MISC

2010年7月1日

CrossRef誕生小史(翻訳)

情報の科学と技術
  • 時実 象一

60
7
開始ページ
289
終了ページ
295
出版者・発行元
社団法人情報科学技術協会

CrossRef創立10周年記念のパンフレットを翻訳した。CrossRefの誕生のきっかけになったのは1999年10月のフランクフルト・ブックフェアであった。それに先立って,DOI利用についての検討,「炭素繊維」プロジェクトにおける引用文献リンクの提案などがおこなわれていたが,それらから学んだアカデミック・プレス社のPieter Bolmanとワイリー社のEric Swansonが中心となり,1999年に密かにMonzuプロジェクトを開始,一方米国出版社協会を中心としてDOI-Xプロジェクトが進められた。この2つの流れがブックフェアに合流し,一気に出版社の協同事業としてのCrossRefの創立が実現した。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007657990

エクスポート
BibTeX RIS