FUKAZAWA Yuuko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2019 at 03:21
 
Avatar
Name
FUKAZAWA Yuuko
Affiliation
Osaka Kyoiku University
Section
Faculty of Education, Course for School Teachers, Science Education
Job title
Associate Professor
Other affiliation
Osaka Kyoiku University
Research funding number
50379327

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2004
   
 
大阪教育大学教務職員
 
Apr 2007
   
 
大阪教育大学助手
 
Nov 2007
   
 
大阪教育大学講師
 

Education

 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
Division of Physics, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Nara Women's University
 

Awards & Honors

 
Oct 2008
真空進歩賞, 日本真空協会
 
高速陽子の散乱を用いたイオン結晶表面の構造解析

Published Papers

 
真空槽内で加熱しているアルカリハライドの表面温度測定
深澤優子,田崎賢也,鈴木康文
表面と真空   62(9) 546-550   Sep 2019   [Refereed]
Desorption Yields and Irradiation-Condition Dependence of Layer-by-Layer Removal for KBr(001) Surface Stimulated by Electrons
Y. Fukazawa,R. Nakagawa and Y. Susuki
Vacuum and Surface Science   61(4) 166-171   Apr 2018   [Refereed]
Detection system for keV proton beam scattered from an ESD-surface with monolayer pits of alkali halide crystal
Y. Fukazawa,R. Nakagawa and Y. Susuki
The Vacuum Society of Japan   60(4) 153-157   Apr 2017   [Refereed]
Rectangular pits created on KBr(001) surface by electron stimulated desorption and imaged by Au decoration and C replication
Y. Fukazawa,T. Nishiguchi and Y. Susuki
The Vacuum Society of Japan   59(4) 87-91   Apr 2016   [Refereed]
A Simple Image Intensifier Prepared for the Transport of Nano-Ampere keV Ion Beams
Y. Fukazawa,Y. Toba and Y. Susuki
Journal of The Vacuum Society of Japan   58(4) 140-143   Apr 2015   [Refereed]

Misc

 
Contributions of Our Hand-made Museum to Education for Children in Elementary Schools
横谷真一・中村秀俊・廣瀬明浩・深澤優子・鈴木康文
大阪教育大学紀要 第Ⅴ部門   56(1) 41-48   Sep 2007
手作り科学館と学校インターン制度を活用した実験教材の開発
大寺栄理子 深澤優子 越智健太 光原圭 細川太郎 鈴木康文
大阪教育大学紀要Ⅴ部門   55(1) 17-24   Sep 2006
手作り科学館と学校インターン制度を利用して,自作教材のみならず,小学校の授業単元についても研究した。手作り教材をもっとも有効に用いるために,どの単元のどこにどんな授業を入れればよいかを考察し,実践した。この一連の流れが,素質ある教員養成につながっていくことを示した。
A Teaching Material for a Model of Resonance-Vibration under a Periodic Magnetic Field
Wakatsuki Akira,Fukazawa Yuuko,Fujimoto Toyohiro,Hosokawa Taro,Susuki Yasufumi
大阪教育大学紀要Ⅴ部門   54(2) 21-28   Mar 2006
ネオジウム磁石を用いて,電磁気学現象を取り扱う教材を開発した。物体の磁化,磁気浮上,電流が作る磁場,物体の共鳴振動など,主に電磁気学に関係する多くの物理現象の演示教材に仕上げた。これを用いて,小学校で実演し,多くの子どもたちからの意見を参考にし,今後の教材開発研究に役立てるよう考察を行った。
Preparation of a Teaching Material for Study of Standing Wave on a String Leaned from Direction of Given Vibration
深澤優子,若月暁,藤本豊大,細川太郎,鈴木康文
大阪教育大学紀要Ⅴ部門   54(1) 115-122   Sep 2005
張った糸を伝わる波の物理教材を開発した。これに関しては,メルデの実験装置というものが市販されているが,大型で扱いにくく価格も高価であるため,コンパクトで安価に仕上げることができるよう工夫した。また,糸を斜めに張ることを初めから念頭において製作した。斜めに張ることで,波源の振動と進行する波の振幅との間の角度が持つ意味を,既製品を使うより深く考察できるようにした。

Conference Activities & Talks

 
斜入射 keV 陽子散乱で観察する KBr 表面の電子刺激脱離
田崎賢也, 深澤優子,鈴木康文
日本物理学会2019年秋季大会   10 Sep 2019   日本物理学会
電子刺激によるKBr表面第一層の脱離原子量の周期的変化を調べる陽子散乱軌道計算Ⅳ
深澤優子,鈴木康文
日本物理学会2019年秋季大会   10 Sep 2019   日本物理学会
電子刺激によるKBr表面第一層の脱離原子量の周期的変化を調べる陽子散乱軌道計算Ⅲ
深澤優子,鈴木康文
日本物理学会第74回年次大会   14 Mar 2019   日本物理学会
イオンビームの計測で描く高校物理教員のための課題研究
辛有喜、岡田磨依、天野勝斗、田崎賢也、深澤優子、鈴木康文
フォーラム21-イオンビームを用いた物理とその応用-   12 Jan 2019   
イオンビームを用いた実験から派生させた発展的高校電磁気学
中川裕紀、田崎賢也、中西敦揮、濱口拓斗、深澤優子、鈴木康文
フォーラム21-イオンビームを用いた物理とその応用-   12 Jan 2019   

Research Grants & Projects

 
Scattering of Fast Ions at Surface of Crystal
Project Year: 2005   
Development of Teaching Materials for Physics Experiments
Project Year: 2004   

Social Contribution

 
第23回非弾性イオン表面衝突に関する国際会議実行委員
[Organizing Member]  23rd International Workshop on Inelastic Ion-Surface Collisions (IISC-23)  1 Apr 2017
奈良学園中学校・高等学校 SSH運営指導委員
[Advisor, Organizing Member]  1 Apr 2015