NEMOTO Junko

J-GLOBAL         Last updated: Mar 12, 2019 at 11:25
 
Avatar
Name
NEMOTO Junko
Affiliation
Meiji Gakuin University
Section
Faculty of Psychology Department of Education and Child Development
Degree
Masters

Research Areas

 
 

Education

 
 
   
 
Iwate Prefectural University
 
 
   
 
Instructional Systems Technology, School of Education, Indiana University
 

Published Papers

 
山下 奈緒子, 福田 里砂, 山脇 孝, 仲道 雅輝, 根本 淳子, 都築 和宏, 中村 勝
大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education   (15) 81-88   2017
根本 淳子, 吉田 明恵, 仲道 雅輝, 田中 寿郎
大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education   (15) 75-79   2017

Misc

 
根本 淳子, 市川 尚
日本教育工学会研究報告集   18(5) 239-242   Dec 2018
高橋 暁子, 根本 淳子, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   18(5) 183-186   Dec 2018
吉田 明恵, 陣内 恭子, 根本 淳子, 田中 寿郎, 村井 礼, 林 敏浩
日本教育工学会研究報告集   16(1) 413-416   Mar 2016
根本 淳子
情報処理   59(5) 461-461   Apr 2018
学習者の学習意欲を高めるための手法として,教育設計で利用されている動機づけ方略「ARCSモデル」を取りあげて紹介した.ARCSモデルは学習意欲の問題と対策を注意 (Attention)・関連性(Relevance)・自信(Confidence)・満足感(Satisfaction)の4要因から整理したもので,心理学の研究成果を活かした実用性の高い点が教育者にとって魅力である.本コラムでは,ARCSモデルを使って授業実践をどのように分析できるか例示した.
加地 真弥, 根本 淳子, 仲道 雅輝, 小林 直人, 関田 一彦, 望月 雅光
日本教育工学会研究報告集   16(1) 1-4   Mar 2016

Career

 
Kumamoto University Graduate School of Social and Cultural Sciences, Instructional Systems Program, Graduate School of Social and Cultural Sciences Research Associate
2004-2005 Research Associate, Iwate Prefectural Univerisity 2005-2006 Research Associate, Center for Multimedia and Information Technologies, Kumamoto university 2006-2007 Research Associate, Graduate School of Social and Cultural Sciences, Instructional Systems Program, Kumamoto University 2007- Research Associate, Graduate School of Social and Cultural Sciences, Instructional Systems Program, Kumamoto University