市川智生

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 11:37
 
アバター
研究者氏名
市川智生
 
イチカワトモオ
ハンドル
handle0134785
所属
沖縄国際大学
部署
総合文化学部社会文化学科
職名
准教授
学位
博士(学術)(横浜国立大学国際社会科学研究科)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
沖縄国際大学 総合文化学部社会文化学科 准教授
 
2013年9月
 - 
2018年3月
長崎大学 熱帯医学研究所国際保健学分野 助教
 
2009年9月
 - 
2013年8月
上海交通大学人文学院歴史系 専任講師
 
2008年4月
 - 
2009年8月
総合地球環境学研究所 プロジェクト研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
横浜国立大学 国際社会科学研究科 
 

書籍等出版物

 
法政大学出版局   2017年5月   ISBN:4588376047
19世紀末以降、ペスト流行の舞台は帝国主義に揺れ動くアジアだった。列強の拠点となった中国の開港都市、外国人居留地が撤廃されたばかりの神戸、日本の植民地になってまもない台湾と朝鮮、そしてオランダ統治下のジャワ。権力関係が錯綜する場所で模索された西洋的な衛生事業の導入は、そのまま近代に至る道に直結していた。国境を越えて広がる共通の脅威を通して「アジアの近代」の総体に迫る画期的な試み。
湖の現状と未来可能性
川端善一郎ほか編 (担当:共著, 範囲:市川智生・東城文柄, 日本の湖岸地域における環境変化と住民の健康問題: 琵琶湖彦根マラリア(1920-1950))
松香堂書店   2014年3月   

論文

 
Sweta Koirala, Masayuki Nakano, Hiroaki Arima, Shouhei Takeuchi, Tomo Ichikawa, Takayuki Nishimura, Hiromu Ito, Basu Dev Pandey, Kishor Pandey, Takayuki Wada and Taro Yamamoto
Journal of Physiological Anthropology   37(20) 1-10   2018年8月   [査読有り]
Japanese Occupation and Public Health in Qingdao:The Case of the Cholera Epidemic in 1919
TOMO ICHIKAWA
Acta Historica Leopoldina   (69) 235-242   2018年
開港場神戸における感染症対策と居留地自治
市川智生
歴史科学   (219) 32-41   2015年2月
進化とエコヘルス
山本太郎・和田崇之・市川智生
医学のあゆみ   250(3) 230-234   2014年7月
明治初期の感染症流行と居留地行政―1870・71年横浜の天然痘対策―
市川智生
日本歴史   (762) 58-75   2011年11月   [査読有り]

Misc

 
ドイツから見た明治日本の感染症制御(特集 ドイツ日本関係史料の可能性)
市川智生
歴博   (209) 11-14   2018年7月   [依頼有り]
中国寒冷高地における身体適応―四川省紅原県での調査―
市川智生・蔡国喜・山本太郎
天地人   (25) 12-13   2014年10月   [依頼有り]
書評:福士由紀著 『近代上海と公衆衛生-防疫の都市社会史-』
市川智生
社会経済史学   79(4) 590-592   2014年2月   [依頼有り]
書評:李玉尚『海有豊歉』
市川智生
天地人   (15) 6-7   2011年6月   [依頼有り]
海港検疫の知られざる歴史を検証
市川智生
Ship & Ocean Newsletter   (172) 4-5   2007年10月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
長崎大学熱帯医学研究所附属熱帯医学ミュージアム所蔵フィラリア関係資料の歴 史資料としての活用
市川智生
グローバルヘルス合同大会2017(第58回日本熱帯医学会)   2017年11月26日   
軍隊胸膜炎問題にみる戦前日本の成人男性の結核罹患
市川智生
第76回日本公衆衛生学会 総会   2017年11月1日   
開港場横浜における居留地行政と感染症対策:1859-1899 [招待有り]
市川智生
神奈川大学非文字資料研究センター・租界班 第54回研究会   2016年12月16日   
Tuberculosis history from the relationship between cattle and human: Mycobacterium bovis and modern Japan
TOMO ICHIKAWA
The Third Conference of East Asian Environmental History (EAEH 2015)   2015年10月25日   
Maritime quarantine and treaty port network in Meiji Japan
TOMO ICHIKAWA
XVIIth World Economic History Congress(WEHC)   2015年8月4日   
開港場長崎の歴史と感染症対策 [招待有り]
市川智生
長崎居留地研究会・例会   2015年1月23日   
近世天草地方における天然痘流行の再現:歴史疫学の試みとして
市川智生
第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保健医療学会学術大会合同大会   2014年11月1日   
Quarantine and the establishment of the Meiji Japan
市川智生
Conference “Quarantine: History, Heritage, Place”   2014年8月23日   
土着マラリアからみた1920-50年代の琵琶湖岸における土地改変の環境影響
東城文柄・市川智生
日本地理学会2013年春季学術大会   2013年3月30日   
日本の湖岸地域における環境変化と住民健康問題―琵琶湖彦根マラリア (1920-1950) ―
市川智生・東城文柄
国際シンポジウム「湖の現状と未来可能性」   2013年1月13日   
Japanese informal sanitation: cholera epidemics and municipality in the Kobe foreign settlement, 1868-1899
TOMO ICHIKAWA
The 16th Conference for the Asian Society for the History of Medicine   2012年12月14日   
What is an Ideal Toilet? The Development and Diffusion of Public Toilets in Meiji Japan, 1868–1912
TOMO ICHIKAWA
The 16th Asian Studies Conference Japan (ASCJ)   2012年6月30日   
外国人居留地の自治行政と公衆衛生―横浜・長崎・神戸― [招待有り]
市川智生
大阪経済大学日本経済史研究所・第67回 経済史研究会   2012年6月2日   
The International Trade and the Governance of Nagasaki Foreign Settlement in 19th Century Japan [招待有り]
TOMO ICHIKAWA
International Workshop on 19th-Century Globalization and Colonialism: India, Asia, and the World Economy   2012年3月   “Contemporary Indian Area Studies (INDAS)” program of the National Institutes for the Humanities, Japan
近代日本的外国人居留地与城市形成:以医疗卫生问题为中心 [招待有り]
市川智生
历史视野下的东亚城市与社会生活   2012年3月   
Plague Epidemics and the Control of Dock Workers at Japanese Treaty Ports: 1899-1910
TOMO ICHIKAWA
AAS/ICAS Joint Conference, 31th March 2011, Honoluu   2011年3月   
Japanese Occupation and Public Health in Qingdao:The Case of the Cholera Epidemic in 1919 [招待有り]
TOMO ICHIKAWA
Medicine as a Medium of Multiple Modernities, Halle, Germany, 11th March 2011   2011年3月   
不平等条約時代の海港検疫:1879-1899
2010年度史学会大会・近現代史シンポジウム「条約改正の基礎過程」   2010年   
Negotiating the Maritime Order : History of Quarantine in 19th century Japan
TOMO ICHIKAWA
International Conference on Diseases and Public Health in Asian Ports(1850s-1950s), Hong Kong Baptist University   2010年5月   
Negotiating the Maritime Order: National Power and Disease Prevention in Japanese Treaty Ports, 1859-1899
TOMO ICHIKAWA
The 14th Asian Studies Conference Japan, Tokyo   2010年6月   
日本的海洋史研究动向
市川智生
东亚环境史研究会   2010年3月   
Military Medicine and Indigenous Society in Colonial Taiwan
TOMO ICHIKAWA
Workshop,“Environmental Changes and Infectious Diseases: Historical Perspective and Contemporary Issues", Academia Sinica, TAIWAN   2008年9月   
長崎における「開港場医療」の展開―1859-1899―(パネルセッション「東アジア・東南アジアにおける衛生・社会・近代性」)
市川智生
第76回社会経済史学会全国大会   2007年   
Treaty Port Medicine in Modern Japan : 1859–1899
TOMO ICHIKAWA
The 11th Asian Studies Conference Japan, Tokyo   2007年   
Re-importation of Scientific Knowledge: Plague Epidemics in Colonial Taiwan and Japan
TOMO ICHIKAWA
Association for Asian Studies 2006 Annual Meeting, San Francisco   2006年   
居留地撤廃後の衛生行政と「地域住民」―1902年横浜における腺ペスト流行について―
市川智生
第74回社会経済史学会全国大会   2005年4月30日   
Crossing the Distance between the Medical Laboratory and Practical Application : Epidemiology in the Prewar Showa Era
TOMO ICHIKAWA
Association for Asian Studies 2005 Annual Meeting, Chicago   2005年3月   
伝染病・軍隊・開港場―1877年のアジア・コレラ流行と西南戦争帰還兵問題
市川智生
日露国際歴史シンポジウム「医学と帝国―開港場・軍隊・慈善」   2014年12月   名古屋大学国際言語文化研究科

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
20世紀日本の長期療養型疾患の歴史―ハンセン病・精神疾患・結核の比較統合的検討―(分担)
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究A
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 鈴木 晃仁
戦前日本の結核に関する歴史疫学研究―罹患情報に基づく蔓延状況の再現―
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 市川智生
ドイツ日本関係史料による新しい明治日本理解の構築―外交と国家形成 研究課題―(分担)
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究B
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 五百籏頭 薫
戦後日本の離島・へき地医療と「風土病」抑制経験の歴史化
長崎大学熱帯医学研究所: 平成30年度熱帯医学研究拠点一般共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 市川智生
日米医学協力計画(1965~90年)とJICAによるフィリピンへの医療援助(分担)
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 飯島渉