Noboru TANAKA

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
Noboru TANAKA
Affiliation
Gifu University
Section
Faculty of Education

Profile

Citizenship Education/Teaching and learning about culture in schools/Teacher education

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Gifu University
 
Apr 2010
 - 
Mar 2014
Lecturer, Osaka Ohtani University
 
Jan 2008
 - 
Mar 2010
Hyogo University of Teacher Education
 

Published Papers

 
History Learning as Citizenship Education; Collaborative Learning based on Luhmann's Theory of Communication
Vol.5 57-70   2016
森川 敦子, 須本 良夫, 田中 伸
比治山大学・比治山大学短期大学部教職課程研究   2 98-108   2016
田中 伸, 高木 友美, 北川 住江
岐阜大学教育学部研究報告. 人文科学 = Annual report of the Faculty of Education, Gifu University. 岐阜大学教育学部 編   65(1) 39-52   2016
TANAKA Noboru
社会科研究   (83) 1-12   Nov 2015
In the increasingly complex world, it can be difficult to fully comprehend the nature and organization of society. This study presents an educational model for social studies based on Niklas Luhmann's theory of communication. The theory provides e...
田中 伸, 草原 和博, 渡部 竜也
大阪大谷大学紀要   48 56-75   Feb 2014
「カルチュラル・スタディーズに基づく社会科授業のデザイン―エンコーディング・デコーディング理論を用いたメディア単元の開発を通して―」
田中伸
岐阜大学教育学部   63巻(1) 23-36   2014   [Refereed]
Desciplinary Perspectives and Methodologies of Japanese Social Studies Researchers
Kazuhiro Kusahara, Thomas Misco, Tatsuya Watanabe, Hiroko Taguchi, Noboru Tanaka, Masato Ogawa
The International Social Studies Association,   Vo.3(1) 17-36   2014   [Refereed]
「日本の社会科教育研究者の研究観と方法論−なんのために,どのように研究するか−」
草原和博、渡部竜也、田口紘子、田中伸、小川正人
日本教科教育学会   (1) 63-74   2014   [Refereed]
Teaching about Plurality of Perspectives: Educational Practices in Japanese Schools Teaching Social Sciences
Noboru TANAKA
The International Social Studies Association,   Vo.3(1) 91-104   2014   [Refereed]
「思考力を育成する社会科授業モデルの提案-英国調査に基づく授業デザインの螺旋的批判過程-」
大阪大谷大学 田中伸研究室
大阪大谷大学   (2) 1-20   2013   [Refereed]
「日本の社会科教育研究者の研究観と方法論(2)−教科教育学研究者が目指すべき研究スタイルと理想像−」
田中伸、草原和博、渡部竜也、田口紘子、小川正人
大阪大谷大学   第48号(1) 56-75   2013   [Refereed]
“The Structure of Learning Environments in Elementary Social Studies Education Aimed at Methodology of Inquiry: Educational Practice for Citizenship through Analysis of Media Used”
Noboru TANAKA
The International Social Studies Association   Vol.1(1) 1-10   2012   [Refereed]
「英国市民性教育研究の方法論的特質−3つのアプローチにみられる研究目的・内容・方法の特質と課題−」
田中伸
全国社会科教育学会   第48集(1) 87-96   2012   [Refereed]
“Methodological differences in Japanese and British research on citizenship education”
Noboru TANAKA
Children’s Identity and Citizenship in Europe   (1) 81-93   2012   [Refereed]
「シティズンシップ教育実践の多様性とその原理−学習環境を規定する市民性意識の解明を通して−」
田中伸
日本教育方法学会   第36巻(1) 39-50   2011   [Refereed]
“The relations of citizenship and the educational practice in Japan-in the educational practice of “law related education”-”
Noboru TANAKA
Children’s Identity and Citizenship in Europe   (1) 276-287   2010   [Refereed]
“Research about the nature of citizenship in Japan”
Noboru TANAKA
Children’s Identity and Citizenship in Europe   (1) 244-250   2009   [Refereed]
「社会科教育学研究における研究方法論の検討―PISA調査結果を基盤とした学際的恊働への布石」
田中伸
中国四国教育学会   第54巻(1) 728-733   2009   [Refereed]
「世界に関わる空間軸の形成−学習指導要領の歴史的分析を通してー」
岩田一彦、田中伸
兵庫教育大学教科教育学会   第21巻(1) 3-12   2008   [Refereed]
「構造主義に基づく批判の論理−1970年代におけるアメリカ社会科文化学習を事例としてー」
田中伸
鳴門社会科教育学会   第23号(1) 1-10   2008   [Refereed]
「小学校社会科文化学習の改善−知識を受容する学習から意味を解釈する学習へー」
田中伸
兵庫教育大学   第33巻(1) 173-183   2008   [Refereed]
「関心相関性に基づく授業構成論―英国シティズンシップ教育とわが国の社会科教育の相違―」
田中伸
日本社会科教育学会   第4号(1) 100-101   2008   [Refereed]
「構築主義に基づく社会科授業の特質−文化研究の視点から−」
田中伸
広島県高等学校教育研究会地理歴史・公民部会   (1) 57-70   2007   [Refereed]
“Citizenship education in Japan”
Noboru TANAKA
Association for Citizenship Teaching   issue19(1) 46-19   2007   [Refereed]
認識変容に関する社会科評価研究(3)−中学校公民単元『国際連合について考える』学習の評価分析−」
池野範男、竹中伸夫、田中伸、二階堂年恵、丹生英治、田口紘子
広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター   第12巻(1) 267-282   2007   [Refereed]
「見方・考え方を育てる中学校歴史授業の開発−『喧嘩両成敗について考える』の場合−」
田口紘子、竹中伸夫、田中伸、丹生英治
広島大学大学院教育学研究科   第55号(1) 117-126   2007   [Refereed]
「認識変容に関する社会科評価研究(4)−中学校歴史単元『喧嘩両成敗について考える』学習の評価分析−」
池野範男、竹中伸夫、柳生大輔、田口紘子、田中伸、二階堂年恵、丹生英治
広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター   第13号(1) 63-73   2007   [Refereed]
「構築主義に基づく文化研究学習原理−アメリカ文化学習教科書『世界への窓』を事例として−」
田中伸
全国社会科教育学会   第64号(1) 81-90   2006   [Refereed]
「認識変容に関する社会科評価研究(2)−小学校地図学習の評価分析−」
池野範男、竹中伸夫、田中伸、二階堂年恵
広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター   第12巻(1) 255-265   2006   [Refereed]
「解釈構築の論理に基づく文化研究学習−教科書『文化の創造(Create a Culture)』を事例として−」
田中伸
社会系教科教育学会   第18号(1) 47-54   2006   [Refereed]
「批判の論理に基づく構造主義的文化学習の特質−教科書『人類学の探究』を事例として−」
田中伸
日本社会科教育学会   第2号(1) 122-123   2006   [Refereed]
「公民単元『国際連合について考える』−『国家・社会の形成者』を育成する中学校社会科授業の開発(2)−」
池野範男、竹中伸夫、田中伸、二階堂年恵、丹生英治
広島大学平和科学研究センター   第27巻(1) 137-154   2005   [Refereed]
「現代アメリカ社会科にみられる文化学習論の転換−教科書『比較文化(Comparing Cultures)』を事例として−」
田中伸
広島大学大学院教育学研究科   第54号(1) 77-86   2005   [Refereed]
「『合理的』意思決定能力向上のために−試論として−」
磯崎育男、田中伸、高内康司、上畑貴幸
千葉大学教育学部   第52巻(1) 161-170   2004   [Refereed]
「文化研究学習(Cultural Studies)としての社会学習原理」
田中伸
中国四国教育学会   第50巻(1) 392-397   2004   [Refereed]
「小学校社会科における見方・考え方の育成方略−単元『地図とはどのようなものでしょうか?地図について考えてみよう!』を事例として−」
池野範男、竹中伸夫、田中伸、二階堂年恵
広島大学大学院教育学研究科   第53号(1) 79-88   2004   [Refereed]
「カルチュラル・スタディーズに基づく社会科教材開発の新たな視点―エンコーディング・デコーディング理論の導入―」
田中伸
千葉大学   (1) 1-170   2004   [Refereed]

Misc

 
“The Structure of Learning Environments in Elementary Social Studies Education Aimed at Methodology of Inquiry: Educational Practice for Citizenship through Analysis of Media Used”
Vol.1
10   2012(1) 1-Noboru TANAKA
「カルチュラル・スタディーズに基づく社会科授業のデザイン―エンコーディング・デコーディング理論を用いたメディア単元の開発を通して―」
63巻
36   2014(1) 1-田中伸
ISOZAKI Ikuo, TANAKA Noboru, TAKAUCHI Koji, UEHATA Takayuki
Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University   52 161-170
There are few descriptions of political realities in textbook of citizenship in Japan. And we can rarely find a curriculum which is oriented toward making pupils recognize the realities of human behaviors in teaching social studies. Our purpose of...
「思考力を育成する社会科授業モデルの提案-英国調査に基づく授業デザインの螺旋的批判過程-」
20   2013(2) 3-大阪大谷大学 田中伸研究室
丹生 英治, 田中 伸, 二階堂 年惠, 田口 紘子
Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University Part. 2 Arts and science education   (55) 107-114   2006
The purpose in this paper is to develop the lesson plan for teaching junior high school social studies to consider a home and house. We developed the unit plan "Considering a home and space." The aim of this plan is to recognize the perspectives a...
田口 紘子, 竹中 伸夫, 田中 伸, 丹生 英治
Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University Part. 2 Arts and science education   (55) 115-123   2006
The purpose in this paper is to develop the lesson plan for teaching history in junior high schools to consider Kenkaryouseibai. We developed the unit plan "Considering Kenkaryouseibai." This plan aims recognize the perspectives and views of Kenka...
Ikeno Norio, Takenaka Nobuo, Tanaka Noboru, Nikaido Toshie, Kawakami Hidekazu
Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University. Part. II, Arts and science education   53 79-88
The purpose in this paper is to develop the strategy and lesson plan for teaching elementary social studies to introduce a new view of society. We developed the unit plan "Considering maps, could you think what's a map" which is organized so that ...

Books etc

 
長瀬 美子, 小谷 卓也, 田中 伸 (Part:Joint Work)
風間書房   Feb 2013   ISBN:4759919678
スティーブン・J・ソーントン (Part:Joint Translation)
春風社   Oct 2012   ISBN:4861103282

Conference Activities & Talks

 
境界例において治療を断念すること
2005   
人格障害の反復自傷と応召義務
2003   
人格障害の強制入院について
2008   
大学の臨床研修について
2003   
人格障害の認知療法について
2006   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Noboru TANAKA
This research clarified the following two points. The first is Japanese children set the most important factor is moral sense in citizenship awareness for a matter; it is big different from European countries such as the U.K. The second is the les...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(スタートアップ))
Project Year: 2008 - 2009    Investigator(s): Noboru TANAKA
This research clarify the following two matters through research and analyze the citizenship education in Japan, UK and US to develop the educational curriculum based on Japanese cultural context. First is citizenship awareness and requirement as ...