田中 省作

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:57
 
アバター
研究者氏名
田中 省作
 
タナカ ショウサク
URL
http://www.cl.ritsumei.ac.jp/~sho/
所属
立命館大学
部署
文学部コミュニケーション学域
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
九州大学 助手
 
2005年4月
 - 
2012年3月
立命館大学 准教授
 
2012年4月
   
 
立命館大学 教授
 

受賞

 
2011年5月
情報処理学会CH研究会奨励賞
 
2005年
PACLING Best Paper Award of PACLING2005
 
2005年
電子情報通信学会九州支部 電子情報通信学会九州支部講演奨励賞
 
2000年
情報処理学会九州支部 情報処理学会九州支部奨励賞
 
1997年
電気学会 電気学会論文発表賞
 

論文

 
コーパス構築と著作権: Webを源とした質情報付き英語科学論文コーパス
田中省作, 安東奈穂子, 冨浦洋一
英語コーパス研究   19 31-41   2012年4月
N-gramを素性とするパタン認識を用いた英語科学論文質判定
小林雄一郎・田中省作・冨浦洋一
情報処理学会研究報告自然言語処理   2012-NL-205(12) 1-6   2012年1月
学校英文法の学参例文データベースとその応用
田中省作・小林雄一郎・徳見道夫・ 後藤一章・冨浦洋一・柴田雅博
情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ   2012-CH-93(5) 1-8   2012年1月
Development and Improvement of a Corpus-based Web Application to Support Writing Technical Documents in English
Miyazaki, Y., Tanaka, S. and Koyama, Y.
International Conference on Computers in Education   263-270   2011年12月
メタ談話標識を素性とするパターン認識を用いた英語科学論文の質判定
小林雄一郎・田中省作・冨浦洋一
じんもんこん2011   2011 51-58   2011年12月

書籍等出版物

 
英語診断テスト開発への道
英語運用能力評価協会   2006年9月   ISBN:4903656004
工学部高年次用英語テキスト
2006年3月   

講演・口頭発表等

 
Development of Corpus-assisted Research Paper Writing System for Science and Technology Students
the Independent Learning Association Conference 2012   2012年9月   
The Use of Syntax and Discourse in Good and Poor Scientific Articles
10th Teaching and Language Corpora Conference   2012年7月   
コロケーション研究における「相互情報量」
名古屋大学大学院国際開発研究科公開講演会   2012年3月29日   
Development of a Corpus-based Web Application to Support Writing Technical Documents in English
Joint Research Seminar USM-NUT   2011年10月   
学校文法に基づいた英文解析による言語データの頻度分析
英語コーパス学会第37回大会   2011年10月   

担当経験のある科目

 

Works

 
スラッシュ・リーディング用教材作成支援システム
建築作品   2006年8月

競争的資金等の研究課題

 
英語文法情報付き(立命館英文法コーパス)の構築とその応用
学内公募型研究推進プログラム
研究期間: 2007年 - 2008年
ユビキタス社会における電子図書館のソフト面高度化に関する研究
九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)(Dタイプ委員会指名型)
研究期間: 2004年 - 2005年
工学部生を対象とした英語カリキュラムの4年間システム化およびそのための教材開発
九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)(Cタイプ)
研究期間: 2004年 - 2005年