NAKAKURA TOMONORI

J-GLOBAL         Last updated: Aug 24, 2019 at 17:06
 
Avatar
Name
NAKAKURA TOMONORI
Affiliation
Chiba University of Commerce
Section
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences
Other affiliation
Ritsumeikan University
Research funding number
30586649

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1999
 - 
Mar 2003
立命館大学
 
Apr 2003
 - 
Mar 2010
立命館大学大学院
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
instructor, Faculty of Humanities and Social Sciences, Chiba University of Commerce
 
Apr 2012
 - 
Mar 2015
Japan Society for Promotion of Science
 

Books etc

 
『ガブリエル・タルドーー贈与とアソシアシオンの体制へ』(単著)
洛北出版   2011   ISBN:978-4903127132
『出来事のポリティクス――知-政治と新たな協働』(マウリツィオ・ラッツァラート著、共訳)
洛北出版   2008   ISBN:4903127079

Published Papers

 
Innovation, Society and Economy: Gabriel Tarde and "Sociology of Invention" in interwar America
NAKAKURA Tomonori
Japanese Journal for Science, Technology & Society   24 35-57   Jun 2015   [Refereed]
「イノベーション論の批判的検討にむけて──発明の社会学からイノベーション・プロセスの経済学へ」
中倉 智徳
『生存をめぐる規範――オルタナティブな秩序と関係性の生成に向けて』(生存学研究センター報告21)   239-265   Mar 2014
「ガブリエル・タルドの『経済心理学』における労働概念について」
中倉智徳
『Core Ethics』   4 227-236   Mar 2008   [Refereed]
「複数の社会学と「社会学」――社会学創設期における国際社会学協会の役割について」
中倉智徳
『社会学史研究』   30 111-124   Jun 2008   [Refereed]
「タルドとデュルケムにおける分業と協同――政治経済学に抗する社会学」
中倉智徳
『日仏社会学会年報』   18 35-53   Dec 2008   [Refereed][Invited]
「発明の力能――ポストフォーディズムにおけるガブリエル・タルド」
『現代思想』   35(8) 125-137   Jul 2007   [Invited]

Misc

 
Implementation Report, "Radiation Falls : The Bravo Affair and Yasushi Nishiwaki, Scientist"
YOKOTA Yoko, NAKAKURA Tomonori, KOIDE Chitoko, EDAKI Taeko
9 316-319   Jun 2016   [Invited]
「機械状アニミズム」
マウリツィオ・ラッツァラート [中倉智徳訳]
『現代思想』   39(16) 126-135   Oct 2011   [Invited]
「(喜びとしての)社会を創りだすこと――ガブリエル・タルド『模倣の法則』」
中倉 智徳
『現代思想』   39(9) 186-189   Oct 2011   [Invited]
「社会と個人が切り離された困難な時代における社会学の可能性」(三上 剛史著『社会の思考――リスクと監視と個人化』学文社、2010年3月10日刊行の書評)
中倉 智徳
『図書新聞』   (2990) 5-5   Nov 2010
「出来事と協働――「青空大学」に参加して」
中倉 智徳
『青空大学――パペットをつくろう!論考集』   26-29   Mar 2010   [Invited]
「世紀や領域を越えて「自由に架橋」される数多くの思想家と主題――「潜在性」と「仮想性」という二つのヴァーチャル性はどう扱うべきなのか」(清水高志著『来るべき思想史――情報/モナド/人文知』冬弓舎、2009年4月20日刊行の書評)
中倉 智徳
『図書新聞』   (2935) 5   Sep 2009
「一般的知性」
中倉 智徳
『VOL lexicon』   20-21   Jul 2009   [Invited]
「経済心理学」
中倉 智徳
『VOL lexicon』   54-55   Jul 2009   [Invited]
「Le fond de Gabriel Tarde調査報告およびTarde/Durkheimカンファレンス参加記録」 
中倉 智徳
『生存学』   1 409-412   Feb 2009
「社会学に「静かな革命」をもたらすタルドの社会概念――ドゥルーズにも大きな影響を与えた思索の数々」(ガブリエル・タルド著 村澤真保呂、信友建志訳『社会法則/モナド論と社会学』河出書房新社、2008年12月 30日の書評)
中倉 智徳
『図書新聞』   (2919) 5   Dec 2008   [Invited]
マウリツィオ・ラッツァラートとガブリエル・タルドについて
中倉 智徳
『出来事のポリティクス――知‐政治と新たな協働』   364-368   Jun 2008
「<合評会記録> 高村学人著『アソシアシオンへの自由――〈共和国〉の論理』(勁草書房、2007年) 」
井上武史・刈谷千尋・中倉智徳・高村学人
『政策科学研究』   15(2) 137-153   Feb 2008   [Invited]
「【訳者解題】企業の世界と知‐政治」
中倉智徳
『現代思想』   36(7) 207   2008
「世界を創造する――現代資本主義と「美的/感性的」な戦争」
マウリツィオ・ラッツァラート [中倉智徳訳]
『現代思想』   36(7) 200-206   2008   [Invited]
「所得を保証すること――マルチチュードのための政治」
マウリツィオ・ラッツァラート [中倉智徳訳]
『VOL』   2 20-26   May 2007   [Invited]
「訳者解説 「創造と協同の社会」の可能性を発明する――「所得を保証すること」によせて」
中倉智徳
『VOL』   2 27-28   May 2007   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
"Reception of Durkheim’s theory in East Asia and Post-Western Sociology / Compressed Modernity"
NAKAKURA TOMONORI
The Inaugural Congress of East Asian Sociological Association   9 Mar 2019   
"The Reception of Durkheimian Sociology in East Asia"
NAKAKURA TOMONORI
Lire l’actualité à travers les œuvres classiques. Quels renouvellements pour la discipline sociologique ?   21 Sep 2017   
「イノベーションと社会学――戦間期アメリカにおける発明の社会学を中心に」
科学社会学会第三回大会 中山茂メモリアル・セッション 革新・批判・風評   27 Sep 2014   
「浸透しあう内部としての社会――ガブリエル・タルドにおけるネオ・モナドロジーへの行程」
日仏哲学会2014秋季大会シンポジウム「モナドロジーの哲学」   13 Sep 2014   
「Revue du M.A.U.S.S.における「贈与論」受容の傾向」
第28回デュルケーム/デュルケーム学派研究会   12 Apr 2014   
「国際社会学協会(IIS)における社会連帯主義をめぐる討論の検討」
日本社会学史学会第53回大会   29 Jun 2013   
「ガブリエル・タルドにおける二つの資本概念――発明資本と貨幣資本」
経済学史学会第77回大会   26 May 2013   
「ラトゥールとタルド――人類学の「静かな革命」とモナド論 」
第26回デュルケーム/デュルケーム学派研究会   13 Apr 2013   
「ガブリエル・タルドの経済思想――贈与と貸借をめぐって」
経済学史学会関西部会第163回例会   15 Dec 2012   
「経済とイノベーションをめぐる言説の批判的考察にむけて」
日本社会学会第85回大会、若手企画テーマ部会「経済危機の社会学」   3 Nov 2012   
「発明からイノベーションへの移行に関する社会学史的考察」
日本社会学理論学会第7回大会   1 Sep 2012   
Individual and Association in Gabriel Tarde's Economic Psychology
Over MAUSS/Mauss: The Possibility of its Alternative: Welcoming Professor Alain Caille   12 Jul 2010   
「タルドとデュルケムにおける協同と分業――集合性をめぐって」
日仏社会学会大会シンポジウム「タルド/デュルケムの現在」   8 Oct 2008   
「ガブリエル・タルド研究の現在」
日仏社会学会研究例会   7 Jun 2008   
「生権力と知政治――ラッツァラートのタルド論を手がかりに」
生権力論研究会第三回(グローバルCOE「コンフリクトの人文学」プログラムと共催)   29 Jan 2008   
「社会学創設期における国際社会学協会の役割について」
日本社会学史学会第47回大会   2007   
「ガブリエル・タルドの労働概念について」
社会思想史学会第32回大会   13 Oct 2007   
「発明と分業――経済的なものをめぐるタルド=デュルケム論争」
第15回デュルケーム/デュルケーム学派研究会   29 Sep 2007   
「ガブリエル・タルドとD=Gの関連性について。分裂者分析とネオ・モナドロジーの比較。そして、経済を欲望から把握するとはどういうことか」
ドゥルーズ=ガタリ研究会   2006   
「タルドの社会的事実論――タルド=デュルケム論争の一側面」
第79回日本社会学会大会   28 Oct 2006