山口 英樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/25 12:46
 
アバター
研究者氏名
山口 英樹
 
ヤマグチ ヒデキ
URL
http://www.sasaki-institute.org/
所属
公益財団法人佐々木研究所
部署
附属佐々木研究所 腫瘍細胞研究部
職名
部長
学位
博士(医学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
公益財団法人佐々木研究所 附属佐々木研究所腫瘍細胞研究部 部長
 
2013年
 - 
現在
杏林大学医学部 非常勤講師
 
2018年4月
 - 
現在
東京薬科大学生命科学部 客員教授
 
2010年4月
 - 
2018年3月
東京薬科大学生命科学部 客員准教授
 
2010年1月
 - 
2017年3月
国立がん研究センター研究所 難治進行がん研究分野 ユニット長
 
2007年10月
 - 
2011年3月
科学技術振興機構さきがけ 兼任研究者
 
2006年10月
 - 
2009年12月
東京薬科大学 生命科学部ゲノム情報学研究室 講師
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会海外特別研究員
 
2003年4月
 - 
2006年9月
アルバートアインシュタイン医科大学 解剖学構造生物学講座 博士研究員
 
2002年5月
 - 
2006年3月
東京大学医科学研究所 癌遺伝形質分野 助手
 
2002年4月
 - 
2002年4月
日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
東京大学大学院 医学系研究科 病因病理学専攻
 
 
 - 
1998年
上智大学大学院 理工学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1996年
上智大学 理工学部 化学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本がん転移学会  評議員
 
2017年
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 
2017年
 - 
2017年
日本学術振興会  卓越研究員候補者選考委員会書面評価員
 
2015年
 - 
2017年
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
 
2008年
 - 
2016年
日本細胞生物学会  評議員
 

受賞

 
2017年
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(書面担当) 表彰者
 
2013年
日本がん転移学会 研究奨励賞
 
2010年
第19回日本がん転移学会 優秀演題賞
 
2005年
American Society of Cell Biology Travel Award
 

論文

 
Identification and characterization of a novel adenomatous polyposis coli mutation in adult pancreatoblastoma
Yamaguchi S, Fujii T, Izumi Y, Fukumura Y, Han M, Yamaguchi H, Akita T, Yamashita C, Kato S, and Sekiya T
Oncotarget   9 10818-10827   2018年   [査読有り]
Aberrant alternative splicing of RHOA is associated with loss of its expression and activity in diffuse-type gastric carcinoma cells
Miyamoto S, Nagamura Y, Nakabo A, Okabe A, Yanagihara K, Fukami K, Sakai R, and Yamaguchi H
Biochem. Biophys. Res. Comm.   495 1942-1947   2018年   [査読有り]
Intracellular cholesterol level regulates sensitivity of glioblastoma cells against temozolomide-induced cell death by modulation of caspase-8 activation via death receptor 5-accumulation and activation in the plasma membrane lipid raft
Yamamoto Y, Tomiyama A, Sasaki N, Yamaguchi H, Shirakihara T, Nakashima K, Kumagai K, Takeuchi S, Toyooka T, Otani N, Wada K, Narita Y, Ichimura K, Sakai R, Namba H, and Mori K
Biochem. Biophys. Res. Comm.   495 1292-1299   2018年   [査読有り]
Actinin-1 and actinin-4 play essential but distinct roles in invadopodia formation by carcinoma cells
Yamaguchi H, Ito Y, Miura N, Nagamura Y, Nakabo A, Fukami K, Honda K, and Sakai R
Eur. J. Cell Biol.   96 685-694   2017年   [査読有り]
Novel small molecule inhibiting CDCP1-PKCδ pathway reduces tumor metastasis and proliferation
Nakashima K, Uekita T, Yano S, Kikuchi J, Nakanishi R, Sakamoto N, Fukumoto K, Nomoto A, Kawamoto K, Shibahara T, Yamaguchi H, and Sakai R
Cancer Sci.   108 1049-1057   2017年   [査読有り]
Ueno H, Tomiyama A, Yamaguchi H, Uekita T, Shirakihara T, Nakashima K, Otani N, Wada K, Sakai R, Arai H, and Mori K
Biochem. Biophys. Res. Comm.   468(1-2) 240-247   2015年   [査読有り]
Yamaguchi H, and Sakai R
Cancers   7(4) 2054-2062   2015年   [査読有り]
Tomiyama A, Uekita T, Kamata R, Sasaki K, Takita J, Ohira M, Nakagawara A, Kitanaka C, Mori K, Yamaguchi H, and Sakai R
Cancer Res.   74(14) 3790-3801   2014年   [査読有り]
Yamaguchi H, Takanashi M, Yoshida N, Ito Y, Kamata R, Fukami K, Yanagihara K, and Sakai R
Cancer Sci.   105(5) 528-536   2014年   [査読有り]
Yamaguchi H, Yoshida N, Takanashi M, Ito Y, Fukami K, Yanagihara K, Yashiro M, and Sakai R
PLOS ONE   9(1)    2014年   [査読有り]
Miyazawa Y, Uekita T, Ito Y, Seiki M, Yamaguchi H, and Sakai R
Mol. Cancer Res.   11(6) 628-637   2013年   [査読有り]
Kanemaru K*, Nakamura Y*, Sato K, Takahashi S, Yamaguchi M, Ichinohe M, Kiyonari H, Shioi G, Asagiri M, Jamora C, Kouchi Z, Yamaguchi H, and Fukami K
Nature Commun.   3    2012年   [査読有り]
Yamaguchi H†
Eur. J. Cell. Biol.   91(11-12) 902-907   2012年   [査読有り]
Gligorijevic B*, Wyckoff J*, Yamaguchi H, Wang Y, Roussos E, and Condeelis J
J. Cell Sci.   125(3) 724-734   2012年   [査読有り]
Yamaguchi H†, Yoshida S, Muroi E, Yoshida N, Kawamura M, Yoshida N, Kouchi Z, Nakamura Y, Sakai R, and Fukami K
J. Cell. Biol.   193(7) 1275-1288   2011年   [査読有り]
Hirata M*, Suzuki M*, Ishii R*, Kitazumi T, Sasaki T, Kitamura T, Yamaguchi H, Nakamura Y, and Fukami K
Diabetes   60(7) 1926-1937   2011年   [査読有り]
Kouchi Z, Fujiwara Y, Yamaguchi H, Nakamura Y, and Fukami K
Biochem. Biophys. Res. Comm.   408(4) 523-529   2011年   [査読有り]
Kouchi Z*, Igarashi T*, Shibayama N*, Inanobe S, Sakurai K, Yamaguchi H, Fukuda T, Yanagi S, Nakamura Y, and Fukami K
J. Biol. Chem.   286(10) 8459-8471   2011年   [査読有り]
Sakurai K, Hirata M, Yamaguchi H, Nakamura Y, and Fukami K
Advan. Enzyme Regul.   51(1) 171-181   2011年   [査読有り]
Membrane lipids in invadopodia and podosomes: Key structures for cancer invasion and metastasis
Yamaguchi H† and Oikawa T
Oncotarget   1 320-328   2010年   [査読有り]

Misc

 
がん細胞による浸潤突起形成の分子機構
山口英樹
生化学 日本生化学会   84(1)    2012年
生体内イメージングによる癌細胞運動の観察
山口英樹
実験医学増刊 羊土社   24(13)    2006年
蛍光イメージング.FRETによるリアルタイムでの相互作用解析
山口英樹
バイオテクノジャーナル 羊土社   5(6)    2005年
がん細胞における運動能亢進と浸潤転移
山口英樹, J. Wyckoff, and Condeelis J
分子細胞治療 先端医学社   4(2)    2005年
WASPファミリータンパクによる細胞運動制御
山口英樹
実験医学増刊 羊土社   20(2) 140-146   2002年

講演・口頭発表等

 
膜輸送による腫瘍形成とがん悪性化の制御 [招待有り]
山口英樹、富山新太、堺隆一
第89回日本生化学会大会   2016年   
スキルス胃癌細胞におけるMet下流シグナル伝達分子の解析
山口英樹、白木原琢也、堺隆一
第24回 日本がん転移学会学術集会・総会   2015年   
癌細胞による浸潤突起形成の分子機構と転移における役割 [招待有り]
山口英樹
第73回癌学会学術総会   2014年   
間質線維芽細胞との相互作用を標的としたスキルス胃癌治療薬の探索
山口英樹、堺隆一
第23回 日本がん転移学会学術集会・総会   2014年   
Molecular mechanisms of invadopodium formation and its role in cancer invasion and metastasis [招待有り]
第22回 日本がん転移学会学術集会・総会   2013年   
Stromal fibroblasts mediate extracellular matrix remodeling and invasion of scirrhous gastric carcinoma cells [招待有り]
Yamaguchi H and Sakai R
Cell Migration and Invasion in Physiology and Pathology   2013年   
The role of stromal fibroblasts in invasion and metastasis of scirrhous gastric carcinoma cells [招待有り]
山口英樹、堺隆一
第65回日本細胞生物学会合同大会   2013年   
スキルス胃癌細胞におけるMetシグナル伝達系の機能解析
山口英樹、堺隆一
第21回 日本がん転移学会学術集会・総会   2012年   
Cancer-associated fibroblasts mediate extracellular matrix remodeling and three-dimensional invasion of scirrhous gastric carcinoma cells
山口英樹、柳原五吉、八代正和、堺隆一
第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会   2012年   
The role of PI3-kinase signaling pathway in invadopodia formation [招待有り]
Yamaguchi H
Podosomes, Invadopodia, and Focal Adhesions in Physiology and Pathology   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
新規標的分子PLEKHA5を介したMet特異的ながん悪性化シグナル機構の解明
日本学術振興会: 科研費(基盤C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山口 英樹
間質線維芽細胞との直接的な相互作用を標的としたスキルス胃癌新規治療法の開発
タケダリサーチサポート: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 山口 英樹
スキルス胃癌の進展における新規Met下流シグナル伝達分子の機能解析
アステラス・リサーチサポート: 
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 山口 英樹
多色蛍光イメージングによるスキルス胃癌腹膜播種の腫瘍不均一性の解析
日本学術振興会: 科研費(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 山口英樹
癌と間質線維芽細胞との相互作用による浸潤能獲得の分子機構の解析
日本学術振興会: 科研費(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 堺隆一
スキルス胃癌腹膜播種のマルチカラーイメージング解析
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 山口 英樹
スキルス胃癌における新規Met下流シグナル伝達分子の機能解析
ノバルティスファーマ研究助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 山口 英樹
多色蛍光イメージングによるスキルス胃癌腹膜播種機構の解明
第一三共生命科学研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 山口 英樹
癌細胞の浸潤突起形成におけるアクチン細胞骨格制御機構の解析
日本学術振興会: 科研費(基盤C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山口英樹
スキルス胃癌細胞と間質線維芽細胞の相互作用を制御する新規治療標的分子の同定
佐川がん研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 山口 英樹
間質線維芽細胞との相互作用を標的とした新規スキルス胃癌治療薬の探索
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 山口 英樹
乳癌転移における浸潤突起の機能解明と治療法開発への応用
神澤医学研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 山口 英樹
スキルス胃癌と間質線維芽細胞による組織線維化を標的とした新規治療薬の探索
東京生化学研究会: 研究奨励金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 山口 英樹
細胞内ロジスティクスによる癌細胞浸潤能の制御機構の解明
文部科学省: 科研費(新学術)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山口英樹
乳癌細胞の浸潤・転移におけるイノシトールリン脂質の機能解析
日本学術振興会: 科研費(若手B)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山口英樹
癌浸潤・転移における浸潤突起の機能解析
かなえ医薬振興財団: 研究助成金
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山口 英樹
転移性癌細胞による浸潤突起形成の分子機構の解明
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 山口 英樹
転移性乳癌細胞による浸潤突起形成の分子機構の解析
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 山口 英樹
内耳有毛細胞におけるホスホリパーゼCδ3の機能解析
日本学術振興会: 科研費(若手B)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口英樹
上皮系癌細胞による浸潤突起形成の分子メカニズムの解析
花王芸術科学財団: 研究助成金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口 英樹
癌浸潤転移を制御する浸潤突起形成の分子機構の解析
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口 英樹
イノシトールリン脂質動態が制御する表皮と毛包形成のメカニズム
日本学術振興会: 科研費(基盤B)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 深見希代子
癌浸潤転移における細胞膜脂質代謝及びドメイン構造の機能解析
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 山口英樹
癌浸潤転移におけるイノシトールリン脂質の機能解析
小野医学研究財団: 研究奨励助成金
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 山口 英樹
浸潤性癌細胞による浸潤突起形成の分子メカニズムの解析
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 山口 英樹
細胞運動におけるWASPファミリータンパク質の機能解析
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 山口 英樹