぼすVLCFAの機能の研究
久慈正義*、石橋まゆ、伊藤幸博
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
バイオエタノール原料に適した稲わらの開発
市川晋*、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
ミトコンドリア形質転換のためのミトコンドリア宅配型アグロバクテリウム開発へのアプローチ
梅津優香*、伊藤幸博、鳥山欽哉
第10回東北育種研究集会   14 Nov 2015   
リグノセルロースの化学組成と糖化性に対するラッカーゼ-セルロース結合ドメイン融合タンパク質発現の効果
飯吉亮太、小口太一、飯村洋介、伊藤幸博、園木和典*
第67回日本生物工学会大会   26 Oct 2015   
Enhancement of saccharification yields from rice straws
Ito Y
Japan-Egypt Joint Seminar   8 Oct 2015   
稲わらの糖化性の器官および収穫時期による差異
阿部友美、伊藤叶裕、松坂惇史、園木和典、伊藤 幸博*
日本育種学会第128回講演会   11 Sep 2015   
本人の発表
イネのシュート発生に必要なketoacyl CoA synthaseと相互作用するketoacyl CoA reductaseの探索
小暮恵太*、伊藤幸博
第33回日本植物細胞分子生物学会大会   10 Aug 2015   
極長鎖脂肪酸合成に関連したイネの新しいシュート発生突然変異体の解析
小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、小暮恵太、高橋ほなみ、伊藤幸博*
第33回日本植物細胞分子生物学会大会   10 Aug 2015   
本人の発表
Interaction of ONION2 ketoacyl CoA synthase with KCR1 ketoacyl CoA reductase in rice
Kogure K, Ito Y*
Plant and Animal Genome Asia 2015   13 Jul 2015   
本人の発表
Analysis of rice mutants defective in shoot development and associated with biosynthesis of very-long-chain fatty acids
Komatsu H*, Sato N, Kogure K, Kuji, S Takahashi H, Ito Y
Plant and Animal Genome Asia 2015   13 Jul 2015   
Enhancement of saccharification yields from rice straw
伊藤幸博
日本ーエジプト国際共同研究セミナー   3 Feb 2015   
The effect of helium plasma-treatment during pollination of Brassica species
Nabemoto M*, Ichinoseki R, Sato M, Tanno C, Masuko-Suzuki H, Sakazono S, Suwabe K, Suzuki G, Ito Y, Hidema J, Takahashi K, Ando A, Watanabe M
International Plant and Animal Genome XXIII   10 Jan 2015   
プラズマ処理がBrassica rapaの受粉反応に及ぼす影響
辺本萌*、一ノ関留奈、佐藤真由、丹野ちぐさ、増子(鈴木)潤美、坂園聡美、諏訪部圭太、鈴木剛、伊藤幸博、日出間純、高橋和貴、安藤晃、渡辺正夫
第24回日本MRS年次大会   10 Dec 2014   
極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子のイネのシュート発生における機能の解析
小暮恵太、伊藤幸博*
第27回植物脂質シンポジウム   28 Nov 2014   
本人の発表
老化誘導プロモーターを用いたハイブリッドセルラーゼ発現イネの糖化性の向上
市川晋*、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博
第37回日本分子生物学会年会   25 Nov 2014   
イネのサイトカイニン情報伝達系に直接発現誘導される転写制御因子遺伝子の候補の同定
高橋ほなみ*、高杉知彰、藤田雅丈、倉田のり、伊藤幸博
第37回日本分子生物学会年会   25 Nov 2014   
稲わらの器官および発育ステージによる酵素糖化性の差異
阿部友美*、高橋裕貴、園木和典、伊藤幸博
第37回日本分子生物学会年会   25 Nov 2014   
Analysis of a novel shoot-defective rice mutant associated with biosynthesis of very-long-chain fatty acids
Kogure K, Ito Y*
12th International Symposium on Rice Functional Genomics   16 Nov 2014   
本人の発表
Saccharification yields of rice straw at various developmental stages
Abe T*, Takahashi Y, Sonoki T, Ito Y
12th International Symposium on Rice Functional Genomics   16 Nov 2014   

Research Grants & Projects

 
Regulation of KNOX gene expression in rice
Project Year: Apr 1995 - Today
Physiological roles of very-long-chain fatty acids in shoot development
Project Year: Apr 2012 - Today
バイオマス利用に適したイネの開発
Project Year: Apr 2008 - Today
Signal transduction regulating embryo sac and endosperm development in rice
Project Year: Jan 2009 - Today
Functional analysis of HAP gene families in rice
Project Year: Apr 2002 - Mar 2011

Social Contribution

 
飛翔型科学者の卵養成講座 実行委員
[Others]  Apr 2014 - Mar 2018
科学技術振興機構 グローバルサイエンスキャンパス 飛翔型科学者の卵養成講座 実行委員
第66回東北大学祭 研究公開企画 模擬講義
[Others]  2 Nov 2014
DNAと遺伝子組換え植物
いろんな野菜のDNAを見てみよう
[Others]  22 Aug 2015
東北電力グリーンプラザ実験教室
第15回東北大学出前授業(1)
[Others]  7 Dec 2015
遺伝子(DNA)を自分の目で見てみよう
Riverside STEM Academy Middle School Symposium (5th and 6th grades)
[Others]  23 Mar 2016
What is a gene?

Others

 
Dec 2016   食糧・バイオリファイナリー共用イネの開発に向けた稲わらの高糖化性遺伝子の同定
稲わらの糖化性を決める遺伝子のマッピング
Apr 2016   スマート発酵工学によるバイオブタノールの生産
発酵微生物の特徴を活かし、効率的に糖化できる稲わらの作出を目指している。
Apr 2014   バイオ燃料・グリーンケミカル生産へのエジプト河海由来細菌・育種イネの戦略的活用
Innovative biofuel and green chemical production by novel Egyptian aquatic bacterial isolates from designed and modified biomass
Jul 2009   サイトカイニンによるKNOX遺伝子の発現誘導機構の解明
植物の茎頂分裂組織特異的に発現するKNOX遺伝子の発現誘導機構を解析する。KNOX遺伝子は極めて複雑な発現制御を受けていると考えられるが、その中で植物ホルモン・サイトカイニンによる発現誘導機構に焦点を当て、イネを用いてその解析を行う。
Aug 2008   バイオリファイナリーに適したイネの開発研究
バイオリファイナリーに適したイネを開発することを目的に、コメ収穫後の稲わらの糖化性を向上させる手法の開発と高糖化性イネの作出を目指している。