泉 典洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/08 16:42
 
アバター
研究者氏名
泉 典洋
 
イズミ ノリヒロ
ハンドル
handle0135003
eメール
nizumieng.hokudai.ac.jp
URL
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/kasen/index.htm
所属
北海道大学
部署
大学院工学研究院 環境フィールド工学部門 水圏環境工学分野
職名
教授
学位
学術博士(Ph. D.)(ミネソタ大学(アメリカ合衆国))

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1996年
 東京工業大学工学部土木工学科 助手
 
1996年
 - 
1999年
 東北大学工学部土木工学科 助教授
 
1999年
 - 
2001年
 アジア工科大学大学院土木工学部 助教授
 
2001年
 - 
2006年
 東北大学大学院工学研究科 助教授
 
2010年
   
 
- 北海道大学大学院工学研究院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
ミネソタ大学大学院(University of Minnesota, Graduate School) 工学研究科 土木工学専攻(Civil Engineering)
 
 
 - 
1987年
東京大学 工学部 土木工学科(Civil Engineering)
 

委員歴

 
2017年
 - 
2019年
土木学会 論文集編集小委員会B1,2,3  委員長
 
2016年
 - 
2018年
土木学会 応用力学委員会  委員長
 
2011年
 - 
2013年
土木学会水工学委員会  河川部会部会長
 
2009年
 - 
2011年
土木学会  河川部会副部会長
 
2006年
 - 
2008年
日本流体力学会  代議員
 

受賞

 
2013年9月
土木学会応用力学委員会 土木学会応用力学論文賞 河床上昇・低下を伴う蛇行の線形安定解析
受賞者: 泉 典洋,青木章宜
 
2012年
土木学会水工学論文賞
 
2010年
土木学会水工学論文賞
 
2006年
土木学会論文賞
 
1995年
土木学会水工学論文奨励賞
 

論文

 
Furuichi Takahisa, Osanai Nobutomo, Hayashi Shin-ichiro, Izumi Norihiro, Kyuka Tomoko, Shiono Yasuhiro, Miyazaki Tomoyoshi, Hayakawa Tomoya, Nagano Norihiro, Matsuoka Naoki
LANDSLIDES   15(8) 1645-1655   2018年8月   [査読有り]
恒川 和久, リマ アドリアーノ, 泉 典洋
水工学論文集   62 Ⅰ_571-576   2018年   [査読有り]
久原 愛加, デ・リマ・アドリアーノ, 泉 典洋
水工学論文集   62 Ⅰ_607-612   2018年   [査読有り]
田口 真矢, 小林 素直, リマ アドリアーノ, 泉 典洋
水工学論文集   62 Ⅰ_1039-1044   2018年   [査読有り]
ペン シサリス, 泉 典洋, 萩澤 さくら
水工学論文集   62 Ⅰ_1105-1110   2018年   [査読有り]
山口 里実, 久加 朋子, 清水 康行, 泉 典洋, 渡邊 康玄, 岩崎 理樹
水工学論文集   62 Ⅰ_1153-1158   2018年   [査読有り]
泉 典洋
水工学論文集   63 I_811-816   2018年   [査読有り]
住友 慶三, 渡邊 康玄, 泉 典洋, 山口 里実, 米元 光明
水工学論文集   63 I_1003-1008   2018年   [査読有り]
山口進, 井上卓也, 赤堀良介, 佐藤大介, 清水康行, 泉典洋
水工学論文集   63 I_1153-1158   2018年   [査読有り]
Pornprommin Adichai, Izumi Norihiro, Parker Gary
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE   122(12) 2348-2369   2017年12月   [査読有り]
Lima A. C., Izumi N.
JOURNAL OF HYDRAULIC RESEARCH   56(2) 211-220   2018年   [査読有り]
Izumi Norihiro, Yokokawa Miwa, Parker Gary
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE   122(1) 130-152   2017年1月   [査読有り]
田口 真矢, 小澤 春貴, リマ アドリアーノ, 泉 典洋
水工学論文集   61 Ⅰ_847-852   2017年   [査読有り]
田口 真矢, 小澤 春貴, LIMA Adriano C., 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   73(4) I_847-I_852   2017年   [査読有り]
近年,多くの河川において基盤岩の露出による岩盤河床の侵食が深刻な問題となっている.岩盤河床の侵食は流砂の摩耗現象により引き起こされるため,河床上の砂礫堆積箇所と基盤岩の露出箇所を知ることは岩盤河床の侵食を考える際に重要となる.二次流により内岸で砂礫の堆積,外岸で基盤岩の露出が見られる湾曲部においては,ある特徴を持った岩盤河床の侵食が発生すると予測できる.<br> 本研究では,湾曲部における岩盤河床の侵食に着目し,一様湾曲水路を用いた室内実験を行うことで岩盤河床の侵食を再現した.そして,湾曲...
小田 圭祐, 前田 勇司, 西浦 泰介, 野村 瞬, 泉 典洋, 西畑 剛, 阪口 秀
土木学会論文集B3(海洋開発)   73(2) I_660-I_665   2017年   [査読有り]
津波が来襲したとき,その大きな掃流力や乱れによって大量の海底土砂が輸送される.これまでに津波による海底土砂輸送量に関する研究や地形変化に関する研究は数多くなされているが,河床変化や波による海底地形変化のような微視的な地形変化に関する研究や,津波フロントや後続波といったイベントごとの地形変化に着目した例は少ない.そこで,本研究では津波到達時から後続波による砂漣形成初期までの地形変化の形態を把握し,津波外力規模と砂漣の形成,消失との関係を明らかにすることを目的とし,移動床水理模型実験を行った....
de Lima Adriano C., Izumi Norihiro
JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   142(12)    2016年12月   [査読有り]
Inoue T., Iwasaki T., Parker G., Shimizu Y., Izumi N., Stark C. P., Funaki J.
JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   142(7)    2016年7月   [査読有り]
Yokokawa M., Izumi N., Naito K., Parker G., Yamada T., Greve R.
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE   121(5) 1023-1048   2016年5月   [査読有り]
松田 達也, 前田 健一, 泉 典洋, 伊藤 嘉, 山口 敦志, 鶴ヶ崎 和博, 宮本 順司
土木学会論文集B2(海岸工学)   72(2) I_565-I_570   2016年
自由表面流れによる洗掘では,地盤表層に作用する掃流力に加えて,地盤内に過剰間隙水圧が発生し,洗掘の助長もしくは緩み領域を形成する可能性がある.本稿では,自由表面流れに起因して発生する,過剰間隙水圧の発生機構とその値を定量的に評価するため,移動床水路実験により地盤内の間隙水圧変動を詳細に観測した.さらに,自由表面流れにより誘発される移動床内の浸透流の速度分布を求め,その流速値を用いてBernoulliのエネルギー保存則から過剰間隙水圧を算出し,実験値と比較した.過剰間隙水圧の発生について理論...
住友 慶三, 渡邊 康玄, 泉 典洋, 山口 里実, 横濱 秀明
土木学会論文集B1(水工学)   72(4) I_751-I_756   2016年
&nbsp;The effect of the artificial flood to river channel disturbance is clarified quantitatively using the results of field observations and numerical simulations (iRIC Nays2D 4.2). The 1st viewpoint is maintenance of distributary leading to form...
角田 尭史, 泉 典洋, 横川 美和, 山田 朋人
土木学会論文集B1(水工学)   72(4) I_739-I_744   2016年
The spiral troughs on Mars' polar ice caps are considered as cyclic steps formed on ice due to katabatic wind. Katabatic wind is a type of density current which flows downward pulled by gravity because of the denser air cooled by the ice floor. Du...
Izumi Norihiro
JOURNAL OF GEOGRAPHY-CHIGAKU ZASSHI   125(1) 105-119   2016年   [査読有り]
L. Zhang, G. Parker, C. P. Stark, T. Inoue, E. Viparelli, X. Fu, N. Izumi
Earth Surface Dynamics   3 113-138   2015年2月   [査読有り]
The 1-D saltation-abrasion model of channel bedrock incision of Sklar and Dietrich (2004), in which the erosion rate is buffered by the surface area fraction of bedrock covered by alluvium, was a major advance over models that treat river erosion ...
横川 美和, 京極 晃年, 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   71(4) I_997-I_1002   2015年
In rivers in mountain areas, a series of steps are often observed on bedrock. They are thought to be cyclic steps formed due to erosion of bedrock, which should be driven by abrasion due to bedload sediment transport. We demonstrated a series of f...
内藤 健介, 泉 典洋, 横川 美和, 角田 尭史
土木学会論文集B1(水工学)   71(4) I_1027-I_1032   2015年
A linear stability analysis of interfacial instability induced by turbulent flow on the ice surface is performed by the use of the Reynolds-averaged Navier-Stokes equations incorporated with the mixing length turbulent model, the heat transfer equ...
UDDIN Md Jahir, 泉 典洋, 長谷川 和義, PORNPROMMIN Adichai
土木学会論文集B1(水工学)   71(4) I_1021-I_1026   2015年
Linear stability analysis of the formation of fluvial sand bars with bank erosion is performed with the use of St.Venant shallow water equations and continuity equation, and a process-based bank erosion model. The process-based bank erosion model ...
一瀬 輪子, 北野 慈和, 山田 朋人, 渡部 靖憲, 泉 典洋
土木学会論文集G(環境)   71(5) I_289-I_294   2015年
中緯度地域における大気の振る舞いは,偏西風の蛇行及び高低気圧の移動によって大きく影響を受け,これは傾圧不安定波として解釈される.代表的な傾圧不安定波の室内実験手法としてFultzやHideが提唱した回転水槽実験が挙げられるが,本研究では底面から温度差を与える条件にて実験を行った.この条件では,地球における極域の流れの観察が可能であり,また傾圧不安定波の蛇行の振幅も制限されない.この手法を用いて実験を行ったところ,波数4-6程度の波動が観察され,流れ場は時間とともに動的に変化した.水槽の中心...
Inoue Takuya, Izumi Norihiro, Shimizu Yasuyuki, Parker Gary
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE   119(10) 2123-2146   2014年10月   [査読有り]
de Lima Adriano C., Izumi Norihiro
JOURNAL OF HYDRAULIC ENGINEERING   140(3) 231-240   2014年3月   [査読有り]
Lima A. C., Izumi N.
PHYSICS OF FLUIDS   26(8)    2014年8月   [査読有り]
泉 典洋, デリマ アドリアーノ コーティニョ
土木学会論文集A2(応用力学)   70(2) I_801-I_806   2014年
流れの安定性の問題は流体力学上の古典的問題の一つである.自由表面流の安定性についてもこれまで数多くの研究が行われているが,波数-Reynolds数平面上における擾乱の増幅率の正確な変化特性を明示した安定性ダイアグラムは未だ得られていない.本論文では,Orr-Sommerfeld方程式を自由表面流について適切な境界条件の下で数値的に解くことで詳細な安定性ダイアグラムを得た.それにより,2次元Poiseulle流れや平板境界層流れとは異なり,自由水面流れの不安定領域は複雑な形状を有していること...
井上 卓也, 松元 一馬, 清水 康行, 泉 典洋, Parker Gary, 伊藤 丹
土木学会論文集A2(応用力学)   70(2) I_727-I_734   2014年
岩床河川の地形変化を把握する上で,岩床上の砂礫被覆面積の正確に予測することは必要不可欠である.最も簡易的なモデルにおいて,砂礫被覆の面積割合は給砂量と飽和流砂量の比に線形的に依存すると考えられている.しかし,自然岩床河川の粗度は様々であり,これが被覆率に大きな影響を与える可能性が高い.そこで,本研究では,給砂量・岩床粗度・被覆割合の関係について,実験的に分析を行った.<br>実験の結果,岩床粗度が大きいほど被覆割合も大きくなった.また,岩床粗度が砂礫床粗度(粒径程度)より粗い場合,被覆率は...
北野 慈和, 山田 朋人, 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   70(4) I_871-I_876   2014年
Schmid & Henningson discussed the point disturbance in the homogeneous medium of piecewise linear boundary layer using the method of stationary phase. In addition to this study, we include the density profile to consider the inhomogeneous boundary...
和田 萌実, 泉 典洋, 渡部 靖憲
土木学会論文集B1(水工学)   70(4) I_1177-I_1182   2014年
On March 11, 2011, huge tsunamis took place due to the Great East Japan Earthquake as large as Mw 9.0. It has been observed that an ocean bottom presimeter (OBP) and an ocean bottom seismometer (OBS) were sagged to the deep ocean by approximately ...
柳屋 圭吾, 柿沼 孝治, 武田 淳史, 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   70(4) I_1363-I_1368   2014年
Vegetation in rivers causes serious problems such as increases in flood risk due to water level rise during flood. Salicaceae trees are dominant on flood plains and sand bars of rivers in cold and snowy Hokkaido. Therefore, it is crucially importa...
Arai Kazuno, Naruse Hajime, Miura Ryo, Kawamura Kiichiro, Hino Ryota, Ito Yoshihiro, Inazu Daisuke, Yokokawa Miwa, Izumi Norihiro, Murayama Masafumi, Kasaya Takafumi
GEOLOGY   41(11) 1195-1198   2013年11月   [査読有り]
Endo Noritaka, Takashi Murakami, Izumi Norihiro
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   82(3)    2013年3月   [査読有り]
横川 美和, 泉 典洋, 内藤 健介
土木学会論文集B1   57(4) 1_1129-1134   2013年
内藤 健介, 泉 典洋, 横川 美和
土木学会論文集B1   57(4) 1_1123-1128   2013年
泉 典洋, 横川 美和, 内藤 健介
土木学会論文集B1   57 1_1117-1122   2013年
田中 岳, 泉 典洋
土木学会論文集B1 (水工学)   57 1_1033-1038   2013年
渡部 靖憲, 泉 典洋, 猿渡 亜由未
土木学会論文集B2(海岸工学)   69(2) I_51-I_55   2013年
This paper presents vorticity instabilities occurring during wave breaking process, which interprets formations of the initial three-dimensional vortex structure, scarifying and fingering surface via surface-vorticity interactions, and the sea-spr...
泉 典洋, 前田健一
土木学会論文集A2(応用力学)   69(2) I_545-I_551   2013年
When rain pours over porous media, rain water tends to infiltrate their inside. In order to enable further infiltration, the air in the void of porous media has to be replaced with water. If the replacement between water and air is not smoothly im...
横川 美和, 泉 典洋, 内藤 健介, 山田 朋人, GREVE Ralf
土木学会論文集B1(水工学)   69(4) I_1129-I_1134   2013年
The spiral troughs observed on the surface of Mars' north polar ice cap show upstream-migrating structures, which indicate that those may possibly be cyclic steps formed by a density current created by cooling of the atmosphere due to the ice. It ...
内藤 健介, 泉 典洋, 横川 美和, 山田 朋人
土木学会論文集B1(水工学)   69(4) I_1123-I_1128   2013年
In recent years, cyclic steps are discovered in a variety of environments, such as deep ocean floors and ice floors on planets other than the earth. Water can exists only in the form of ice in the extraterrestrial environments, where temperature i...
泉 典洋, 横川 美和, 内藤 健介
土木学会論文集B1(水工学)   69(4) I_1117-I_1122   2013年
Periodic boundary waves are sometimes observed on surfaces of large ice bodies such as glaciers and polar ice caps on Mars as well as on the Earth. These boundary waves may be formed by boundary instability between the ice surface and the fluid fl...
田中 岳, 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   69(4) I_1033-I_1038   2013年
Riverbed degradation occurs in many rivers in the world. It causes serious problems in river management. For example, the bedrock which had been covered with gravels is exposed due to the riverbed degradation, which destabilizes river structures...
泉 典洋, 青木 章宜
土木学会論文集A2(応用力学)   68(2) I_609-I_616   2012年
It is commonly observed that river channels become unstable to shift their courses repeatedly particularly when bed aggradation is taking place. On the contrary, river channels are stable and maintain their courses under bed degradation. We study ...
泉 典洋, 横川 美和, パーカー ゲイリー
土木学会論文集B1(水工学)   68(4) I_955-I_960   2012年
In rivers located in mountain areas, a series of steps are often observed to be formed on bedrock. This is called cyclic steps formed by bedrock incision. This study proposes a simplified model for describing the erosion process by abrasion due to...
北野 慈和, 山田 朋人, 泉 典洋
土木学会論文集G(環境)   68(5) I_205-I_210   2012年
日本の豪雨イベントを引き起こすメソスケールの現象の一つとして線状降水帯が挙げられるが,その物理機構については不明な点が多い。線状降水帯の形成過程を解明することは防災の観点から非常に重要である。そこで本研究では,線状降水帯が発生する条件の一つである不安定な成層をした大気場の空間特性を解析的に明らかにした。解析では,問題を単純化するために降水や熱力学的な効果は考えず,大気場における鉛直方向の擾乱の水平分布のみを考慮している。この解析により擾乱の発達とフルード数及び密度差に関する無次元パラメータ...
小松 佑輔, 渡邊 康玄, 泉 典洋, 竹林 洋史, KOMATU Yuusuke, WTANABE Yasuharu, IZUMI Norihiro, TAKEBAYASHI Hiroshi
河川技術論文集   17 167-172   2011年7月   [査読有り]
DE LIMA Adriano Coutinho, IZUMI Norihiro
土木学会論文集B1(水工学)   55 ROMBUNNO.32   2011年2月
DIAS Duleeka Dahampriya, IZUMI Norihiro, YOKOKAWA Miwa
土木学会論文集 A2(応用力学)(Web)   67(2) I_503-I_510   2011年
WUBNEH Atinkut Mezgebu, IZUMI Norihiro
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) S-127-S-132   2011年2月
平塚 智史, 泉 典洋
土木学会論文集A2(応用力学)   67(2) I_671-I_682   2011年
There have been a large number of studies on bed waves in rivers. It has been known that bed waves are strongly related to the Froude number. Meanwhile, there are only few studies on waves formed at the boundary between flowing water and erodible ...
高畑 知明, 泉 典洋
土木学会論文集A2(応用力学)   67(2) I_661-I_669   2011年
Bed slope changes due to bed aggradation/degradation caused by an increase/decrease of sediment supply. Though we have performed a linear stability analysis of sand bars incorporating effects of bed aggradation/degradation, the analysis has assume...
竹井 義博, 泉 典洋
土木学会論文集A2(応用力学)   67(2) I_511-I_519   2011年
Overland and seepage flows have been hypothesized as dominant factors in the initiation and evolution of gullies and channels. Many studies on channelization due to erosion by overland flow have been carried out whereas only few studies have focus...
高畑 知明, 泉 典洋
土木学会論文集B1(水工学)   67(4) S_865-S_870-I_870   2011年
In the existing linear stability analysis of fluvial bars, it is assumed that the river bed is in equilibrium, and the bed slope and flow are uniform in the streamwise direction. Though it is generally said that the bed becomes more unstable under...
13TH EUROPEAN TURBULENCE CONFERENCE (ETC13): INSTABILITY, TRANSITION, GRID TURBULENCE AND JETS   318    2011年   [査読有り]
Pornprommin Adichai, Takei Yoshihiro, Wubneh Atinkut Mezgebu, Izumi Norihiro
JOURNAL OF HYDRO-ENVIRONMENT RESEARCH   3(4) 232-238   2010年3月   [査読有り]
平塚智史, 泉典洋, 関陽平
水工学論文集   54 151-156   2010年2月   [査読有り]
竹井義博, アディチャイ ポンプロミン, N. Izumi
応用力学論文集   13 883-888   2010年   [査読有り]
PORNPROMMIN Adichai, IZUMI Norihiro
応用力学論文集   13 877-882   2010年   [査読有り]
WUBNEH Atinkut Mezgebu, PORNPROMMIN Adichai, IZUMI Norihiro, NAGAHARA Junya
水工学論文集   54 151-156   2010年2月
Pornprommin A., Izumi N.
Journal of Geophysical Research   115 doi: 10.1029/2009JF001369   2010年6月   [査読有り]
泉 典洋, Gary Parker
水工学論文集   53 139-144   2009年2月   [査読有り]
PORNPROMMIN Adichai, TAKEI Yoshihiro, WUBNEH Atinkut Mezgebu, IZUMI Norihiro
応用力学論文集   12 887-894   2009年8月   [査読有り]
PORNPROMMIN Adichai, IZUMI Norihiro
水工学論文集   53 139-144   2009年2月
PORNPROMMIN A, IZUMI N, TSUJIMOTO T
Journal of Geophysical Research   114(F01032) doi:10.1029/2008JF001034   2009年   [査読有り]
Theoretical analysis for the interaction between the river flow and the seepage flow
Rathnayake Upaka, Izumi Norihiro
RECENT ADVANCES IN FLUID MECHANICS   46-51   2009年   [査読有り]
Pornprommin Adichai, Norihiro Izumi
応用力学論文集   11 709-717   2008年   [査読有り]
泉 典洋, 佐藤 博重
応用力学論文集   11 851-857   2008年   [査読有り]
The effect of pressure gradient on the dune-flat bed transition is studied in terms of linear and weakly nonlinear stability analysis. We employ the Kovacs & Parker bedload transport formula extended to incorporate the effect of pressure gradient ...
関 陽平, 泉 典洋
応用力学論文集   11 753-760   2008年   [査読有り]
It is commonly known that the flat bed is unstable in open channels in the range of small and large Froude numbers, in which the presence of the free water surface is important to the instability. However, instability of the flat bed without free ...
中里 遥介, 泉 典洋
応用力学論文集   11 727-734   2008年   [査読有り]
Small-scale fluvial bed waves such as dunes and antidunes formed on river beds during floods increase the bed resistance, causing rises in water levels. Therefore, it is important to obtain detailed information on the conditions for the formation ...
山口里実, 泉典洋
水工学論文集   51 1015-1020   2007年2月   [査読有り]
山口 健治, 泉 典洋
応用力学論文集   10 865-872   2007年   [査読有り]
Patterns of parallel submarine gullies with regular transverse spacing are observed at continental margins. These gullies are thought to be formed by turbidity currents. In this study, the existing model is extended to more general cases in which ...
大友 裕隆, 泉 典洋
応用力学論文集   10 833-838   2007年   [査読有り]
The instability of water flow has been studied by a large number of researchers from a variety of points of view for a long time. In this study, a linear stability analysis is performed with the use of the Reynolds averaged Navier-Stokes equations...
泉 典洋, 長谷川 和義
水工学論文集   51 1021-1026   2007年   [査読有り]
Weakly nonlinear stability analysis of fluvial dunes is performed with the use of the growth rate expansion method incorporated with the multiple scale parturbation technique. Open channel flow is modeled by the mixing length turbulent model. A se...
Norihiro Izumi, Kenji Fujii
Journal of Geophysical Research   111(F01012) doi:10.1029/2005JF000345   2006年   [査読有り]
泉 典洋, 山口 里実
土木学会論文集B   62(4) 360-375   2006年   [査読有り]
水位-流量曲線に見られるヒステリシス現象や単一水理条件下における河床形態の多価性がデューン-平坦床遷移時に生じる亜臨界分岐に起因する可能性を,著者らは弱非線形解析を用いて明らかにしている(以降,前報と呼ぶ).本研究は,前報で用いられていた近似解法を用いずに同様の解析を行うと同時に,フルード数とシールズ数の依存関係を適切に導入し分岐パラメータとしてのフルード数を再定義することにより,実験結果の意味を再評価し理論の再検証を行ったものである.解析の結果,河床勾配が小さく流速係数が大きい領域におい...
高橋 元気, 田中 仁, 松冨 英夫, 泉 典洋
海洋開発論文集   22 451-456   2006年   [査読有り]
Old maps, such as Inoh Maps and other historical ones, are prospective which might be used for determining the changes of coastal geographical features in the past. It is expected that long-term geographical changes can be known provided th...
水嶋 大樹, 泉 典洋
水工学論文集   50 1051-1056   2006年2月   [査読有り]
Surface flow produced by heavy rainfall concentrates on local troughs, resulting in further erosion of troughs and the formation of gullies. In the development process of gullies, a great amount of soil runs off. In this study, long-term changes o...
山口 健治, 泉 典洋
応用力学論文集   9 925-932   2006年   [査読有り]
A mathematical model of turbidity currents flowing down from continental shelves to continental slopes is presented in this study. The layer-averaged momentum and continuity equations of turbidity currents, and the dispersion equation of suspended...
大友 裕隆, 泉 典洋
応用力学論文集   9 893-900   2006年   [査読有り]
The instability of shallow water flow has been studied by a large number of researchers from a variety of viewpoints since a long time ago. It has been found from linear stability analysis that, when the Froude number is large, uniform flow become...
泉 典洋, PORNPROMMIN Adichai, 辻本 哲郎
土木学会論文集B   62(1) 65-79   2006年   [査読有り]
従来の水路群発生の理論では,正式な線形安定解析を可能とするために,形状を変化させずに斜面上流方向に移動する自己保存型の斜面を基準状態として仮定していた.しかし実際には,水路化は様々な形状の斜面で観察される.本研究は,凍結時間近似と瞬間的安定性の概念を用いることによって,従来の理論1),2),3)を任意形状を有する斜面に拡張したものである.理論より,任意形状の斜面でもフルード限界点近傍の曲率が適当な範囲にあれば,従来の理論と同様に限界水深の1000倍程度の間隔で水路群が...
山口里実, 泉典洋
土木学会論文集   (796) 53-67   2005年8月   [査読有り]
洪水時, 流量の小さい領域で発生したデューンは, 流量増加に伴って消滅し, 流量減少時に再形成される. その際, デューン河床から平坦床へ遷移する際の流量が, 平坦床からデューン河床に遷移する際の流量と比較して大きいヒステリシス現象が観察されている. 著者らは弱非線形安定解析の手法を用いて, ヒステリシス現象の原因の一つが, デューン―平坦床遷移過程に見られる亜臨界分岐である可能性を理論的に示した. しかしその際, 理論で予測される臨界フルード数が, 実河川で観測されるフルード数よりかなり...
泉 典洋
水工学論文集   49 979-984   2005年   [査読有り]
Channels are commonly observed to develope upstream due to the concentration of flow and the resultant intensification of erosion around their channel heads. In the developing process, a channel head sometimes splits into two or more than two bran...
山口 里実, 泉 典洋
水工学論文集   49 937-942   2005年   [査読有り]
In order to enable accurate predictions of the bedform change in rivers, the accurate estimation of the sediment transport rate is important. In this study, we propose a bedload formula taking into account the effect of the pressure gradient in fl...
泉 典洋, ピライラー シタン, 田中 仁
水工学論文集   49 907-912   2005年   [査読有り]
The understanding of the transport process of suspended fine particles in rivers becomes important from a viewpoint of biological environment in rivers. In this study, we propose a new transport model of suspended fine particles in rivers consider...
田中 仁, 松冨 英夫, 泉 典洋
海岸工学論文集   52 556-560   2005年   [査読有り]
伊能図は今から約200年ほど前に伊能忠敬により作成され, 我が国全域を網羅する我が国初の本格的な地図として現在でも大きな関心を集めている. 伊能図に関してはこれまで人文地理の視点から注目を集めることが多かったが, その精度が定量的検討に耐えうるほど十分であれば, 海岸地形・河川地形の研究分野においても, 200年以上も前の地形情報を与えるものとして貴重な存在であると期待される. 本研究では, 阿武隈川や北上川といった比較的大規模な河川が流入している仙台海岸, 石巻海岸を対象とし, 伊能図 ...
大友 裕隆, 泉 典洋
応用力学論文集   8 813-820   2005年   [査読有り]
The instability of shallow water flow has been studied since a long time ago. It has been found from linear stability analysis that, when the Froude number is larger than approximately two, uniform flow becomes unstable, resulting in the evolution...
Izumi N
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   109(C3)    2004年3月   [査読有り]
PORNPROMMIN A, IZUMI N, TSUJIMOTO T
水工学論文集   48(2) 1009-1014   2004年2月   [査読有り]
PILAILAR S, SAKAMAKI T, HARA Y, IZUMI N, TANAKA H, NISHIMURA O
水工学論文集   48(2) 1519-1524   2004年2月   [査読有り]
島田 典和, 泉 典洋
水工学論文集   48 967-972   2004年   [査読有り]
Steep channels with purely erosional beds are characterized by a series of steps formed on beds. In this paper, experiments were performed in order to study the formation and the evolution of the steps. In the experiments, the wavelength of steps ...
ポンプロミン アディチャイ, 泉 典洋, 辻本 哲郎
応用力学論文集   7 997-1004   2004年   [査読有り]
The existing linear stability analysis of incipient channelization was limited to the case of self-preserving slope profiles. In this study, the theory is extended to include the channelization on slopes with arbitrary shapes under the assumption ...
谷川 麻子, 泉 典洋, 田中 仁
応用力学論文集   7 1005-1012   2004年   [査読有り]
Beach cusps are uniformly spaced, arcuate scallops formed at beaches. They are inseparably connected with nearshore currents. The nearshore current system forms a variety of circulation patterns, which have been attracting many researchers' intere...
五十嵐 章, 泉 典洋, 細田 尚
水工学論文集   48 493-498   2004年   [査読有り]
Uniform flow on a relatively steep channel is known to be unstable to evolve into a wave train, which is termed roll waves. Though roll waves have long been studied, their wavelength cannot be theoretically determined. In this study, a linear stab...
PILAILAR S, SAKAMAKI T, IZUMI N, TANAKA H, NISHIMURA O
水工学論文集   47 1033-1038   2003年2月

Misc

 
岸野 佑次, 泉 典洋
土木学会誌   91(10) 74-75   2006年10月
井上 卓也, 泉 典洋, 清水 康行
寒地土木研究所月報   (753) 2-11   2016年2月
川村(山口)里実, 渡邊康玄, 泉典洋, 米元光明, 住友慶三, 矢部浩規
寒地土木技術研究   (779) 11‐17-17   2018年4月
松冨 英夫, 田中 仁, 泉 典洋
東北地域災害科学研究   42 51-53   2006年3月
松冨 英夫, 田中 仁, 泉 典洋
東北地域災害科学研究   41 65-68   2005年3月
田中 仁, 松冨 英夫, 泉 典洋
東北地域災害科学研究   41 13-18   2005年3月
泉 典洋
ながれ : 日本流体力学会誌   24(1) 5-14   2005年2月
田中 仁, 松冨 英夫, 泉 典洋
東北地域災害科学研究   40 185-190   2004年3月
泉 典洋
財団法人建設工学研究振興会年報   33 121-125   1998年4月
泉 典洋
土木学会誌   81(12) 6-9   1996年10月
泉 典洋
ながれ : 日本流体力学会誌   15(4) 245-246   1996年8月
泉 典洋, Parker Gary
東京工業大学土木工学科研究報告   (49) p62-83   1994年6月
池田 駿介, 泉 典洋
東京工業大学土木工学科研究報告   (43) p43-58   1991年6月

講演・口頭発表等

 
藤田和典, 森勇, 横川美和, FERNANDEZ Roberto, CZAPIGA Matt, BERENS John, KWANG Jeffrey, 内藤健介, PARKER Gary, 泉典洋, 成瀬元
日本堆積学会大会プログラム・講演要旨   2018年3月25日   
開坂亮太, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
渋谷幸子, 泉典洋, 山田朋人
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
恒川和久, DE LIMA Adriano Continho, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
小林素直, 田口真矢, LIMA Adriano C., 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
久原愛加, DE LIMA Adriano Coutinho, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
谷川徹, DE LIMA Adriano Coutinho, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
瀧上直斗, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2018年1月   
FUJITA Kazunori, MORI Isamu, YOKOKAWA Miwa, FERNANDEZ Roberto, CZAPIGA Matt, BERENS John, KWANG Jeffrey, NAITO Kensuke, PARKER Gary, IZUMI Norihiro, NARUSE Hajime
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
西村柾哉, 前田健一, 櫛山総平, 高辻理人, 泉典洋, 古溝幸永
地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   2018年   
西村 柾哉, 前田 健一, 櫛山 総平, 泉 典洋, 齊藤 啓
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   2017年5月   
藤田 和典, 泉 典洋, 成瀬 元, 森 勇, 横川 美和, Roberto Fernandez Arrieta, Matt Czapiga, John Berens, Jeffrey Kwang, 内藤 健介, Gary Parker
日本地質学会学術大会講演要旨   2017年   
台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりましたが,それに伴い特別セッションが開催され,本発表は特別セッション内で発表が行われました.
River Flow - Proceedings of the International Conference on Fluvial Hydraulics, RIVER FLOW 2016   2016年1月1日   
© 2016 Taylor & Francis Group, London. Based upon the shallow water equations, linear and nonlinear stability analyses are conducted on an open channel viscous flow covered with vegetation on one side. The analyses are applied to a steady turbul...
横川 美和, 成瀬 元, 武藤 鉄司, 泉 典洋
日本地質学会学術大会講演要旨   2016年   
有雅 正修, 山田 朋人, 泉 典洋
地球環境シンポジウム講演集   2015年9月   
6th Japan-China Geotechnical Symposium, SJGS 2015   2015年1月1日   
Mechanical stability of embankments such as road embankments and river dykes is significantly influenced by their internal hydraulic states, as represented by phreatic surface location and pore water pressure distribution. The mass transfer across...
北野 慈和, 一瀬 輪子, 山田 朋人, 渡部 靖憲, 泉 典洋
大会講演予講集   2015年   
横川 美和, 京極 晃年, 小寺 彰, 泉 典洋
日本地質学会学術大会講演要旨   2015年   
一瀬 輪子, 北野 慈和, 山田 朋人, 渡部 靖憲, 泉 典洋
水文・水資源学会研究発表会要旨集   2015年   
中緯度地域における総観規模の気象は,偏西風の蛇行及び高低気圧の発生や移動に支配されるが,これは傾圧不安定波として解釈される.傾圧不安定波の室内実験としてはFultzやHideが提唱した回転水槽実験が挙げられる.既往の実験の多くでは,3重の円筒水槽を用い,中心に冷水,外側に温水を入れ,中間に位置する水槽内の流体を作業流体とする.この作業流体は側壁を通して温度差が与えられ,かつ回転させることで傾圧帯の大気の流れの特徴を有することが示されている.これはアニュラス型の実験と呼ばれるが,本実験では,...
横川 美和, 山本 真也, Hughes Clarke John E., 泉 典洋
日本地質学会学術大会講演要旨   2014年   
横川 美和, 小寺 彰, 京極 晃年, 泉 典洋
日本地質学会学術大会講演要旨   2013年   
北沢 俊幸, 泉 典洋, 亀尾 桂, KT-12-9 乗船研究者, 新井 和乃, 成瀬 元, 石丸 卓哉, 横川 美和, 齋藤 有, 松本 弾, 佐藤 智之, 田中 源吾
日本地質学会学術大会講演要旨   2013年   
長原準也, 泉典洋, 藤田正治, 竹林洋史
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2012年2月   
北野 慈和, 山田 朋人, 泉 典洋
水文・水資源学会研究発表会要旨集   2012年   
線状に発達し特定の地域に長時間とどまり雨を降らせることで知られている線状降水帯の物理的なメカニズムは未だに解明されていないことが多く、科学的に興味のつきない現象である。一方で、2004年新潟・福島豪雨や2004年福井豪雨、2010年北海道豪雨など、多くの水災害を引き起こしている線状降水帯の発生・発達過程を調べることは防災という面でも非常に意義のある研究である。本研究では、線状降水帯の水平方向の形状特性について線形安定性理論を用いて解析する。<br> 線状降水帯は不安定な大気場に積乱雲が形成...
Cyclic steps formed in bedrock rivers
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Turbidity-current-generated cyclic steps in subaqueous environments
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Scouring of soft rock imitated with mortar by the collision of gravels
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
A Riverbed Evolution Calculation Method That Considers Variation in Riverbed Erosion of Soft Rock
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Phase diagram for antidunes and cyclic steps based on suspension index, non-dimensional Chezy resistance coefficient and Froude number
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Observation and linear stability analysis of formation of rhomboid rills
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Stability analysis of sand bars using amplitude expansion method
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Experiments on channel head bifurcation by overland flow
Proceedings of the 7th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2011年   
Experiments on channel inception on mild slopes composed of cohesive soils
Proceedings of the 1st EIT International Conference on Water Resources Engineering   2011年   
長原準也, WUBNEH Atinkut Mezgebu, 泉典洋
土木学会北海道支部論文報告集(CD-ROM)   2010年2月   
高畑 知明, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2010年   
The effects of river bed aggradation and degradation on bar instability is analytically studied in terms of linear stability analysis. Weakly non-equilibrium processes are taken into account by the use of the WKBJ method. In the analysis, aggradat...
Wubneh Atinkut Mezgebu, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2010年   
de Lima Adriano Coutinho, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2010年   
高橋 憂紀, 山村 浩人, 横川 美和, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2010年   
It is suggested by the weakly nonlinear stability analysis that the bifurcation pattern of the flat bed and antidune transition correlates to the stability of upstream-migrating antidunes. In this study, we performed a series of flume experiments ...
The formation of dunes in closed conduits
Proceedings of the 6th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamcis   2009年   
The formation of small-scale fluvial bedforms with active suspended sediment transport
Proceedings of the 6th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamcis   2009年   
Linear stability analysis of channelization by seepage erosion
Proceedings of the 6th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamcis   2009年   
竹井 義博, 泉 典洋, ポンプロミン アディチャイ
理論応用力学講演会 講演論文集   2009年6月9日   
本研究は比較的研究成果の少ない湧水侵食によるガリ形成のメカニズムを実験を通して調べたものである.実験では湧水侵食が発達しやすいとされる水はけの良い傾斜地を想定し,水路幅150_cm_,水路長120_cm_,水路高17.5_cm_の可変勾配式水路に3号珪砂を用いて作成した浸透層に水を流すことで湧水侵食を発生させ,ガリが形成される様子を観察してゆく.その際,浸透層の層高・斜面勾配・流量を変更することで発達するガリへの影響を規模・形状・形成間隔・進行速度の各項目に着目して解析してゆく.本実験から...
高畑 知明, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2009年   
流量、川幅、河床材料の粒径の他に上流からの土砂供給量によって、流路形態が決定する。網状流路は川幅水深比が大きく、土砂供給量が多い河川に見られるが、土砂供給が少なくなったときどのような応答をするのかはよく分かっていない。そこで今回は、直線水路を用いて流量、水路幅、河床材料が一定の元、給砂量の違う3パターンの実験を行い、土砂供給の違いが網状流路の流路形態に及ぼす影響を明らかにした。 給砂量の少ない2つの場合は早くから上流端付近で流路幅が狭くなったが、給砂量が最も多い場合は水路幅全体に流れている...
平塚 智史, 関 陽平, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2009年   
本研究は研究成果の少ない管路内における河床変動研究の一環として管路内におけるデューンの形成条件についてを実験的に調べたものである。<BR> 実験には奥行80mm、高さ150mm、全長2mの管路を用い、砂を水と共に循環させることで、給砂および給水を使わずに連続して河床変動を観察できる装置を使用した。<BR> 本研究は著者の研究室に所属していた修士、関陽平によって行なわれた管路内におけるデューンの線形安定解析を元にして行なわれており、そこでデューン形成の支配パラメータとして考えられたオイラー数...
A simple mathematical model of channel bifurcation
Mizushima H., Izumi N., Parker G.
RIVER, COASTAL AND ESTUARINE MORPHODYNAMICS: RCEM 2007, VOLS 1 AND 2   2008年   
The formation of submarine gullies on continental shelves with arbitrary shapes by turbidity currents
Yamaguchi K., Izumi N.
RIVER, COASTAL AND ESTUARINE MORPHODYNAMICS: RCEM 2007, VOLS 1 AND 2   2008年   
Linear stability analysis of fluvial dunes and antidunes incorporating nonequilibrium bedload transport
Sato H., Izumi N.
RIVER, COASTAL AND ESTUARINE MORPHODYNAMICS: RCEM 2007, VOLS 1 AND 2   2008年   
Weakly nonlinear analysis of the dune-flat bed transition with the mixing length turbulent model
Izumi N.
RIVER, COASTAL AND ESTUARINE MORPHODYNAMICS: RCEM 2007, VOLS 1 AND 2   2008年   
Gully development by groundwater seepage
Proceedings of Extended Abstracts and Full Papers of the 8th International Conference on Hydro-Science and Engineering   2008年   
Experiments on the entrainment of sediment by turbidity currents with the use of submarine sediment
Proceedings of Extended Abstracts and Full Papers of the 8th International Conference on Hydro-Science and Engineering   2008年   
Linear stability analysis between river flow and seepage flow
Proceedings of Extended Abstracts and Full Papers of the 8th International Conference on Hydro-Science and Engineering   2008年   
泉 典洋, 佐藤 博重
日本流体力学会年会講演論文集   2008年   
A flat bed becomes unstable and is covered with lower-regime, small-scale bed forms (dunes) when the Froude number is sufficiently small during floods. It is known that either of dune and flat beds can appear in the range of relatively large Froud...
関 陽平, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2008年   
Interfacial waves between sediment and water in open channels, which are called dunes or antidunes, are formed in the range of small and large Froude numbers. Moreover, a phase lag between Interfacial waves and the free water surface is of importa...
中里 遥介, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2008年   
A flat bed becomes unstable, and is covered with small-scale bed waves during floods. One of the purposes of this study is to extend existing linear stability analysis taking into account only bedload to the case with active suspended sediment tra...
関 陽平, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
矩形管路内のデューンの発生条件を線形安定解析により求めた.今回は泉が行った方法に倣った.その方法は,Navier-Stokes方程式に混合距離モデルとChebyshev多項式を用いたスペクトル法を用い流関数を求め,これとexner方程式から発生条件を得るものである.その結果を波数とフルード数を両軸とするコンタ図にした.結果は不安定となりデューンが形成される領域が現れたが,卓越波数は現れなかった.従って,デューンは形成されるものの特定の波長を持たないと考えられる.
佐藤 博重, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
河床の形態は河川の流れに大きな影響を与えるため,水理量に応じた河床形態を予測することは非常に重要である.特にデューンと呼ばれる小規模河床形態の発生や発達を説明する際には,デューンの発生に伴って局所的に大きな河床勾配が生じるため,流砂量に対する局所勾配の影響が重要になる.本研究では,重力による局所勾配の影響が考慮されたKovacs & Parker式に,この局所勾配の影響を低減させる機構として予想できる圧力勾配の影響の加味した掃流砂量式を用いて弱非線形安定解析を行った.本解析結果はデューン-...
中里 遥介, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
Froude数がある程度小さいとき,水深の数割程度の波高を持つDuneと呼ばれる河床波が形成される. 特に流量が大きく変化する状況下では,河床形態は複雑な挙動を示す.Duneの形成により河道抵抗の増加,水位の上昇が起こるため,河川工学上Duneの発生メカニズムをより精確に知る必要がある.本研究では,河床高さの時間変化式に浮遊砂項を導入し,線形安定解析を行った.解析の結果,抵抗係数C-1が増加し浮遊砂が活発に生じるようになると,Duneの形成は抑制されることが理論的に明...
新岡 真治, 泉 典洋, 山口 健治, 阪口 秀, 渦岡 良介, 木戸 ゆかり
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
実際に海底から土砂を採取し, その特性を明らかにしていくことを本研究の目的とする.実験で使用する泥は2006年6月7日に十勝沖の海底から採取してきた泥である。実験に使用する水路は, 高さ15cm, 幅8cm, 長さ200cmの長方形断面の管路である.実験結果によれば、無次元巻上げ速度式 Es=k(u*/ws)^n におけるkとnの値は n=1, k=1.2×10-3 となった。これは従来の実験で得られた値より小さい。また、水路中の塩分濃度を変化させてもkとnの値に変化はなかった。
山口 健治, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
海底の大陸棚周辺部には平行に一定間隔で並んだ無数の渓谷群が形成されており,陸上に形成される渓谷群と良く似た幾何学的形状を有していることが分かっている.これら海底渓谷群の主な成因として,海底面を流下する高濃度の浮遊土砂を含んだ密度流である乱泥流が考えられている.この乱泥流は海底を流下するとき,底面からの土砂の巻上げを行い,その浮遊砂濃度や流速を変化させるという特徴を持つ.このとき海底面は侵食されることになり,乱泥流は海底渓谷の成因となる.本研究では海底面の侵食作用に加え,層内への海水の取り込...
佐藤 希世, 泉 典洋, 吉川 泰弘, 安田 浩保
理論応用力学講演会 講演論文集   2008年   
環境に影響を与える窒素やリンなどの様々な栄養物質は洪水中の微細粒子に吸着されて輸送されることが明らかになり,浮遊微細粒子(Suspended Solid)の輸送が注目を集めることになった.今回の研究の目的は洪水時の河道内SSの供給源を解明し,流水中のSSと河床内土砂の相互作用(洗掘・堆積)の過程を考察することである.SSの挙動を把握するには流水中のSS濃度がどのような供給源から大きく影響を受けているのか検討する必要がある.また流水中のSSと河床内土砂の相互作用の過程の考察では河床上シルトの...
阪口 秀, 渦岡 良介, 泉 典洋, Kido Yukari
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年9月1日   
A simple mathematical model of channel bifurcation
Proceedings of the 5th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2007年   
Linear stability analysis of fluvial dunes and antidunes incorporating nonequilibrium bedload transport
Proceedings of the 5th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2007年   
The formation of submarine gullies on continental shelves with arbitrary shapes by turbidity currents
Proceedings of the 5th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2007年   
Weakly nonlinear analysis of the dune-flat bed transition with the mixing length turbulent model
Proceedings of the 5th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2007年   
佐藤 博重, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2007年   
Dunes formed in lower flow regimes disappear and antidunes appear when the discharge becomes larger than a certain amount during floods. It is important to elucidate the bed instability for the prediction of flow resistance of river channels. Colo...
大友 裕隆, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2007年   
A linear stability analysis is performed with the use of the Reynolds averaged Navier-Stokes equations and Darcy's law in order to investigate the instability of flow on permeable river beds. The spectral collocation method incorporated with the C...
山口 健治, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2007年   
水嶋 大樹, 泉 典洋, パーカー ゲーリー
日本流体力学会年会講演論文集   2007年   
This study proposes a simple mathematical model of channel bifurcation, in which a channel head is modeled by an opening on a flat plane composed of erodible bed material. A linear stability analysis is performed with the use of the depth-averaged...
阪口 秀, 渦岡 良介, 泉 典洋, 木戸 ゆかり
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年   
泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2006年   
Weakly nonlinear stability analysis of fluvial dunes is performed with the use of the growth rate expansion method incorporated with the multiple scale parturbation technique. A series of perturbation equations are solved by the use of spectral co...
The formation of beach cusps by waves with their crests parallel to shorelines
Proceedings of 4th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2005年   
Inception of channelization on slopes with arbitrary shapes: erosional and depositional case
Proceedings of 4th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2005年   
Weakly nonlinear analysis of dunes by the use of a sediment transport formula incorporating the pressure gradient
Proceedings of 4th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2005年   
山口 里実, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2005年   
デューンの発生や発達を説明する際、流砂量式に局所勾配の影響をどう取り入れるかが従来課題となっている.著者らは、流砂量式に経験式を用いてデューンの弱非線型安定解析を行い,デューン_-_平坦床の遷移過程に見られる二価性やヒステリシスが解の亜臨界分岐に起因した現象であることを説明しているが、理論式であるKovacs&Parker式を用いると,重力による局所勾配の影響が効き過ぎるために亜臨界分岐が現れず、実現象を説明できない.本研究では,この理論式に圧力勾配の影響を加味し、再度デューンの弱非線型安...
泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2005年   
水路頭部では周辺の流れが集まるため更に活発な侵食が生じ,水路は上流側へと発達していく.上流側へ発達する際,水路頭部は時折二つあるいはそれ以上の水路へ分岐することがある.このような分岐を幾度となく繰り返すことによって,最初単純だった水路群は複雑な水路網へと変化していく.本研究は,このような分岐が生じる原因が水路頭部周辺に生じる2次不安定現象であるとの観点から,水路頭部前縁部に円周方向の擾乱を与えることによって分岐の物理機構を理論的に説明したものである.解析の結果から,限界水深/抵抗係数と水路...
島田 典和, 泉 典洋
理論応用力学講演会 講演論文集   2005年   
粘性土で構成された侵食が卓越する河床では,侵食が進行する際,水深よりかなり小さな規模の波状形状が形成されることがある.このような波状形状が塊状に剥離することによって急激に侵食が進行していく.本研究は,このような波状河床形状が侵食性河床上に形成されたリップルのようなものであるとの観点から,河床が擾乱に対して不安定となることを,線形安定解析の手法を用いて明らかにしたものである.解析によると,粘性底層の数十倍から数万倍の波長を持った擾乱に対して河床は不安定となり,数百倍から数千倍の範囲で擾乱の発...
ポンプロミン アディチャイ, 泉 典洋, 辻本 哲郎
日本流体力学会年会講演論文集   2004年   
The existing linear stability analysis of incipient channellization was limited to the case of self-preserving slope profiles. In this study, the theory is extended to include the channellization on slopes with arbitrary shapes. Since arbitrary ba...
泉 典洋, 谷川 麻子, 田中 仁
日本流体力学会年会講演論文集   2004年   
Beach cusps are uniformly spaced, arcuate scallops formed at beaches. They are inseparably connected with nearshore current. The nearshore current system forms a vriety of circulation patterns, which have been attracting many researchers' interest...
ピライラ シタン, 泉 典洋, 田中 仁
日本流体力学会年会講演論文集   2004年   
In most of the existing models of suspended sediment transport, the fine sediment is assumed to be abundant on the bed. This is not the case in most of actual rivers. Once most of fine sediment on the bed is removed from the bed, the entrainment r...
島田 典和, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2004年   
In the erosion process of beds composed of cohesive clay, small waves are observed to be formed on the bed surface. In this study, a liner stability analysis of the formation of ripples on noncohesive beds is applied to the formation of small wave...
泉 典洋, 藤井 健司
日本流体力学会年会講演論文集   2003年   
This paper presents a mathematical model of the formation of gullies on slopes composed of material having relatively weak cohesivity such as freshly deposited volcanic ash. A linear stability analysis is performed with the use of the momentum equ...
島田 典和, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2003年   
The purely erosional beds of steep are often characterized by a series of steps. In this paper, experiments were performed in order to study the formation and the evolution of the steps. In the experiments, the wavelength of steps were found to be...
山口 里実, 泉 典洋
日本流体力学会年会講演論文集   2003年   
Stage-discharge relations of flow in streams with movable beds are known to show hysteresis between on ascending and descending stages. In this study, a weakly nonlinear stability analysis is performed in order to provide a physical explanation fo...
坂巻 隆史, PILAILAR Sitang, 泉 典洋, 西村 修
日本水処理生物学会誌. 別巻 = Journal Japan Biological Society of Water and Waste   2002年10月   
山口里実, 泉典洋
土木学会東北支部技術研究発表会講演概要   1999年3月8日   
IZUMI N, TANAKA H, DATE M
River Sediment Theor Appl   1999年   
軽部裕, 泉典洋, 池田駿介
土木学会年次学術講演会講演概要集 第2部   1995年9月   

競争的資金等の研究課題

 
水路網の形成機構に関する研究
研究期間: 1993年   
海底乱泥流による海底峡谷の形成機構に関する研究
研究期間: 2000年   
小規模河床波に関する研究
研究期間: 2001年   
中規模河床波の形成機構に関する研究
研究期間: 2007年   
塩水表面の凍結に伴い発生する対流と氷のパターン形成
研究期間: 2009年