基本情報

所属
福岡大学 元商学部貿易学科 教授 (福岡大学名誉教授:Professor Emeritus of Fukuoka University)
学位
経済学修士(1974年3月 九州大学)

研究者番号
40117221
J-GLOBAL ID
200901077063813711
researchmap会員ID
6000006226

外部リンク

1.九州大学経済学部(文部教官助手:1977.4-1979.3)
2.福岡大学(商学部常勤講師:1979.4-1982.3・助教授:1982.4-1987.3・教授:1987.4-2020.3・大学院商学研究科教授:1992.4-2020.3)
3.福岡大学名誉教授:2020.4-

4.福岡大学在外研究員ー研究先機関:スタンフォード大学(米国)
5.スタンフォード大学教授(スタンフォード大学E.V.P.J-1教授:研究テーマ:「国際的集団行動研究」:米国国務省管轄プログラム)
6.米国ワシントン「国際経済研究所」(現「ピーターソン国際経済研究所」特別寄稿担当
7.平成12年度文部省統計数理研究所共同研究員
8.平成13年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
9.平成14年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
10.平成15年度文部科学省統計数理研究所共同研究員
11.平成16年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所(旧文部省・文部科学省統計数理研究所)共同研究員
12.平成17年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
13.平成18年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
14.平成19年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
15.平成20年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
16.平成21年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
17.平成22年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
18.平成23年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
19.平成24年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
20.平成25年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
21.平成26年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
22.平成27年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
23.平成28年度大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構統計数理研究所共同研究員
24.経済物理学研究会(代表:田中美栄子博士)メンバー
25.平成29年より「社会/金融関連データサイエンス研究会(経済物理学研究会):代表田中美栄子先生:物理学・情報学ー知能情報学・統計科学ー」(2017年8月8日明治大学中野キャンパス夏季セミナー開催)
(詳しくは、服部彰福岡大学商学部・大学院商学研究科教授公式ホームページを参照してください。)


経歴

  1

学歴

  1

委員歴

  17

受賞

  10

論文

  237

MISC

  2
  • 北野 弘久, 部会員, 日本大学法学部名誉, 委員(幹事, 寺崎 昌男, 部会員, 東京大学名誉, 委員(幹事, 浅見 輝男, 部会員, 茨城大学名誉教, 委員 井口, 部会員, 京都府立大学学, 委員 神谷, 不, 部会員, 慶應義塾大学名誉教授, 委員 鶴田, 部会員, 中央大学商学部教, 委員 柴田, 徳思, 部会員, 高エネルギー加速器研究機構放射線科学センター, 委員 茅 陽一, 部会員, 東京大学名誉教, 委員 平野, 部会員, 杏林大学名誉教授, 委員 安齋, 育郎, 命館大学国際関係学部教授, 委員 石川, 捷治, 九州大学大学院法学研究院教授, 委員 太田, 一男, 酪農学園大学環境システム学部教授, 委員 大西, 部教, 委員 岡本, 三夫, 道大学法学部教授, 委員 加村, 崇雄, 誉教授, 委員 児玉, 克哉, 学文学部助教授, 委員 土山, 秀夫, 委員 服部, 委員 藤田, 秀雄
    日本学術会議平和問題研究連絡委員会報告書 2002年11月  査読有り

書籍等出版物

  46

講演・口頭発表等

  14

社会貢献活動

  14

その他

  343
  • 2020年6月 - 2020年6月
    The 24th Annual International Conference on Economics and Security June 25-27June, 2020 in Volos Greece
  • 2020年1月 - 2020年1月
    EPS at the AEA/ASSA Meetings,January 3-5, 2020 in San Diego CA,<Can MMT Re-envision Financing for Prosperity and Economic Security?>January 3 8am, Manchester Grand Hyatt San Diego, Gaslamp AB,Chair: John Watkins,Panelists:Jason Furman, Harvard University,Randy Wray, Levy Institute,Yeva Nersisyan, Franklin and Marshall College, Zdravka Todorova, Wright State University, <The Hidden Costs of War and Sanctions>January 4, 10:15am, Manchester Grand Hyatt San Diego, Gaslamp AB,Chair:James Galbraith, University of Texas,Panelists:Linda Bilmes, Harvard University,Mark Weisbrot, Center for Economic and Policy Research,Topher McDougal, University of San Diego,Timothy Mackey, University of California-San Diego,USA
  • 2019年9月 - 2019年9月
    9/14(土)10:00-10:40下野寿之 (Digital arage, Inc., Tokyo, Japan)「Interpreting ultiple Regression via an Ellipse Inscribed n a Square Extensible to Any Finite Dimension」10:40-11:20 李 楽(中央大),Giulio Bottazzi,and Angelo Secchi(Institute of Economics,Scuola uperiore Sant’Anna Pisa) 「Aggregate luctuations and the distribution of firm rowth rates」12:50-13:30 石川温(金沢院大)藤本祥二(金沢学院大)水野貴之(国立情報研)「なぜ生産関数はCobb-Douglas型になるのか?ー実データによる生産関数の直接観測-」13:30-14:10 石井晃(鳥取大工)川畑泰子(群馬大社会情報)「人々の間の信頼と不信の割合の変化による合意形成と非合意形成の相転移的現象」14:10-14:50 照沼大樹 (筑波大 システム情報工学) 佐野幸恵 (筑波大 システム情報系) 「言語的特徴量による機械学習を用いたデマの判別」15:00-15:40 星智晴(新潟大理)家富洋(新潟大理)「ランダム有向ネットワークのHelmholtz-Hodge分解」15:40-16:20 加藤未来(新潟大理)家富洋(新潟大理)「究極的株式所有構造に基づく企業価値の測定」16:20-17:00 佐藤仁美(新潟大理)家富洋(新潟大理)「多層ネットワークとしての企業間取引関係の時間発展 9/15(日) 10:00-10:40 久門正人(野村証券)日雅文(NEC) 「アリコロニー最適化ACO)と量子アニーリング」10:40-11:20 守真太郎(弘前大理)「大統領選挙の世論調査データの解析と投票者モデル」12:50-13:30 名倉賢 (NEC)「公開データから見える政府調達の数理的構造」13:30-14:10 水野貴之(国立情報研)土井翔平(国立情報研)崎周平(早稲田大)「中国の力 in 株所有ネットワーク」14:10-14:50 土井翔平(国立情報研)水野貴之(国立情報研)「位置情報からの属性推計」15:00-15:40 井上雅世(明治大総合数理) 「不正確な素子から正確な情報伝達を行うネットワークを作る」15:40-16:20 宮内英里(東京大総合文化/筑波大)「経頭蓋磁気刺激装置と脳波を使ったニューロモジュレーションの医療応用」16:20-17:00 田中美栄子(明治大総合数理)山中雅則(日本大理工)「アローヘッド市場の漸近自由性~株価指数と個別株価の比較~」
  • 2019年6月 - 2019年6月
    As Leading Chair Member,Economists for Peace and Security(EPS),at the Levy Institute, Box 5000,Annandale-on-Hudson, NY 12504, USA,The 23rd annual International Conference on Economics and Security will be held at the Instituto Universitario General Gutierrez Mellado, Madrid (Spain) from 26 to 29 of June 2019,Economists for Peace and Security,at the Levy Institute, Box 5000 Annandale-on-Hudson, NY 12504, USA
  • 2019年6月 - 2019年6月
    Economic sanctions that harm civilian populations can cause more deaths and casualties than some wars and are illegal under international laws and treaties which the US has signed.This session will explore the use of sanctions as a form of warfare that heavily targets the civilian population, and their economic and human cost. Professor Linda Bilmes will provide context for the United States government’s failure to properly quantify the costs of conflicts in the past, as well as how such measurement can take place in the future. Professor Jeffrey Sachs and Dr. Mark Weisbrot will focus on the sanctions in Iran and Venezuela, their impact, rationale, legality, and alternatives.Co-hosted by EPS and the Center for Economic and Policy Research (CEPR)
  • 2019年3月 - 2019年3月
    主要メンバー: プログラム 3月21日(木・祝) 13:30-14:15 家富洋(新潟大) ソーシャルメディアネットワークにおけるエコーチェンバーの形成 14:15-15:00 加藤未来(新潟大) 日本の上場企業に対する究極的株式所有構造の解析 15:00-15:45 佐藤仁美(新潟大) 動的ネットワークとしての企業間取引関係の不変性と変動性 15:45-16:30 名倉賢(NEC) 政府情報システム支出データの解析 16:30-17:15 石井晃(鳥取大)、川畑泰子(群馬大) 人々の間の信頼・不信とメディア効果を入れたオピニオンダイナミクス理論 懇親会 3月22日(金) 13:45-14:30 全珠美 (総研大), 水野貴之 (国立情報研/総研大) 大規模でグローバルな「名前・出生地・誕生年」データによる民族の時空間特徴の見える化 14:30-15:15 小髙充弘 (国立情報研), 水野貴之 (国立情報研/総研大) グローバル株所有ネットワークでの間接的支配関係 15:15-16:00 水野貴之(国立情報研)、杉山麿人(国立情報研)、宮尾祐介(東大) 人流ビッグデータによる社会科学と情報学の融合基盤構築に向けて 16:30-17:30 MIMS月例セミナー 603室(研究会と合流) 田野倉葉子(明治大) Detecting Information Flows by Applying Statistical Causation Measure to Stock Market Returns (パワーポイント資料は英語、講演は日本語で行われます) ---------- 研究会組織委員:乾孝治(明治大),黒田耕嗣(日大),増川純一(成城大),守真太郎(弘前大),山中雅則(日大),田中美栄子(明治大) 日時 : 2019年3月21日(木・祝), 22日(金) 場所 : 明治大学中野キャンパス 6階研究セミナー室3 <「Data-driven Mathematical Sciences:経済物理学とその周辺」:明治大学先端数理科学インスティテュート現象数理学研究拠点「共同研究集会」:継続「経済物理学とその周辺」研究会、その他同じ。>
  • 2019年1月 - 2019年1月
    As Leading Chair Member,Economists for Peace and Security(EPS),Economists for Peace and Security,at the Levy Institute, Box 5000,Annandale-on-Hudson, NY 12504, USA,EPS at AEA(American Economic Association) 2019 Friday, January 4,10:15am - 12:15pm Hilton Atlanta Rm. 204,Peace & Prosperity: Assessing Obstacles and Opportunities,Friday, January 4,2:30 - 4:40pm,Hilton Atlanta Rm. 204 Economic Consequences of Potential End to State of War in Korea
  • 2018年11月 - 2018年11月
    As Leading Chair Member,Economists for Peace and Security USA,Securing Justice: Advice for the New Congress:A symposium sponsored by Economists for Peace & Security and the LBJ School of Public Affairs November 9, 2018,1100 New York Ave NW, Suite 200 East Washington, DC USA
  • 2018年10月 - 2018年10月
    Leading Academic Adviser,Seminar on Conflict Management Peace Economics and Peace Science October 5th, 2018 Location:University of Western Sydney,Department of Economics and Business,Sydney, Australia in Cooperation with Mahatma Gandhi International Research Center for Conflict Prevention and Management, Bangalore, India University of Western Sidney, Sidney, Australia Binghamton University, State University of New York at Binghamton, U.S.A.
  • 2018年9月 - 2018年9月
    研究会メンバー: プログラム: 9月17日 13:30- 増川 純一(成城大・経済) 『Cascade modelの実証分析』 14:15- 黒田 耕嗣(日大院・総合基礎科学研究科), 増川 純一(成城大・経済) ,村井浄信(岡山大・経済) 『Cascade Model とMultifractal Random Walk』 15:00- 田中 美栄子(明大・総数)、山中 雅則(日大・理工) 『アローヘッド市場におけるサブ秒株価変動データから見えるもの』 15:45‐ 塚越 映太、山中 雅則(日大・理工) 『株価変動と気象変動の相関に関する主成分分析』 16:30- 守 真太郎(弘前大・理工)、中山 一昭(信州大・理)、久門 正人(野村證券) 『社会影響モデルと多変数ベータ分布:アメリカ大統領選挙データの解析』 17:15- 久門 正人(野村證券)、守 真太郎(弘前大・理工) 『情報カスケードとネットワークII』 懇親会 9月18日 10:15- 森谷 博之(中央大・商) 『階層的リスクパリティ戦略』 11:00‐ 下野 寿之(DG Lab:株式会社デジタルガレージAIチーム) 『Student’s t distribution with the degrees of freedom 2 and its applications(自由度2のt分布とその応用)』https://www.slideshare.net/secret/hv4ehEJY1UASVo/40/ 13:30‐ Le Li(中央大・商)、有賀 裕二(中央大・商) 『Multi-factor Productivity and Evolutionary Accounting in Presence of (Persistently) Heterogeneous Firms』 14:15‐ 有賀 裕二(中央大・商) 『U-Mart市場における現物価格を再現するエージェント組成』 15:00‐ 八木 勲(神奈川工科大) 『人工市場を用いた分散投資規制が市場に与える影響分析 ~ファンダメンタル価格急落時と急騰時における比較~』
  • 2018年6月 - 2018年6月
    Leading Academics Adviser.The Second International Meeting and Eighth ABBS International Conference on ‘Future of Management Education: Country Specific Design and Delivery with special reference to Developing Countries and Countries in Transition’June 7-8, 2018 To be held at Acharya Bangalore Business School, Bangalore, India Organized in cooperation with School of Management, State University of New York at Binghamton,and other private and public institutions
  • 2018年6月 - 2018年6月
    Leading Economic Adviser,8th ABBS International Conference on Sustainable and Human Development Through Spirituality, Peace Economics and Peace Science June 6-7, 2018.To be held at Acharya Bangalore Business School, Bangalore, India.Organized in cooperation with SPES Institute Europe,Mahatma Gandhi Center for Conflict Prevention and Management, Acharya Bangalore Business School, School of Management, Binghamton University – State University of New York, and other private and public institutions.
  • 2017年11月 - 2017年11月
    EPS Symposium, co-sponsored by the LBJ School of Public Affairs at the University of Texas at Austin: At the Turning Point: Economics, Security, and American Politics November 13, 2017 With keynote address Senator Bernie Sanders (I-VT) and special remarks from Representative Ro Khanna (D-CA) November 13, 2017 The Partnership for Public Service Building 1100 New York Ave, NW, Washington, DC 20005 USA :Economists for Peace and Security 10th annual policy Symposium in Washington DC on November 13, 2017, to discuss economics, and American politics as well as the economic dimensions of current critical security issues. The program will feature three panels of senior specialists who will present the elements of a program to address the most fundamental issues animating American political discourse.
  • 2017年9月 - 2017年9月
    Seconda edizione della Summer School: War, reconstruction and establishment of peace from the roots of war to the establishment of a lasting Peace,18-22 settembre 2017,Centro Europeo di Scienza della Pace, Integrazione e Cooperazione ed l’Università Cattolica “Nostra Signora del Buon Consiglio”,,Albania,Economists for peace and security(EPS),Institutional Conference and Research Partners:The Institute for Economics and Peace (IEP),Network of European Peace Scientists(Neps).
  • 2017年8月 - 2017年8月
    明治大学中野キャンパス「Data-driven Mathematical Science」夏季セミナー 第3回:8月30日(水):13:00-13:45 水野 貴之(国立情報学研究所)「複雑ネットワークによる投機マネーと現代奴隷制の関係と対策」: 14:00-14:45 (前半)水野貴之(情報研)、石井晃(鳥取大・大学院工学研究科・応用数理工学科)、川畑 泰子(東大)「位置情報ツィートを用いた局所的事件の情報伝播の解析」:(後半) 石井晃(鳥大院工応数)、水野貴之(情報研)、川畑泰子(東大)「位置依存ヒット現象の数理モデルの提案と局所的事件の情報伝播の解析」:15:00-15:45 川畑泰子(東大)、水野貴之(情報研)、石井晃(鳥大院工応数)「携帯電話位置情報データによる社会の速度分布の解析」:16:00-16:45 久門正人(野村證券)、佐野史昂,守真太郎(北里大学)「ピットマン分布と実証研究」
  • 2017年8月 - 2017年8月
    明治大学中野キャンパス「Data-driven Mathematical Science」夏季セミナー 第2回:8月9日(水):13:00-13:45 森谷 博之「Quantized price volatility model for transaction data:volatility fluctuations in financial markets with heterogeneous economic agents」:14:00-14:45 下野 寿之(ディジタルガレージ)「企業等に蓄積されたデータを分析するための処理機能の提案」 :15:00-15;45 本間 裕「五次元の経済学~マネーと時間と心の一般理論~」
  • 2017年8月 - 2017年8月
    明治大学中野キャンパス「Data-driven Mathematical Science」夏季セミナー 第1回:8月8日(火):開会の挨拶 田中美栄子(明治大学・総合数理学部。現象数理学科):乾 孝治(明治大学・総合数理学部・現象数理学科)「残余利益モデルによる日本株式の資本コスト推計とその応用について」:守 真太郎(北里大学・理学部・物理):「ソーシャルスロットマシンゲームの理論と実験」:森 史(理化学研究所 理論生物学研究室):「ブーリアンネットワークにおける意見収束パターン数の期待値」:参考:Expected Number of Fixed Points in Boolean Networks with Arbitrary Topology https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.119.028301: Dr.Anindya Chakrabarti (https://sites.google.com/site/homepageasc/home) 「Inflationary effects of monetary policies in newly industrialized economies with cross-sectoral labor and capital immobility」
  • ABOLITION 2000 is a network of over 2000 organizations in more than 90 countries world wide working for a global treaty to eliminate nuclear weapons. 2017 Nobel Peace Prize :The International Campaign to Abolish Nuclear Weapons : Network affiliated to Abolition 2000.
  • institutional conference and research network partner
  • institutional conference and research network partner