折戸 洋子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/19 23:59
 
アバター
研究者氏名
折戸 洋子
所属
愛媛大学
部署
社会共創学部
その他の所属
明治大学ビジネス情報倫理研究所

受賞

 
2014年
一般社団法人社会情報学会 優秀文献賞 Shiro Uesugi edits, "IT Enabled Services" (章分担共著者として)
受賞者: (章分担共著者として)
 
2009年
日本情報経営学会 論文奨励賞(涌田宏昭賞) 反『コントロール革命』:データベイランス・アーキテクチャがもたらすサイレント・コントロール
 

論文

 
Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Miha Takubo
Kreps, D., Ess, C., Leenen, L., Kimppa, K. (Eds.), This Changes Everything - ICT and Climate Change: What Can We Do?. HCC13 2018. IFIP Advances in Information and Communication Technology   537 282-292   2018年8月   [査読有り]
国家による監視と日本社会:エドワード・スノーデンが教えてくれたこと
村田 潔,折戸洋子,福田康典
経営情報学会誌   27(1) 3-8   2018年6月   [招待有り]
園田 雅江,折戸 洋子
Journal of Ehime Management Society   1 35-46   2018年3月
本研究では,愛媛県および東京都で16名のキャリア女性に対して2017年8月~12月に実施したインタビュー調査結果から,回答者のキャリアチェンジがどのように行われているのか,キャリア形成を通じてどのようなアドバンテージを得ているのかについて検討を行った.本研究の考察を通じて,女性のキャリアが変化するときの成功要因,キャリア形成において享受しうるアドバンテージ,それらに関する愛媛県と東京都での差異についての論点および今後の研究課題が示されている.
折戸 洋子, 園田 雅江
Journal of Ehime Management Society   1 13-25   2018年3月
本研究では,愛媛県および東京都で16名のキャリア女性に対して2017年8月~12月に実施したインタビュー調査結果から,回答者のキャリア形成に影響を与えている人的・組織的環境要因について比較,検討を行った.女性のキャリア意識の形成に影響を与える要因に関して,愛媛県と東京都での差異やそれを分析するための今後の研究課題が示されている.
Personal Data Sensitivity in Japan An Exploratory study
Fukuta, Y., Murata, K., Adams, A. A., Orito, Y., & Lara Palma,
ORBIT Journal   1((2))    2017年10月   [査読有り]
Few Youngsters Would Follow Snowden's Lead in Japan
Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Andrew A. Adams
Journal of Information, Communication and Ethics in Society   15(3) 197-212   2017年9月   [査読有り]
Following Snowden around the World: International Comparison of Attitudes to Snowden's Revelations about the NSA/GCHQ
Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Ana María Lara Palma
Journal of Information, Communication and Ethics in Society   15(3) 311-327   2017年9月   [査読有り]
折戸 洋子
日本情報経営学会誌   37(2) 64-80   2017年3月   [査読有り]
: This study deals with grassroots informatisation of healthcare through examining an existing case of
empathetic and spontaneous formation of an online community of a surgeon and his patients. He is a highly reputable
surgeon as a specialist of a...
折戸洋子, 青木理奈, 村田潔
経営情報学会誌   24(4) 263-270   2016年3月   [査読有り]
Yohko Orito,Kiyoshi Murata
Multidisciplinary Social Networks Research - Second International Conference, MISNC 2015, Matsuyama, Japan, September 1-3, 2015. Proceedings   541-549   2015年   [査読有り]
Andrew A. Adams,Kiyoshi Murata,Yasunori Fukuta,Yohko Orito,Ana María Lara Palma
SIGCAS Computers and Society   45(3) 376-383   2015年   [査読有り]
Kiyoshi Murata,Yasunori Fukuta,Yohko Orito,Andrew A. Adams,Ana María Lara Palma
SIGCAS Computers and Society   45(3) 361-368   2015年   [査読有り]
Yohko Orito
IT Enabled Services   9783709114254 217-227   2013年7月
© Springer-Verlag Wien 2013. All rights are reserved. This chapter examines the social influence of Social Networking Services (SNS) which encourage users to reveal their real names, and considers user ability to manage their digital identity. Var...
YohkoOrito, Kiyoshi Murata and Yasunori Fukuta
International Review of Information Ethics   19 52-68   2013年   [査読有り]
Social Attitudes of Young People in Japan towards Online Privacy
Kiyoshi Murata, Yohko Orito, Yasunori Fukuta
Journal of Law, Information and Science   23(1) 137-157   2013年   [査読有り]
The Schizophrenic Society: The Potential Risk of Individual Identity Crises in the Participatory Surveillance Environment
Kiyoshi Murata, Yohko Orito
ICT-ethics: Sweden and Japan, Studies in Applied Ethics   15 10-23   2013年   [査読有り][招待有り]
Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Pat Parslow
International Review of Information Ethics   16 18-26   2011年   [査読有り]
Yohko Orito
J. Inf., Comm, Ethics in Society   9(1) 5-19   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Do Honest People Pull the Short Straw? The Paradox of Openness
Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Miha Takubo (担当:共著)
Springer   2018年8月   ISBN:978-3-319-99604-2
Widespread acceptance of the value of the culture of openness and honesty in cyberspace, due to the proliferation of (in many cases, ostensibly free) online services such as social media, paradoxically encourages ‘clever’ or ‘crafty’ people to use...
Kiyoshi Murata and Yohko Orito (担当:共著, 範囲:Communication Ethics in Japan: A Sociocultural Perspective on Privacy in the Networked World)
Rowman & Littlefield International   2016年6月   ISBN:1783485973
崔 英靖, 大西 正志, 折戸 洋子 (担当:共編者, 範囲:8,9,10章執筆)
晃洋書房   2016年3月   ISBN:4771027013
折戸洋子 (担当:分担執筆, 範囲:Real name social networking services and risks of digital identity: Can we manage our digital identity?)
Springer   2015年7月   ISBN:3709116880
折戸洋子 (担当:分担執筆, 範囲:193-217)
専修大学出版局   2010年9月   ISBN:4881252526

講演・口頭発表等

 
A comparative study of the sharing economy in Japan and Sweden
Per Fors, Yuu Inutsuka, Takashi Majima, Yohko Orito
Second workshop of Information and Communication Technology for Sustainability and Ethics: Cross-national Studies between Japan and Sweden   2019年3月13日   
田窪美葉,折戸洋子,村田潔
横浜国立大学ビジネスシミュレーション研究拠点会議 兼 第18回YBGユーザ会議   2019年2月21日   
高齢化地域コミュニティにおける災害時対応のための個人情報管理ー備前市片上地区町内会による「声かけ名簿」事例ー
折戸洋子・鈴木静・村田潔・崔英靖
日本情報経営学会第77回全国大会   2018年11月23日   日本情報経営学会
61-64
オンラインネットワークで行うアテンションゲームの試作
田窪美葉・折戸洋子・村田潔
日本シミュレーション&ゲーミング学会 2018年度秋期全国大会   2018年11月18日   
44-51
Cyborg Athletes or Technodoping: How Far Can People Become Cyborgs to Play Sports?
Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito, Andrew A. Adams, Mario Arias-Oliva and Jorge Pelegrin-Borondo
ETHICOMP 2018   2018年9月25日   
配慮すべき個人情報とは何か:要配慮個人情報に対する批判的検討
福田康典・村田潔・折戸洋子
日本情報経営学会第76回全国大会(北海道情報大学)   2018年6月3日   
175-178頁
Honest People Pull the Short Straw: The Paradox of Openness
Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Hidenobu Sai
The 6th Asian Privacy Scholars Network International Conferenc   2017年9月27日   
国家による監視と日本社会:エドワード・スノーデンが教えてくれたこと
村田潔,折戸洋子,福田康典
経営情報学会2017年秋季全国研究発表大会   2017年9月22日   
サイボーグ化する人間の倫理
村田潔,福田康典,折戸洋子
日本情報経営学会第73回全国大会    2017年6月3日   
Japanese data sensitivity: A preliminary study
Kiyoshi Murata,Andrew A. Adams, Yasunori Fukuta, Yohko Orito,Ana María Lara Palma
5th Asian Privacy Schlars Network   2016年12月13日   
センシティブデータとは何か:個人情報の適切な保護に向けて
福田康典,村田潔,折戸洋子
日本情報経営学会第73回全国大会   2016年9月18日   
下からの医療情報化:医師および患者による口コミ情報の発信・共有と共感型コミュニティ形成
折戸洋子,崔英靖,村田潔
日本情報経営学会第72回全国大会   2016年5月21日   
pp.107-110
Despite feeling vaguely uneasy:Japanese youngsters still to continue to use social media [招待有り]
Yohko Orito
CIST 2016   2016年5月11日   
Would You Do What Snowden Did? An International Study of University Students' Reactions to Snowden's Actions and Revelations
Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Ana María Lara Palma
7th Biennial Surveillance & Society Conference   2016年4月22日   Surveillance Studies Network
参加型監視環境の自己同一性への影響:「解離」を題材にして
折戸洋子,青木理奈,村田潔
経営情報学会2015年秋季全国研究発表大会   2015年11月   
村田潔, 折戸洋子
日本情報経営学会全国大会予稿集   2015年6月20日   
エドワード・スノーデン事件の社会的影響:産官複合体による監視とプライバシー
村田潔、折戸洋子、八鍬幸信、上杉志朗
日本情報経営学会第69回全国大会   2014年11月   
I Will Use This, Because I Just Want to: Social Media Users' Groundless Reliance on Social Media Companies
Yohko Orito, Yasunori Fukuta,Kiyoshi Murata
The 2nd International Conference on Multimedia and Human-Computer Interaction (MHCI)   2014年8月   
Social Impacts of Snowden's Revelations in Japan: Exploratory Research
Kiyoshi Murata, Andrew A. Adams, Yohko Orito, Yasumori Fukuta and Ana Maria Lara Palma
Asian Privacy Scholars Network 4th International Conference   2014年7月   
Dividualisation: objectified and partialised human beings
Yohko Orito and Kiyoshi Murata
CEPE 2014   2014年6月   

Works

 
村田潔・折戸洋子編 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール5期生、明治大学商学部 村田ゼミナール21期生   その他   2019年3月 - 現在
 「シェア」という概念、およびその現象に注目し、情報およびモノのシェアが現在どのように行われており、また特に日本でのホームシェアリングがどのような状況にあるのかについて調査を行った。本書は、その文献研究の結果、およびアンケート調査(日本語、英語、中国語、スペイン語での実施)やインタビュー調査の結果をまとめたものである。
折戸洋子編 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール4期生、調査協力:明治大学商学部 村田ゼミナール20期生    その他   2017年7月 - 現在
本研究では、若者世代の消費者が飲食店を選択する際にクチコミ情報やクチコミサイトがどのように利用されているのか、クチコミを書かれる飲食店側にとってのクチコミ情報の意義や価値があるのかについて、アンケート調査やインタビュー調査を通じて考察する。
村田潔・折戸洋子編 明治大学商学部村田ゼミナール18期生 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール2期生   教材   2016年3月 - 現在
小学生、中学生、高校生の子供を持つ保護者の方、また小学校、中学校、高等学校で児童・生徒たちの生活指導に関わっている方々を対象に、現在急速に普及しつつあるメッセンジャーアプリLINEの利用実態とその利用のあるべき姿について、子供あるいは児童・生徒とともに学ぶための資料として、また簡単な教材として役立つよう編集されたものである。
村田潔・折戸洋子編 明治大学商学部村田ゼミナール17期生 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール1期生   教材   2015年3月 - 現在
 ソシアルメディアを活用した就職活動、「ソー活」についての調査報告書
ビジネス情報倫理研究所編   教材   2012年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
ネットワークを応用したアテンションゲームの制作
公益財団法人科学技術融合振興財団: 平成30年度 調査研究助成
研究期間: 2019年2月 - 2021年1月    代表者: 田窪美葉
持続可能性と倫理の実現に資する情報通信技術の開発と利用に関する日瑞比較研究
日本学術振興会・STINT: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 村田潔
ソーシャルメディアの利用が若者の自己同一性形成に与える影響に関する学際的研究
文部科学省: 科学研究費補助金:基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 折戸 洋子
分担者:村田潔、田窪美葉
ユーザ中心のプライバシー保護と個人情報セキュリティ確立に関する学際的国際比較研究
文部科学省: 科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: Andrew A Adams
国民番号制度の有効性と社会的課題に関する学際的比較研究:日本と北欧諸国を中心に
文部科学省: 科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 長井 偉訓