笠井 淳司

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/18 17:43
 
アバター
研究者氏名
笠井 淳司
 
カサイ アツシ
URL
http://molpharm.umin.jp/
所属
大阪大学
部署
大学院薬学研究科
職名
助教
学位
博士(薬学)(大阪大学)

プロフィール

これまで血管系(特に血管新生)の領域を中心に研究してきましたが、神経系と免疫系にも興味があり、さまざまな病態において、これら3者間の相互作用があるのではないかと日々考えています。特に、最近は、新たな全脳解析システムを構築してきました。このシステムを用いて全脳における種々の変化を網羅的に解析し、神経―血管―免疫系の相互作用を新たに明らかにしたいと思い研究を続けています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年9月
 - 
現在
大阪大学 大学院薬学研究科 助教
 
2012年5月
 - 
2014年9月
大阪大学 未来戦略機構 特任助教
 
2011年4月
 - 
2012年4月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ポスドク
 
2007年4月
 - 
2011年3月
摂南大学 薬学部 助教
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院 薬学研究科 応用医療薬科学
 
2002年4月
 - 
2004年3月
大阪大学大学院 薬学研究科 
 
1997年4月
 - 
2002年3月
静岡県立大学 薬学部 
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
日本薬理学会  代議員
 

受賞

 
2014年12月
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 平成26年度 包括脳ネットワーク 冬のシンポジウム 若手優秀発表賞
 
2014年7月
大阪大学 大阪大学総長 奨励賞
 
2011年7月
日本薬学会 日本薬学会近畿支部奨励賞
 
2010年12月
日本血管生物医学会 Young Investigator’s Award
 
2006年12月
日本薬学会生物系薬学部会 ファーマバイオフォーラム2006 優秀発表者賞
 

論文

 
Nakazawa T, Kikuchi M, Ishikawa M, Yamamori H, Nagayasu K, Matsumoto T, Fujimoto M, Yasuda Y, Fujiwara M, Okada S, Matsumura K, Kasai A, Hayata-Takano A, Shintani N, Numata S, Takuma K, Akamatsu W, Okano H, Nakaya A, Hashimoto H, Hashimoto R
Schizophrenia research   181 75-82   2017年3月   [査読有り]
Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H
Neuron   94(6) 1085-1100.e6   2017年6月   [査読有り]
Onaka Y, Shintani N, Nakazawa T, Kanoh T, Ago Y, Matsuda T, Hashimoto R, Ohi K, Hirai H, Nagata KY, Nakamura M, Kasai A, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Takuma K, Ogawa A, Baba A, Hashimoto H
Behavioural brain research   314 77-86   2016年11月   [査読有り]
Seiriki K, Kasai A, Kuwaki T, Nakazawa T, Yamaguchi S, Hashimoto H
Biochemical and biophysical research communications   480(4) 558-563   2016年11月   [査読有り]
Yoshioka Y, Sugino Y, Tozawa A, Yamamuro A, Kasai A, Ishimaru Y, Maeda S
Journal of pharmacological sciences   130(2) 51-59   2016年2月   [査読有り]
Kumagai S, Nakayama H, Fujimoto M, Honda H, Serada S, Ishibashi-Ueda H, Kasai A, Obana M, Sakata Y, Sawa Y, Fujio Y, Naka T
Cardiovascular research   109(2) 272-282   2016年2月   [査読有り]
Matsumura K, Nakazawa T, Nagayasu K, Gotoda-Nishimura N, Kasai A, Hayata-Takano A, Shintani N, Yamamori H, Yasuda Y, Hashimoto R, Hashimoto H
Journal of molecular psychiatry   4 1   2016年   [査読有り]
Kasai A, Kakihara S, Miura H, Okada R, Hayata-Takano A, Hazama K, Niu M, Shintani N, Nakazawa T, Hashimoto H
Frontiers in molecular neuroscience   9 126   2016年   [査読有り]
Watanabe K, Palonpon AF, Smith NI, Chiu LD, Kasai A, Hashimoto H, Kawata S, Fujita K
Nature communications   6 10095   2015年12月   [査読有り]
Hashimoto R, Nakazawa T, Tsurusaki Y, Yasuda Y, Nagayasu K, Matsumura K, Kawashima H, Yamamori H, Fujimoto M, Ohi K, Umeda-Yano S, Fukunaga M, Fujino H, Kasai A, Hayata-Takano A, Shintani N, Takeda M, Matsumoto N, Hashimoto H
Journal of human genetics      2015年11月   [査読有り]
Higashi S, Katagi K, Shintani N, Ikeda K, Sugimoto Y, Tsuchiya S, Inoue N, Tanaka S, Koumoto M, Kasai A, Nakazawa T, Hayata-Takano A, Hamagami K, Tomimoto S, Yoshida T, Ohkubo T, Nagayasu K, Ago Y, Onaka Y, Hashimoto R, Ichikawa A, Baba A, Hashimoto H
Biochemical and biophysical research communications   461(4) 612-617   2015年6月   [査読有り]
Onaka Y, Shintani N, Nakazawa T, Haba R, Ago Y, Wang H, Kanoh T, Hayata-Takano A, Hirai H, Nagata KY, Nakamura M, Hashimoto R, Matsuda T, Waschek JA, Kasai A, Nagayasu K, Baba A, Hashimoto H
Behavioural brain research   284 131-137   2015年5月   [査読有り]
Schulze W, Hayata-Takano A, Kamo T, Nakazawa T, Nagayasu K, Kasai A, Seiriki K, Shintani N, Ago Y, Farfan C, Hashimoto R, Baba A, Hashimoto H
Biochemical and biophysical research communications   459(1) 81-86   2015年3月   [査読有り]
Yamasaki A, Kasai A, Toi A, Kurita M, Kimoto S, Hayata-Takano A, Nakazawa T, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Ito A, Meltzer HY, Ago Y, Waschek JA, Onaka Y, Matsuda T, Baba A, Hashimoto H
Journal of neurochemistry   132(4) 418-428   2015年2月   [査読有り]
Ogata K, Shintani N, Hayata-Takano A, Kamo T, Higashi S, Seiriki K, Momosaki H, Vaudry D, Vaudry H, Galas L, Kasai A, Nagayasu K, Nakazawa T, Hashimoto R, Ago Y, Matsuda T, Baba A, Hashimoto H
PloS one   10(3) e0120526   2015年   [査読有り]
Malchenko S, Sredni ST, Hashimoto H, Kasai A, Nagayasu K, Xie J, Margaryan NV, Seiriki K, Lulla RR, Seftor RE, Pachman LM, Meltzer HY, Hendrix MJ, Soares MB
PloS one   10(3) e0121707   2015年   [査読有り]
Abad C, Nobuta H, Li J, Kasai A, Yong WH, Waschek JA
Journal of leukocyte biology   95 357-367   2014年2月   [査読有り]
Haba R, Shintani N, Onaka Y, Kanoh T, Wang H, Takenaga R, Hayata A, Hirai H, Nagata KY, Nakamura M, Kasai A, Hashimoto R, Nagayasu K, Nakazawa T, Hashimoto H, Baba A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34 2514-2523   2014年2月   [査読有り]
Hazama K, Hayata-Takano A, Uetsuki K, Kasai A, Encho N, Shintani N, Nagayasu K, Hashimoto R, Reglodi D, Miyakawa T, Nakazawa T, Baba A, Hashimoto H
PloS one   9 e89153   2014年   [査読有り]
Kasai A, Ishimaru Y, Higashino K, Kobayashi K, Yamamuro A, Yoshioka Y, Maeda S
Angiogenesis   16 723-734   2013年7月   [査読有り]
Hara C, Kasai A, Gomi F, Satooka T, Sakimoto S, Nakai K, Yoshioka Y, Yamamuro A, Maeda S, Nishida K
Investigative ophthalmology & visual science   54 4321-4329   2013年6月   [査読有り]
Sakuma S, Suita M, Yamamoto T, Masaoka Y, Kataoka M, Yamashita S, Nakajima N, Shinkai N, Yamauchi H, Hiwatari K, Hashizume A, Tachikawa H, Kimura R, Ishimaru Y, Kasai A, Maeda S
European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V   81 64-73   2012年5月   [査読有り]
[Apelin-APJ system: from discovery to therapeutic target].
Kasai A
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   139 198-202   2012年5月   [査読有り]
Caspase-4 directly activates caspase-9 in endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis in SH-SY5Y cells.
Yamamuro A, Kishino T, Ohshima Y, Yoshioka Y, Kimura T, Kasai A, Maeda S
Journal of pharmacological sciences   115 239-243   2011年   [査読有り]
[Pathological role of apelin in angiogenic eye disease].
Kasai A
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   131 1201-1206   2011年   [査読有り]
Kasai A, Kinjo T, Ishihara R, Sakai I, Ishimaru Y, Yoshioka Y, Yamamuro A, Ishige K, Ito Y, Maeda S
PloS one   6 e23968   2011年   [査読有り]
Kato T, Kasai A, Mizuno M, Fengyi L, Shintani N, Maeda S, Yokoyama M, Ozaki M, Nawa H
PloS one   5 e14185   2010年12月   [査読有り]
Kasai A, Ishimaru Y, Kinjo T, Satooka T, Matsumoto N, Yoshioka Y, Yamamuro A, Gomi F, Shintani N, Baba A, Maeda S
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   30 2182-2187   2010年11月   [査読有り]
Nitric oxide inhibits lipopolysaccharide-induced inducible nitric oxide synthase expression and its own production through the cGMP signaling pathway in murine microglia BV-2 cells.
Yoshioka Y, Takeda N, Yamamuro A, Kasai A, Maeda S
Journal of pharmacological sciences   113 153-160   2010年   [査読有り]
Kasai A, Shintani N, Kato H, Matsuda S, Gomi F, Haba R, Hashimoto H, Kakuda M, Tano Y, Baba A
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   28 1717-1722   2008年10月   [査読有り]
[First screening for behavioral phenotype of gene-engineered mice].
Kasai A, Shintani N
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   130 281-285   2007年10月   [査読有り]
Shintani N, Suetake S, Hashimoto H, Koga K, Kasai A, Kawaguchi C, Morita Y, Hirose M, Sakai Y, Tomimoto S, Matsuda T, Baba A
Regulatory peptides   126 123-128   2005年3月   [査読有り]
Kasai A, Shintani N, Oda M, Kakuda M, Hashimoto H, Matsuda T, Hinuma S, Baba A
Biochemical and biophysical research communications   325 395-400   2004年12月   [査読有り]
Sakai Y, Hashimoto H, Shintani N, Katoh H, Negishi M, Kawaguchi C, Kasai A, Baba A
Brain research. Molecular brain research   123 18-26   2004年4月   [査読有り]
Possible involvement of a cyclic AMP-dependent mechanism in PACAP-induced proliferation and ERK activation in astrocytes.
Hashimoto H, Kunugi A, Arakawa N, Shintani N, Fujita T, Kasai A, Kawaguchi C, Morita Y, Hirose M, Sakai Y, Baba A
Biochemical and biophysical research communications   311 337-343   2003年11月   [査読有り]

Misc

 
核酸医薬品開発に向けた現状と展望
笠井 淳司
脳21   16 89-94   2013年   [依頼有り]
眼内血管新生性疾患におけるアペリンの役割
笠井 淳司
日本薬理学雑誌   131(8) 1201-1206   2011年   [依頼有り]
生理活性ペプチド: Apelin
笠井 淳司
13 89-93   2010年
マウス表現型の網羅的解析法
笠井 淳司
実践行動薬理学   20-26   2010年

講演・口頭発表等

 
血管新生性眼疾患とアペリン-APJシステム~創薬標的分子としての可能性~
笠井 淳司
日本薬学会 第134年会   2014年3月30日   
精神疾患の発症に関わる遺伝子x環境相互作用ダイナミクスの解析系の構築
笠井 淳司
FISRT EXPO 2014   2014年2月28日   
Inhibition of the apelin-APJ signal switches endothelial cells from proliferative to mature state in pathological retinal angiogenesis
笠井 淳司
第21回日本血管生物医学会総会学術集会   2013年9月   
PACAP欠損マウスにおける慢性的な社会的敗北ストレス誘発うつ様症状の消失
笠井 淳司
日本薬学会第133年会   2013年3月   
笠井 淳司
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012   2012年9月1日   
笠井 淳司
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会   2011年10月22日   
Apelin is a crucial factor for hypoxia-induced retinal angiogenesis
笠井 淳司
第18回日本血管生物医学会学術集会/8th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology   2010年12月   
笠井 淳司
第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会   2010年10月30日   
Apelin is a crucial factor for hypoxia-induced retinal angiogenesis
笠井 淳司
WorldPharma2010   2010年7月   
虚血性網膜症モデルマウスにおける網膜血管新生に対するアペリンの役割
笠井 淳司
日本薬学会 第130年会   2010年3月28日   
虚血性網膜症の病態進行におけるapelinの役割
笠井 淳司
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2009   2009年8月24日   
笠井 淳司
第6回GPCR研究会   2009年5月   
虚血性網膜症の病態進行におけるapelinの役割
笠井 淳司
第82回日本薬理学会年会   2009年3月   
虚血性網膜症の病態進行におけるapelinの役割
笠井 淳司
第38回日本心脈管作動物質学会   2009年2月6日   
虚血性疾患治療を目指した最新トランスレーショナルリサーチ
笠井 淳司
生体機能と創薬シンポジウム2008   2008年9月5日   
Hypoxia induced apelin mRNA expression in astrocytes
笠井 淳司
CPT2008   2008年7月29日   
網膜血管新生に関与する新規生理活性物質apelinの役割 [招待有り]
笠井 淳司
岡山大学学内COE研究第5回研究会   2008年4月25日   
網膜血管形成における新規生理活性物質apelinの生理病態的役割
笠井 淳司
第37回日本新脈管作動物質学会   2008年3月17日   
網膜血管形成における新規GPCRリガンドapelinの生理病態的役割
笠井 淳司
第4回GPCR研究会   2007年5月12日   

競争的資金等の研究課題

 
ストレスによる情動障害に関わる神経基盤の解明と創薬研究への応用
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 笠井 淳司
精神疾患に関わるストレス脆弱性を左右する神経回路基盤の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 笠井 淳司
中枢神経系疾患治療薬の薬効・安全性評価に資する低分子化合物の全脳分子イメージング法の開発
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成
研究期間: 2016年       代表者: 笠井 淳司
精神疾患の治療戦略に資する、情動障害に関するメゾスコピック神経回路の全脳解析
武田科学振興財団: 薬学系研究奨励
研究期間: 2015年       代表者: 笠井 淳司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 笠井 淳司
dPWMIにおける希突起膠細胞選択的消失機構
上原記念生命科学財団: 海外留学助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 笠井 淳司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 五味 文
今年度は、脈絡膜新生血管発症とapelin/APJシステムとの関連についてより深く検討すべく、研究を行った。マウス網脈絡膜にレーザー照射することで脈絡膜新生血管を作成し、リアルタイムPCRにて、apelin, APJ, VEGF, VEGFR2の各分子の遺伝子発現の経時変化をみたところ、レーザー照射後2日目にapelinの有意な発現上昇が誘導されるが、そのリセプターであるAPJの発現はそれより遅れて4日目で上昇をみ、1週間でも上昇はみられた。一方VEGFとそのリセプターVEGFR2は、レー...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 前田 定秋
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態には、酸化ストレス、小胞体ストレス、神経保護因子といった様々な要因が複雑に絡み合っており、これらの因子のクロストークを詳細に解析することが重要な検討課題である。また、昨年度までの検討で、脊髄における運動神経の生存と機能維持へのアペリン/APJシステムの関与が示唆されている。そこで本年度は、ALSの病態進行におけるアペリンの役割を明らかにする目的で、ALSモデルマウスであるSOD1(G93A)transgenicマウスとアペリンノックアウトマウスを交配させ、...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 笠井 淳司
糖尿病網膜症などの虚血性網膜疾患では,病態進行に病的血管新生が深く関与している。これまで,研究代表者らは,虚血性網膜症のマウスモデルにおいて,内因性アペリンが網膜血管新生の促進因子であることを明らかにしてきた。今回,apelinが新たな治療標的となるか否かについて検討した。その結果,apelin siRNAの硝子体内投与により網膜apelin発現を約50%抑制し,網膜血管新生および異常血管の形成を有意に抑制することを明らかにした。
筋萎縮性側索硬化症モデルマウスを用いた新規創薬標的分子の探索
内藤記念科学振興財団: 内藤記念科学奨励金・研究助成
研究期間: 2008年 - 2010年