Matsuda Tadamitsu

J-GLOBAL         Last updated: Jul 25, 2017 at 17:19
 
Avatar
Name
Matsuda Tadamitsu
E-mail
funwavesurfgogoyahoo.co.jp
Affiliation
Josai International University

Published Papers

 
Koshida S, Ishii T, Matsuda T, Hashimoto T
Journal of sports sciences   35(11) 1059-1065   Jun 2017   [Refereed]
Koshida S, Ishii T, Matsuda T, Hashimoto T
European journal of sport science   17(4) 417-424   May 2017   [Refereed]
Tagami M, Okuno Y, Matsuda T, Kawamura K, Shoji R, Tomita K
Journal of physical therapy science   29(3) 515-518   Mar 2017   [Refereed]
Kusumoto Y, Hanao M, Takaki K, Matsuda T, Nitta O
Journal of physical therapy science   28(12) 3316-3319   Dec 2016   [Refereed]
Kusumoto Y, Takaki K, Matsuda T, Nitta O
Journal of physical therapy science   28(6) 1868-1871   Jun 2016   [Refereed]

Misc

 
松田 雅弘, 田上 未来, 楠本 泰士, 滝田 結奈, 新田 收
理学療法科学   32(2) 255-259   Apr 2017
[目的]端座位における骨盤肢位と上肢肢位の違いが体幹回旋運動の角度に及ぼす影響について検討した。[対象と方法]対象を健常大学生20名として、他動的体幹関節可動域、体幹筋力を計測した。2種類の骨盤肢位と上肢肢位の端座位で、左右体幹回旋角度を計測した。各条件の違いを左右に分けて二元配置分散分析、体幹回旋可動域と体幹筋力との関係をPearsonの相関係数で分析した。[結果]上肢肢位にかかわらず骨盤肢位の違いにより体幹回旋運動角度に有意差がみられたが、上肢肢位の違いによる有意差はなかった。また、修...
支援機器に対する理学療法学科学生の意識調査を通じての一提言 ロボットスーツHALを使用して
田上 未来, 窪谷 珠江, 松田 雅弘, 居村 茂幸
植草学園大学研究紀要   9 127-134   Mar 2017
近年,リハビリテーション医療・福祉領域において,支援機器である介護福祉ロボットの普及が促進されている.本邦の急激な高齢化および少子化に対し,介護福祉ロボットの普及は,リハビリテーションの需要と供給のバランスを維持するために必要な戦略の一つである.厚生労働省,経済産業省は,普及にあたり種々の事業を推進しており,リハビリテーション専門職である理学療法士が,今後,介護福祉ロボットに対する知識を要求されることは容易に想像できる.現在,本邦の理学療法学教育において,介護福祉ロボットを導入している養成...
緊急避難用の介助紐の開発について
松田 雅弘, 田上 未来, 窪谷 珠江, 新田 收, 楠本 泰士
植草学園大学研究紀要   9 135-143   Mar 2017
災害時に避難の困難な重度身体障害者が地域で生活している.1人介助で救出可能な介助紐を開発することで,今後発生する可能性のある災害に備えることが可能になると考えられる.本研究は,重度心身障害児者施設,介護老人保健施設の利用者の協力のもと,緊急避難用の介助紐を開発することを目的とした.以前筆者らが作製した入浴用の介助紐と,新生児用の抱っこ紐を参考に開発を行い,使用時の筋電計測や使用感の調査を行った.通常の横抱きよりも上肢筋の活動が低下し,背部筋の活動が向上した.また,開発した介助紐を利用するこ...
子どもロコモティブシンドロームの現状把握と疼痛・転倒の関連性の調査
松田 雅弘, 田上 未来, 楠本 泰士, 新田 收
体力科学   66(1) 123-123   Feb 2017
非侵襲的脳刺激療法(TMS/tDCS)とリハビリテーション
松田 雅弘, 万治 淳史, 網本 和, 稲葉 彰, 和田 義明
BIO Clinica   32(1) 69-72   Jan 2017
非侵襲的脳刺激療法(Non-invasive brain stimulation;NIBS)が脳卒中後の運動麻痺、高次脳機能障害などに効果があることが示唆され、広く研究・臨床応用されている。特に慢性期脳卒中患者の運動麻痺に対する効果の知見は増え、NIBSがリハビリテーションへ応用されている。NIBSの原理を説明するとともに、自験例を含め今後のリハビリテーションへの活用について考えたい。(著者抄録)