齋藤 参郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 03:36
 
アバター
研究者氏名
齋藤 参郎
 
サイトウ サブロウ
URL
http://www.econ.fukuoka-u.ac.jp/~saito/
所属
福岡大学
部署
経済学部
職名
教授
学位
博士(工学) (工第2217号)(東京工業大学)
科研費研究者番号
50111654

プロフィール

 回遊性にすぐれた都心空間の創出に資するため、これまで10数年にわたり、福岡の都心部を中心に、消費者の回遊行動調査を継続して実施してきました。これらの調査にもとづいて、回遊性にすぐれたまちづくりを提言するとともに、福岡都心部の大規模商業再開発によって、人の流れからみた天神の重心が105m南下したこと、また、都心100円バスの経済効果が109億円であること、などの研究成果を、マスコミを通じて、市民に公表してきました。これらの活動が認められ、文部科学省から学術フロンティア推進事業の拠点に選定され、福岡大学都市空間情報行動研究所(FQBIC)を設立し、所長に就任しました。現在、FQBICを拠点に、消費者行動調査を、上海、釜山、台北、バンコク、ハノイなどの東アジアの大都市へと展開するとともに、モバイルインターネット時代における、より魅力ある都心空間の創出をめざした、ハイパーテキストシティ構想を提唱し、その構想を福岡都心部において実現すべく、精力的に活動しています。

研究分野

 
 
  • 経済学 / 経済政策 / まちづくりマーケティング

経歴

 
1977年5月
 - 
1979年3月
東京工業大学 工学部社会工学科 助手
 
1979年4月
 - 
1984年3月
佐賀大学 経済学部管理科学科 助教授
 
1984年4月
   
 
福岡大学 経済学部 教授
 
1989年12月
 - 
1991年11月
福岡大学経済学部長
 
1994年9月
 - 
1995年8月
ペンシルべニア大学 客員研究員
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1977年3月
東京工業大学 理工学研究科 社会工学専攻
 

委員歴

 
1999年3月
 - 
2007年3月
福岡市政治倫理委員会  委員
 
2004年3月
 - 
2013年7月
独立行政法人都市再生機構九州支社入札監視委員会  委員
 
2009年9月
   
 
gコンテンツ流通推進協議会 シームレス測位委員会  委員長
 
2011年2月
 - 
2012年3月
一般社団法人新エネルギー導入促進協議会 平成23年度次世代エネルギー技術実証事業「電力需要抑制のモデル化と高自給率コミュニティの計画・運用体系化に関する実証事業(長崎県佐世保市ハウステンボス町)」-「サービス/アプリケーション検討ワーキンググループ」  座長
 

受賞

 
2015年3月
公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会 日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー
受賞者: 斎藤参郎
 
2009年10月
日本地域学会 日本地域学会学会賞著作賞
 
2005年10月
日本地域学会 日本地域学会学会賞論文賞
 

論文

 
Introduction: A Meta-theoretic Evaluation Framework for Kaiyu Studies, Chap1 in S. Saito et al. eds. Advances in Kaiyu Studies
Saburo Saito
   2019年1月
How Did the Large-Scale City Center Retail Redevelopment Change Consumer Shop-Around Behaviors?: A Case of the City Center District at Fukuoka City, Japan, Chap2 in S. Saito et al. eds. Advances in Kaiyu Studies
Saburo Saito, Masakuni Kakoi
   2019年1月
Evaluating Municipal Tourism Policy from How Visitors Walk Around Historical Heritage Area: An Evaluation of the “Walking Path of History” of Dazaifu City, Japan, Based on Visitors’ Kaiyu Behavior, Chap3 in S. Saito et al. eds. Advances in Kaiyu Studies
Saburo Saito, Masakuni Iwami, Mamoru Imanishi, Kosuke Yamashiro
   2019年1月
How Did the Extension of Underground Shopping Mall Vitalize Kaiyu Within City Center?, Chap4 in S. Saito et al. eds. Advances in Kaiyu Studies
Saburo Saito, Masakuni Kakoi, Masakuni Iwami
   2019年1月
Occurrence Order of Shop-Around Purposes, Chap5 in S. Saito et al. eds. Advances in Kaiyu Studies
Saburo Saito
   2019年1月

Misc

 
2009年度まちづくりマーケティング調査研究発表会論稿集
福岡大学都市空間情報行動研究所・福岡大学経済学部斎藤研究室編
   2010年
2008年度まちづくりマーケティング調査研究発表会論稿集
福岡大学都市空間情報行動研究所・福岡大学経済学部斎藤研究室編
   2009年
2008年度まちづくりマーケティング調査研究発表会論稿集
福岡大学都市空間情報行動研究所・福岡大学経済学部斎藤研究室編
   2009年
来訪者の回遊行動の変化からみた丸の内再開発効果の計測と予測調査結果報告書
福岡大学都市空間情報行動研究所編
   2009年
福岡は世界に先駆け、アジア的な回遊性の視点に立つまちづくりの理論を発信すべき
斎藤参郎
福岡経済同友会福岡支部提言書『住んでよし、訪れてよし、の国際都市『福岡』の創造〜回遊が楽しめる都心〜』   34-36   2008年

書籍等出版物

 
川原靖弘・斎藤参郎 (担当:共編者)
一般財団法人 放送大学教育振興会   2017年3月   ISBN:978-4-595-31718-7
“Risk Evaluation of Social Decision Process: A Two-Stage Auction Game Model for Japanese Urban Redevelopment Procedure”, H. Shibusawa et. al eds., Socioeconomic Environmental Policies and Evaluations in Regional Science: Essays in Honor of Yoshiro Higano
Saburo Saito, Mamoru Imanishi, Kosuke Yamashiro, and Masakuni Iwami (担当:共著, 範囲:581-599)
Springer   2016年9月   ISBN:978-9-8110-0097-3
ハイパーテキストシティ構想 -リアルGISと都市エクイティ-,熊田禎宣・山本佳世子編『環境市民による地域環境資源の保全 -理論と実践-』 第7章
斎藤参郎・中嶋貴昭・栫井昌邦・五十嵐寧史
古今書院   2008年7月   ISBN:978-4772252188
石橋健一・斎藤参郎
技報堂出版   2000年3月   ISBN:978-4765524438

講演・口頭発表等

 
回遊行動とビッグデータ
斎藤参郎
日本シミュレーション&ゲーミング学会2015年度秋期全国大会   2015年12月5日   日本シミュレーション&ゲーミング学会
回遊アナリティクス -セールでの情報提供効果の計測-
斎藤参郎
IMESコンソーシアム記念講演会   2014年7月14日   
まちづくりとビッグデータサイエンス
斎藤参郎
日本鉄道技術協会九州支部 平成25年度講演会   2013年9月4日   
研究報告:なぜ広域連携が必要か -移動距離と広域回遊-
斎藤参郎
2012年度日本不動産学会秋季全国大会市民公開シンポジウム「九州の中心市街地活性化 -広域連携とまちづくり」   2012年10月27日   
行動変容を通して“まち”の価値を高めるスマートシティのあり方
斎藤参郎
資源エネルギー庁「次世代エネルギー技術実証事業」文部科学省大学発グリーンイノベーション創出事業「緑の知拠点事業」平成23年度合同研究成果発表会   2012年3月29日   

Works

 
第11回鹿児島都心部消費者回遊行動調査
その他   2018年11月 - 2018年11月
第11回熊本都心部回遊行動調査
その他   2018年10月 - 2018年10月
第23回福岡都心部消費者回遊行動調査
その他   2018年6月 - 2018年6月
第10回鹿児島都心部消費者回遊行動調査
その他   2017年11月 - 2017年11月
第22回福岡都心部消費者回遊行動調査
その他   2017年7月 - 2017年7月

競争的資金等の研究課題

 
都心部複数商業施設の入館者数時系列データによる集客数・回遊移動者数オンライン予測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山城興介
来街地ベース回遊パターンの一致推定法アルゴリズムの動学化とその検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 岩見昌邦
総務省SCOPE 『オートGPS とIMES 屋内測位による広域観光の動態把握と回遊誘発情報提供システムの開発研究』
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
研究期間: 2012年 - 2014年
本研究開発は、これまで把握することが困難であった、広域からの観光集客と九州内での広域観光回遊の動態をオートGPSの位置ログから把握すると同時に、九州域内に代表的観光・商業区域を設定し、IMES屋内測位システムと人数計測装置と連携することで、小区域での高精度の位置測位と実数ベースの広域観光回遊動態の把握を可能とするととともに、オートGPSの位置情報の変化や小区域内の立ち寄った場所などから、行動目的などのコンテキストを推定し、これをベースにどのような情報を提供するのが観光回遊の誘発に最も効果的...
外国人観光客の行動マイクロデータを用いたインバウンドツーリズムの基盤研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 本村裕之
文部科学省 私立大学学術研究高度化推進事業(学術フロンティア推進事業)選定
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業
研究期間: 2000年 - 2007年    代表者: 斎藤参郎

特許

 
特開2004-102697 : 回遊行動把握システム及びナビゲーションシステム
斎藤参郎
特許第5870189号 : 個別電気機器稼働状態推定装置、およびその方法
斎藤参郎・今西衞・山城興介・岩見昌邦
特許第3793447号 : 回遊行動調査装置及びナビゲーションシステム
斎藤参郎