CHUNG Ahyoung

J-GLOBAL         Last updated: Nov 26, 2019 at 02:47
 
Avatar
Name
CHUNG Ahyoung
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Business Administration, Department of Business Administration
Job title
Professor
Degree
Ph.D. (Economics)(Osaka City University)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1983
Department of Political Science, Faculty of Political Economics, Waseda University
 
 
 - 
Mar 1996
"Graduate School, Division of Social Sciences", Hosei University
 
 
 - 
Mar 2001
"Graduate School, Division of Economics", Osaka City University
 

Published Papers

 
中国朝鮮族の昨日と今日(下)ー中国朝鮮族の文学と金学鉄
アリラン通信   (62) 18−19   May 2019
「済州島4・3と在日同胞社会ー沈黙から慰霊まで」(朝鮮語)
鄭雅英
2018統一人文学世界フォーラム資料集      Oct 2018
中国・延辺朝鮮族自治州紀行-歴史と現在
鄭雅英
立命館経営学   55(5) 41-58   Feb 2017
書評『在日朝鮮人-歴史と現在』(水野直樹・文京洙)
コリアンスタディーズ   (4)    May 2016
李鳳岐先生-中朝日の歴史のはざまで
鄭雅英
コリアンスタディーズ   (4)    May 2016

Misc

 
中国朝鮮族の昨日と今日(中)-中国朝鮮族教育の歴史と現況
鄭雅英
アリラン通信   (61) 18-19   Nov 2018
中国朝鮮族の昨日と今日(上)-もう一つのコリアン社会
鄭雅英
アリラン通信   (60) 14-15   May 2018

Books etc

 
『済州島を知るための55章』
梁聖宗、金良淑、伊地知紀子ほか
明石書店   Sep 2018   ISBN:9784750346762
転換期中国の企業群像
佐々木信彰、辻美代、高屋和子、堀口正ほか
晃洋書房   Mar 2018   
現代中国の産業と企業
佐々木 信彰 (著, 編集), 高屋 和子 (著), 堀口 正 (著), 辻 美代 (著), 藤井 正男 (著), 陳 友駿 (著), 佐々木 一惠 この画像を表示 佐々木 信彰 (著, 編集), 高屋 和子 (著), 堀口 正 (著), 辻 美代 (著), 藤井 正男 (著), 陳 友駿 (著), 佐々木 一惠
晃洋書房   Oct 2016   ISBN:978-4771027602
北の家族―在日済州人の生活史Ⅱ  在日済州人の生活史を記録する会
鄭雅英、高誠晩、藤永壮ほか7名の共著
図書出版ソニン、(韓国語)   2015   
琉球大学人の移動と21世紀のグローバル社会『東アジアの間地方交流の過去と現在 済州と沖縄・奄美を中心として』
津波高志、藤永壮、伊地知紀子ほか
彩流社   Mar 2012   ISBN:978-7791-1674-2

Conference Activities & Talks

 
「済州島4・3と在日同胞社会-沈黙から追悼まで」
2018統一人文学世界フォーラム「植民地と内戦が残した傷跡、コリアンの差異と共通性」   10 Oct 2018   
田村光彰「世界史的な抵抗運動の観点からみた尹奉吉義挙」へのコメント
尹奉吉殉国85周年日韓共同学術会議-尹奉吉と世界平和運動   3 Dec 2017   
金ミョンヒ「コリアンの歴史的トラウマ:否認のクロノトフと是認の政治」への討論
2017年統一人文学世界フォーラム「強制移住70周年、コリアンの歴史的トラウマ」   20 Oct 2017   
1960年代日本社会と在日韓国人社会運動
東アジア日本学会2017年春季大会   20 May 2017   
The Transnational Migration of Korean Chinese
“Towards an Asian Community of Common Destiny: Opportunities and Challenges”International Symposium   3 Dec 2016   

Teaching Experience