住田 孝之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 03:15
 
アバター
研究者氏名
住田 孝之
 
スミダ タカユキ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2013年4月
   
 
Modern Rheumatology  編集長
 
2017年4月
   
 
日本リウマチ学会  理事
 
2006年
 - 
2014年9月
日本シェーグレン症候群学会  理事長
 
2009年4月
 - 
2015年4月
日本リウマチ学会  理事
 

受賞

 
2010年9月
第二回日本シェーグレン症候群学会賞
 
1996年5月
日本リウマチ学会賞
 
1994年4月
日本内科学会奨励賞
 

論文

 
Kawaguchi, Hoshimi; Matsumoto, Isao; Osada, Atsumu; Kurata, Izumi; Ebe, Hiroshi; Tanaka, Yuki; Inoue, Asuka; Umeda, Naoto; Kondo, Yuya; Tsuboi, Hiroto; Ishigami, Akihito; Sumida, Takayuki
Modern rheumatology   1-16   2018年10月
[OBJECTIVE] To explore the relevance of citrullinated proteins and anti-citrullinated protein antibodies (ACPA) via protein arginine deiminase (PAD) inhibition in peptide glucose-6-phosphate isomerase-induced arthritis (pGIA).
[METHODS] Cl-amidine...
Kawaguchi, Hoshimi; Matsumoto, Isao; Osada, Atsumu; Kurata, Izumi; Ebe, Hiroshi; Tanaka, Yuki; Inoue, Asuka; Umeda, Naoto; Kondo, Yuya; Tsuboi, Hiroto; Ishigami, Akihito; Sumida, Takayuki
Modern Rheumatology   1-16   2018年10月   [査読有り]
[OBJECTIVE] To explore the relevance of citrullinated proteins and anti-citrullinated protein antibodies (ACPA) via protein arginine deiminase (PAD) inhibition in peptide glucose-6-phosphate isomerase-induced arthritis (pGIA).
[METHODS] Cl-amidine...
A case of otitis media with ANCA-associated vasculitis accompanied with pituitary mass successfully treated by corticosteroids.
Takahashi, Hidenori;Tsuboi, Hiroto;Used, Naoto;Toko, Hirofumi;Honda, Fumika;Oyama, Ayako;Abe, Saori;Yokosawa, Masahiro;Asashima, Hiromitsu;Hagiwara, Shinya;Kondo, Yuya;Matsumoto, Isao;Hirose, Yuki;Hara, Akira;Sumida, Takayuki
Modern Rheumatol Case Reports   2(2) 185-190   2018年4月   [査読有り]
Involvement of CD161+Vδ1+γδT cells in systemic sclerosis: Association with interstitial pneumonia.
松本, 功;洋人, 坪井;孝之, 住田
Rheumatology(Oxford)      2014年4月   [査読有り]
Nakamagoe, Kiyotaka; Yanagiha, Hisami; Miyake, Zenshi; Kondo, Yuya; Hiyama, Takashi; Ishii, Akiko; Kaji, Yuichi; Oshika, Tetsuro; Sumida, Takayuki; Tamaoka, Akira
Internal medicine (Tokyo, Japan)   Advanced Publication    2018年7月   [査読有り]
We herein report the case of a patient who developed peripheral neuropathy of the bilateral lower legs that later became complicated with isolated oculomotor nerve disorder and was finally diagnosed as systemic lupus erythematosus (SLE). Based on ...

書籍等出版物

 
分子細胞免疫学
浅島, 弘充;安部, 沙織;近藤, 裕也;髙橋, 広行;坪井, 洋人;住田, 孝之 (担当:単訳, 範囲:第19章過敏症)
2018年3月   
診療ガイドライン UP-TO-DATE 2018-19
住田,孝之
2018年1月   
Pocket Drugs 2018
住田, 孝之;堀越, 正信;近藤, 裕也
2018年1月   
成人スチル病診療ガイドライン2017年版
岩本, 雅弘;太田, 晶子;大田, 明秀;岡本, 奈美;沖山, 奈緒子;金子, 駿太;川口, 鎮司;河野, 肇;近藤, 裕也;髙崎, 芳成;高橋, 広行;武井, 修二;西本, 憲弘;藤本, 学;舟久保, ゆう;住田, 孝之;三森, 明夫
2017年11月   
1336専門家による私の治療2017-2018
住田,孝之
2017年8月   

講演・口頭発表等

 
Sjögren症候群
住田, 孝之
平成29年度AMED斎藤班拠点運営会議   2018年2月13日   
間質性肺炎モデルマウスにおける新規化合物HPH-15の有用性の検討
瀬川, 誠司;後藤, 大輔;飯塚, 晃;松本, 功;大塚, 雅巳;住田, 孝之
平成29年度厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等政策研究事業 第20回強皮症研究会議(尹班)   2018年1月13日   
IgG4関連疾患発症におけるCCL18-CCR18系路の解析と新規治療戦略の開発
住田, 孝之;坪井, 洋人
平成29年度日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業  IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に 関する研究班   2017年12月16日   
The regulatory role of Allergin-1 in autoantibody production
Iizuka, Akira;Segawa, Seiji;Kondo, Yuya;Kaneko, Shunta;Yokosawa, Masahiro;Furuyama, Kotona;Miki, Haruka;Furuyama, Kotona;Tahara-Hanaoka, Satoko;Tsuboi, Hiroto;Goto, Daisuke;Matsumoto, Isao;Shibuya, Akira;Shibayama, Shiro;Sumida, Takayuki
第46回日本免疫学術集会   2017年12月13日   
The role of follicular helper 17 T cells and desialylation of autoantibody in Glucose-6-phosphate isomerase induced arthritis.
Kurata, Izumi;Matsumoto, Isao;Ebe, Hiroshi;Kawaguchi, Hoshimi;Kondo, Yuya;Tsuboi, Hiroto;Sumida, Takayuki
第46回日本免疫学術集会   2017年12月12日   

競争的資金等の研究課題

 
シェーグレン症候群発症の分子機構と制御
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 住田 孝之
IgG4関連疾患の診断基準並びに治療指針の確立を目指した研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 千葉勉
関節リウマチ病態形成におけるSMAD-STATシグナル伝達ネットワーク
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 真村 瑞子
自己免疫疾患モデルの作成および解析
小野薬品工業株式会社: 共同研究一般研究
研究期間: 2015年10月 - 2016年4月    代表者: 住田孝之
自己免疫疾患モデルの作成及び解析
小野薬品工業株式会社: 共同研究一般研究
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 住田孝之

特許

 
2017-132888 : 関節リウマチ診断薬
松本, 功;住田 孝之;川口 星美