服部 彰

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/14 03:23
 
アバター
研究者氏名
服部 彰
 
ハットリ アキラ
URL
https://www.cis.fukuoka-u.ac.jp/~hattori/
所属
福岡大学
部署
商学部貿易学科
職名
教授
学位
経済学修士(九州大学)
科研費研究者番号
40117221

プロフィール

1.九州大学経済学部(文部教官助手)
2.福岡大学(商学部常勤講師・助教授・教授)
3.福岡大学大学院商学研究科(教授)
4.福岡大学在外研究員ー研究先機関:スタンフォード大学(米国)
5.スタンフォード大学教授(スタンフォード大学E.V.P.J-1教授:研究テーマ:「国際的集団行動研究」:米国国務省管轄プログラム)
6.米国ワシントン「国際経済研究所」(現「ピーターソン国際経済研究所」特別寄稿担当
7.平成12年度文部省統計数理研究所共同研究員
8.平成13年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
9.平成14年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
10.平成15年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
11.平成16年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所(旧文部省・文部科学省統計数理研究所)共同研究員
12.平成17年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
13.平成18年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
14.平成19年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
15.平成20年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
16.平成21年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
17.平成22年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
18.平成23年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
19.平成24年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
20.平成25年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
21.平成26年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
22.平成27年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
23.平成28年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
24.経済物理学研究会(代表:田中美栄子博士)メンバー
25.平成29年より「社会/金融関連データサイエンス研究会:代表田中美栄子先生:物理学・情報学ー知能情報学・統計科学ー」(2017年8月8日明治大学中野キャンパス夏季セミナー開催)
(詳しくは、服部彰福岡大学商学部・大学院商学研究科教授公式ホームページを参照してください。)

研究分野

 

経歴

 
1977年4月
 - 
1979年3月
九州大学文部教官助手
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1977年3月
九州大学 経済学研究科 
 

委員歴

 
1989年
 - 
1993年
国連NGO・ECAAR(Economists against Arms Race)  米国ニューヨーク本部理事・日本支部事務局代表・議長・設立者
 
1993年
 - 
2005年
国連NGO・ECAAR(Economists for Arms Reduction)  米国ニューヨーク本部理事・日本支部事務局代表・議長・設立者
 
2005年
   
 
国連NGO米国経済学会(AEA)連携学会EPS(Economists for Peace and Security:前ECAAR)  日本支部事務局代表・議長・設立者:EPS米国経済学会(AEA)連携学会日本支部会長・EPS米国ニューヨーク本部首席会員(Top-Level Member):eps-u.s.a. top-level member ニューヨーク本部・EPS・ECAAR国際代表役員会議委員(EPS・ECAAR-ICCA)
 
1995年
 - 
1998年
日本学術会議平和問題研究連絡委員会:第16期  委員
 
1998年
 - 
2001年
日本学術会議平和問題研究連絡委員会:第17期  委員
 

受賞

 
1989年
The Save the Earth Trust(The Rockefeller Family Fund) The Save the Earth Trust Grant Award(The Rockefeller Family Fund) The Save the Earth Trust Grant Award(The Rockefeller Family Fund) for ECAAR Project
受賞者: Economists Against Arms Race(ECAAR):later EPS
 
1989年
The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation grant award(project) The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation project grants for ECAAR
受賞者: Economists against Arms Race
 
1990年
The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation grant award(project) The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation project grants for ECAAR
受賞者: Economists against Arms Race
 
1993年
The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation grant award(general) The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation general operating support grants for ECAAR
受賞者: economists against arms race(ECAAR)
 
1991年
The Ford Foundation The Ford Foundation Grant Award The Ford Foundation Grant Award(project)for ECAAR
受賞者: ECAAR
 

論文

 
Akira Hattori "Economics of War and Peace;Overview", With Dietrich Fischer, Encyclopedia of Violence,Peace and Conflict,3 Volumes,Academic Press,May 1999.<Akira Hattori Selected Publications No.1: 代表的な論文整理番号1>
   1999年   [査読有り]
Akira Hattori Selected Publications No.1(代表的な論文整理番号No.1)
The Japanese Case:The Government -Military Industry Relationships in Japan.:Cost Action A 10, European Commission,Directorate-General for Research(EUR)19208.(代表的論文整理番号2)
Government-Company Relationships in the Arms Industry:Between Change and Stability,edited by Claude Serfati所収      2000年
軍産複合体と軍民転換をめぐる問題(代表的論文整理番号3)
福岡大学総合研究所報166号      1995年7月
為替相場と金利および財政・金融政策(代表的論文整理番号4)
福岡大學商學論叢第41巻第4号      1997年3月
内生変数としての外国為替相場(代表的論文整理番号5)
福岡大學商學論叢第41巻第4号      1997年3月

Misc

 
「平和学」の研究推進の提言 -日本の学術研究者等の自省―  (日本学術会議)
北野 弘久 (第2部会員・日本大学法学部名誉教授) 委員(幹事) 寺崎 昌男 (第1部会員・東京大学名誉教授) 委員(幹事) 浅見 輝男 (第6部会員・茨城大学名誉教授) 委員 井口 和起 (第1部会員・京都府立大学学長) 委員 神谷 不二 (第2部会員・慶應義塾大学名誉教授) 委員 鶴田 満彦 (第3部会員・中央大学商学部教授) 委員 柴田 徳思 (第4部会員・高エネルギー加速器研究機構放射線科学センター長) 委員 茅 陽一 (第5部会員・東京大学名誉教授) 委員 平野 寛 (第7部会員・杏林大学名誉教授) 委員 安齋 育郎 (立命館大学国際関係学部教授) 委員 石川 捷治 (九州大学大学院法学研究院教授) 委員 太田 一男 (酪農学園大学環境システム学部教授) 委員 大西 仁 (東北大学法学部教授) 委員 岡本 三夫 (広島修道大学法学部教授) 委員 加村 崇雄 (新潟大学名誉教授) 委員 児玉 克哉 (三重大学文学部助教授) 委員 土山 秀夫 (長崎大学名誉教授) 委員 服部 彰 (福岡大学商学部教授) 委員 藤田 秀雄 (立正大学名誉教授)
日本学術会議平和問題研究連絡委員会報告書      2002年11月   [査読有り]
統計数理研究所共同研究レポート271:経済物理学とその周辺(8):2012年3月、統計数理研究所
統計数理研究所共同研究レポート      2012年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Akira Hattori "Arms Spending,Development and Security" (with Manas Chatterji and Jacques Fontanel);Akira Hattori Selected Publications No.1.
APH Publishing Corporation   1996年   
Akira Hattori Selected Publications No.1(代表的な著作整理番号No.1)
服部 彰福岡大学教授・ジェフリーA・フランケル ハーバード大学教授編著「1990年代の国際政策協調」<Akira Hattori Selected Publiscations No.2>
リチャード・クーパー ハーバード大学教授、ピーター・ケネン プリンストン大学教授、ジョン・ウィリアムソン 米国国際経済研究所上席研究員、フレッド・バーグステン 米国国際経済研究所所長、バリー・アイケングリーン カリフォルニア大学バークレー校教授、ジェフリー・A・フランケル ハーバード大学教授、J.A.フレンケル、M.ゴールドスタイン、P.R.マソン(執筆当時IMF調査局)、ロナルド・マッキノン スタンフォード大学教授、服部彰福岡大学教授 (担当:共編者)
同文舘   1992年1月   
Akira Hattori Selected Publications No.2(代表的な著作整理番号No.2)
「国際平和の経済学ー冷戦時代の終結と国連の強化に向けてー」ディートリヒ・フィッシャーおよび初代ノーベル経済学賞受賞者ヤン・ティンベルヘンの共著書、1987年出版:翻訳:1994年。日本の出版社:同文館
ディートリヒ・フィッシャーおよび初代ノーベル経済学賞受賞者ヤン・ティンベルヘン (担当:単訳)
Simon and Shuster:日本の出版社:同文館。   1994年7月   
冷戦終結後の軍縮問題と世界経済の再建
多賀出版   1994年5月   
軍縮と安全保障の経済学
多賀出版   1995年10月   

講演・口頭発表等

 
Transition Toward a Market Oriented Economy in the WTO from a Japanese Point of View.(Selected Presentation No.2)
ECAAR Panels with Peace Science Society International and American Economic Association.1990,December 28-30.Wahington,D.C.,U.S.A.   1990年12月   
The Japanese Case:The Government-Military Industry Relationship in Japan.(Selected Presentation No3) [招待有り]
European Commission Cost Action 10 Workshop on Restructuring of Defense Industry:Paris,France.   1998年11月12日   European Commission
The Japan-US Relationship in the Defense Industry.(Selected Presentation No.4) [招待有り]
European Commission Cost Action A 10 Workshop on Restructuring of Defense Industry:Paris,France.   1998年11月12日   European Commission
Economics of Arms Control(Session24b-33)ーSession Chairー(No.5)
The Seventh World Congress of the Econometric Society Tokyo,Japan,August 22ー29(August 24)   1995年8月24日   
Japanese Perspectives on Korean Cooperation.(代表的学術活動整理番号6)
Peace Science Society International and ECAAR World Congress.1997,December,16-18.   1997年12月   PSSI,ECAAR and University of New South Wales.

Works

 
「平和と安全を考えるエコノミストの会日本支部:EPS-Japan」情報データネットワーク
データベース   
<EPS-Jグローバルネットワークニュース>
Webサービス   
<「平和と安全を考えるエコノミストの会」グローバルネットワークニュース>
Webサービス   
The Newsletter of Economists for Peace & Security:EPS QUARTERLY
データベース   

社会貢献活動

 
以下、EPSおよびECAARに関連する過去および今後開催されるいくつかの最近の会議を紹介します。2016年からは新規のものです。 EPS two sessions at the AEA/ASSA meetings, Boston, Massachusetts, January 3 — 5, 2015, Boston Marriott Copley Place
【】  1989年
EPS two sessions at the AEA / ASSA meetings,Philadelphia, Pennsylvania, January 3 — 5, 2014.
【】  1989年
EPS two sessions at the ASSA/AEA Annual Meetings,San Diego, CA 2013 Economists for Peace and Security hosted two sessions, and a dinner in honor of Michael Intriligator, at the ASSA/AEA Annual meetings in San Diego
【】  1989年
EPS two sessions January 6 — 8, 2012 at the Allied Social Sciences Associations and American Economic Association in Chicago.
【】  1989年
EPS two sessions at the Annual Meetings of the Allied Social Sciences Associations/American Economic Association in Denver, Colorado.2011
【】  1989年

その他

 
Institute for Economics and Peace(New York,NY,USA)
institutional research partner
< Online Research Resources Output-Data from The Economics of War and Peace Research Projects,Institute for Economists,Economics and Social Sciences:International Research Network Institute for Political Economy,Director Akira Hattori,Fukuoka University,Professor of Foreign Exchange and International Political Economy.>
Hereinafter the same in this section:
「その他項目」以下、同じ。
New America Foundation(New America):Wahington,D.C.USA
institutional research partner
Tinbergen Institute:the Schools of Economics of the Erasmus University Rotterdam (EUR), University of Amsterdam (UvA) and Vrije Universiteit Amsterdam (VU) in the Netherlands
institutional research partner(NEPS)
Peace Research Institute Oslo (PRIO):Norway
institutional research partner(NEPS)
The Department of Peace and Conflict Research Uppsala University Sweden
institutional research partner(NEPS)