水本匡起

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/19 19:29
 
アバター
研究者氏名
水本匡起
 
ミズモト タダキ
所属
東北学院大学
部署
文学部・教養学部
職名
講師(非常勤)
学位
理学博士(東北大学)
その他の所属
中央学院大学東北福祉大学

研究分野

 
 
  • 地理学 / 地理学 / 自然地理学 / 地形学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北福祉大学 特任講師
 
2015年4月
 - 
現在
中央学院大学 法学部 講師(非常勤)
 
2008年4月
 - 
現在
東北学院大学 文学部・教養学部 講師(非常勤)
 
2008年3月
 - 
2016年3月
公益財団法人地震予知総合研究振興会 地震調査研究センター 研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
帝京平成大学 講師(非常勤)
 

学歴

 
2006年3月
   
 
東北大学 大学院 理学研究科 地学専攻 博士課程 修了
 

論文

 
富士川谷に見出された断層変位地形と断層露頭
活断層研究   (46) 9-15   2017年4月   [査読有り]
活断層研究   (44) 9-21   2016年4月   [査読有り]
地学雑誌   124(4) 657-664   2015年8月   [査読有り]
地震 第2輯   67(1) 35-39   2014年6月   [査読有り]
活断層研究   (38) 29-40   2013年3月   [査読有り]
横手盆地東縁断層帯・千屋断層(運上野)を横断する浅層反射法地震探査(2004年):データ取得と処理について
東京大学地震研究所彙報   81 119-128   2007年   [査読有り]
活断層研究   (26) 87-93   2006年   [査読有り]
Science Reports of Tohoku University, 7th Series   54(2/2) 1-69   2006年   [査読有り]
活断層研究   (25) 57-61   2005年   [査読有り]
季刊地理学   55(4) 240-251   2003年   [査読有り]

Misc

 
四国地方外帯山地の活断層とそのテクトニックな意義: 高知県中央部、上八川断層(仮称)の例
田力正好・中田 高・堤 浩之・ 後藤秀昭・水本匡起・松田時彦
日本活断層学会2016年度秋季学術大会予稿集   P13    2016年10月
駿河トラフ海底活断層の陸域への連続性に関する地形学的検討
中田 高・渡辺 満久・水本 匡起・後藤 秀昭・松田 時彦・松浦 律子・田力 正好
日本地球惑星科学連合2016年大会予稿集   SSS31-24   2016年5月
島根半島周辺の活断層とそのテクトニックな意義
田力正好・中田 高・堤 浩之・後藤秀昭・松田時彦・水本匡起
日本地球惑星科学連合2016年大会予稿集   SSS31-P16   2016年5月
糸魚川ー静岡構造線最南部における左横ずれ活断層の発見
渡辺満久・中田 高・水本匡起・後藤秀昭・田力正好・松田時彦・松浦律子
2016年日本地理学会春季学術大会発表要旨集   89 169-169   2016年3月
中国地方西部,冠山山地付近に発達する活断層群の分布と断層変位地形
田力正好・中田 高・堤 浩之・後藤秀昭・松田時彦・水本匡起
日本活断層学会2015年度秋季学術大会予稿集      2015年11月
野幌丘陵北延長および鈴鹿西縁断層帯の微小な変動地形 —数値標高モデルから作成したステレオ画像の地形判読—
水本匡起・後藤秀昭・堤 浩之・中田 高・田力正好・松田時彦・松浦律子
日本地理学会発表要旨集   87 272-272   2015年3月
高田平野南方、妙高火山群東麓周辺の変動地形とそのテクトニックな意義
田力正好・水本匡起・松田時彦・堤浩之・後藤秀昭・中田高
日本地球惑星科学連合 連合大会 2014年大会予稿集      2014年5月
犀川丘陵南部における新たな断層変位地形の発見とそのテクトニックな意義
田力正好・水本匡起・松田時彦・松浦律子・中田 高・後藤秀昭・堤 浩之
日本活断層学会2013年度秋季学術大会予稿集      2013年11月
富士川沿いの活断層 「身延断層」の断層変位地形
水本匡起・田力正好・松浦律子・松田時彦・後藤秀昭・中田 高・堤 浩之
日本地震学会講演予稿集 2013年度秋季大会      2013年10月
山地域の横ずれ活断層沿いの河谷の偏形度-中部地方の事例
田力正好・水本匡起・松田時彦
日本地震学会講演予稿集2013年度秋季大会      2013年10月
山梨県身延断層に沿う断層変位地形の発見とその意義 (速報)
水本匡起・松田時彦・田力正好・松浦律子・後藤秀昭・中田高・堤浩之
日本地理学会2013年度秋季学術大会予稿集      2013年9月
横ずれ活断層沿いの河谷の偏形度-中部山岳地帯の例
田力正好・水本匡起・松田時彦
日本第四紀学会2013年大会講演要旨集      2013年8月
大原湖断層帯の断層変位地形-中国地方西部の活断層密集域に分布する長大活断層
田力正好・堤浩之・中田高・後藤秀昭・吾妻崇・松田時彦・水本匡起・松浦律子
日本地球惑星科学連合2013年大会予稿集,DVD-ROM.      2013年5月
断層崖のマスムーブメント:東日本における事例
田力正好・水本匡起・松田時彦
日本地理学会2013年春季学術大会予稿集      2013年3月
山地域の横ずれ活断層の確実度を判定する一方法
田力正好・水本匡起・松田時彦
日本活断層学会2012年秋季学術大会講演要旨集      2012年11月
鈴鹿西縁断層帯における後期更新世以降の断層活動  ―反射法地震探査結果と微小な変位地形の整合性の検討―
水本匡起・吾妻 崇・中田 高・堤 浩之・後藤秀昭・田力正好・松田時彦・松浦律子
日本地球惑星科学連合2012年大会予稿集,DVD-ROM.      2012年5月
弥栄断層帯の断層変位地形−中国地方西部の活断層密集地域に分布する断層長の長い活断層
田力正好・中田 高・堤 浩之・後藤秀昭・吾妻 崇・松田時彦・水本匡起・松浦律子
日本地球惑星科学連合2012年大会予稿集,DVD-ROM.      2012年5月
米沢盆地北縁部周辺における新たな活断層の認定
水本匡起・田力正好・松田時彦・松浦律子
日本地震学会講演予稿集 2011年度秋季大会      2011年10月
詳細な空中写真判読に基づく花輪東断層帯の地表トレース分布
田力正好・中田 高・今泉俊文・池田安隆・宮内崇裕・堤 浩之・後藤秀昭・吾妻 崇・松田時彦・水本匡起・松浦律子
日本地球惑星科学連合2011年大会予稿集,DVD-ROM      2011年5月
会津盆地東縁断層帯南部における新たな断層変位地形の認定
水本匡起・ 田力正好・松田時彦・吾妻 崇・堤浩 之・今泉俊文・池田安隆・宮内崇裕・松浦律子
日本地球惑星科学連合2011年大会予稿集,DVD-ROM      2011年5月
ALOS 衛星画像を用いた奥羽脊梁山脈東麓の変動地形判読:雫石盆地西縁断層帯およびその北部延長部の事例
田力正好・水本匡起・松田時彦・松浦律子・今泉俊文・横山隆三
日本活断層学会2010年度秋季学術大会講演予稿集      2010年11月
奥羽脊梁山脈東縁,仙北平野周辺の変動地形と活構造
田力正好・水本匡起・松田時彦・松浦律子
日本地震学会2010年秋季大会予稿集      2010年10月
田力正好・水本匡起・松田時彦・松浦律子
日本地理学会2010年度秋季学術大会予稿集      2010年10月
変動地形が示す歴史地震の痕跡 ―会津盆地西縁断層帯の事例―
水本匡起・田力正好・松田時彦・松浦律子
日本地震学会2010年秋季大会講演予稿集      2010年10月
福島盆地西縁断層帯,飯坂付近の断層トレースと不連続部の可能性
水本匡起・田力正好・松田時彦・松浦律子
日本地球惑星科学連合2010年大会予稿集,DVD-ROM.      2010年5月
大縮尺地図を用いた断層末端部付近における上下変位量の分布 ―山形盆地南部を事例として―
水本匡起・今泉俊文
日本地震学会2007年秋季大会講演予稿集   221-221   2007年10月
長町-利府断層帯のトレースと地表形態からみた完新世の活動性
吉田春香・高橋就一・水本匡起・森下信人・楮原京子・佐々木亮道・鈴木啓明・田代祐徳・今泉俊文・石山達也
日本地震学会2007年秋季大会講演予稿集   220-220   2007年10月
圃場整備以前の大縮尺地図を用いた断層末端部の微小な変位地形の認定 ―山形盆地断層帯南部の事例―
水本匡起
東北地理学会2007年度秋季学術大会,季刊地理学   60(1) 61-62   2007年10月
段丘面の変位量からみた北上低地西縁断層帯の平均上下変位速度とその分布
水本匡起・鈴木啓明・坂下幸嗣・今泉俊文
東北地理学会2007年度春季学術大会,季刊地理学   59(3) 182-182   2007年5月
Two Types of Spatio-Temporal Distribution of Large Earthquakes during Holocene; A Case Study for Active Faults in Island Arc of Northeast Japan
Mizumoto Tadaki, Imaizumi Toshifumi, Otsuki Kenshiro, Kagohara Kyoko(水本匡起・今泉俊文・大槻憲四郎・楮原京子)
EOS Transactions, American Geophysical Union 2006 AGU Fall Meeting, USA. (T33A-0501)   87(52) F2059-F2059   2006年12月
Two Types of Time-Space Trends for Large Earthquakes with Surface Rupture during Holocene in the Tohoku District, Northeast Japan
Mizumoto Tadaki, Imaizumi Toshifumi, Otsuki Kenshiro, Kagohara Kyoko(水本匡起・今泉俊文・大槻憲四郎・楮原京子)
The 21st Century COE (Earth Science) International Symposium. Dynamic Earth: its origin and future. Program and Abstracts.   231-232   2006年9月
横手盆地・北上低地帯の活断層と完新世の活動時期
水本匡起
東北地理学会2006年度春季学術大会,季刊地理学   58(3) 181-182   2006年5月
東北地方における主要活断層の完新世活動時期とその比較
水本匡起・今泉俊文・大槻憲四郎
日本地球惑星科学連合2006年大会要旨集,CD-ROM.      2006年5月
山形盆地西縁断層帯南部の完新世断層活動
水本匡起
日本地理学会2006年度春季学術大会発表要旨集   69 106-106   2006年3月
Slip rates and Holocene activity of the Matsuyama-Karikawa fault, Shonai Plain, Northeast Japan.
Mizumoto Tadaki, Imaizumi Toshifumi, Iwasaki Taka-aki(水本匡起,今泉俊文・岩崎孝明)
21COE International Symposium 2005, Spatial and Temporal Fluctuations in the Solid Earth -Clues to the Future of Our Planet-. Abstracts.   164-165   2005年7月
水本匡起・今泉俊文・岩崎孝明
日本地球惑星科学関連学会2005年大会要旨集,CD-ROM.      2005年5月
長町-利府断層と苦竹断層(新称)の地表変位・変形と新期の活動
高橋就一・水本匡起・今泉俊文
日本地球惑星科学関連学会2005年大会要旨集,CD-ROM.      2005年5月
変動地形・反射法地震探査からみた横手盆地東縁断層帯の前進過程と第四紀後期の活動性
内田拓馬・宮内崇裕・今泉俊文・越後智雄・松多信尚・石山達也・佐藤比呂志・加藤直子・木村治夫・荻野スミ子・越谷信・野田賢・池田安隆・岡田真介・加藤一・野原壯・水本匡起・楮原京子
日本地球惑星科学関連学会2005年大会要旨集,CD-ROM.      2005年5月
反射法地震探査結果からみた横手盆地東縁断層帯の地下構造
楮原京子・内田拓馬・今泉俊文・宮内崇裕・越後智雄・松多信尚・石山達也・加藤一・佐藤比呂志・越谷信・野田賢・荻野スミ子・池田安隆・野原壯・水本匡起・森下信人・高橋就一・小林勉・氷高草多・野田克也
日本地球惑星科学関連学会2005年大会要旨集,CD-ROM.      2005年5月
Surface Ruptures associated with Holocene Faulting based on the Amount of Displacement on Young Terrace Surfaces, along the Ou Backbone Range, Northeast Japan
Mizumoto Tadaki(水本匡起)
International Conference on Environmental Hazards and Geomorphology in Monsoon Asia, Thai Land. Conference Programme and Abstracts.   40-40   2004年12月
反射法地震探査による庄内平野東縁断層帯の地下構造
加藤直子・佐藤比呂志・今泉俊文・越谷 信・戸田 茂・荻野スミ子・越後智雄・木村治夫・楮原京子・森下信人・小林 勉・高橋就一・梅津洋輔・水本匡起・氷高草多・吉田明弘・小田 晋・鈴木規眞・菅原泰丞・高橋利幸・小池太郎・佐藤 良
日本地震学会2004年秋季大会講演予稿集   118-118   2004年10月
山形盆地西縁断層南半部における新期の断層活動と変位地形
水本匡起・平野信一
東北地理学会2004年度春季学術大会,季刊地理学   56(3) 198-199   2004年5月
仙台市岩切地区の堆積物からみた長町-利府断層の活動について
平野信一・松本秀明・水本匡起・野中奈津子
東北地理学会2003年度春季学術大会,季刊地理学   55(3) 197-198   2003年5月
長井盆地・米沢盆地西縁断層における完新世の断層活動と変位地形
水本匡起・平野信一
東北地理学会2002年度秋季学術大会,季刊地理学   55(1) 50-50   2002年10月
変動地形からみた伊勢湾西岸地域の地形発達史
水本匡起
東北地理学会2001年度秋季学術大会,季刊地理学   54(1) 53-54   2001年10月
伊勢湾西岸地域における完新世の断層活動とその分布
水本匡起
日本地理学会2000年度秋季学術大会発表要旨集   58 80-81   2000年10月
養老断層の最新変位地形とその構造
東郷正美・今泉俊文・佐藤比呂志・岡田篤正・竹村恵二・石山達也・中西利典・大石超・田中ゆかり・中田高・宮内崇裕・宍倉正展・池田安隆・田中正好・御竿健太郎・平野信一・沢祥・八木浩司・水本匡起・金田平太郎・原口強
1999年日本第四紀学会大会講演要旨集   29 82-83   1999年8月
糸静線活断層系・神城断層の地表付近の断層形態と変位速度
今泉俊文・浅川一郎・原口 強・宮内崇裕・宍倉正展・武田大典・石和直樹・副田宣男・梅田 有・勝部敬一・谷川信一・中田 高・奥村晃史・高田圭太・熊原康博・佐藤比呂志・荻野スミ子・新井慶将・池田安隆・松多信尚・田力正好・御竿健太郎・高橋安芸之助・東郷正美・水本匡起・三ヶ田均・井川 猛・麻 勇・平野信一・越谷信・野田賢・堤浩之・柳博美・山口勝也・山口壮介・鷲野右輔
日本地理学会1998年度秋季学術大会発表要旨集   54 141-142   1998年10月
糸静線活断層系・神城断層のスリップレートの検討
原口強・今泉俊文・宮内崇裕・佐藤比呂志・中田高・高田圭太・熊原康博・平野信一・池田安隆・東郷正美・武田大典・石和直樹・浅川一郎・麻勇・田力正好・水本匡起
地球惑星科学関連学会1998年合同大会予稿集   323-323   1998年5月

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
・1回の大地震で動く断層区間の解明. ・過去1万年間の断層活動に関する地形学的研究.  ・島弧における主要活断層の活動時期と断層活動の相互関連性.