MIURA Takayuki

J-GLOBAL         Last updated: May 13, 2016 at 10:06
 
Avatar
Name
MIURA Takayuki
E-mail
miuraadm.fukuoka-u.ac.jp
Degree
Master of Business Administration(Kobe University of Commerce)
Research funding number
40078522

Profile

Visiting Scholar at Harvard Business School, September 1977~August 1978.
Nitobe Social Science International Fellow at Department of Economics, University of Pennsylvania, September 1981~August 1983.
Invited Guest Lecturer (supported by Japan Foundation) at the Japan Studies Program of the College of Liberal Arts of De La Salle University, July~September 1987.
Visiting Scholar at Department of Economics, Cambridge University, September 2004~August 2005.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Fukuoka University Faculty of Commerce, Department of Business Management
 

Published Papers

 
Review and Lexicon of Japanese Translation Book of John Roberts, The Modern Firm: Organizational Design for Performance and Growth, 2005
Fukuoka University Commerce Review   54(2・3・4) 391-434   Mar 2010
Some Characteristics of Stock Option System in Japan
Fukuoka University Commerce Review   53(4) 403-423   Mar 2009
目次
はじめに
1.擬制資本価値が機能資本価値に優越する時代
2.自己株式の1つの活用法
3.ストック・オプション制度化への歩み
4.ストック・オプションの会計処理
5.わが国ストック・オプション制度の特質
6.付加価値と役員報酬・従業員報酬の伸び率の違い
おわりに
Case Study: Toyo Shinyaku
Fukuoka University Commerse Review   53(1) 45-64   Jun 2008
 キューサイ、アサヒ緑健、東洋新薬などの青汁を軸にした健康飲料会社の本社が軒並み集中立地している福岡は、文字通り青汁産業のメッカである。中でも、東洋新薬は、OEM(他社ブランド生産)に徹して、めきめき業績をあげてきている。本資料は、その成功の秘密に迫るとともに、今後の成長戦略を探るケース教材でもある。
Stockholders are Not Company-Owners Any Longer!?
Fukuoka University Commerce Review   52(3・4) 391-418   Mar 2008
 企業統治の在り方に国別の違いは今なお残存してきているのであるが、会社法制上の違いは、この世紀転換期において急激に縮小してきている。この国際的な収斂化傾向の柱になっているのは、株主価値規範のさらなる浸透であったが、経営者への過剰なストック・オプションの供与、経営者によるインサイダー取引の蔓延、企業業績に連動しない高止まりした配当性向の実施、非正規雇用の拡大維持、人件費のさらなる抑制等をもたらしてきたのである。
 問題の根源は、実質的な流動性をすでに獲得した一般株主が、なおもオーナー資本家と...
A Pitffall of EVA Concept
Fukuoka University Commerce Review   51(4) 453-463   Mar 2007
 近年、企業目的を利潤極大化からEVA極大化に切り替える企業が増大した。その意味するところは、企業はただ単に利潤をいくら上げたかではなく、その利潤は資本コストをどれだけ上回ったかで判断されるようになったということであり、企業がいっそう株主価値規範に沿う方向に舵を切ったということである。そのしわ寄せはどこに来るかといえば、労働者報酬の抑制に向けられてきているのである。

Misc

 
Memories of My Research Life
Takayuki Miura
Research: Central Research Institute News and Report   20(4) 4-7   Dec 2015   [Invited]
≪Book Review≫Japanese Translation Book of John Roberts, The Modern Firm: Organizational Design for Performance and Growth, Oxford University Press, 2004
Fukuoka University Commerce Review   54(2・3・4) 391-434   Mar 2010
 2009年9月16日原稿提出済み。校正も10月中に終了している。当初は、2・3号合併号の予定だったが、商学部創立75周年記念号としては投稿数が少なかったので、2・3・4号合併号になったため、発行は2010年3月になった。
 総頁数44頁。単なる書評ではなく、書評対象図書をテキストにする際に、そのサブテキストにもなりうるように配慮した。
This is not only a book review but also a controversial lexicon.
Labor Issues and Financial Analysis
Business Executives   42 1   Mar 1988
On the Campus of University of Pennsylvania
Fukuoka University Library Bulletin   36 3-5   Oct 1983
次のホームページ・アドレスで閲覧可能。 http://www.lib.fukuoka-u.ac.jp/"camp/HomeP/gazou1-1/kanpo/no36/3604.htm
On After Care of Medicine
Eisai Chocola Com.   (48) 6   1980

Books etc

 
The Depths of M&A for Buying Growth
Takayuki Miura
Soseisha   Jan 2015   ISBN:978-4-7944-5054-8
はしがき
第1章 合併と買収はなぜ一括りなのか
     タイトル解題
     M&AかMorAか
     株式交換か現金決済か
第2章 ブリヂストン・世界一への王道
     2強よりも3強に
     2つの石(ストン社)を1つに
     優れた経営者とは
     世界1のタイヤメーカーであり続ける
     海外企業との提携と合弁
     再生タイヤメーカーの買収
     2050年のブリヂストンに向けて
第3章 対極にある二つの持株会社
     ファッション業界でも企...
The Foundations of Modern Business, The 3rd edition
Takayuki Miura
Soseisha   Apr 2013   ISBN:978-4-7944-2408-2
 この増補版の出版にあたり、随所に筆を入れたが、とくに第4章第25節「補遺ー―ヴェブレンのQーー」を追加し、第5章第11節・第12節の一部を書き足し、最後の「近代経営の昨日・今日・明日―エピローグ―」は、全面的に書き改め、大幅に加筆した。
 本書では、近代経営の源流を辿るにあたり、19世紀前半期におけるイギリスのピン工場の生産現場組織の組み立て方(この分業の同期化こそが、現代のジャスト・イン・タイムにつながるすべての生産管理の基本である)、20世紀初頭におけるアメリカの製鉄業界再編で採用さ...
The Foundations of Modern Business, The 2nd edition
Takayuki Miura
Soseisha   Jun 2008   ISBN:978-4-7944-2289-7
初版の一部を新たに書き改め、巻末にエピローグを書き加えた。要は、品質を落とさずにコストを引き下げることはできるのか?賃金を引き上げてもコストを下げることはできるのか?価格を引き下げても売上収益ひいては利益を上げることはできるのか?こうした疑問に答えることが重要なのは、そうすることによって、初めてわれわれは企業者・従業員・顧客という企業存立に不可欠なコア・メンバー間の利害を真の意味で融合しうる基盤を構築できるからである。 ただし、企業者は、今日では、出資者と経営者とに二分化していることも多い...
The Foundations of Modern Business
Takayuki Miura
Soseisha   Apr 2004   ISBN:ISBN4-7944-2170-2
本書の主要な目次構成は、以下のとおりである。  第1章 渦巻きとしての企業概念  第2章 近代経営の夜明け前―低価格と高賃金の経済へのスタート・ボタンは押されたが―  第3章 管理の源流としての分業の原理  第4章 企業所有の価値と機能  第5章 「規模の経済」戦略への胎動―T型車時代のフォード社の企業経営を基軸にして―  第6章 近代経営の確立に向けて―コスト節減の近代的方法とは?―    第1章から第5章までは、『福岡大学商学論叢』に既出の諸論文に若干の手を加えたものを再編成したもので...
Markets and Organizations
Takayuki Miura
Chuokeizaisha   Apr 1995   

Conference Activities & Talks

 
"Capitalized Free Income" at the Third Stage of Corporation System
Takayuki MIURA
13th International Scientific Conference: Management Horizons in Changing Economic Environment: Visions and Challenges   24 Sep 2015   European Management Association Vytautas Magnus University

Association Memberships