大島 登志男

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:46
 
アバター
研究者氏名
大島 登志男
 
オオシマ トシオ
eメール
ohshimawaseda.jp
URL
http://www.ohshima.biomed.sci.waseda.ac.jp/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 先進理工学部
職名
教授
学位
医学博士(山梨医科大学)
科研費研究者番号
20311334

研究分野

 
 

受賞

 
2001年
日本神経化学会奨励賞
 

論文

 
Chiang, Ming Ching; Chiang, Ming Ching; Huang, Arthur J.Y.; Wintzer, Marie E.; Ohshima, Toshio; McHugh, Thomas J.
Behavioural Brain Research      2018年1月
© 2018 Elsevier B.V. Social recognition memory is crucial for survival across species, underlying the need to correctly identify conspecifics, mates and potential enemies. In humans the hippocampus is engaged in social and episodic memory, however...
Hashimoto, Shoko; Ishii, Ayano; Ishii, Ayano; Kamano, Naoko; Watamura, Naoto; Watamura, Naoto; Saito, Takashi; Saito, Takashi; Ohshima, Toshio; Yokosuka, Makoto; Saido, Takaomi C.
Journal of Biological Chemistry   293(9) 3118-3125   2018年1月
© 2018 by The American Society for Biochemistry and Molecular Biology, Inc. Endoplasmic reticulum (ER) stress is believed to play an important role in the etiology of Alzheimer's disease (AD). The accumulation of misfolded proteins and perturbatio...
Shitasako, Shiori; Ito, Yoko; Ito, Ryoichi; Ueda, Yuto; Shimizu, Yuki; Ohshima, Toshio
Developmental Neurobiology   77(10) 1206-1220   2017年10月
© 2017 Wiley Periodicals, Inc. Adult neurogenesis occurs more commonly in teleosts, represented by zebrafish, than in mammals. Zebrafish is therefore considered a suitable model to study adult neurogenesis, for which the regulatory molecular mecha...
Xu, Bozong; Kumazawa, Ayumi; Kumazawa, Ayumi; Kobayashi, Shunsuke; Hisanaga, Shin Ichi; Inoue, Takafumi; Ohshima, Toshio
Developmental Neurobiology   77(10) 1175-1187   2017年10月
© 2017 Wiley Periodicals, Inc. Cyclin-dependent kinase 5 (Cdk5) is recognized as a unique member among other Cdks due to its versatile roles in many biochemical processes in the nervous system. The proper development of neuronal dendrites is requi...
Nozawa, Keisuke; Lin, Yanbin; Kubodera, Ryota; Shimizu, Yuki; Tanaka, Hideomi; Ohshima, Toshio
Developmental Neurobiology   77(9) 1101-1113   2017年9月
© 2017 Wiley Periodicals, Inc. Rett syndrome is a severe neurodevelopmental disorder. It is caused by a mutation in methyl-CpG binding protein 2 (MecP2), a transcriptional regulator that recruits protein complexes involved in histone modification ...

書籍等出版物

 
Cyclin Dependent Kinase5
Ohshima, T.
Spriger   2008年   ISBN:978-0-387-78886-9

講演・口頭発表等

 
Requirement of Cdk5 for proper cerebellar development and function
2nd international symposium on Cdk5 Tokyo   2009年6月   

競争的資金等の研究課題

 
CRMPをターゲットとした神経損傷・神経変性疾患治療戦略開発
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
CRMPの神経回路形成および神経再生における役割の解明と脊髄損傷治療への応用
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
本研究ではCRMPの機能について、神経回路形成における役割と神経再生に関わる役割に着目し、遺伝子改変マウスを用いて解析した。神経発生期のCRMPの役割については、CRMP1とCRMP4が大脳皮質5層神経のbasal dendriteの発達に関与すること、CRMP2のリン酸化が樹状突起スパイン形成に影響を与えることを明らかにした。脊髄損傷モデルを用いた解析により、CRMP2のリン酸化を抑制することにより、運動機能と感覚機能の脊髄損傷からの回復が良好となることを示すとともに、LKEを投与するこ...
活性化サブユニットp35コンディショナルKOを用いたCdk5の機能解析
神経細胞特異的セリン・スレオニンキナーゼCyclin-dependent kinase 5(Cdk5)の機能を、活性化サブユニットp35のコンディショナルノックアウト(KO)マウスを作製し、空間学習課題や恐怖条件付け課題などの行動解析、電気生理学的解析、生化学的解析を行なう事で明らかにする事を本研究の目的とした。本研究ではp35遺伝子座に2つのloxPを挿入した(p35-flox)マウスを作成した。脳形成が終了してからp35遺伝子を破壊するために、タモキシフェン(TM)でCre活性を誘導で...
誘導型コンディショナルKOを用いたCdk5の脳機能における役割の解明
Cyclin-dependent kinase 5 (Cdk5)は、他のCdkが分裂中の細胞に活性が高いのに対して、activating subunit p35, p39が神経細胞に特異的に発現しているため、神経細胞に活性を認めるユニークなCdkである。我々のp35の欠損マウスの解析から、空間学習・記憶にCdk5が必須であり、LTDの誘導に何らかの関与がある可能性が示唆された(Ohshima, et. al., 2005)。Cdk5の誘導型コンディショナルKOのライン用いて、Cdk5の記憶...
変異マウスを用いた脳発達のリン酸化プロテオーム解析
本課題は、脳の発生発達に重要な役割を荷なうと考えられる、タンパク質のリン酸化に着目し、脳の発生発達の機序を解明するものである。脳形成の障害された変異マウスと野生型の脳のタンパク質リン酸化を比較することで、変異マウスにみられる脳の形成異常とタンパク質リン酸化の異常の関連を調べる事で、新たな切り口で、脳の発生発達の機構の解明を目指した。H18度は、脳発達障害の変異マウスである、Cdk5欠損マウスの胎生18.5日の大脳皮質を野生型と比較した。まず、リン酸化タンパク質を濃縮し、2D-DIGE法で比...