澤山 茂樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/23 14:22
 
アバター
研究者氏名
澤山 茂樹
 
サワヤマ シゲキ
URL
http://www.kanbi.marine.kais.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 応用生物科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)

プロフィール

現在の研究テーマは、微細藻類によるカロテノイド・ω3脂肪酸・バイオ燃料生産を目的とした遺伝工学です。

研究分野

 
 

論文

 
Nakada M, Hatayama Y, Ishikawa A, Ajisaka T, Sawayama S, Imai I
Harmful algae   76 58-65   2018年6月   [査読有り]
夏池 真史, 山本 圭吾, 中嶋 昌紀, 澤山 茂樹, 今井 一郎
北海道大学水産科学研究彙報   68(1) 17-26   2018年3月
Alexandrium tamarense is a toxic dinoflagellate known to cause paralytic shellfish poisoning to human and marine animals. Previous studies observed the depletion of macronutrients during the A.tamarense blooming periods in Osaka Bay, Japan, and su...
Muto H, Takaki Y, Hirai M, Mino S, Sawayama S, Takai K, Nakagawa S
Microbes and environments   32(4) 330-335   2017年12月   [査読有り]
Nagata R, Takaki Y, Tame A, Nunoura T, Muto H, Mino S, Sawayama S, Takai K, Nakagawa S
Systematic and applied microbiology   40(6) 352-356   2017年9月   [査読有り]
Nakagawa S, Saito H, Tame A, Hirai M, Yamaguchi H, Sunata T, Aida M, Muto H, Sawayama S, Takaki Y
Scientific reports   7(1) 8764   2017年8月   [査読有り]
Effect of nitrogen concentration on growth, lipid production and fatty acid profiles of the marine diatom Phaeodactylum tricornutum
Yodsuwan N, Sawayama S, Sirisansaneeyakul S
Agriculture and Natural Resources   51(3) 190-197   2017年6月   [査読有り]
Morikawa T, Uraguchi Y, Sanda S, Nakagawa S, Sawayama S
Applied biochemistry and biotechnology      2017年6月   [査読有り]
FUKUZAKI Koji, FUKUZAKI Koji, YOSHIOKA Takahito, SAWAYAMA Shigeki, IMAI Ichiro
北海道大学水産科学研究い報   66(3) 121‐128   2016年12月
Inoue H, Kitao C, Yano S, Sawayama S
World journal of microbiology & biotechnology   32(11) 186   2016年11月   [査読有り]
Watanabe S, Utsumi Y, Sawayama S, Watanabe Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-8   2016年7月   [査読有り]
壽谷尭俊, 上野正博、中川聡, 澤山茂樹
Fisheries Science   81 929-936   2015年9月   [査読有り]
Fujiyoshi S, Tateno H, Watsuji T, Yamaguchi H, Fukushima D, Mino S, Sugimura M, Sawabe T, Takai K, Sawayama S, Nakagawa S
Microbes and Environments / JSME   30(3) 228-234   2015年7月   [査読有り]
Inoue H, Yano S, Sawayama S
Applied Biochemistry and Biotechnology   176(6) 1673-1686   2015年7月   [査読有り]
Fujii T, Koike H, Sawayama S, Yano S, Inoue H
Genome Announcements   3(1) e00014-15   2015年2月   [査読有り]
Inoue H, Hashimoto S, Matsushika A, Watanabe S, Sawayama S
Journal of Industrial Microbiology & Biotechnology   41(12) 1773-1781   2014年12月   [査読有り]
Hayata K, Asada S, Fujii T, Inoue H, Ishikawa K, Sawayama S
Applied Biochemistry and Biotechnology   174(5) 1697-1704   2014年11月   [査読有り]
石井健一郎, 澤山茂樹, 中村亨, 石川輝, 今井一郎
藻類   62(2) 79-87   2014年7月
Journal of Plankton Research   36(3) 685-694   2014年5月   [査読有り]
Fujii T, Murakami K, Endo T, Fujimoto S, Minowa T, Matsushika A, Yano S, Sawayama S
Bioprocess and biosystems engineering   37 749-754   2014年4月   [査読有り]
Asada S, Watanabe S, Fujii T, Inoue H, Ishikawa K, Sawayama S
Applied biochemistry and biotechnology   172 3009-3015   2014年3月   [査読有り]
Watanabe S, Tanimoto Y, Yamauchi S, Tozawa Y, Sawayama S, Watanabe Y
FEBS Open Bio   4 240-250   2014年   [査読有り]
Inoue H, Decker SR, Taylor LE 2nd, Yano S, Sawayama S
Biotechnology for Biofuels   7(1) 151-936   2014年   [査読有り]
Hideno A, Inoue H, Fujii T, Yano S, Tsukahara K, Murakami K, Yunokawa H, Sawayama S
Applied microbiology and biotechnology   97 5483-5492   2013年6月   [査読有り]
Kita A, Iwasaki Y, Sakai S, Okuto S, Takaoka K, Suzuki T, Yano S, Sawayama S, Tajima T, Kato J, Nishio N, Murakami K, Nakashimada Y
Journal of bioscience and bioengineering   115 347-352   2013年4月   [査読有り]
Matsushika A, Sawayama S
Applied biochemistry and biotechnology   168 2094-2104   2012年12月   [査読有り]
木寅佑一郎, 澤山茂樹, 鯵坂哲朗
藻類   60(2) 79   2012年7月
Matsushika A, Goshima T, Fujii T, Inoue H, Sawayama S, Yano S
Enzyme and microbial technology   51 16-25   2012年6月   [査読有り]
Hideno A, Inoue H, Yanagida T, Tsukahara K, Endo T, Sawayama S
Bioresource technology   104 743-748   2012年1月   [査読有り]
Fujii T, Iwata K, Murakami K, Yano S, Sawayama S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76 245-249   2012年   [査読有り]
Yang Y, Tsukahara K, Yang R, Zhang Z, Sawayama S
Bioresource technology   102 10767-10771   2011年11月   [査読有り]
福崎 康司;内藤 佳奈子;吉岡 崇仁;澤山 茂樹;今井 一郎
北海道大学水産科学研究彙報   61(1) 23-28   2011年6月   [査読有り]
Kanna M, Yano S, Inoue H, Fujii T, Sawayama S
AMB Express   1 15   2011年6月   [査読有り]
Matsushika A, Sawayama S
Enzyme and microbial technology   48 466-471   2011年5月   [査読有り]
Hideno A, Inoue H, Tsukahara K, Yano S, Fang X, Endo T, Sawayama S
Enzyme and microbial technology   48 162-168   2011年2月   [査読有り]
T. Yanagida; S. Fujimoto; L. Bespyatko; K. Tsukahara; A. Hideno; S. Sawayama; T. Minowa
Journal of the Japan Petroleum Institute   54(3) 215-221   2011年   [査読有り]
Y. Hatayama; A. Ishikawa; M. Natsuike; Y. Takeichi; T. Ajisaka; S. Sawayama; I. Imai
Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition)   77(4) 685-687   2011年   [査読有り]
Fujii T, Yu G, Matsushika A, Kurita A, Yano S, Murakami K, Sawayama S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75 1140-1146   2011年   [査読有り]
Matsushika A, Sawayama S
Applied biochemistry and biotechnology   162 1952-1960   2010年11月   [査読有り]
Matsushika A, Oguri E, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   110 102-105   2010年7月   [査読有り]
福崎康司, 内藤佳奈子, 澤山茂樹, 今井一郎
藻類   58(1) 46   2010年3月
木寅佑一朗, 澤山茂樹, 鯵坂哲朗
藻類   58(1) 58   2010年3月
Yu G, Yano S, Inoue H, Inoue S, Endo T, Sawayama S
Applied biochemistry and biotechnology   160 539-551   2010年1月   [査読有り]
Fujii T, Murakami K, Sawayama S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   74 419-422   2010年   [査読有り]
中国, インド, ASEANにおける稲わら, バガスからのエタノール生産ポテンシャルの推計
矢野伸一・澤山茂樹・井上宏之・藤本真司・美濃輪智朗・芋生憲司・横山信也
太陽エネルギー = Solar energy   35(6) 39-44   2009年11月   [査読有り]
Fujii T, Fang X, Inoue H, Murakami K, Sawayama S
Biotechnology for biofuels   2 24   2009年10月   [査読有り]
Matsushika A, Inoue H, Kodaki T, Sawayama S
Applied microbiology and biotechnology   84 37-53   2009年8月   [査読有り]
滝村 修, 井上 宏之, 村上 克治, 澤山 茂樹
廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management   20(4) 262-267   2009年7月
廃棄タマネギからのバイオエタノール製造を目的に,タマネギにおけるセルラーゼ酵素を用いた糖化特性とSaccharomyces cerevisiae IR-2酵母を用いた発酵特性を調べた。セルラーゼによって加水分解された単糖は,ブドウ糖と果糖であった。セルラーゼによる糖化は約20時間で最大に達し,セルラーゼ添加量は10mg・g−1生鮮重量で最も効果的であった。S. cerevisiae IR-2株を用いた糖化液の発酵において,エタノール濃度は3...
Matsushika A, Inoue H, Watanabe S, Kodaki T, Makino K, Sawayama S
Applied and environmental microbiology   75 3818-3822   2009年6月   [査読有り]
Hideno A, Inoue H, Tsukahara K, Fujimoto S, Minowa T, Inoue S, Endo T, Sawayama S
Bioresource technology   100 2706-2711   2009年5月   [査読有り]
Matsushika A, Inoue H, Murakami K, Takimura O, Sawayama S
Bioresource technology   100 2392-2398   2009年4月   [査読有り]
Fang X, Yano S, Inoue H, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   107 256-261   2009年3月   [査読有り]
村上 克治, 井上 宏之, 矢野 伸一, 滝村 修, 澤山 茂樹
廃棄物学会論文誌   20(1) 74-78   2009年1月   [査読有り]
パームオイル製造産業で大量に排出されるパーム幹,パーム空果房 (Empty Fruit Bunch:以下EFB) 繊維の有効利用として非硫酸法によるバイオエタノール生産の可能性を検討した。パーム幹,EFB繊維はカッターミルおよびボールミルにより微粉砕前処理 (メカノケミカル法) を行い,さらにセルラーゼを含む酵素カクテルを用いて酵素糖化を行った。その結果ボールミル処理により効率的に酵素糖化が行えることが明らかになった。さらにこの糖化反応液を用いて酵母によるエタノール生産の検討を行ったところ...
バイオマスからの次世代型エタノール製造技術に有用な新規ヘミセルラーゼ生産菌Aspergillus aculeatus KIF 78 株
矢野伸一・喜多尾千秋・井上宏之・澤山茂樹・芋生憲司・横山信也
環境バイオテクノロジー学会誌、9 (2), 81-87      2009年   [査読有り]
Matsushika A, Watanabe S, Kodaki T, Makino K, Inoue H, Murakami K, Takimura O, Sawayama S
Applied microbiology and biotechnology   81 243-255   2008年11月   [査読有り]
Matsushika A, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   106 306-309   2008年9月   [査読有り]
Fang X, Yano S, Inoue H, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   106 115-120   2008年8月   [査読有り]
Inoue H, Yano S, Endo T, Sakaki T, Sawayama S
Biotechnology for biofuels   1 2   2008年4月   [査読有り]
Matsushika A, Watanabe S, Kodaki T, Makino K, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   105 296-299   2008年3月   [査読有り]
S. Fujimoto; H. Inoue; S. Yano; T. Sakaki; T. Minowa; T. Endo; S. Sawayama; K. Sakanishi
Journal of the Japan Petroleum Institute   51(5) 264-273   2008年   [査読有り]
滝村 修, 井上 宏之, 村上 克治, 澤山 茂樹
廃棄物学会論文集   19(0) 161-161   2008年
柑橘類表皮廃棄物からのバイオエタノール生産を目的に、酵母サッカロマイセスの固定化細胞を用いた同時糖化発酵を検討した。リモネンは遊離細胞のエタノール生成を阻害したが、固定化細胞のエタノール生成はリモネンの影響を受けなかった。ミカン表皮を用いた同時糖化・発酵において、エタノール生成は遊離細胞で観察されず、固定化細胞で認められた。柑橘類表皮廃棄物からのエタノール生産に固定化細胞の使用が有効でありことがわかった。
Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   101 70-72   2006年1月   [査読有り]
Tada C, Yang Y, Hanaoka T, Sonoda A, Ooi K, Sawayama S
Bioresource technology   96 459-464   2005年3月   [査読有り]
Tada C, Miah MS, Tsukahara K, Yagishita T, Sawayama S
The Journal of general and applied microbiology   51 27-33   2005年2月   [査読有り]
Yang Y, Tsukahara K, Yagishita T, Sawayama S
Bioresource technology   94 197-201   2004年9月   [査読有り]
Y. Yang; C. Tada; K. Tsukahara; S. Sawayama
Materials Science and Engineering C   24(6-8 SPEC. ISS.) 803-813   2004年   [査読有り]
Y. Yang; K. Tsukahara; S. Sawayama; T. Maekawa
Materials Science and Engineering C   24(6-8 SPEC. ISS.) 893-899   2004年   [査読有り]
Y. Yang; C. Tada; M.S. Miah; K. Tsukahara; T. Yagishita; S. Sawayama
Materials Science and Engineering C   24(3) 413-419   2004年   [査読有り]
Tada C, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   98 387-390   2004年   [査読有り]
Sawayama S, Tada C, Tsukahara K, Yagishita T
Journal of bioscience and bioengineering   97 65-70   2004年   [査読有り]
Removal of 3-chlorobenzoate using an upflow anaerobic sludge blanket reactor under light conditions.
S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Yagishita
Water Science and Technology   45(10) 151-156   2002年   [査読有り]
A vision of energy crops introduction
H. Yamamoto; Y. Matsumura; S. Sawayama
Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   81(4) 250-255   2002年   [査読有り]
S. Inoue; T. Minowa; S. Sawayama; T. Ogi
Journal of Chemical Engineering of Japan   35(4) 384-388   2002年   [査読有り]
S. Inoue; K. Tsukahara; S. Sawayama
Journal of Bioscience and Bioengineering   93(6) 607-609   2002年   [査読有り]
S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Yagishita
Journal of Bioscience and Bioengineering   93(5) 502-504   2002年   [査読有り]
Inoue S, Tsukahara K, Sawayama S
Journal of bioscience and bioengineering   93 607-609   2002年   [査読有り]
Removal of 3-chlorobenzoate using granules in the upflow anaerobic sludge blanket method.
Sawayama S, Tsukahara K, Yagishita T
Journal of bioscience and bioengineering   93 502-504   2002年   [査読有り]
S. Sawayama; S. Inoue; K. Tsukahara; T. Yagishita
Biotechnology Letters   23(3) 195-199   2001年   [査読有り]
S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Yagishita; S. Hanada
Journal of Bioscience and Bioengineering   91(2) 195-201   2001年   [査読有り]
K. Tsukahara; T. Kimura; T. Minowa; S. Sawayama; T. Yagishita; S. Inoue; T. Hanaoka; Y. Usui; T. Ogi
Journal of Bioscience and Bioengineering   91(3) 311-313   2001年   [査読有り]
Behavior of Bioelectrocatalytic Currents in Electrolysis Cells using Immobilized Synechocystsis sp. PCC6714 within Poly-ion Complex on Glassy Carbon Electrodes
T. Yagishita; S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Ogi
Electrochemistry   68(11) 878-881   2000年   [査読有り]
S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Yagishita
Journal of Bioscience and Bioengineering   90(3) 241-246   2000年   [査読有り]
S. Sawayama; S. Hanada; Y. Kamagata
Journal of Bioscience and Bioengineering   89(4) 396-399   2000年   [査読有り]
Biological energy conversion technology from biomass
S. Sawayama
Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   78(4) 259-264   1999年   [査読有り]
K. Tsukahara; S. Sawayama; T. Yagishita; T. Ogi
Progress in Industrial Microbiology   35(C) 223-225   1999年   [査読有り]
S. Sawayama; S. Inoue; K. Tsukahara; T. Yagishita; T. Minowa; T. Ogi
Renewable Energy   16(1-4 -4 pt 2) 1094-1097   1999年   [査読有り]
T. Minowa; S. Sawayama
Fuel   78(10) 1213-1215   1999年   [査読有り]
S. Sawayama; T. Minowa; S.-Y. Yokoyama
Biomass and Bioenergy   17(1) 33-39   1999年   [査読有り]
K. Tsukahara; S. Sawayama; T. Yagishita; T. Ogi
Journal of Biotechnology   70(1月3日) 223-225   1999年   [査読有り]
S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Yagishita
Journal of Bioscience and Bioengineering   87(5) 683-689   1999年   [査読有り]
S. Sawayama; T. Yagishita; K. Tsukahara
Journal of Bioscience and Bioengineering   87(2) 258-260   1999年   [査読有り]
K. Tsukahara; T. Yagishita; T. Ogi; S. Sawayama
Journal of Bioscience and Bioengineering   87(4) 554-556   1999年   [査読有り]
T. Yagishita; S. Sawayama; K. Tsukahara; T. Ogi
Journal of Bioscience and Bioengineering   88(2) 210-214   1999年   [査読有り]
S. Sawayama; K. Rao; D.O. Hall
Journal of Fermentation and Bioengineering   86(5) 517-520   1998年   [査読有り]
S. Sawayama; K.K. Rao; D.O. Hall
Applied Microbiology and Biotechnology   49(4) 463-468   1998年   [査読有り]
T. Yagishita; S. Sawayama; K.-I. Tsukahara; T. Ogi
Journal of Fermentation and Bioengineering   85(5) 546-549   1998年   [査読有り]
T. Yagishita; S. Sawayama; K.-I. Tsukahara; T. Ogi
Solar Energy   61(5) 347-353   1997年   [査読有り]
T. Yagishita; S. Sawayama; K.-I. Tsukahara; T. Ogi
Bioelectrochemistry and Bioenergetics   43(1) 177-180   1997年   [査読有り]
S. Sawayama; S. Inoue; T. Minowa; K. Tsukahara; T. Ogi
Journal of Fermentation and Bioengineering   83(5) 451-455   1997年   [査読有り]

Misc

 
澤山 茂樹, 山口 東洋司
日本エネルギー学会機関誌えねるみくす   96(1) 20-21   2017年
澤山茂樹
Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications   (30) 127   2016年12月
石井健一郎, 神川龍馬, 神川龍馬, 石川輝, 澤山茂樹, 今井一郎, 宮下英明, 宮下英明
生物の科学 遺伝   69(5) 421-430   2015年9月
足立真佐雄, 岡田茂, 澤山茂樹, 鈴木健吾
J Jpn Inst Energy   93(5) 444-451   2014年5月
足立 真佐雄, 岡田 茂, 澤山 茂樹
Journal of the Japan Institute of Energy = 日本エネルギー学会誌   93(5) 444-451   2014年5月
坂西欣也, 澤山茂樹, 矢野伸一, 滝村修, 井上宏之, 松鹿昭則, 塚原建一郎, 藤井達也, 遠藤貴士, 井上誠一, 美濃輪智朗, 藤本真司
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (499) 114-148   2014年3月
秀野晃大, 川嶋文人, 森田昌敏, 坂西欣也, 澤山茂樹, 矢野伸一, 遠藤貴士
愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書   (6) 66-96   2013年3月
柳田 高志, 藤本 真司, , 塚原 建一郎, 秀野 晃大, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
Journal of the Japan Petroleum Institute   54(3) 215-221   2011年5月
リグノセルロース系バイオマスを原料としたエタノール製造では,糖化前処理技術の経済性向上が求められている。この前処理技術の一つとして,水熱反応や湿式微粉砕を組み合わせるメカノケミカル法が検討されている。しかしながら,この方法は湿式方式のため,プロセス後段の発酵終了時のエタノール濃度が低くなり,蒸留工程での投入エネルギーを多く必要とすることが懸念されている。一方,脱水工程を導入した場合,水熱反応で溶解した糖類の損失が懸念される。そこで,前処理と酵素糖化の間に脱水工程を導入するシステムについて,...
澤山 茂樹
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   77(2)    2011年3月
菅原 達也, 荒井 修亮, 農原 治彦, 吉田 天士, 左子 芳彦, 笠井 亮秀, 吉永 郁生, 荒井 修亮, 藤原 建紀, 山下 洋, 益田 玲爾, 澤山 茂樹, 木下 政人, 鰺坂 哲朗
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   77(1) 147-149   2011年1月
柳田高志, 藤本真司, LYUDMYLA Bespyatko Yuriyivna, 井上誠一, 塚原建一郎, 澤山茂樹, 美濃輪智朗
エネルギー・資源   31(3) 165   2010年5月
矢野伸一, 喜多尾千秋, 井上宏之, 澤山茂樹, 芋生憲司, 横山伸也
J Environ Biotechnol   9(2) 81-87   2009年12月
矢野伸一, 澤山茂樹, 井上宏之, 藤本真司, 美濃輪智朗, 芋生憲司, 横山伸也
太陽エネルギー   35(6) 39-44   2009年11月
柳田 高志, 藤本 真司, 秀野 晃大, 井上 宏之, 塚原 建一郎, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
エネルギー・資源 = Energy and resources   30(5)    2009年9月
柳田高志, 藤本真司, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原建一郎, 澤山茂樹, 美濃輪智朗
エネルギー・資源   30(5) 260   2009年9月
遠藤 貴士, 澤山 茂樹
農林水産技術研究ジャーナル   32(9) 15-20   2009年9月
遠藤貴士, 澤山茂樹
農林水産技術研究ジャーナル   32(9) 15-20   2009年9月
澤山 茂樹
日本エネルギー学会誌   88(4) 326-331   2009年4月
柳田 高志, 藤本 真司, 秀野 晃大, 井上 宏之, 塚原 建一郎, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
バイオマス科学会議発表論文集   (4) 142-143   2009年1月
This paper focuses on the evaluation of ethanol production from rice straw. The purpose of this study is a comparison of the process energy and the production cost with different pretreatment technologies. Three processes, (1) just rough grinding ...
遠藤 貴士, 矢野 伸一, 井上 宏之, 澤山 茂樹
日本エネルギー学会誌   87(6) 430-437   2008年6月
Much attention has been focused on bioethanol production from cellulosic biomass instead of corn and sugarcane. Dilute sulfuric acid method has been installed for treatment of construction waste wood in Sakai, Osaka. Enzymatic hydrolysis is a prom...
村上 克治, 松鹿 昭則, 澤山 茂樹
燃料電池   7(4) 73-78   2008年
澤山 茂樹, 遠藤 貴士, 矢野 伸一, 坂西 欣也
自動車技術 = Journal of Society of Automotive Engineers of Japan   61(11) 16-21   2007年11月
矢野 伸一, 遠藤 貴士, 澤山 茂樹
高圧ガス   44(4) 233-237   2007年4月
矢野 伸一, 井上 宏之, 遠藤 貴士, 坂木 剛, 澤山 茂樹
バイオマス科学会議発表論文集   (2) 24-25   2007年1月
Pretreatment is essential technology in the ethanol production system from woody biomass with enzymatic saccharification, but it often uses chemicals such as sulfuric acids, which can cause several problems. As non-acid or non-chemical pretreatmen...
澤山 茂樹, 矢野 伸一, 松鹿 昭則
はかる   24(1) 14-17   2007年
多田 千佳, 林原 茂, 歌津 洋一, 澤山 茂樹
日本水処理生物学会誌 = Journal [of] Japan Biological Society of Water and Waste   42(3) 99-106   2006年9月
多田 千佳, 林原 茂, 歌津 洋一, 澤山 茂樹
日本水処理生物学会誌   42(3) 99-106   2006年
本研究は、石炭灰廃棄物から再生された3種の人工ゼオライト(鉄型、カルシウム型およびナトリウム含有量の低いカルシウム型)の高濃度アンモニア含有有機性廃棄物の嫌気性メタン発酵におけるメタン生成量およびメタン生成微生物叢に及ぼす影響について検討したものである。鉄型人工ゼオライト添加によるメタン生成量は、他の人工ゼオライト添加によるメタン生成量に比べて高くなり、その量はゼオライト無添加系と比較して約4倍高かった。鉄型人工ゼオライト添加系では、高濃度アンモニア有機性廃棄物の嫌気性消化過程において他系...
澤山 茂樹, Miah Md Shohidullah, 多田 千佳
用水と廃水   47(12) 1052-1057   2005年12月
塚原 建一郎, 澤山 茂樹, 片岡 直明
化学工業   56(12) 929-934   2005年12月
澤山 茂樹
バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry   63(1) 48-51   2005年1月
澤山 茂樹
ペトロテック = Petrotech   27(5) 376-380   2004年5月
Special feature "Possibility of next generation energy". Power generation system using biogas
S. Sawayama
Petrotech   27(5) 376-380   2004年   [査読有り]
多田 千佳, 澤山 茂樹
廃棄物学会研究発表会講演論文集   14 346-348   2003年10月
塚原 建一郎, 柳下 立夫, 澤山 茂樹
生活と環境   48(9) 37-42   2003年9月
Joint symposium of three sections: Recycling, biomass, and gasification. Current trends in using waste materials, biomass, and coal
M. Ashizawa; M. Otaka; M. Kondo; S. Abe; T. Takai; K. Koike; S. Sawayama
Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   82(2) 72-85   2003年   [査読有り]
藤野 純一, 森田 明宏, 松岡 泰成, 澤山 茂樹
日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy   81(5) 304-310   2002年5月
柳下 立夫, 澤山 茂樹, 塚原 健一郎, 小木 知子
電気化学および工業物理化学 : denki kagaku   68(11) 878-881   2000年11月
澤山 茂樹
月刊エコインダストリ-   5(6) 5-11   2000年6月
井上 雄三, 石井 正治, 東郷 芳孝, 谷川 昇, 澤山 茂樹
ペトロテック = Petrotech   23(5) 350-359   2000年5月
塚原 建一郎, 小木 知子, 美濃輪 智朗, 柳下 立夫, 井上 誠一, 澤山 茂樹
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   10(1) 292-294   1999年10月
美濃輪 智朗, 澤山 茂樹, 小木 和子
廃棄物学会論文誌   9(7) 326-329   1998年11月
焼酎廃液 (含水率92.7wt%, SS2.45wt%, TOC37, 186mg/l, pH3.1) を金属ニッケル触媒存在下, 高温高圧 (350℃, 19.3MPa) で処理することにより, 無色透明な処理水 (TOC337mg/l, pH7.1) に処理することができた。TOC除去率で99%以上を達成でき, 廃液中の有機物はメタンと水素を主成分とする気体燃料に変換された。廃液中の窒素分は, ほとんどがアンモニア態窒素として処理水に溶解していた。一方, この反応条件下での化学平衡はア...
澤山 茂樹, 井上 誠一, 美濃輪 智朗, 塚原 建一郎, 柳下 立夫, 小木 知子
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   9(1) 354-356   1998年10月
井上 誠一, 澤山 茂樹, 小木 知子
資源と環境   5(2) 93-97   1996年3月   [査読有り]
澤山 茂樹, 井上 誠一
燃料及燃焼   62(5) p331-335   1995年5月   [査読有り]
柳下 立夫, 澤山 茂樹, 小木 知子
資源と環境   4(2) p113-119   1995年3月   [査読有り]
澤山 茂樹
資源と環境   2(3) p265-269   1993年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
水素エネルギー協会(分担執筆)
日刊工業新聞社   2017年   ISBN:9784526077654
三宅 淳, 佐々木 健
シーエムシー出版   2014年   ISBN:9784781309279
第4章3 メカノケミカル酵素糖化法、「エコバイオリファイナリー」
遠藤貴士、澤山茂樹
シーエムシー社, p 45-54   2010年   
澤山 茂樹
日刊工業新聞社   2009年6月   ISBN:4526062901
日本エネルギー学会(分担執筆)
オーム社   2009年   ISBN:9784274207853
坂西 欣也, 遠藤 貴士, 美濃輪 智朗, 澤山 茂樹 (担当:共著)
日刊工業新聞社   2008年6月   ISBN:4526060836
新エネルギー財団(分担執筆)
オーム社   2008年   ISBN:9784274206108
渡辺 信, 西村 和子, 内山 裕夫, 奥田 徹, 加来 久敏, 広木 幹也
朝倉書店   2008年   ISBN:9784254171365
ブッカーズ(分担執筆)
エヌ・ティー・エス   2007年   ISBN:9784860431488
上原 赫(分担執筆)
シーエムシー出版   2006年   ISBN:4882315963
日本エネルギー学会(分担執筆)
オーム社   2006年   ISBN:9784274201431
日本能率協会総合研究所(分担執筆)
通産資料出版会   2005年   ISBN:490186405X
日本エネルギー学会(分担執筆)
コロナ社   2004年   ISBN:4339066044
El Bassam Nasir, 横山 伸也, 澤山 茂樹, 石田 祐三郎
恒星社厚生閣   2004年   ISBN:4769910045
茅 陽一(分担執筆)
工業調査会   2002年   ISBN:4769371039
エネルギー・資源学会(分担執筆)
オーム社   1996年   ISBN:4274023346
工業技術院資源環境技術総合研究所(分担執筆)
森北出版   1996年   ISBN:4627946104
石田 祐三郎, 菅原 庸(分担執筆)
恒星社厚生閣   1994年   ISBN:9784769911982
日本エネルギー学会(分担執筆)
コロナ社   ISBN:4339066052

講演・口頭発表等

 
澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2018年3月26日   
三田将平, 森川盾毅, 浦口裕介, 勝嶋啓介, 徳永早紀, 中川聡, 中川聡, 澤山茂樹, 澤山茂樹
日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web)   2017年9月21日   
森川盾毅, 浦口裕介, 三田将平, 勝嶋啓介, 徳永早紀, 中川聡, 中川聡, 澤山茂樹, 澤山茂樹
日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web)   2017年9月21日   
浦口裕介, 森川盾毅, 三田将平, 勝嶋啓介, 徳永早紀, 中川聡, 澤山茂樹
日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web)   2017年9月21日   
森川盾毅, 三田将平, 浦口裕介, 中川聡, 澤山茂樹
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017年3月5日   
MORIKAWA Tateki, URAGUCHI Yusuke, SANDA Shohei, NAKAGAWA Satoshi, SAWAYAMA Shigeki
日本水産学会大会講演要旨集   2017年   
武藤久, 永田亮佑, 高木善弘, 平井美穂, 津田美和子, 多米晃裕, 多米晃裕, 美野さやか, 布浦拓郎, 澤山茂樹, 高井研, 中川聡, 中川聡
ブルーアース要旨集   2017年   
神崎隼人, 加藤真悟, 布浦拓郎, 土岐知弘, 平井美穂, 阿部真理子, 田角栄二, 澤山茂樹, 中川聡, 中川聡
日本微生物生態学会大会(Web)   2017年   
澤山茂樹
Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications   2016年12月20日   
齊藤ひかり, 砂田高志, 澤山茂樹, 澤辺智雄, 中川聡
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   2016年5月28日   
武藤久, 高木善弘, 美野さやか, 宮崎淳一, 平山仙子, 澤山茂樹, 高井研, 中川聡, 中川聡
日本微生物生態学会大会(Web)   2016年   
齊藤ひかり, 砂田高志, 多米晃裕, 多米晃裕, 澤山茂樹, 澤辺智雄, 中川聡
日本微生物生態学会大会(Web)   2016年   
永田亮佑, 高木善弘, 多米晃裕, 多米晃裕, 布浦拓郎, 力石嘉人, 武藤久, 美野さやか, 澤山茂樹, 高井研, 中川聡, 中川聡
日本微生物生態学会大会(Web)   2016年   
藤吉奏, 和辻智郎, 澤山茂樹, 中川聡, 中川聡
日本微生物生態学会大会(Web)   2016年   
壽谷尭俊, 松田乾, 中川聡, 澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2015年9月24日   
寺田雄大, 岩田祥平, 真鍋祐樹, 菅原達也, 中川聡, 澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2015年9月24日   
微細藻類テルペノイド合成系の阻害剤を用いた検討
中谷彩乃、市村瑞葉、中川聡、澤山茂樹
第29回カロテノイド研究談話会   2015年9月5日   
液体燃料製造に向けた微細藻類研究の最前線 [招待有り]
澤山茂樹
第10回再生可能エネルギー世界展示会   2015年7月31日   
酵母・微細藻類によるバイオエタノール生産
澤山茂樹
日本応用細胞生物学会平成26年度大会   2014年12月6日   
舞鶴湾海底堆積物から分離したメロン香産生酵母の分子系統解析
壽谷尭俊・上野正博・中川聡・澤山茂樹
日本微生物生態学会平成26年度大会   2014年10月24日   
深海底熱水活動域に生息する無脊椎動物の血リンパ中-レクチンの探索と性状解析-
藤吉奏、和辻智郎、美野さやか、澤辺智雄、澤山茂樹、高井研、中川聡
日本微生物生態学会平成26年度大会   2014年10月21日   
藤吉奏, 和辻智郎, 美野さやか, 澤辺智雄, 澤山茂樹, 高井研, 中川聡
日本土壌微生物学会講演要旨集   2014年10月16日   
深海底熱水活動域に生息する甲殻類の血リンパ中異物認識因子の探索―ゴエモンコシオリエビの胸毛ファーム―
藤吉奏、美野さやか、澤辺智雄、和辻智郎、澤山茂樹、中川聡
細菌学会若手コロッセウム   2014年8月7日   
Sodium nitrate affecting on growth and lipid accumulation of Phaeodactylum tricornutum for biodiesel production
Yodsuwan N, Sawayama and S, Sirisansaneeyakul
The 8th Thailand–Taiwan Bilateral Conference on “Science Technology and Innovation for Sustainable Tropical Agriculture and Food”   2014年6月26日   
糸状菌・酵母を利用したバイオエタノール生産の研究
澤山 茂樹
糸状菌遺伝子研究会例会   2014年6月20日   
新規沿岸海洋性糸状菌の探索と分離株の性状・系統解析
壽谷尭俊、上野正博、澤山茂樹
平成25年度日本水産学会近畿支部後期例会   2013年12月7日   
海底泥への微細藻類バイオマス添加に伴うメタン生成について
47. 今井理人、石井健一郎、上野正博、澤山茂樹
平成25年度日本水産学会近畿支部後期例会   2013年12月7日   
石井健一郎, 大西晃, 足立真佐雄, 澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2013年9月19日   
吉田恵史郎, 石井健一郎, 澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2013年9月19日   
Humic Substances Affect Growth of the Marine Phytoplankton Cultures.
Fukuzaki, K., Yoshioka, T., Naito, K., Sawayama, S., and Imai, I.
Japan Geoscience Union International Symposium 2013   2013年5月22日   
セルラーゼ生産糸状菌 Acremonium cellulolyticus における非相同組換え関与遺伝子 RNAiの試み
早田昂太郎、藤井達也、澤山茂樹
第19回日本生物工学会九州支部大分大会   2012年12月1日   
接合を利用したSaccharomyces cerevisiaeのキシロース代謝能向上
橋本征太郎、井上宏之、松鹿昭則 、澤山茂樹
第19回日本生物工学会九州支部大分大会   2012年12月1日   
石井健一郎, 石野亮太, 福崎康司, 澤山茂樹, 石川輝, 夏池真史, 今井一郎
日本水産学会大会講演要旨集   2012年9月14日   
石野亮太, 石井健一郎, 上野正博, 鰺坂哲朗, 澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2012年9月14日   
A Simple Technique for Establishing Axenic Culture of the Centric Diatoms and Measuring Oil Production
Ishii, K., and Sawayama, S.
The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference   2012年7月16日   
和歌山県白浜町臨海での打ち上げ藻調査続報
木寅 佑一郎・澤山 茂樹・鯵坂 哲朗
日本藻類学会第36回   2012年7月14日   
Activity and Diversity of Methanogens in a Coastal Marine Sediment, Wakasa Bay, Japan
Ishino, R., Ishii, K. Ueno, M., Ajisaka, T., and Sawayama, S.
The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference   2012年7月14日   
Limiting nutrients of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense and the non-toxic diatom Skeletonema sp. in Osaka Bay, JAPAN,
Natsuike, M., Yamamoto, K., Nakajima, M., Sawayama, S., Imai, I.
2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting   2012年7月10日   
The development of genetic engineering tools for cellulase producing fungus Acremonium cellulolyticus
Fujii, T. Imoue, H. Yano, S. Murakami, K., and Sawayama, S.
34th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals   2012年5月1日   
大阪湾における渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseと珪藻Skeletonema sp.の栄養塩類要求性
夏池真史、山本圭吾、中嶋昌紀、澤山茂樹、今井一郎
平成24年度日本水産学会春季大会   2012年3月29日   
夏池真史, 山本圭吾, 中嶋昌紀, 澤山茂樹, 今井一郎
日本水産学会大会講演要旨集   2012年3月26日   
前処理バイオマスの糖化に適したセルラーゼ組成の構築と評価
井上宏之、藤井達也、矢野伸一、澤山茂樹
セルラーゼ研究会   2011年10月15日   
糸状菌Acremonium cellulolyticusの遺伝子操作のための基盤技術の開発
藤井達也、井上宏之、神名麻智、矢野伸一、村上克治、澤山茂樹
セルラーゼ研究会   2011年10月15日   
石野亮太, 上野正博, 鯵坂哲朗, 澤山茂樹
日本微生物生態学会講演要旨集   2011年10月8日   
澤山茂樹, 松本翔吾, 藤島由里加, 木寅佑一朗
日本水産学会大会講演要旨集   2011年9月28日   
AIST bioethanol production technology from rice straw
Sawayama, S., Inoue, S., Endo, T., Minowa, T., Sakanishi K.
CIGR 2011   2011年9月22日   
夏池真史、白石智孝、石井健一郎、澤山茂樹、山本圭吾、中嶋昌紀、今井一郎
2011年度日本プランクトン学会   2011年9月16日   
喜多 晃久, 岩崎 祐樹, 奥戸 慎也, 酒井 伸介, 高岡 一栄, 鈴木 徹, 村上 克治, 矢野 伸一, 澤山 茂樹, 田島 誉久, 加藤 純一, 西尾 尚道, 中島田 豊
日本生物工学会大会講演要旨集   2011年8月25日   
喜多晃久, 岩崎祐樹, 奥戸慎也, 酒井伸介, 高岡一栄, 鈴木徹, 村上克治, 矢野伸一, 澤山茂樹, 田島誉久, 加藤純一, 西尾尚道, 中島田豊
日本生物工学会大会講演要旨集   2011年8月25日   
澤山茂樹
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2011年8月14日   
第二・第三世代バイオ燃料研究開発について-バイオエタノールと微細藻類の利用
澤山茂樹
第10回広島大学-産総研オープンセミナー   2011年6月24日   
Construction of core cellulase system from Acremonium cellulolyticus suitable for hydrolysis of pretreated biomass
Inoue H, Decker S R, Taylor II L E, Adney W S, Himmel M E, and Sawayama S.
33rd Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals   2011年5月   
吉永郁生,池ノ谷直孝,澤山茂樹,今井一郎
平成23年度日本水産学会春季大会   2011年3月27日   
藤井達也、井上宏之、神名麻智、矢野伸一、村上克治、澤山茂樹
日本農芸化学会2011年度大会   2011年3月5日   
アマモ(Zostera marina)葉上のバイオフィルムに生息する有害ラフィド藻殺滅細菌とその分子識別マーカーによる生態研究
吉永郁生,池ノ谷直孝,澤山茂樹,今井一郎
日本藻類学会第35回大会   2011年3月   
キシロース発酵性を付与した凝集性実用酵母のオミックス解析
松鹿昭則, 村上克治, 永嶋淳,澤山茂樹
第62回日本生物工学会大会   2010年10月28日   
松鹿昭則;村上克治;永嶋淳;澤山茂樹;澤山茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2010年9月25日   
畑山裕城、石川輝、夏池真史、武市有未、鰺坂哲朗、澤山茂樹、今井一郎
平成22年度日本水産学会秋季大会   2010年9月22日   
澤山茂樹
日本水産学会大会講演要旨集   2010年9月22日   
夏池真史, 白石智孝, 石井健一郎, 山本圭吾, 中嶋昌紀, 澤山茂樹, 今井一郎
日本水産学会大会講演要旨集   2010年9月22日   
ZHANG Zhenya;YANG Yinnan;杉浦則夫;澤山茂樹
日本水環境学会シンポジウム講演集   2010年9月8日   
大阪湾における麻痺性貝毒原因過鞭毛藻Alexandrium tamarenseの春季ブルーム発生に及ぼす淀川河川水流入の影響
夏池真史、白石智孝、石井健一郎、山本圭吾、中嶋昌紀、澤山茂樹、今井一郎
平成22年度日本水産学会秋季大会   2010年9月   
柳田高志、藤本真司、Lyudmyla Bespyatko、井上誠一、塚原建一郎、澤山茂樹、美濃輪智朗
第19回日本エネルギー学会   2010年8月2日   
藤本真司、他4名、澤山茂樹、美濃輪 智朗
第19回日本エネルギー学会大会   2010年8月2日   
柳田 高志, 藤本 真司, Lyudmyla Bespyatko, 井上 誠一, 塚原 建一郎, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
日本エネルギー学会大会講演要旨集   2010年8月2日   
This paper focuses on the economic evaluation of ethanol production from rice straw by hydrothermal pretreatment with phosphoric acid. Under the conditions assumed here, the ethanol production cost was 147 JPY/L at the enzyme loading of 2 FPU/g-st...
藤本 真司, 柳田 高志, 佐賀 清崇, 柳下 立夫, 遠藤 貴士, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
日本エネルギー学会大会講演要旨集   2010年8月2日   
We are investigating bioethanol production from lignocellulosic biomass using non-sulfuric acid saccharification. A bench scale plant was constructed based on the results of laboratory scale experiments and process simulation. In this presentation...
Enhancement of hemicellulase productivity by genetic engineering on Acremonium cellulolyticus
神名麻智, 藤井達也, Gao M, 井上宏之, 矢野伸一, 澤山茂樹
第33回日本分子生物学会年会   2010年7月   
Saccharolytic enzymes production from disk milled rice straw by Acremonium cellulolyticus
Hideno A, Inoue H, Tsukahara K, Yano S, Fang X, Endo T, and Sawayama S
32nd Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemieals   2010年4月   
Identification of the main components of cellulolyticus and xylanase by Acremonium cellulyticus grown on different carbon sources
Inoue H, Fujii T, Hideno A, Fang X, Yano S, and Sawayama S
32nd Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemieals   2010年4月   
塚原建一郎, 井上宏之, 澤山茂樹
日本水環境学会年会講演集   2010年3月15日   
神名麻智, 井上宏之, 藤井達也, 矢野伸一, 澤山茂樹
日本農芸化学会2010年度大会   2010年3月5日   
キシロオリゴ糖の資化性を付与した組み換え酵母によるエタノール生産
藤井達也;松鹿昭則;栗田麻未;矢野伸一;村上克治;澤山茂樹;澤山茂樹
日本農芸化学会大会講演要旨集   2010年3月5日   
鉄と腐植物質(フミン酸・フルボ酸)が赤潮藻類の増殖に及ぼす影響
福崎康司、内藤佳奈子、澤山茂樹、
日本藻類学会第34回大会   2010年3月   
微細藻類の利用とバイオエタノール製造の可能性について
澤山茂樹
平成22年度第2回ジオバイオテクノロジー研究会   2010年   
新領域を切り拓く微生物ゲノム研究 ⅠⅠⅠ-9.バイオ燃料と微生物ゲノム情報
澤山茂樹
平成22年度日本水産学会秋季大会   2010年   
セルロース系バイオマス由来エタノール醗酵残渣の嫌気性消化処理
楊英男、澤山茂樹
第44回日本水環境学会年会   2010年   
和歌山県白浜町臨海海岸における打ち上げ海藻類の季節変化
澤山茂樹
日本藻類学会第34回大会   2010年   
松鹿 昭則, 井上 宏之, 渡邊 誠也, 小瀧 努, 牧野 圭祐, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
矢野 伸一, 秀野 晃大, 井上 宏之, 方 シュウ, 藤井 達也, 村上 克治, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
秀野 晃大, 井上 宏之, 矢野 伸一, 塚原 建一郎, 藤井 達也, 村上 克治, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
矢野伸一, 秀野晃大, 井上宏之, FANG Xu, 藤井達也, 村上克治, 澤山茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
松鹿昭則, 井上宏之, 渡邊誠也, 小瀧努, 牧野圭祐, 澤山茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
秀野晃大, 井上宏之, 矢野伸一, 塚原建一郎, 藤井達也, 村上克治, 澤山茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2009年8月25日   
矢野 伸一, 澤山 茂樹, 芋生 憲司, 横山 伸也, 矢野 伸一, 澤山 茂樹, 芋生 憲司, 横山 伸也
日本エネルギー学会大会講演要旨集   2009年7月30日   
Utilization of non-food resources as feedstock for fuel ethanol production is anticipated, especially in Asian countries with large population and growing gasoline consumption. We have estimated ethanol production potential from rice straw, sugarc...
澤山 茂樹
化学工学会 研究発表講演要旨集   2009年   
キシロース醗酵性を付与した凝集性酵母の遺伝子発現解析
松鹿昭則, 井上宏, 渡邊誠也, 小瀧努, 牧野圭祐, 澤山茂樹
第32回日本分子生物学会年会   2009年   
柳田 高志, 藤本 真司, 秀野 晃大, 井上 宏之, 塚原 健一郎, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
日本エネルギー学会大会講演要旨集   2008年8月4日   
井上 宏之, 松鹿 昭則, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2008年7月11日   
Xu Fang, 矢野 伸一, 井上 宏之, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2008年7月11日   
藤井 達也, XU Fang, 井上 宏之, 村上 克治, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2008年7月11日   
秀野 晃大, 井上 宏之, XU Fang, 塚原 建一郎, 遠藤 貴士, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2008年7月11日   
渡辺 誠也, 小瀧 努, 牧野 圭祐, 松鹿 松鹿, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2008年7月11日   
改変型キシリトール脱水素酵素を導入した酵母を用いたキシロースからのエタノール生産
松鹿昭則,渡邉誠也,小瀧努,牧野圭祐,井上宏之,村上克治,澤山茂樹
日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008.3.26-29   2008年   
藤本 真司, 美濃輪 智朗, 井上 宏之, 澤山 茂樹, 遠藤 貴士
日本エネルギー学会大会講演要旨集   2007年8月2日   
澤山 茂樹, 松鹿 昭則, 井上 宏之
日本生物工学会大会講演要旨集   2007年8月2日   
松鹿 昭則, 渡邉 誠也, 小瀧 努, 牧野 圭祐, 井上 宏之, 村上 克治, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2007年8月2日   
補酵素特異性改変酵素導入酵母によるキシロースからのエタノール生産
松鹿昭則,井上宏之,村上克治,澤山茂樹,渡邉誠也,小瀧努,牧野圭祐
第59回日本生物工学会大会,東広島,2007.9.25-27   2007年   
澤山 茂樹, 松鹿 昭則, 井上 宏之
日本生物工学会大会講演要旨集   2006年8月3日   
楊 英男, 塚原 建一郎, 澤山 茂樹
日本生物工学会大会講演要旨集   2006年8月3日   

特許

 
酒井 伸介, 高岡 一栄, 中島田 豊, 岩▲崎▼ 祐樹, 矢野 伸一, 村上 克治, 喜多 晃久, 澤山 茂樹
酒井 伸介, 高岡 一栄, 中島田 豊, 岩▲崎▼ 祐樹, 矢野 伸一, 村上 克治, 喜多 晃久, 澤山 茂樹
渡辺 誠也, 澤山 茂樹
渡辺 誠也, 澤山 茂樹
澤山 茂樹, 藤井 達也, 矢野 伸一, 井上 宏之, 村上 克治
秀野 晃大, 井上 宏之, 塚原 建一郎, 遠藤 貴士, 澤山 茂樹
滝村 修, 澤山 茂樹, 井上 宏之, 大柿 喜八, 神代 建治
松鹿 昭則, 澤山 茂樹, 井上 宏之, 村上 克治, 牧野 圭祐, 小瀧 努, 渡邉 誠也
井上 宏之, 喜多尾 千秋, 矢野 伸一, 澤山 茂樹, 遠藤 貴士, 西本 徹郎, 藤川 直弘
井上 宏之, 喜多尾 千秋, 矢野 伸一, 澤山 茂樹, 遠藤 貴士, 西本 徹郎, 藤川 直弘
矢部 彰, 喜多尾 千秋, 澤山 茂樹, 遠藤 貴士, 矢野 伸一, 井上 宏之, 坂西 欣也
ホウ シュウ, 矢野 伸一, 井上 宏之, 澤山 茂樹, 奥田 直之, 佐藤 正則, 黒田 真史
ホウ シュウ, 矢野 伸一, 井上 宏之, 澤山 茂樹, 奥田 直之, 佐藤 正則, 黒田 真史
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 永田 龍三郎
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 片岡 直明, 上野 嘉之, 福井 久智, 大下 信子
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 片岡 直明, 上野 嘉之, 福井 久智, 大下 信子
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 多田 千佳
澤山 茂樹, 楊 英男, 塚原 建一郎
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 楊 英男
澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 多田 千佳, 歌津 洋一, 林原 茂
澤山 茂樹, ミヤウ シャヒデゥラ エムディー, 多田 千佳
澤山 茂樹, 多田 千佳, 柳下 立夫, 塚原 建一郎
柳下 立夫, 小木 知子, 澤山 茂樹, 井上 誠一, 塚原 建一郎, 小林 知庸衣
澤山 茂樹, 大井 健太, 花岡 寿明, 多田 千佳
柳下 立夫, 小木 知子, 澤山 茂樹, 塚原 建一郎, 宮埜 理那子
横山 伸也, 小木 知子, 澤山 茂樹, 井上 誠一
横山 伸也, 小木 知子, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗, 井上 誠一
横山 伸也, 土手 裕, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗
横山 伸也, 土手 裕, 澤山 茂樹, 美濃輪 智朗, 横地 俊弘, 神坂 泰, 中原 東郎, 鈴木 修