羽田野 剛司

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/02 02:55
 
アバター
研究者氏名
羽田野 剛司
 
ハタノ ツヨシ
eメール
hatano.tsuyoshinihon-u.ac.jp
URL
http://www.ee.ce.nihon-u.ac.jp/~hatano
所属
日本大学
部署
工学部電気電子工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(広島大学)
科研費研究者番号
20501662
ORCID ID
0000-0002-6173-6404

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
近畿大学 工学部 非常勤講師
 
1997年4月
 - 
2000年3月
広島大学 ナノデバイス・システム研究センター 研究員
 
2000年4月
 - 
2005年3月
科学技術振興事業団  ERATO 樽茶多体相関場プロジェクト  研究員
 
2005年4月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構 ICORP 量子情報スピンプロジェクト グループリーダ
 
2010年4月
 - 
2013年3月
科学技術振興機構 ERATO 核スピンエレクトロニクスプロジェクト 研究員
 

学歴

 
 
   
 
広島大学 工学部 電子工学科
 
 
   
 
広島大学 工学研究科 材料工学専攻
 
 
   
 
広島大学 工学研究科 材料工学専攻
 

委員歴

 
2009年11月
 - 
2010年10月
日本物理学会  領域4運営委員
 

論文

 
S. Amaha, T. Hatano, S. Tarucha, J. A. Gupta, and D. G. Austing
Applied Physics Letters   106(17) 172401(1)-172401(5)   2015年4月   [査読有り]
T. Hatano, W. Kume, S. Watanabe, K. Akiba, K. Nagase and Y. Hirayama
PHYSICAL REVIEW B   91(11) 115318(1)-115318(7)   2015年3月   [査読有り]
S. Amaha, W. Izumida, T. Hatano, S. Tarucha, K. Kono, and K. Ono
Physical Review B   89(8) 085302(1)-085302(10)   2014年2月   [査読有り]
T. Hatano, Y. Tokura, S. Amaha, T. Kubo, S. Teraoka, and S. Tarucha
Physical Review B   87(24) 241414(1)-241414(4)   2013年6月   [査読有り]
S. Amaha, W. Izumida, T. Hatano, S. Teraoka, S. Tarucha, J. A. Gupta, and D. G. Austing
Physical Review Letters   110(1) 016803(1)-016803(5)   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
学生実験におけるレポート作成技術向上を目指した総括的システムの構築
遠藤 拓,道山 哲幸,石川 瑞恵,羽田野 剛司,池田 正則
ICT利用による教育改善研究発表会   77-80   2019年8月
S. Ichinokura, T. Hatano, W. Izumida, K. Nagase, and Y. Hirayama
Applied Physics Letters   103(6) 062106(1)-062106(4)   2013年8月   [査読有り]
T. Kubo, Y. Tokura, T. Hatano, S. Amaha, S. Teraoka, and S. Tarucha
Physica E   42(4) 852-855   2010年11月   [査読有り]
羽田野剛司, 樽茶清悟
応用物理学会   74(3) 313-319   2005年3月   [査読有り]
羽田野 剛司, 野村 明弘, 吉田 昌義, 中島 安理, 芝原 健太郎, 横山 新
電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   98(28) 15-19   1998年4月
新しい二重障壁トランジスタを提案する。このトランジスタはLDD (Lightly Doped Drain) MOSトランジスタ構造をわずかに変化させ、かつ二つのゲートを持つ構造である。2つのゲート電圧を制御することにより、サイドウォールスペーサ下部に障壁が形成される。このトランジスタが室温で動作可能となるためには、トンネル電流が熱励起電流より十分大きくなる障壁の形成が必要である。我々はこのトランジスタの室温での電気伝導特性の計算を行ない、トランジスタの室温動作の可能性を検討した。その結果、...

書籍等出版物

 
Electron Spin Resonance and Related Phenomena in Low-Dimensional Structures
Editor: Marco Fanciulli, authors inchapter 2: Y. Tokura, T. Obata, T. Hatano, and S. Tarucha (担当:共著, 範囲:Chapter 2. Electron spin manipulation in quantum dot systems)
Springer   2009年   

講演・口頭発表等

 
学生実験における総括的システムの構築
遠藤 拓,道山 哲幸,石川 瑞恵,羽田野 剛司,池田 正則
第80回応用物理学会秋季学術講演会   2019年9月21日   公益社団法人 応用物理学会
Electrical transport properties of graphene quantum dot devices in perpendicular magnetic fields
T. Kato, H. Ito, S. Kawamagari, T. Iwasaki, K. Watanabe, T. Taniguchi, S. Moriyama, and T. Hatano
9TH SUMMER SCHOOL ON SEMICONDUCTOR/SUPERCONDUCTOR QUANTUM COHERENCE EFFECT AND QUANTUM INFORMATION   2019年9月5日   Riken
Electrical transport properties of graphene quantum dot devices
H. Ito, T. Kato, S. Kawamagari, T. Iwasaki, K. Watanabe, T. Taniguchi, S. Moriyama, and T. Hatano
9TH SUMMER SCHOOL ON SEMICONDUCTOR/SUPERCONDUCTOR QUANTUM COHERENCE EFFECT AND QUANTUM INFORMATION   2019年9月5日   Riken
Temperature dependence of quadruplet spin blockade of double quantum dots in series
S. Miyota, M, Kondo, W. Izumida, S. Amaha and T. Hatano
9TH SUMMER SCHOOL ON SEMICONDUCTOR/SUPERCONDUCTOR QUANTUM COHERENCE EFFECT AND QUANTUM INFORMATION   2019年9月5日   Riken
ナノデバイスの電気伝導特性
羽田野剛司
第1回量子物理学セミナー   2019年9月3日   津山工業高等専門学校

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
2次元ファンデルワールス物質を用いた新規人工分子デバイスと非線形量子シミュレータの研究
物質・材料研究機構: NIMS連携拠点推進制度
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 羽田野剛司
高性能トランジスタ実現に向けた2次元グラフェン素子の電気伝導特性の研究
日本大学: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
2次元ファンデルワールス物質を用いた新規トランジスタの作製と電気伝導特性の解明
物質・材料研究機構: NIMS連携拠点推進制度
研究期間: 2017年10月 - 2018年3月    代表者: 羽田野剛司
ハイブリット低次元系の量子揺らぎと電子相関
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 羽田野剛司
量子スピン情報プロジェクト
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業ICORP型研究
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 樽茶清悟

特許

 
特許4871150 : 2重量子ドット帯電型整流素子
特許4897743 : 環状構造を持つ縦型共鳴トンネル素子の製造方法、及び縦型共鳴トンネル素子並びに磁気検出装置