中馬越 清隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
中馬越 清隆
 
ナカマゴエ キヨタカ
eメール
nakamagoekmd.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/neurology/myweb7_005.htm
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
講師
学位
医学博士(筑波大学)
科研費研究者番号
10436272

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1992年5月
筑波大学附属病院 内科 見学生
 
1992年6月
 - 
1993年11月
筑波大学附属病院 神経内科 医員(研修医)
 
1993年12月
 - 
1994年3月
県西総合病院 内科 内科医師
 
1994年4月
 - 
1994年9月
つくば双愛病院 神経内科 医師
 
1994年10月
 - 
1995年9月
筑波大学附属病院 医員(研修医)
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
筑波大学 医学研究科 生理学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
日本神経眼科学会  学術賞予備審査委員
 
2016年1月
 - 
2016年12月
Journal of Alzheimer's Disease  Associate Editor
 
2014年
   
 
日本神経眼科学会  Editorial Members
 
2009年
 - 
2013年
日本神経眼科学会  Editorial staffs
 
2000年
   
 
日本神経眼科学会  評議員
 

受賞

 
2001年3月
筑波大学 筑波大学大学院博士過程医学研究科最優秀論文賞受賞
 
Role of neurons in the paramedian tract of the pons in vertical eye movement
2005年11月
日本神経眼科学会 第16回日本神経眼科学会学術奨励賞
 
下部脳幹病変にて眼位保持障害および前庭バランス障害を呈した1例
2011年10月
茨城県医師会 平成23年度茨城県医師会勤務医部会学術奨励賞
 
有機ヒ素化合物中毒者の眼球運動障害の検討

論文

 
Nakamagoe, Kiyotaka;Yamada, Shiori;Kawakami, Rio;Miyake, Zenshi;Tozaka, Naoki;Okune, Sho;Takeda, Hayato;Koganezawa, Tadachika;Tamaoka, Akira
Journal of the neurological sciences   397 4-8   2019年2月   [査読有り]
Background

Cortical damage in areas such as the frontal lobe is reported in amyotrophic lateral sclerosis (ALS). However, aside from executive dysfunction, the pathological significance of this cortical damage has yet to be clarified. The present...
Miyake, Zenshi;Nakamagoe, Kiyotaka;Ogawa, Yasuhiro;Matsuyama, Masashi;Nakano, Noriyuki;Nasu, Katsuhiro;Noguchi, Masayuki;Hizawa, Nobuyuki;Tamaoka, Akira
Neurology and Clinical Neuroscience   7(1) 37-39   2019年1月   [査読有り]
We herein report the case of a 73‐year‐old man presenting bilateral hypoglossal nerve palsy as the initial symptom of metastatic lung cancer. The patient had subacute dysarthria and dysphagia caused by a disturbance in the protrusion of his tongue...
Miyake, Zenshi; Nakamagoe, Kiyotaka; Ezawa, Naoki; Yoshinaga, Tsuneaki; Hashimoto, Ryosuke; Sato, Taiki; Sekijima, Yoshiki; Tamaoka, Akira
Internal medicine (Tokyo, Japan)   Advanced Publication    2018年10月   [査読有り]
We herein report the case of an 84-year-old woman with transthyretin (TTR) Val30Met-associated familial amyloid polyneuropathy (FAP-ATTR Val30Met), representing a very old case. The patient had muscle weakness and sensory disturbances in her extre...
Nakamagoe, Kiyotaka; Yanagiha, Hisami; Miyake, Zenshi; Kondo, Yuya; Hiyama, Takashi; Ishii, Akiko; Kaji, Yuichi; Oshika, Tetsuro; Sumida, Takayuki; Tamaoka, Akira
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(23) 3445-3449   2018年7月   [査読有り]
We herein report the case of a patient who developed peripheral neuropathy of the bilateral lower legs that later became complicated with isolated oculomotor nerve disorder and was finally diagnosed as systemic lupus erythematosus (SLE). Based on ...
石川,均;秋山,久尚;奥,英弘;加島,陽二;城倉,健;溝田,淳;曽我部,由香;大久保,真司;大出,尚郎;大井,長和;島田,佳明;北里,英郎;山野井,貴彦;市邉,義章;渡辺,敏樹;鈴木,利根;中馬越,清隆;原,直人;木村,亜紀子;三木,淳司;中馬,秀樹;植木,智志;浅川,賢;松井,孝子;橋本,雅人;中村,誠
神経眼科   35(2) 216-236   2018年

書籍等出版物

 
産科と婦人科
中馬越,清隆
診断と治療社   2018年10月   
臨床医・RI技師のための脳SPECTパーフェクトガイド
Nakamagoe,Kiyotaka
メディカ出版   2018年4月   
臨床医・RI技師のための脳SPECTパーフェクトガイド
Nakamagoe,Kiyotaka
メディカ出版   2018年4月   
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 脊髄・脊椎疾患、髄液動態異常 Brown-Sequard症候群(解説/特集
中馬越, 清隆 (担当:監修)
日本臨床   2014年11月   
今日の臨床サポート:ランバート・イートン(Lambert-Eaton)型筋無力症候群
中馬越清隆
エルゼビア・ジャパン株式会社   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
免疫チェックポイント阻害剤による筋・神経疾患 [招待有り]
中馬越,清隆
第2回免疫関連有害事象にどう対応するか   2018年11月16日   
左顔面神経麻痺、小脳症状で発症した孤発性Creutzfeldt Jacob病(sCJD)の1例
永井, 恵;保坂, 愛;石井, 一弘;村井, 伸司;辻, 浩史;織田, 彰子;中馬越, 清隆;玉岡, 晃
第543回日本内科学会関東地方会   2007年3月   
ミトコンドリア病および他の神経・筋疾患におけるGDF15 の検討
石井亜紀子;野原誠太郎;遠坂直希;三宅善嗣;奥根祥;辻浩史;冨所康志;中馬越清隆;石井, 一弘;渡邊雅彦;玉岡晃;八ッ賀秀一;古賀靖敏
第59回日本神経学会学術大会   2018年5月23日   
HNRNPA1変異を有する家族性筋萎縮性側索硬化症の一家系
武田勇人;野原誠太郎;石井亜紀子;奥根祥;遠坂直希;三宅善嗣;辻浩史;冨所康志;中馬越清隆;石井, 一弘;渡邊雅彦;成瀬紘也;石浦浩之;三井純;後藤順;辻省次;玉岡晃
第59回日本神経学会学術大会   2018年5月23日   
HNRNPA1変異を有する家族性筋萎縮性側索硬化症の一家系
三宅善嗣;石井, 一弘;野原誠太郎;遠坂直希;奥根祥;武田勇人;中馬越清隆;冨所康志;石井亜紀子;辻浩史;玉岡晃
第59回日本神経学会学術大会   2018年5月23日   

競争的資金等の研究課題

 
認知症患者の前庭刺激効果プログラムによる転倒予防効果
筑波大学: 平成29年度筑波大学研究基盤支援プログラム(Bタイプ)
研究期間: 2017年11月 - 2018年3月    代表者: 中馬越清隆
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 中馬越清隆
認知症患者のバランス障害メカニズムの解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2015年3月    代表者: 中馬越清隆
認知症患者は歩行障害を呈し、転倒・骨折を起こしやすい傾向が知られている。この原因の一つとして、前庭小脳系の機能障害によるバランス障害が考えられ、このメカニズムを解明し転倒予防に役立てることを最終目的とする。本研究では認知症患者の前庭機能を眼球運動検査及び温度眼振検査といった電気生理学的検査で解析評価する。
厚生労働省: 臨床研究中核病院事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山口 清次
厚生労働省: 臨床研究中核病院事業
研究期間: 2014年12月 - 2015年11月    代表者: 山口 清次

その他

 
2019年2月
創基151年筑波大学50周年記念基金推進委員会 理事
2017年5月
一般社団法人筑波大学医学同窓会桐医会 監事
2016年10月
平成 28・29年度代議員選挙 選挙管理委員(筑波大学医学同窓会桐医会)
2016年10月
一般社団法人筑波大学医学同窓会桐医会 設立時 監事
1992年4月
桐医会(筑波大学医学同窓会) 評議員