三浦 文彦

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/20 17:04
 
アバター
研究者氏名
三浦 文彦
 
ミウラ フミヒコ
所属
帝京大学
部署
医学部 外科学講座
職名
准教授
学位
医学博士(千葉大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年5月
   
 
 千葉大学医学部附属病院第二外科研修医
 
1992年4月
   
 
 公立長生病院外科
 
1993年4月
   
 
 横浜労災病院外科
 
1994年4月
   
 
 千葉大学第二外科
 
1997年4月
   
 
 厚生連幸手総合病院外科
 

学歴

 
 
 - 
1991年
千葉大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本外科学会  指導医、専門医、認定医
 
 
   
 
日本消化器外科学会  評議員、資格認定小委員会委員、指導医、専門医、認定医
 
 
   
 
日本消化器病学会  指導医、専門医
 
 
   
 
日本肝蔵学会  専門医
 
 
   
 
日本肝胆膵外科学会  評議員、編集委員会副委員長、事務局幹事、高度技能指導医
 

論文

 
【急性胆道炎ガイドラインの位置づけと周術期感染対策への適応】 急性胆道炎ガイドラインの周術期感染管理への適応と検証
三浦 文彦, 佐野 圭二, 天野 穂高, 豊田 真之, 和田 慶太, 伊藤 博道, 青柳 賀子, 池田 豊, 貝沼 雅彦, 高橋 邦彦, 高田 忠敬, 吉田 雅博
日本外科感染症学会雑誌   11(3) 217-223   2014年6月   [査読有り]
国際版急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン(Tokyo Guidelines:以下、TG)の診断・重症度判定基準と治療指針を検証した10論文に焦点を当て、検証結果と第2版(Tokyo Guidelines 2013:以下、TG13)へのフィードバックと今後の問題点を明らかにすることを目的として検討を加えた。TG07急性胆管炎診断基準については、Charcot三徴+胆道疾患の既往のうち2項目以上を満たさないと診断できない問題点が指摘されていたが、TG13で改善が図られた。TG07急性胆管炎重症...
若年女性に発症した膵・胆管合流異常に合併した巨大胆嚢adenomyomatosisの1例
澁谷 誠, 三浦 文彦, 天野 穂高, 豊田 真之, 佐野 圭二, 近藤 福雄
胆道   28(2) 254-257   2014年5月   [査読有り]
【TG13出版-Tokyo Guidelines 2007をほぼ全面改訂する理由、改訂過程の問題点-】 TG13 フローチャートの改訂とモバイルアプリケーションの開発
三浦 文彦, 佐野 圭二, 天野 穂高, 豊田 真之, 和田 慶太, 伊藤 博道, 青柳 賀子, 池田 豊, 貝沼 雅彦, 高田 忠敬, 吉田 雅博
日本腹部救急医学会雑誌   34(3) 665-670   2014年3月   [査読有り]
国際版第2版(Tokyo guidelines 2013:以下,TG13)の急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドラインの発刊に伴って,フローチャートが改訂された。TG13フローチャートでは,血液培養と胆汁培養の施行を推奨することになった。胆管炎フローチャートでは,総胆管結石による軽症例に対しては,胆管ドレナージと同時に成因に対する治療を行ってもよいことにした。胆嚢炎フローチャートでは,胆汁性腹膜炎等の高度の局所炎症を伴う中等症に対する緊急手術以外は,腹腔鏡下胆嚢摘出術を提唱することになった。モバ...
【TG13出版-Tokyo Guidelines 2007をほぼ全面改訂する理由、改訂過程の問題点-】 TG13 Management Bundleと今後のガイドライン評価計画
岡本 好司, 高田 忠敬, 吉田 雅博, 真弓 俊彦, 三浦 文彦
日本腹部救急医学会雑誌   34(3) 671-676   2014年3月   [査読有り]
Management Bundleとは,診療上活用されるべき重要な項目をまとめて表示し,集学的に効率よく診療を行える様にまとめて(束:Bundle)適用すべく設定されるものである。Bundle活用により,ガイドラインは単に作成されるだけでなく,適切な使用により該当疾患の予後を改善する。Tokyo Guidelines 2007(TG07)ではManagement Bundleの設定はなかったが,今回改訂のTokyo Guidelines 2013(TG13)ではManagement Bun...
【変わりつつある急性胆管炎・胆嚢炎の診断と治療】 増加する医療関連胆道感染とその特徴
三浦 文彦, 佐野 圭二, 天野 穂高, 豊田 真之, 和田 慶太, 伊藤 博道, 青柳 賀子, 池田 豊, 貝沼 雅彦, 高田 忠敬
胆と膵   34(12) 1261-1265   2013年12月   [査読有り]
近年、医療関連感染(healthcare-associated infection:HCAI)という用語が、病院感染(院内感染、hospital acquired infection:HAI)に代わって用いられるようになってきた。病院以外の療養型施設、診療所、在宅などにおいても感染リスクがあるので、HAIという用語が医療の現状を反映しなくなってきたためである。HCAIについては、疾患、国、提唱者によりその定義が若干異なっているが、市中感染よりも耐性菌の分離率が高いことが明らかになっている。...
【治療に伴う看護特集 がん患者の術後ドレーン・チューブ管理】 胆道がん手術
三浦 文彦, 佐野 圭二, 天野 穂高, 豊田 真之, 和田 慶太, 伊藤 博道, 青柳 賀子, 池田 豊, 貝沼 雅彦
プロフェッショナルがんナーシング   3(4) 348-351   2013年8月
【家族性膵癌:これからの膵癌診療におけるキーワード】 家族性膵癌レジストリー
和田 慶太, 佐野 圭二, 天野 穂高, 三浦 文彦, 豊田 真之, 伊藤 博道, 池田 豊, 貝沼 雅彦, 高田 忠敬
胆と膵   34(7) 523-527   2013年7月
近年の診断・治療の進歩に伴い、膵癌の治療成績はわずかに向上しているものの、全症例の5年生存率は約5%であり、依然として全消化器癌の中で最も予後不良な癌腫である。診断される膵癌の大部分が局所進行または遠隔転移を有する進行癌であるが、切除可能な段階で発見された膵癌の治療成績はstage-dependentであることからも、早期発見されることが現在唯一の希望となっている。膵癌の大部分は散発性であるが、他の癌腫(乳癌や大腸癌など)と同様に約4〜10%には遺伝的背景があることが指摘されており、家族性...
Horiguchi A, Miyakawa S, Ishihara S, Miyazaki M, Ohtsuka M, Shimizu H, Sano K, Miura F, Ohta T, Kayahara M, Nagino M, Igami T, Hirano S, Yamaue H, Tani M, Yamamoto M, Ota T, Shimada M, Morine Y, Kinoshita H, Yasunaga M, Takada T
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 518-524   2013年6月   [査読有り]
【急性胆管炎・胆嚢炎、急性膵炎のガイドライン"の検証と普及】 急性胆道炎・急性膵炎ガイドラインの検証と普及"
三浦 文彦, 佐野 圭二, 天野 穂高, 豊田 真之, 和田 慶太, 青柳 賀子, 高田 忠敬, 吉田 雅博
日本腹部救急医学会雑誌   33(3) 551-556   2013年3月
急性胆道炎ガイドラインと急性膵炎ガイドラインの国際的な認知度,活用度を検証するために文献的に検討を加えた。国際版急性胆道炎ガイドラインと英語版急性膵炎ガイドラインは,世界中の著者によってさまざまな分野の雑誌に掲載された論文に引用されていた。国際版急性胆道炎ガイドラインは,2006年のInternational Consensus Meetingを介して海外の多数のエキスパートと共同で制作されたもので,世界で初めての急性胆道炎の国際基準である。国際版急性胆道炎ガイドラインが提唱した診断基準と...
【急性胆管炎・胆嚢炎、急性膵炎のガイドライン"の検証と普及】 Cholangitis Cholecystitis Bundle"
岡本 好司, 高田 忠敬, 吉田 雅博, 真弓 俊彦, 三浦 文彦
日本腹部救急医学会雑誌   33(3) 591-596   2013年3月
Management Bundleとは,診療上遵守されるべき項目をまとめて表示し,集学的に効率よく診療を行えるように束=Bundleにして設定される。ガイドラインは単に作成されるだけでなく,適切な使用により該当疾患の予後を改善する。Tokyo Guidelines 2007(TGO7)ではBundleの設定はなかったが,今回改訂のTokyo Guidelines 2013(TG13)ではBundleを新規に設定した。診断と重症度の評価,検査法の指定,初期治療と重症度別の治療の推奨と時間的制...
Hayano K, Miura F, Amano H, Toyota N, Wada K, Kato K, Sano K, Takeshita K, Aoyagi T, Shuto K, Matsubara H, Asano T, Takada T
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 243-248   2013年2月   [査読有り]
Miura F, Sano K, Amano H, Toyota N, Wada K, Kadowaki S, Shibuya M, Takada T, Soejima Y, Kondo F
World journal of surgery   37 162-168   2013年1月   [査読有り]
Kiriyama S, Takada T, Strasberg SM, Solomkin JS, Mayumi T, Pitt HA, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Yokoe M, Kimura Y, Tsuyuguchi T, Itoi T, Yoshida M, Miura F, Yamashita Y, Okamoto K, Gabata T, Hata J, Higuchi R, Windsor JA, Bornman PC, Fan ST, Singh H, de Santibanes E, Gomi H, Kusachi S, Murata A, Chen XP, Jagannath P, Lee S, Padbury R, Chen MF, Dervenis C, Chan AC, Supe AN, Liau KH, Kim MH, Kim SW, Tokyo Guidelines Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 24-34   2013年1月   [査読有り]
Okamoto K, Takada T, Strasberg SM, Solomkin JS, Pitt HA, Garden OJ, Büchler MW, Yoshida M, Miura F, Kimura Y, Higuchi R, Yamashita Y, Mayumi T, Gomi H, Kusachi S, Kiriyama S, Yokoe M, Lau WY, Kim MH, Tokyo Guideline Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 55-59   2013年1月   [査読有り]
Miura F, Takada T, Strasberg SM, Solomkin JS, Pitt HA, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Yoshida M, Mayumi T, Okamoto K, Gomi H, Kusachi S, Kiriyama S, Yokoe M, Kimura Y, Higuchi R, Yamashita Y, Windsor JA, Tsuyuguchi T, Gabata T, Itoi T, Hata J, Liau KH, Tokyo Guidelines Revision Comittee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 47-54   2013年1月   [査読有り]
Kimura Y, Takada T, Strasberg SM, Pitt HA, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Windsor JA, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Higuchi R, Gabata T, Hata J, Gomi H, Dervenis C, Lau WY, Belli G, Kim MH, Hilvano SC, Yamashita Y
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 8-23   2013年1月   [査読有り]
Higuchi R, Takada T, Strasberg SM, Pitt HA, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Windsor JA, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Kimura Y, Okamoto K, Gabata T, Hata J, Gomi H, Supe AN, Jagannath P, Singh H, Kim MH, Hilvano SC, Ker CG, Kim SW, Tokyo Guideline Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 97-105   2013年1月   [査読有り]
Takada T, Strasberg SM, Solomkin JS, Pitt HA, Gomi H, Yoshida M, Mayumi T, Miura F, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Kiriyama S, Yokoe M, Kimura Y, Tsuyuguchi T, Itoi T, Gabata T, Higuchi R, Okamoto K, Hata J, Murata A, Kusachi S, Windsor JA, Supe AN, Lee S, Chen XP, Yamashita Y, Hirata K, Inui K, Sumiyama Y, Tokyo Guidelines Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 1-7   2013年1月   [査読有り]
Yamashita Y, Takada T, Strasberg SM, Pitt HA, Gouma DJ, Garden OJ, Büchler MW, Gomi H, Dervenis C, Windsor JA, Kim SW, de Santibanes E, Padbury R, Chen XP, Chan AC, Fan ST, Jagannath P, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Tsuyuguchi T, Itoi T, Supe AN, Tokyo Guideline Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 89-96   2013年1月   [査読有り]
Itoi T, Tsuyuguchi T, Takada T, Strasberg SM, Pitt HA, Kim MH, Belli G, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Büchler MW, Gouma DJ, Garden OJ, Jagannath P, Gomi H, Kimura Y, Higuchi R, Tokyo Guideline Revision Committee
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   20 71-80   2013年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Surgical treatment for adult patients with pancreaticobiliary maljunction.In: Pancreaticobiliary Maljunction, ed Y Koyanagi and T Aoki
Igaku Tosho Shuppan   2002年   
緊急ドレナージ.新臨床外科学第4版,武藤徹一郎・幕内雅敏編
医学書院   2006年   
科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン
医学図書出版   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 三浦 文彦
肝胆膵外科
膵胆道癌手術の安全性向上に関する研究、画像診断、胆道炎診療ガイドライン作成