NUMAO Shigeharu

J-GLOBAL         Last updated: Sep 26, 2019 at 11:45
 
Avatar
Name
NUMAO Shigeharu
Affiliation
National Institute of Fitness and Sports in Kanoya
Section
Sports and Life Science
Job title
Assistant Professor
Degree
Phylosophy of Doctor(University of Tsukuba)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2007
Sports Medicine, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
 
 
 - 
2002
Faculty of Education, Ibaraki University
 

Published Papers

 
Left Ventricular Diastolic Function during the Normal Peripartum Period
Kimura Y, Kato T, Miyata H, Sasaki I, Minamino-Muta E, Nagasawa Y, Numao S, Nagano T, Higuchi T, Inoko M
Circulation Journal   (in press)    2019   [Refereed]
Kimura Y, Kato T, Miyata H, Sasaki I, Minamino-Muta E, Nagasawa Y, Numao S, Nagano T, Higuchi T, Inoko M.
PLoS ONE   14(2) e0211982   2019   [Refereed]
Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Takahashi M, Konishi M, Sakamoto S
Applied physiology, nutrition, and metabolism = Physiologie appliquee, nutrition et metabolisme   41(8) 895-902   Aug 2016   [Refereed]
経皮的冠動脈形成術後の負荷心筋血流イメージング検査
岡田 好, 加藤 貴雄, 廣瀬 紗也子, 長澤 吉則, 沼尾 成晴, 猪子 森明
日本冠疾患学会雑誌   21(1) 20-27   Mar 2015
Kim HK, Konishi M, Takahashi M, Tabata H, Endo N, Numao S, Lee SK, Kim YH, Suzuki K, Sakamoto S
PloS one   10(9) e0137567   2015   [Refereed]
運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動時における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響
金 鉉基, 高橋 将記, 小西 真幸, 田端 宏樹, 遠藤 直哉, 沼尾 成晴, 鈴木 克彦, 坂本 静男
日本臨床スポーツ医学会誌   22(3) 497-505   Aug 2014
高齢心疾患患者におけるチェア・エクササイズの安全性と効果の検討
辰巳 由香理, 小笹 寧子, 斎藤 由佳, 森島 史佳, 梅田 陽子, 吉田 路子, 鮑 炳元, 沼尾 成晴, 長澤 吉則, 浜崎 博, 木村 剛
心臓リハビリテーション   19(1) 95-99   Feb 2014
The difference of the influence between acute swimming and running on cardiac fatigue in young male
Endo N, Konishi M, Kim HK, Takahashi M, Nishimaki M, Numao S, Sakamoto S.
44(2) 77-89   2014   [Refereed]
Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Konishi M, Takahashi M, Sakamoto S
Metabolism: clinical and experimental   62(10) 1406-1415   Oct 2013   [Refereed]
Kawano H, Mineta M, Asaka M, Miyashita M, Numao S, Gando Y, Ando T, Sakamoto S, Higuchi M
Appetite   66 26-33   Jul 2013   [Refereed]
Effects of one night of sleep deprivation on maximal fat oxidation during graded exercise.
Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S.
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   2(1) 121-126   2013   [Refereed]
Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S
Journal of sports sciences   31(3) 248-255   2013   [Refereed]
Kawano H, Motegi F, Ando T, Gando Y, Mineta M, Numao S, Miyashita M, Sakamoto S, Higuchi M
Obesity research & clinical practice   6(2) e91-e174   Apr 2012   [Refereed]
Short-term low carbohydrate/high fat diet intake increases postprandial blood glucose and glucagon-like peptide 1 levels during an oral glucose tolerance test in healthy men
Numao S, Kawano H, Endo N, Yamada Y, Konishi M, Takahashi M, Sakamoto S.
European Journal of Clinical Nutrition   66(8) 926-931   2012   [Refereed]
Numao S, Sasai H, Nomata Y, Matsuo T, Eto M, Tsujimoto T, Tanaka K
Obesity facts   5(6) 845-855   2012   [Refereed]
食後の腕屈伸運動による筋肉血液量変動パターンが食後血糖上昇に及ぼす影響 特定保健用食品茶飲料との比較
沼尾 成晴, 加藤 雄士, 鈴木 正成
日本臨床栄養学会雑誌   33(3-4) 112-119   Dec 2011
断眠の交感神経副腎髄質系およびHPA系に及ぼす影響 唾液中ストレス指標による検討
小西 真幸, 高橋 将記, 遠藤 直哉, 沼尾 成晴, 高木 俊, 宮下 政司, 緑川 泰史, 鈴木 克彦, 坂本 静男
日本臨床生理学会雑誌   41(3) 129-135   Jun 2011
[Exercise for obese individuals with metabolic syndrome].
Tanaka K, Eto M, Ohkawara K, Numao S, Katayama Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 1 538-543   Jan 2011   [Refereed]
Numao S, Katayama Y, Hayashi Y, Matsuo T, Tanaka K
Metabolism   60(2) 186-194   2011
Chronic effect of light resistance exercise after ingestion of a high-protein snack on increase of skeletal muscle mass and strength in young adults.
Kato Y, Sawada A, Numao S, Suzuki M
Journal of nutritional science and vitaminology   57(3) 233-238   2011   [Refereed]
特定保健用食品の問題点 食後血糖値上昇を抑制する茶飲料の日常生活条件下での効果検討とダンベル体操との効果比較
沼尾 成晴, 鈴木 正成
日本臨床栄養学会雑誌   31(4) 136-143   Jun 2010
Sasai H, Matsuo T, Numao S, Sakai T, Mochizuki M, Kuroda K, Okamoto M, Tanaka K
Geriatrics and Gerontology International   10(3) 244-250   2010
Ohkawara K, Nakata Y, Numao S, Sasai H, Katayama Y, Matsuo T, Okura T, Tanaka K
Annals of Nutrition and Metabolism   56(1) 1-8   2009
Matsuo T, Kim MK, Murotake Y, Numao S, Kim MJ, Ohkubo H, Tanaka K.
International Journal of Obesity.   34(1) 136-145   2009
Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Tanaka K.
Metabolism   58 1312-1319   2009
Kato Y, Sawada A, Numao S, Miyauchi R, Imaizumi K, Sakamoto S, Suzuki M
J. Nutr. Sci. Vitaminol   55(2) 106-111   2009
Numao S, Suzuki M, Matsuo T, Nomata Y, Nakata Y, Tanaka K.
Med. Sci. Sports Exerc.   40(7) 1271-1276   2008
中高年男性における総合的体力および体力因子とメタボリックシンドロームとの関係
加藤 祐介, 清野 諭, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 新村 由恵, 冨田 次男, 山吹 啓介, 田中 喜代次
肥満研究   13(3) 283-289   Dec 2007
メタボリックシンドローム(MetSyn)の予防・改善には,全身持久性体力(CRF)の関与が報告されており,身体活動量を増やすことが推奨されている.身体活動量の増大には,筋力や柔軟性などCRF以外の体力因子も影響を与えていると考えられるため,MetSynと体力との関連性は,CRFのみならず他の体力因子も含めた総合的体力としての検討が必要であろう.そこで本研究では,中高年男性133名(62.8±8.2歳)を対象に,MetSynに該当する者と該当しない者における総合的体力および体力因子の差異を検...
Okura T, Nakata Y, Ohkawara K, Numao S, Katayama Y, Matsuo T, Tanaka K
Obesity (Silver Spring, Md.)   15(10) 2478-2484   Oct 2007   [Refereed]
強度を自己選択した有酸素性運動中における生理的要因の経時変化と自覚的運動強度との相互関係
林 容市, 鈴木 宏哉, 沼尾 成晴, 田中 喜代次
体育学研究   52(2) 119-131   Mar 2007
主観に基づき負荷を自己選択した運動中に測定される自覚的運動強度(RPE)と自己選択される運動負荷の値を用い、両者の関係を時系列的に検討することで、SSEI法およびSSFL法で運動中に自己選択される負荷や生理的負荷と主観的な疲労・努力感覚との関係について検討した。健康な成人男性36例を対象とした。SSEI法およびSSFL70%という負荷調節法を用いた運動中の生理的負荷および物理的負荷の両者と自覚的運動強度との交差相関係数を算出し、運動負荷を自己選択する際の生理的・物理的負荷と運動に伴う疲労感...
Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Tomita T, Ohkawara K, Nakata Y, Okura T, Tanaka K.
Obes Res Clin Pract   1(4) 273-279   2007
Okura T, Nakata Y, Ohkawara K, Numao S, Katayama Y, Ono Y, Matsuo T, Sone H, Tanaka K.
Obes Res Clin Pract   1(3) 213-221   2007
Matsuo T, Okura T, Nakata Y, Yabushita N, Numao S, Sasai H, Tanaka K.
Obes Res Clin Pract   1(2) 109-117   2007
食行動意識が肥満男性の活力年齢および減量効果に及ぼす影響
鈴木 恵美, 大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 田中 喜代次
肥満研究   12(2) 112-118   Aug 2006
食行動意識の違いが健康度および減量効果に差が生じることを明らかにするため,健康度を包括的に表す活力年齢を用い,肥満男性の食行動意識の違いと活力年齢との関係性を検討するとともに,減量介入前後の食行動意識の変化が減量効果に及ぼす影響について検討した.本研究の対象者は肥満男性82名(平均年齢49.9±11.8歳)であり,全員が3ヵ月間の減量教室に参加した.対象者は減量プログラムの違いによって,食事群(39名),食事+運動群(23名),運動群(11名)の3群に分けられた.健康度・老化度を包括的に表...
Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Tomita T, Ohkawara K, Nakata Y, Tanaka K.
Int J Obes   30 1189-1196   2006
Hayashi Y, Nagasaka S, Takahashi N, Kusaka I, Ishibashi S, Numao S, Lee DJ, Taki Y, Ogata H, Tokuyama K, Tanaka K.
J Clin Endcrol Metab   90 4035-4040   2005
有酸素性運動中の脂質代謝 内臓脂肪面積の異なる肥満による比較
沼尾 成晴, 片山 靖富, 林 容市, 李 東俊, 田中 喜代次
肥満研究   10(2) 183-189   Aug 2004
閉経肥満女性11名対象に,腹腔内脂肪面積の違いによって皮下脂肪肥満(SF-Ob)6名と内臓脂肪肥満(VF-Ob)5名に分類し,換気性閾値以下と以上の両強度で運動した際の脂質代謝について,血中脂質,糖および内分泌の動態を観察し,強度の差異が有酸素運動中の内臓脂肪に及ぼす影響について比較検討した.最高酸素摂取量50%(50%trial),70%(70%trial)の強度に相当する負荷を用いたたが,両群において両trialとも血中アドレナリン,ノルアドレナリン,インスリン濃度に群間差は認めなかっ...

Misc

 
高齢者の日常生活におけるビタミンB12摂取量と認知機能および精神的健康との関係
谷口 真彦, 長澤 吉則, 沼尾 成晴
日本薬学会年会要旨集   138年会(4) 116-116   Mar 2018
慢性期心疾患患者におけるアディポカイン、マイオカインと動脈硬化性疾患危険因子との関連
沼尾 成晴, 長澤 吉則, 五郎丸 直美, 田巻 俊一
健康支援   20(1) 129-129   Feb 2018
水泳とランニングにおける一過性長時間運動が脂質代謝に及ぼす影響
遠藤 直哉, 小西 真幸, 金 鉉基, 西牧 未央, 沼尾 成晴, 坂本 静男
日本臨床スポーツ医学会誌   23(4) S263-S263   Oct 2015
時間選好率・危険回避度を用いた栄養食事指導に関する研究
奥村 万寿美, 西村 玲奈, 沼尾 成晴, 長澤 吉則, 福井 富穂
New Diet Therapy   31(2) 136-136   Sep 2015
静止立位姿勢時の足位置の違いによる足圧中心動揺の信頼性
長澤 吉則, 浅見 紘子, 出村 慎一, 杉本 寛恵, 沼尾 成晴
教育医学   61(1) 77-77   Aug 2015
静止立位姿勢時の筋肉率の左右差と足圧中心動揺の関係
浅見 紘子, 沼尾 成晴, 長澤 吉則
教育医学   61(1) 78-78   Aug 2015
高齢者のソフトバランスバーを用いた動的平衡能力と転倒リスクの関係
三好 美似菜, 沼尾 成晴, 長澤 吉則
教育医学   61(1) 135-135   Aug 2015
水泳とランニングの漸増負荷運動中における運動強度による脂質酸化量の比較
遠藤 直哉, 小西 真幸, 金 鉉基, 高橋 将記, 西牧 未央, 沼尾 成晴, 坂本 静男
日本臨床スポーツ医学会誌   22(4) S151-S151   Oct 2014
脂質割合の異なる食事の短期間摂取が食後糖代謝に及ぼす影響
沼尾 成晴, 坂本 静男
肥満研究   20(Suppl.) 199-199   Oct 2014
高脂肪食摂取中の一過性中強度有酸素性運動が食後糖代謝およびアディポカインに及ぼす影響
沼尾 成晴, 河野 寛, 遠藤 直哉, 山田 優香, 小西 真幸, 高橋 将記, 坂本 静男
体力科学   62(6) 571-571   Dec 2013
経皮的冠動脈形成術後のフォローアップの負荷心筋血流シンチの有用性
岡田 好, 加藤 貴雄, 木次 紗也子, 長澤 吉則, 沼尾 成晴, 猪子 森明
日本冠疾患学会雑誌   19(Suppl.) 214-214   Dec 2013
高齢者におけるステップ動作評価法の検討と転倒リスクとの関連
薮内 絵里加, 沼尾 成晴, 下村 雅昭, 千葉 真理子, 杉本 寛恵, 長澤 吉則
臨床運動療法研究会誌   15(1) 26-26   Apr 2013
維持期リハビリテーション参加高齢者における動脈硬化指数と運動時ダブルプロダクトの関係
薮内 愛弓, 沼尾 成晴, 下村 雅昭, 千葉 真理子, 杉本 寛恵, 長澤 吉則
臨床運動療法研究会誌   15(1) 27-27   Apr 2013
急性完全断眠の糖質・脂質代謝および漸増運動中の最大脂質酸化量に及ぼす影響
小西 真幸, 高橋 将記, 遠藤 直哉, 沼尾 成晴, 高木 俊, 宮下 政司, 緑川 泰史, 鈴木 克彦, 坂本 静男
体力科学   61(6) 633-633   Dec 2012
運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動時における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響
金 鉉基, 高橋 将記, 沼尾 成晴, 遠藤 直哉, 小西 真幸, 鈴木 克彦, 坂本 静男
体力科学   61(6) 634-634   Dec 2012
腹部脂肪の減少が冠危険因子に及ぼす影響
呉 世昶, 江藤 幹, 蘇 リナ, 辻本 健彦, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 田中 喜代次
教育医学   58(1) 75-76   Aug 2012
3年間包括的心臓リハビリテーション参加した維持期高齢者における身体機能の縦断的変化 ADL間差に着目して
杉本 寛恵, 下村 雅昭, 千葉 真理子, 沼尾 成晴, 長澤 吉則
教育医学   58(1) 140-140   Aug 2012
体幹装具着用が静止立位姿勢時の足底圧に及ぼす影響 女子学生を対象として
下原 佑佳利, 沼尾 成晴, 下村 雅昭, 千葉 真理子, 杉本 寛恵, 長澤 吉則
教育医学   58(1) 175-175   Aug 2012
維持期心臓リハビリテーション患者の日常身体活動量が健康関連QOLに及ぼす影響
森 のどか, 沼尾 成晴, 下村 雅昭, 千葉 真理子, 杉本 寛恵, 長澤 吉則
臨床運動療法研究会誌   14(1) 29-29   Apr 2012
食欲を抑制させる運動様式の探索
河野 寛, 宮下 政司, 沼尾 成晴, 丸藤 祐子, 坂本 静男, 樋口 満
健康医科学研究助成論文集   (27) 52-61   Mar 2012
先行研究で、比較的強度の高い運動は食欲を低下させることが示されているが、有酸素性運動の様式の違いが食欲に及ぼす影響については不明な点が多い。また、運動誘発性の食欲低下に血漿アシル化グレリン(以下A)の濃度低下が関与しているという報告が散見されるが、運動様式の違いがA濃度に及ぼす影響は明らかでない。そこで今回、各種運動のうち、重心の上下動がない有酸素性運動である自転車運動と、重心上下動の大きい有酸素性運動である縄跳び運動について、運動中・運動後の食欲変動に違いがあるか、あるとすればその違いを...
高脂肪食により惹起される食後高血糖に及ぼすアディポカインの影響
沼尾 成晴, 河野 寛, 小西 真幸, 山田 優香, 坂本 静男
健康支援   14(1) 85-85   Feb 2012
他者からの体型評価に対する意識レベルと社会的スキルおよび形態への不満状況との関連
林 容市, 沼尾 成晴, 坂井 智明
健康支援   14(1) 102-102   Feb 2012
高脂肪食摂取期間中の中強度有酸素性運動が食後糖代謝に及ぼす影響
沼尾 成晴, 河野 寛, 遠藤 直哉, 山田 優香, 小西 真幸, 高橋 将記, 坂本 静男
体力科学   60(6) 685-685   Dec 2011
【運動強度とトレーニング効果-健康支援における実際-】 脂肪燃焼と運動強度
沼尾 成晴
臨床スポーツ医学   28(10) 1105-1108   Oct 2011
短期間の高脂肪食摂取が食後糖代謝に及ぼす影響
沼尾 成晴, 坂本 静男
肥満研究   17(Suppl.) 176-176   Sep 2011
減量介入方法の違いと減量効果の大きさ 血液項目について
呉 世昶, 蘇 リナ, 辻本 健彦, 江藤 幹, 笹井 浩行, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 野又 康博, 田中 喜代次
臨床運動療法研究会誌   13(1) 39-39   Apr 2011
【メタボリックシンドローム(第2版) 基礎・臨床の最新知見】 予防・管理・治療 ライフスタイルへの介入によるメタボリックシンドロームの予防と治療 運動療法 メタボリックシンドロームの肥満者に対する運動療法
田中 喜代次, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 江藤 幹
日本臨床   69(増刊1 メタボリックシンドローム) 538-543   Jan 2011
身体活動が減量後の体重維持に及ぼす影響
江藤 幹, 笹井 浩行, 辻本 健彦, 蘇 リナ, 松尾 知明, 大久保 寛之, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 野又 康博, 田中 喜代次
体力科学   59(6) 793-793   Dec 2010
有酸素性運動実践が肥満男性の血中レチノール結合タンパク質4濃度に及ぼす影響
沼尾 成晴, 笹井 浩行, 野又 康博, 松尾 知明, 江藤 幹, 辻本 健彦, 田中 喜代次
体力科学   59(6) 819-819   Dec 2010
休息を挟みながら行う有酸素運動が全身持久力、体組成、耐糖能に及ぼす影響
後藤 一成, 沼尾 成晴, 河野 寛, 内田 直, 田中 喜代次, 石井 直方, 高松 薫
体力科学   59(6) 869-869   Dec 2010
【エネルギー代謝とアディポサイエンス】 臨床 肥満に対する運動療法とエネルギー代謝
田中 喜代次, 大河原 一憲, 沼尾 成晴
Adiposcience   6(4) 373-379   Jun 2010
メタボリックシンドローム(生活習慣病)の源流にある肥満を改善(減量)するために、運動療法は一般的に広く用いられている。減量の主な目的は体脂肪の減少にあることから、これまで、運動中の脂肪燃焼効率に主眼を置いた運動療法(低〜中強度で20分以上の運動)が展開されてきた。しかしながら、近年では、運動中の脂肪燃焼効率よりも運動中に利用される総エネルギー消費量が、肥満の改善(減量)につながることが明らかとなってきた。つまり、効果的な減量を達成するための運動療法は、脂肪燃焼にこだわることなく、運動中にで...
食後の腕屈伸運動による筋肉血液量変動パターンが食後血糖上昇に及ぼす影響 特定保健用食品茶飲料との比較
鈴木 正成, 沼尾 成晴
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   64回 99-99   May 2010
高たん白質間食摂取後の腕屈伸運動による筋肉血液量変動パターンが血漿分岐鎖アミノ酸濃度に及ぼす影響
加藤 雄士, 沼尾 成晴, 宮内 綾子, 鈴木 正成
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   64回 99-99   May 2010
肥満男性の有酸素性運動実践が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響 食事制限との比較
沼尾 成晴, 鈴木 正成, 笹井 浩行, 野又 康博, 田中 喜代次
体力科学   58(6) 788-788   Dec 2009
妻への生活習慣指導が夫の体重およびメタボリックシンドローム構成因子に及ぼす効果
松尾 知明, 金 孟奎, 沼尾 成晴, 金 美芝, 大久保 寛之, 田中 喜代次
体力科学   58(6) 842-842   Dec 2009
高たんぱく質スナック摂取後のダンベル体操によるインターバル血流増大の筋肉増量・増強作用
加藤 雄士, 澤田 篤史, 沼尾 成晴, 宮内 綾子, 今泉 和彦, 坂本 静男, 鈴木 正成
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   63回 139-139   May 2009
特定保健用食品 科学的エビデンスと生活科学的エビデンスの乖離
鈴木 正成, 沼尾 成晴, 石谷 未奈美, 金子 真司, 神家 さおり, 佐藤 陽一, 杉浦 里佳, 二宮 佐知子, 山下 高範
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   63回 180-180   May 2009
減量を目的とした有酸素性運動の実践および食事制限が肥満者の血液流動特性に及ぼす影響
片山 靖富, 中垣内 真樹, 中田 由夫, 沼尾 成晴, 大河原 一憲, 堀米 仁志, 田中 喜代次
健康医科学研究助成論文集   (24) 37-48   Mar 2009
肥満者を対象にエネルギー摂取量の変化を考慮したうえで、有酸素性運動の実践が血液流動性に及ぼす効果を検討した。同時に、運動実践よりも減量効率・減量幅が大きく、身体活動量に変化のない食事制限群を設けた。食事制限群では運動実践とは異なる血液成分の変化が起こる可能性があるため、運動実践の効果と比較することで、血液流動性改善のメカニズムについての知見を得るとともに、運動実践のみの有効性を検討した。総エネルギー消費量、身体活動量、歩数は増大したものの、エネルギー摂取量に変化がなかったことから、血液流動...
日本人のための健康関連体力指標VO2maxの標準化およびminimum zone(MZ)の設定
田中 喜代次, 林 容市, 坂井 智明, 沼尾 成晴, 中田 由夫
体力科学   57(1) 82-82   Feb 2008
有酸素性運動中および運動後の血中アディポネクチン分画濃度と糖・脂質代謝との関連性
沼尾 成晴, 鈴木 正成, 松尾 知明, 野又 康博, 中田 由夫, 田中 喜代次
体力科学   56(6) 687-687   Dec 2007
運動教室参加による日常生活身体活動量の変化が健康度に及ぼす影響
片山 靖富, 笹井 浩行, 沼尾 成晴, 大久保 寛之, 新村 由恵, 金 美芝, 中田 由夫, 田中 喜代次
体力科学   56(6) 772-772   Dec 2007
食事制限に運動実践を加えることによってもたらされる効果 The SMART Study
中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 松尾 知明, 沼尾 成晴, 大藏 倫博, 田中 喜代次
体力科学   56(6) 830-830   Dec 2007
食事療法を併用した有酸素性運動の実践がメタボリックシンドロームの改善に与える影響
大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 松尾 知明, 田中 喜代次
肥満研究   13(Suppl.) 208-208   Sep 2007
肥満者におけるメタボリックシンドローム罹患率と減量に伴う改善率の男女差 The SMART Study
中田 由夫, 片山 靖富, 松尾 知明, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 大藏 倫博, 田中 喜代次
肥満研究   13(Suppl.) 211-211   Sep 2007
CT画像を用いた内臓脂肪面積の算出における撮影間および検者間誤差の検討
笹井 浩行, 中田 由夫, 沼尾 成晴, 大藏 倫博, 田中 喜代次
肥満研究   13(Suppl.) 267-267   Sep 2007
肥満研究に関する未解決の課題
田中 喜代次, 中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 松尾 知明, 大藏 倫博
臨床運動療法研究会誌   9(1) 36-42   Apr 2007
食事制限に運動実践を加えることによる効果は肥満度によって異なる The SMART Study
中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 松尾 知明, 沼尾 成晴, 大藏 倫博, 田中 喜代次
臨床運動療法研究会誌   9(1) 54-54   Apr 2007
内臓脂肪と運動
田中 喜代次, 沼尾 成晴
日本医事新報   (4327) 94-95   Mar 2007
体重減少が血清脂質画分に与える影響と炎症の関連性について
野又 康博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 松尾 知明, 大藏 倫博, 田中 喜代次
体力科学   55(6) 699-699   Dec 2006
運動と食事による減量介入中の身体活動量と冠危険因子の変化
片山 靖富, 中田 由夫, 松尾 知明, 沼尾 成晴, 大河原 一憲, 大藏 倫博, 田中 喜代次
体力科学   55(6) 792-792   Dec 2006
メタボリックシンドローム危険因子の改善に求められる条件とは? The SMART Study
中田 由夫, 大藏 倫博, 松尾 知明, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 大河原 一憲, 田中 喜代次
肥満研究   12(Suppl.) 174-174   Sep 2006
減量指導による体重及び腹囲の減少とメタボリックシンドローム改善との関係 The SMART Study
大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 松尾 知明, 田中 喜代次
肥満研究   12(Suppl.) 174-174   Sep 2006
減量期および減量終了後10ヵ月経過時の体組成変動に対するBI法の妥当性:The SMART Study
大河原 一憲, 中田 由夫, 大蔵 倫博, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 松尾 知明, 中塘 二三生, 田中 喜代次
肥満研究   12(Suppl.) 212-212   Sep 2006
肥満女性の食行動意識が総合的健康度に及ぼす影響
鈴木 恵美, 大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 片山 靖富, 沼尾 成晴, 田中 喜代次
肥満研究   12(Suppl.) 246-246   Sep 2006
長期間にわたる運動の継続または中断が循環器疾患患者の体力および血液検査値に及ぼす影響
藪下 典子, 田中 喜代次, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 新村 由恵, 竹田 正樹, 檜山 輝男
臨床運動療法研究会誌   8(1) 17-17   Apr 2006
有酸素性運動と食事制限による体重減量が中年肥満男性の血清ホモシスティン濃度に与える影響-The SMART Study
大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 松尾 知明, 田中 喜代次
体力科学   54(6) 655-655   Dec 2005
減量後2年以上経過時における冠リスク保有数の変化 内臓脂肪蓄積量との関連-The SMART Study
中田 由夫, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 大藏 倫博, 田中 喜代次
体力科学   54(6) 656-656   Dec 2005
【高齢社会における運動支援実践ガイド】 高齢者の運動の効果 内臓脂肪への効果
田中 喜代次, 沼尾 成晴, 大藏 倫博
臨床スポーツ医学   22(臨増) 288-292   Nov 2005
減量中の有酸素性運動が肥満男性の血清ホモシスティン濃度に与える影響 The SMART Study
大藏 倫博, 中田 由夫, 大河原 一憲, 沼尾 成晴, 片山 靖富, 松尾 知明, 田中 喜代次
肥満研究   11(Suppl.) 217-217   Sep 2005
太極拳の習慣化が中高齢女性の健康度に及ぼす影響
姜 雷, 藤村 透子, 中田 由夫, 林 容市, 沼尾 成晴, 松尾 知明, 高田 香代子, 田中 喜代次
臨床運動療法研究会誌   7(1) 23-23   Apr 2005
一過性運動によるインスリン非依存性糖取り込みの増強
高橋 仁麗, 長坂 昌一郎, 草鹿 育代, 林 容市, 李 東俊, 沼尾 成晴, 田中 喜代次, 徳山 薫平, 石橋 俊
糖尿病   47(Suppl.1) S97-S97   Apr 2004
内臓脂肪量及びβ3-AR遺伝子変異の有無が有酸素性運動中の脂質代謝に及ぼす影響
林 容市, 田中 喜代次, 李 東俊, 沼尾 成晴, 山吹 啓介
臨床運動療法研究会誌   6(1) 32-32   Mar 2004
一般大学生における身体組成平均値の変化
田中 茂穂, 沼尾 成晴, 古沢 剛, 成田 知代, 松坂 晃, 服部 恒明
肥満研究   9(Suppl.) 166-166   Oct 2003

Books etc

 
Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior, and Health
Kanosue K, Oshima S, Cao ZB, Oka K. (Part:Contributor, Role of physical exercise on postprandial blood glucose responses to low-carbohydrate/high-fat diet intake)
Springer Japan   2015   

Conference Activities & Talks

 
Association between abdominal fat and metabolic syndrome components in premenopausal and postmenopausal obese women
Numao S, Suzuki M, Matsuo T, Katayama Y, Nakata Y, Ohkawara K, Okura T, Tanaka K
7th World Congress on Aging and Physical Activity,   Jul 2008   
Association between abdominal fat and metabolic syndrome components in premenopausal and postmenopausal obese women. Numao S, Suzuki M, Matsuo T, Katayama Y, Nakata Y, Ohkawara K, Okura T, Tanaka K.(Poster)
7th World Congress on Aging and Physical Activity   2008   
Gender differences in fat kinetics and substrate utilization during endurance exercise in obese subjects.
Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Shimura Y, Ohkawara K, Nakata Y, Okura T, Tanaka K
The 10th International Congress on Obesity   2006   
Gender differences in fat kinetics and substrate utilization during endurance exercise in obese subjects.The SMART Study. Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Shimura Y, Ohkawara K, Nakata Y, Okura T, Tanaka K.(Poster)
The 10th international congress on obesity   2006   
Lipid mobilization during exercise in visceral fat obese men
Numao S, Hayashi Y, Katayama Y, Matsuo T, Suzuki E, Tanaka K
52nd American College of Sports Medicine Annual Meeting   2005   

Research Grants & Projects

 
-