杉浦 一充

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/04 21:22
 
アバター
研究者氏名
杉浦 一充
 
スギウラ カズミツ
URL
http://www.fujita-hu.ac.jp/~hifuka/
所属
藤田医科大学
部署
医学部皮膚科学
職名
教授
学位
医学(博士)(名古屋大学)
科研費研究者番号
70335032

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部皮膚科学 教授
 
2016年4月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 医学部皮膚科学 教授
 
2008年8月
 - 
2016年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科皮膚病態学 准教授
 
2004年9月
 - 
2008年7月
名古屋大学 大学院医学系研究科皮膚病態学 講師
 
2003年10月
 - 
2004年8月
名古屋大学 大学院医学系研究科皮膚病態学 助手
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
名古屋大学 大学院医学研究科 
 
1988年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学 医学部 
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
日本アレルギー学会  代議員
 
2018年12月
 - 
現在
皮膚かたち研究学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
日本皮膚科学会東海地方会  会長
 
2018年3月
 - 
現在
日本白斑学会  評議員
 
2017年11月
 - 
現在
日本皮膚科学会  代議員
 

受賞

 
2018年4月
リディアオリリー記念ピアス皮膚科学振興財団 2018年度研究助成金
 
2018年3月
マルホ・高木皮膚科学振興財団 第2回高木賞
 
2015年9月
加齢皮膚医学研究会 第9回ロート賞
 
2015年2月
ロート皮膚医学研究基金 第7回ロート皮膚医学研究賞
 
2014年11月
ラロッシュポゼアジア―パシフィック基金 2014年度皮膚科学分野における臨床研究論文
 

論文

 
Morita A, Kawakami Y, Kaji T, Hirai Y, Miyake T, Takahashi M, Yamasaki O, Sugiura K, Morizane S
The Journal of dermatology      2019年5月   [査読有り]
Yamada T, Hasegawa S, Iwata Y, Arima M, Kobayashi T, Numata S, Nakata S, Sugiura K, Akamatsu H
Experimental dermatology      2019年4月   [査読有り]
Fukushima H, Iwata Y, Numata S, Saito K, Watanabe S, Kobayashi T, Sugiura K
The Journal of dermatology      2019年3月   [査読有り]
Takeichi T, Sugiura K, Tanahashi K, Noda K, Kono M, Akiyama M
The British journal of dermatology   179(5) 1210-1211   2018年11月   [査読有り]
Yamada T, Hasegawa S, Hasebe Y, Kawagishi-Hotta M, Arima M, Iwata Y, Kobayashi T, Numata S, Yamamoto N, Nakata S, Sugiura K, Akamatsu H
Archives of dermatological research   311(1) 55-62   2018年11月   [査読有り]
Komatsuda S, Kamata M, Chijiwa C, Namiki K, Fukaya S, Hayashi K, Fukuyasu A, Tanaka T, Ishikawa T, Ohnishi T, Abe K, Yamamoto T, Aozasa N, Sugiura K, Tada Y
The Journal of dermatology   46(1) 73-75   2018年11月   [査読有り]
Miyachi K, Yamada T, Kawagishi-Hotta M, Hasebe Y, Date Y, Hasegawa S, Arima M, Iwata Y, Kobayashi T, Numata S, Yamamoto N, Nakata S, Sugiura K, Akamatsu H
The Journal of dermatology   45(12) 1403-1410   2018年10月   [査読有り]
Taki T, Takeichi T, Sugiura K, Akiyama M
Scientific reports   8(1) 12824   2018年8月   [査読有り]
Sakai H, Nomura W, Fukushima H, Sugiura K, Iizuka H
The Journal of dermatology   46(3) e110-e112   2018年8月   [査読有り]
Yoshimoto N, Iwata Y, Numata S, Saito K, Iwata T, Arima M, Shima H, Tahara S, Kuroda M, Sugiura K
European journal of dermatology : EJD   28(4) 562-563   2018年8月   [査読有り]
Kenta Saito, Yohei Iwata, Yoko Nakajima, Shigeki Numata, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   45(7) e199-e200   2018年7月   [査読有り]
Kono M, Akiyama M, Inoue Y, Nomura T, Hata A, Okamoto Y, Takeichi T, Muro Y, McLean WHI, Shimizu H, Sugiura K, Suzuki Y, Shimojo N
The British journal of dermatology   179(1) 190-191   2018年7月   [査読有り]
Yamashita T, Hamada T, Maruta Y, Kajita A, Hirai Y, Morizane S, Watanabe S, Sugiura K, Iwatsuki K
International journal of dermatology   58(3) 350-353   2018年7月   [査読有り]
Kinoshita M, Ogawa Y, Takeichi T, Okamoto T, Osada A, Shimada S, Sugiura K, Akiyama M, Kawamura T, Tsukamoto K
European journal of dermatology : EJD   28(3) 381-382   2018年6月   [査読有り]
Maya Kondo, Yohei Iwata, Shigeki Numata, Kenta Saito, Soichiro Watanabe, Tsukane Kobayashi, Akiyo Nagai, Takako Iwata, Masaru Arima, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   45(6) e148-e149   2018年6月   [査読有り]
Masashi Akiyama, Takuya Takeichi, John A. McGrath, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatological Science   90 105-111   2018年5月
© 2018 Japanese Society for Investigative Dermatology Classifying inflammatory skin diseases is challenging, especially for the expanding group of disorders triggered by genetic factors resulting in hyperactivated innate immunity that result in ov...
Yohei Iwata, Masanari Kodera, Takayuki Okumoto, Shigeki Numata, Soichiro Watanabe, Kenta Saito, Yu Inasaka, Yumi Ito, Yoshihito Tanaka, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   45(5) e132-e133   2018年5月   [査読有り]
T. Takeichi, S. Tomimura, Y. Okuno, Y. Okuno, M. Hamada, M. Kono, K. Sugiura, M. Akiyama
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   32(2) e75-e77   2018年2月   [査読有り]
Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Katsuma Miyachi, Yasushi Date, Yasushi Date, Yu Inoue, Akiko Yagami, Akiko Yagami, Masaru Arima, Yohei Iwata, Naoki Yamamoto, Satoru Nakata, Kayoko Matsunaga, Kayoko Matsunaga, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Mechanisms of Ageing and Development   171 37-46   2018年4月
© 2018 Elsevier B.V. Interfollicular epidermal stem cells (IFE-SCs) have self-renewal and differentiation potentials, and maintain epidermal homeostasis. Stem cells in vivo are regulated by the surrounding environment called niche to function prop...
T. Takeichi, C. Katayama, T. Tanaka, Y. Okuno, Y. Okuno, N. Murakami, M. Kono, K. Sugiura, Y. Aoyama, M. Akiyama
British Journal of Dermatology   178(2) e111-e113   2018年2月   [査読有り]
Sayaka Mizuno, Takuya Takeichi, Junichi Sato, Masanao Nakamura, Hidemi Goto, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama
Journal of Dermatology   45 238-240   2018年2月
Manao Kinoshita, Takashi Okamoto, Shinya Sano, Hiroshi Mitsui, Takuya Takeichi, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama, Shinji Shimada, Tatsuyoshi Kawamura
Journal of Dermatology   45(10) e280-e281   2018年1月   [査読有り]
Shigeki Numata, Yohei Iwata, Rie Okumura, Masaru Arima, Tsukane Kobayashi, Soichiro Watanabe, Keita Suzuki, Masayuki Horiguchi, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   45(1) 113-114   2018年1月   [査読有り]
Hiromi Hagiwara, Yohei Iwata, Kenta Saito, Soichiro Watanabe, Masaru Arima, Yuka Ono, Yoshikazu Mizoguchi, Makoto Kuroda, Kazuyoshi Imaizumi, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   45(10) e269-e271   2018年1月   [査読有り]
Chiaki Murase, Takuya Takeichi, Kazumitsu Sugiura, Miki Kobayashi, Kozue Shiomi, Kaichiro Ikebuchi, Yutaka Tsutsumi, Masashi Akiyama
Journal of Dermatology   45(11) e303-e304   2018年1月   [査読有り]
Masashi Akiyama, Takuya Takeichi, John A. McGrath, Kazumitsu Sugiura
Journal of Allergy and Clinical Immunology   140 1545-1547   2017年12月
Takuya Takeichi, Takuya Takeichi, Antonio Torrelo, John Y.W. Lee, Yusuke Ohno, María Luisa Lozano, Akio Kihara, Lu Liu, Yuka Yasuda, Junko Ishikawa, Takatoshi Murase, Ana Belén Rodrigo, Pablo Fernández-Crehuet, Yoichiro Toi, Jemima Mellerio, Jemima Mellerio, José Rivera, Vicente Vicente, David P. Kelsell, David P. Kelsell, Yutaka Nishimura, Yusuke Okuno, Yusuke Okuno, Daiei Kojima, Yasushi Ogawa, Kazumitsu Sugiura, Michael A. Simpson, W. H.Irwin McLean, Masashi Akiyama, John A. McGrath, John A. McGrath
Journal of Investigative Dermatology   137 2344-2353   2017年11月
© 2017 The Authors Mutations in ceramide biosynthesis pathways have been implicated in a few Mendelian disorders of keratinization, although ceramides are known to have key roles in several biological processes in skin and other tissues. Using who...
Shigeki Numata, Yohei Iwata, Masayoshi Kobayashi, Toshimitsu Sato, Kazumitsu Sugiura
Journal of Dermatology   44(10) e254-e255   2017年10月   [査読有り]
T. Takeichi, A. Kobayashi, E. Ogawa, Y. Okuno, Y. Okuno, S. Kataoka, M. Kono, K. Sugiura, R. Okuyama, M. Akiyama
British Journal of Dermatology   177(4) e133-e135   2017年10月   [査読有り]
Y. Iwata, T. Kobayashi, M. Kuroda, Y. Mizoguchi, M. Arima, S. Numata, S. Watanabe, A. Yagami, K. Matsunaga, K. Sugiura
British Journal of Dermatology   177 1122-1126   2017年10月
© 2016 British Association of Dermatologists Here we report a rare case of neutrophilic dermatoses related to a granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF)-producing solid pseudopapillary tumour (SPT). The patient was a 39-year-old woman present...
T. Takeichi, T. Takeichi, T. Nomura, H. Takama, M. Kono, K. Sugiura, D. Watanabe, H. Shimizu, M. A. Simpson, J. A. McGrath, M. Akiyama
British Journal of Dermatology   177(3) e62-e64   2017年9月   [査読有り]
Soichiro Watanabe, Akiko Yagami, Yohei Iwata, Akiyo Nagai, Makoto Kuroda, Kazumitsu Sugiura, Kayoko Matsunaga, Kayoko Matsunaga
Journal of Dermatology   44(7) e148-e149   2017年7月   [査読有り]
T. Takeichi, K. Tanahashi, T. Taki, M. Kono, K. Sugiura, M. Akiyama
British Journal of Dermatology   177 290-292   2017年7月
Mika Kawagishi-Hotta, Mika Kawagishi-Hotta, Mika Kawagishi-Hotta, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Toshio Igarashi, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Takaaki Yamada, Masayuki Takahashi, Shigeki Numata, Tsukane Kobayashi, Yohei Iwata, Masaru Arima, Naoki Yamamoto, Akiko Yagami, Satoru Nakata, Tohru Uzawa, Kayoko Matsunaga, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Regenerative Therapy   6 29-40   2017年6月   [査読有り]
© 2017 The Japanese Society for Regenerative Medicine Background Adipose-derived stem cells (ASCs) are a robust, multipotent cell source. They are easily obtained and hold promise in many regenerative applications. It is generally considered that ...
Akitaka Shibata, Akitaka Shibata, Kazumitsu Sugiura, Kazumitsu Sugiura, Yasuhide Furuta, Yoshiko Mukumoto, Yoshiko Mukumoto, Osamu Kaminuma, Osamu Kaminuma, Masashi Akiyama
Journal of Autoimmunity   80 28-38   2017年6月
© 2017 Elsevier Ltd Background IL36RN encodes the IL-36 receptor antagonist (IL-36Ra), and loss-of-function mutations in IL36RN define a recessively inherited autoinflammatory disease named “deficiency of IL-36Ra” (DITRA). DITRA causes systemic au...
Haruka Koizumi, Atsushi Tokuriki, Noritaka Oyama, Hideki Ido, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama, Minoru Hasegawa
Journal of Dermatology   44 723-724   2017年6月
Yuki Marubashi, Yuki Marubashi, Takeshi Yanagishita, Jun Muto, Nobuhiko Taguchi, Nobuhiko Taguchi, Kazumitsu Sugiura, Yoshiyuki Kawamoto, Masashi Akiyama, Daisuke Watanabe
Journal of Dermatology   44 455-458   2017年4月
© 2016 Japanese Dermatological Association Pili torti is an extremely rare hair phenotype characterized by short length of hairs with hair shafts being easily broken. However, the mechanism of fragility in pili torti is unclear. In this study, we ...
M. Kono, K. Fukai, N. Shimizu, J. Nagao, T. Takeichi, D. Tsuruta, K. Sugiura, M. Akiyama
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   31(3) e175-e176   2017年3月   [査読有り]
M. Kono, K. Nishida, T. Takeichi, K. Sugiura, M. Akiyama
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   31(2) e130-e132   2017年2月   [査読有り]
M. Kono, K. Fukai, R. Omura, K. Sugawara, D. Tsuruta, K. Sugiura, M. Akiyama
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   31(2) e68-e69   2017年2月   [査読有り]
Yohei Iwata, Tsukane Kobayashi, Masaru Arima, Shigeki Numata, Akiko Yagami, Ken Okamura, Yuta Araki, Kazumitsu Sugiura, Tamio Suzuki, Kayoko Matsunaga
Journal of Dermatology   44 219-220   2017年2月
Y. Koike, M. Okubo, T. Kiyohara, R. Fukuchi, Y. Sato, S. Kuwatsuka, T. Takeichi, M. Akiyama, K. Sugiura, A. Utani
British Journal of Dermatology   177 1732-1736   2017年1月
© 2017 British Association of Dermatologists Patients with deficiency of interleukin-36 receptor antagonist (DITRA), due to mutation of IL36RN, exhibit psoriatic phenotypes, typically generalized pustular psoriasis (GPP). We report a paediatric pa...
Yuichi Hasebe, Yuichi Hasebe, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Yasushi Date, Yasushi Date, Satoru Nakata, Akiko Yagami, Yohei Iwata, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Journal of Dermatological Science   89(2) 205-207   2017年1月   [査読有り]
Yohei Iwata, Yuichi Hasebe, Yuichi Hasebe, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Seiji Hasegawa, Satoru Nakata, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Kazumitsu Sugiura, Hirohiko Akamatsu
Acta Dermato-Venereologica   97 593-600   2017年1月
© 2017 Acta Dermato-Venereologica. Stem cells have recently been shown to play important roles in wound healing. The aim of this study was to investigate the role of dermal CD271+cells in wound healing. Full-thickness wounds were produced on the b...
Takuya Takeichi, Takuya Takeichi, Kazumitsu Sugiura, Toshifumi Nomura, Taiko Sakamoto, Yasushi Ogawa, Naoki Oiso, Yuko Futei, Aki Fujisaki, Akiko Koizumi, Yumi Aoyama, Yumi Aoyama, Kimiko Nakajima, Yutaka Hatano, Kei Hayashi, Akemi Ishida-Yamamoto, Sakuhei Fujiwara, Shigetoshi Sano, Keiji Iwatsuki, Akira Kawada, Yasushi Suga, Hiroshi Shimizu, John A. Mcgrath, Masashi Akiyama
JAMA Dermatology   153 66-70   2017年1月
Copyright 2017 American Medical Association. All rights reserved. IMPORTANCE We found CARD14 mutations (2 de novo novel mutations and another previously reported mutation) in 3 of 3 patients with pityriasis rubra pilaris (PRP) type V, but not in p...
Takuya Takeichi, Yaei Togawa, Yusuke Okuno, Yusuke Okuno, Rieko Taniguchi, Michihiro Kono, Hiroyuki Matsue, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama
Journal of Dermatological Science   85 58-60   2017年1月
Takuya Takeichi, Yusuke Okuno, Yusuke Okuno, Chiyo Saito, Daiei Kojima, Michihiro Kono, Akimichi Morita, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama
Acta Dermato-Venereologica   97 532-533   2017年1月
Ryo Fukaura, Ryo Fukaura, Takuya Takeichi, Yusuke Okuno, Yusuke Okuno, Daiei Kojima, Michihiro Kono, Kazumitsu Sugiura, Yasushi Suga, Masashi Akiyama
Acta Dermato-Venereologica   97 399-401   2017年1月
Natsuko Saito-Sasaki, Natsuko Saito-Sasaki, Kunio Izu, Yu Sawada, Ryosuke Hino, Ryoji Nakano, Shohei Shimajiri, Izumi Nishimura, Hiromasa Nakahara, Kazumitsu Sugiura, Motonobu Nakamura
Acta Dermato-Venereologica   97 410-411   2017年1月
Yoshinao Muro, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama
Clinical Reviews in Allergy and Immunology   51 293-302   2016年12月
© 2015, Springer Science+Business Media New York. Dermatomyositis (DM) is a common idiopathic inflammatory myopathy. The pathogenesis is considered to be microangiopathy affecting skin and muscle. The cutaneous manifestations of DM are the most im...

Misc

 
臼田千穂, 小林束, 永井晶代, 吉川哲史, 杉浦一充
皮膚病診療   41(3) 221‐224   2019年3月
【小児先天性皮膚疾患】臨床例 ネフローゼ症候群を伴った先天性魚鱗癬様紅皮症
永野 佳那, 金子 栄, 小山 千草, 杉浦 一充, 秋山 真志, 森田 栄伸
皮膚病診療   41(1) 41-44   2019年1月
<文献概要>症例のポイント ・C1q腎症によるネフローゼ症候群を合併した先天性魚鱗癬様紅皮症の1例を経験した.・adenosine triphosphate-binding cassette,subfamily A,member 12 (ABCA12)の遺伝子異常が判明しており,病態との関連が疑われている.
副腎皮質ステロイド外用剤により薬剤性クッシング症候群をきたした乾癬の1例
近藤 まや, 有馬 豪, 良元 のぞみ, 渡邊 総一郎, 杉浦 一充
皮膚科の臨床   60(13) 2019-2022   2018年12月
<文献概要>43歳,男性。20年前より前医で尋常性乾癬に対しvery strongクラスのステロイド外用剤で治療されていた。3年前よりクロベタゾールプロピオン酸エステル(デルモベート)軟膏へ変更され,徐々に外用量が増加し,2ヵ月前より高血圧,肥満,糖尿病が増悪した。血清ACTH,コルチゾールの日内変動消失より薬剤性クッシング症候群と診断し,同薬を中止し,ステロイド内服補充を開始し,その後,尋常性乾癬に対しブロダルマブを導入した。ステロイドは外用剤であっても重大な全身性副作用をきたすことがあ...
【自己炎症性疾患-最新の基礎・臨床知見-】 狭義の自己炎症性疾患 自己炎症性疾患としての炎症性角化症 DITRAとCAMPS
杉浦 一充
日本臨床   76(10) 1809-1814   2018年10月
水圧式ナイフを用いてデブリードマンを行った重症熱傷の1例
近藤 まや, 有馬 豪, 良元 のぞみ, 村手 和歌子, 岩田 洋平, 宮嶋 尊則, 平川 昭彦, 杉浦 一充
臨床皮膚科   72(9) 660-664   2018年8月
<文献概要>83歳,女性.自宅全焼火災により顔面,四肢,背部に17%total body surface area(TBSA), prognostic burn index(PBI)97.5の熱傷を受傷し当院へ救急搬送された.全身状態が落ち着いた第41病日に水圧式ナイフ(Smith & Nephew社製,VERSAJET II)を用いデブリードマン・植皮術を施行した.水圧式ナイフは高速の水流で創面を洗浄しつつ,壊死・感染組織を切除吸引するデブリードマン機器である.従来のメスによる施術と比較...
臨床講義 自己炎症性角化症
杉浦 一充
皮膚科の臨床   60(9) 1353-1359   2018年8月
【細菌感染症】 <臨床例> 小範囲デブリードマンで治療可能であった壊死性筋膜炎 5年間7例の治療経験より
齋藤 健太, 岩田 洋平, 小林 束, 有馬 豪, 小寺 雅也, 杉浦 一充
皮膚病診療   40(7) 703-706   2018年7月
<症例のポイント>・壊死性筋膜炎の病型は劇症型と亜急性型に分かれ、臨床経過や生命予後が大きく異なる。・壊死性筋膜炎の初期治療は広範囲デブリードマンが一般的だが、亜急性型では小範囲デブリードマンでも治療可能な症例が存在する。・広範囲デブリードマンは手術侵襲も大きいため、全例に適応するのではなく、患者の全身状態、重症度を評価しデブリードマンの範囲を決定することが望まれる。(著者抄録)
Dabrafenib/trametinib併用療法が奏功した進行期悪性黒色腫の2例
沼田 茂樹, 岩田 洋平, 有馬 豪, 奥村 理恵, 渡邊 総一郎, 小林 束, 原田 登由, 杉浦 一充
Skin Surgery   27(2) 94-99   2018年6月
Dabrafenib/trametinib(D/T)併用療法が1年以上奏功している悪性黒色腫の2例について、副作用の対応や増悪時の治療方針に関して文献的考察を加えて報告する。症例1:46歳女性、左鎖骨上リンパ節生検で悪性黒色腫と診断。精査で全身多発リンパ節と腸管に転移を認め、右胸部原発巣からBRAF遺伝子変異を同定。D/T併用療法を開始し部分寛解(PR)を得た。症例2:46歳男性、左耳後部悪性黒色腫。初診2年半後に、両肺および脊柱起立筋内転移を生じNivolumabを計5回、ipilimu...
杉浦 一充
臨床皮膚科   72(5) 55-59   2018年4月
<文献概要>毛孔性紅色粃糠疹は6つの病型に分類される.近年,家族性毛孔性紅色粃糠疹の病因としてCARD14遺伝子の変異が報告された.しかし毛孔性紅色粃糠疹の病型とCARD14遺伝子変異との関連は明らかでなかった.しかし2017年に,PRP type VがCARD14遺伝子変異あるいは多型と関連するがそのほかの病型はほとんど関連しないことが明らかにされた.CARD14遺伝子変異による炎症性角化症をCARD14関連乾癬(CARD14 mediated psoriasis:CAMPS)と呼び,P...
【頸部・項部の皮膚病】 <臨床例>頸部腫瘤を主訴に来院した良性対称性脂肪腫症(Madelung病)
萩原 宏美, 岩田 洋平, 沼田 茂樹, 寺澤 晃彦, 杉浦 一充
皮膚病診療   40(3) 281-284   2018年3月
<症例のポイント>四肢体幹に拡大する頸部腫瘤を主訴に来院し、アルコール性肝障害所見を認めたことより本症例を良性対称性脂肪腫症(Madelung病)と診断できた。特徴的な臨床像とアルコール性肝障害や糖尿病などの代謝異常を認める患者をみた場合は、本疾患を念頭に置くことが大切と考える。(著者抄録)

書籍等出版物

 
皮膚疾患最新の治療2019-2020
杉浦 一充 (担当:分担執筆, 範囲:紅皮症)
南江堂   2019年1月   
皮膚症状110症例でみる内科疾患
杉浦 一充 (担当:分担執筆, 範囲:疱疹状膿痂疹)
日本医事新報社   2018年   
専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問
鶴田 京子、 杉浦 一充 (担当:分担執筆, 範囲:接触皮膚炎:パッチテストパネル(S)は   どこまで有用?)
メディカルレビュー社   2017年   
WHAT’S NEW in 皮膚科学2016-2017
杉浦 一充 (担当:分担執筆, 範囲:乾癬・角化症(1)膿疱性乾癬の免疫遺伝学)
メディカルレビュー社   2016年   
皮膚科研修ノート
杉浦 一充 (担当:分担執筆, 範囲:皮膚科医をめざすために Ⅱ「サブスペシャリティをめざすための勉強法」)
診断と治療社   2016年   

講演・口頭発表等

 
自己炎症性角化症と掌蹠膿疱症における IL-23/IL-17の役割 [招待有り]
杉浦 一充
第189回鹿児島県皮膚科医部会例会 第24回日臨皮鹿児島県支部会   2019年4月6日   
意外な遺伝性皮膚疾患 [招待有り]
杉浦 一充
第393回日本皮膚科学会新潟地方会   2019年3月9日   
自己炎症性角化症としての乾癬 [招待有り]
杉浦 一充
第393回日本皮膚科学会新潟地方会   2019年3月9日   
自己炎症性角化症としての乾癬 [招待有り]
杉浦 一充
第337回日本皮膚科学会長崎地方会   2018年12月8日   
膿疱性乾癬と急性汎発性発疹性膿疱症の接点 [招待有り]
杉浦 一充
第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会   2018年11月18日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
IL-36受容体拮抗因子欠損症の革新的治療法開発に向けた病態解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 杉浦 一充
IL-36受容体拮抗因子欠損症としての膿疱性乾癬に対する革新的医薬品の開発
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年12月 - 2020年3月    代表者: 杉浦 一充
乳児アトピー性皮膚炎への早期介入と経口免疫寛容誘導によるアレルギーマーチへの影響を探索する前向きコホート研究
日本医療研究開発機構: 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大矢 幸弘
アレルギーマーチを阻止する乳児アトピー性皮膚炎早期介入研究
日本医療研究開発事業: 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 斎藤 博久
無菌性の膿疱性疾患の包括的病態解明と新規治療戦略の開拓
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 杉浦 一充
IL-36とToll様受容体4に着目した関節症性乾癬の病態解明と新規治療法の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 杉浦 一充
先天性乏毛症に関する調査研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 杉浦 一充
IL-36RN欠損症としての膿疱性乾癬に対する革新的医薬品の開発に向けた病態解明と診療(診断及び治療)ガイドラインの作成
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 杉浦 一充
KITのSH3ドメイン機能獲得変異に着目した悪性黒色腫の新規治療標的分子の同定
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 杉浦 一充
顔面と陰部に色素斑が多発する遺伝性全身性メラニン色素異常症(仮称)の原因解明
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 杉浦 一充

特許

 
特開2017-114829 : インターロイキン36受容体アンタゴニスト欠損症の治療薬
秋山 真志、 杉浦 一充、 柴田 章貴
特開2017-055680 : 関節症性乾癬モデル動物及び膿疱性乾癬モデル動物
秋山 真志、 杉浦 一充、 柴田 章貴