岸田 治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 13:26
 
アバター
研究者氏名
岸田 治
 
キシダ オサム
URL
http://ok.fsc.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション苫小牧研究林
職名
准教授
学位
博士(水産科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年11月
 - 
現在
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 准教授
 
2009年4月
 - 
2012年10月
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 助教
 

受賞

 
2009年
第13回 日本生態学会宮地賞
 

論文

 
Katayama N., Kobayashi M., Kishida O.
Proceedings of the Royal Society of London B   283(1839) 20160996   2016年9月   [査読有り]
Ushio M, Fukuda H, Inoue T, Makoto K, Kishida O, Sato K, Murata, Nikaido M, Sado T, Sato Y, Takeshita M, Iwasaki W, Yamanaka H, Kondoh M, Masaki M.
Molecular Ecology Resources   In press(6) e63-e75   2017年11月   [査読有り]
Toju Hirokazu, Kishida Osamu, Katayama Noboru, Takagi Kentaro
PLOS ONE   11(11)    2016年11月   [査読有り]
Takatsu K., Rudolf V., Kishida O.
Biological Journal of the Linnean Society   In press    2017年   [査読有り]
Yamaguchi A., Takatsu K., Kishida O.
Ecology   97(11) 3206-3218   2016年11月   [査読有り]
Yamaguchi A., Kishida O.
Oikos   125(2) 271-277   2016年2月   [査読有り]
Hattori M., Kishida O., Itino T.
Insectes Sociaux   64(1) 39-44   2017年   [査読有り]
Katayama N, Kishida O, Sakai R, Hayakashi S, Miyoshi C, Ito K, Naniwa A, Yamaguchi A, Wada K, Kowata S, Koike Y, Tsubakimoto K, Ohiwa K, Sato H, Miyazaki T, Oiwa S, Oka T, Kikuchi S, Igarashi C, Chiba S, Akiyama Y, Takahashi H, Takagi K
PloS one   10(12) e0146228   2015年12月   [査読有り]
Overwintering larvae of Hynobius retardatus salamanders can consume invertebrate prey at very low temperatures
Yamaguchi Aya, Kishida Osamu
SALAMANDRA   52(1) 45-47   2016年4月   [査読有り]
Costa ZJ, Kishida O
Oecologia   178(4) 1215-1225   2015年3月   [査読有り]
Matsunami M, Kitano J, Kishida O, Michimae H, Miura T, Nishimura K
Molecular Ecology   24(12) 3064-3076   2015年5月   [査読有り]
Takatsu K., Kishida O.
Ecology   96(7) 1887-1898   2015年7月   [査読有り]
Wintering larvae of Hyniobius retardatus salamander can consume prey invertebrates under very low temperatures.
Yamaguchi A., Kishida O.
Salamandra   52 45-47   2016年   [査読有り]
Mori T, Yanagisawa Y, Kitani Y, Sugiyama M, Kishida O, Nishimura K
BMC genomics   16 258   2015年4月   [査読有り]
Kishida O., Tezuka A., Ikeda A., Takatsu K. & Michimae H.
Functional Ecology   29(4) 469-478   2015年4月   [査読有り]
Allometric equations for estimation of energy contents from body length for common amphibians (Hynobius retardatus and Rana pirica) in Hokkaido, Japan
Takatsu K., Kishida O.
Herpetology Notes   8 187-191   2015年   [査読有り]
Aguilos M., Takagi K., Liang N., Ueyama M., Fukuzawa K., Nomura M., Kishida O., Fukazawa T., Takahashi H., Kotsuka C., Sakai R., Ito K., Watanabe Y., Fujinuma Y., Takahashi Y., Murayama T., Saigusa N. & Sasa K.
Agricultural and Forest Meteorology   197 26-36   2014年10月   [査読有り]
Katayama N., Silva A., Kishida O., Ushio M., Kita S. & Ohgushi T.
Ecological Entomology   39(4) 511-518   2014年8月   [査読有り]
Hattori M., Kishida O., Itino T.
Evolutionary Ecology   27(5) 847-862   2013年9月   [査読有り]
Katayama N., Silva A., Kishida O., Ohgushi T
Ecological Entomology   38(6) 627-630   2013年11月   [査読有り]
Environment-dependent trade-offs and phenotypic plasticity in metamorphic timing
Michimae Hirofumi, Tezuka Ayumi, Emura Takeshi, Kishida Osamu
EVOLUTIONARY ECOLOGY RESEARCH   16(7) 617-629   2014年   [査読有り]
Kishida O., Costa Z., Tezuka A., Michimae H.
Journal of Animal Ecology   83(4) 899-906   2014年1月   [査読有り]
Takatsu K., Kishida O.
Evolutionary Ecology   27(1) 1-11   2013年1月   [査読有り]
Mori T., Kitani Y., Ogihara J., Sugiyama M., Yamamoto G., Kishida O., Nishimura K.
Biology Open   1(4) 308-317   2012年1月   [査読有り]
Kishida O, Trussell GC, Ohno A, Kuwano S, Ikawa T, Nishimura K
Journal of Animal Ecology   80(6) 1278-1287   2011年11月   [査読有り]
Mougi A, Kishida O, Iwasa Y
Evolution   65(4) 1079-1087   2011年4月   [査読有り]
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell, Akihiko Mougi & Kinya Nishimura
Population Ecology   52(1) 37-46   2010年1月   [査読有り]
Overwintered Hynobius retardatus salamander larvae can induce defensive bulgy morph in Rana pirica tadpoles
Kishida O., Tezuka A.
Herpetology Notes   6 183-185   2013年3月   [査読有り]
Utsumi Shunsuke, Kishida Osamu, Ohgushi Takayuki
POPULATION ECOLOGY   52(4) 457-459   2010年10月   [査読有り]
Mougi A, Kishida O
Journal of Animal ecology   78(6) 1172-1181   2009年11月   [査読有り]
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell & Kinya Nishimura
Ecology   90(5) 1217-1226   2009年
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell, Kinya Nishimura & Takayuki Ohgushi
Ecology   90(11) 3150-3158   2009年
Mori T, Kawachi H, Imai C, Sugiyama M, Kurata Y, Kishida O, Nishimura K
PloS one   4 e5936   2009年6月   [査読有り]
Iwami T, Kishida O, Nishimura K
PloS one   2(10) e1084   2007年10月   [査読有り]
岸田 治, 西村 欣也
日本生態学会誌   57(1) 40-47   2007年3月
多くの動物は、捕食者に出会うと逃げたり隠れたりするが、形さえも変化させ捕食を回避しようとするものもいる。形態の変化による防御戦略は誘導防御形態戦略とよばれ、多様な生物分類群でみられる表現型可塑性として知られる。最近の研究では、捕食者動物は、ただ捕食されにくい形に変わるだけでなく、その変化が柔軟であり、捕食者環境の時間的・空間的な変異によく対応していることが知られている。本稿では、エゾアカガエルのオタマジャクシの捕食者誘導形態の防御機能と、柔軟な形態変化能について紹介する。エゾアカガエルのオ...
Kishida O, Trussell GC, Nishimura K
Ecology   88(8) 1948-1954   2007年9月   [査読有り]
Phenotypic plasticity for predator-induced morphological defenses in Rana pirica tadpole
Kawachi Hiroko, Mori Tsukasa, Kurata Youichi, Sugiyama Manabu, Uchida Naoyuki, Osamu Kishida, Nishimura Kinya
ZOOLOGICAL SCIENCE   23(12) 1222   2006年12月   [査読有り]
Kishida O, Nishimura K
The Journal of animal ecology   75(3) 705-712   2006年5月   [査読有り]
Osamu Kishida, Yuuki Mizuta & Kinya Nishimura
Ecology   87(6) 1599-1604   2006年   [査読有り]
Genetic basis of phenotypic plasticity for predator-induced morphological defenses in anuran tadpole using cDNA subtraction and microarray analysis
Kurata Youichi, Mori Tsukasa, Kawachi Hiroko, Kishida Osamu, Hiraka Ikuei, Uchida Naoyuki, Nishimura Kinya
ZOOLOGICAL SCIENCE   22(12) 1435   2005年12月   [査読有り]
Multiple inducible defenses against multiple predators.
Osamu Kishida & Kinya Nishimura
Evolutionary Ecology Research   7 619-631   2005年
Tsukasa Mori, Ikuei Hiraka, Youichi Kurata, Hiroko Kawachi, Osamu Kishida & Kinya Nishimura
Biochemical and Biophysical Research Communications   330(4) 1138-1145   2005年
Kishida O, Nishimura K
Oecologia   140 414-421   2004年
Kinya Nishimura & Osamu Kishida
Ecological Research   16(3) 359-368   2001年

Misc

 
手塚 あゆみ, 立脇 康嗣, 岸田 治
爬虫両棲類学会報   2012(2) 109-111   2012年9月
岸田 治
種生物学研究   35(0) 11-52   2012年3月
小塚 力, 高木 健太郎, 岸田 治
北方森林保全技術   0(29) 1-13   2011年11月
中村 誠宏, 岸田 治
北方森林保全技術   0(29) 30-35   2011年11月
岸田 治, 入江 貴博
日本生態学会誌   57(1) 25-26   2007年3月
西村 欣也, 岸田 治
日本生態学会誌   51(3)    2001年12月

書籍等出版物

 
多種系における表現型可塑性(分担執筆) シリーズ群集生態学2 進化生物学からせまる
京都大学学術出版会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 岸田 治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 齊藤 隆
(a)個体群の周期変動と遺伝的距離の関係:石狩湾沿いにある連続した森林にさまざま距離間隔で8調査プロット(0.5ha)を設置し,エゾヤチネズミの標識-再捕獲調査を実施した.プロット間の距離は50-2000mで,さまざま距離間隔で個体群間の遺伝的距離と地理的な距離の関係,個体の分散行動を分析することができる.個体数が石狩地方よりも数倍大きく変動する根室市で石狩地方と類似の調査を行った.捕獲個体数は石狩で約300頭、根室で約500頭に達し,現在DNAを分析している.(b)大きなスケールの個体群...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 岸田 治
エゾサンショウウオ幼生(捕食者)、エゾアカガエルのオタマジャクシ(被食者種1)、ミズムシ(被食者種2)、落葉(オタマジャクシ及びミズムシの餌)からなる生態系をモデルとして、個体の形質変化の生態学的・進化学的意義を探索した。この系では、サンショウウオはオタマジャクシがいるときに捕食に有効な大顎型の形態に変化すること、逆に、オタマジャクシはサンショウウオがいるときに頭部を膨らませた防御形態を発現することが知られている。1.形態変化の生態学的意義:相互作用の改変と生態系機能へのカスケード効果オタ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 岸田 治
変化する生物群集のなかで生物個体は形質をどのように変えるのか?その結果として個体群や群集レベルでどのような帰結がもたらされるのか?個体の応答性と高次の生態学的要素との相互関係の理解は、表現型可塑性研究の新しいムーブメントである。平成21年度は、1.この未開の領域において優先的に取り組まれるべき課題を明らかにするため、捕食者-被食者系の表現型可塑性に関する最近の研究の論点と成果をまとめた。その結果、(1)3種以上の相互作用系での個体の形質変化、(2)複数の誘導形質間の発現・機能上の関係性、(...