池田大樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 20:11
 
アバター
研究者氏名
池田大樹
 
イケダヒロキ
所属
独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
部署
過労死等調査研究センター
職名
任期付研究員
学位
博士(学術)(広島大学)

研究分野

 
 

論文

 
Hiroki Ikeda, Xinxin Liu, Fuyuki Oyama, Keiko Wakisaka, Masaya Takahashi
Scandinavian Journal of Work, Environment & Health   in press    [査読有り]
Tomohide Kubo, Shuhei Izawa, Masao Tsuchiya, Hiroki Ikeda, Keiichi Miki, Masaya Takahashi
Journal of Occupational Health   60(5) 394-403   2018年9月   [査読有り]
Xinxin Liu, Hiroki Ikeda, Fuyuki Oyama, Keiko Wakisaka, Masaya Takahashi
Scientific Reports   8(1) 14556   2018年9月   [査読有り]
Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomoaki Matsuo, Rina So, Shun Matsumoto, Takashi Yamauchi, Masaya Takahashi
Journal of Occupational Health   60(3) 229-235   2018年5月   [査読有り]
Motoyasu Honma, Takuya Yoshiike, Hiroki Ikeda, Kenichi Kuriyama
Psychological Research   82(3) 634-644   2018年5月   [査読有り]
Rina So, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomohide Kubo, Hiroki Ikeda, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7(2) 121-130   2018年3月   [査読有り]
Hiroki Ikeda, Kotaro Kayashima, Takeshi Sasaki, Sachiko Kashima, Fumihiko Koyama
Industrial Health   55(5) 455-459   2017年9月   [査読有り]
Hiroki Ikeda, Tomohide Kubo, Shuhei Izawa, Masaya Takahashi, Masao Tsuchiya, Norie Hayashi, and Yuki Kitagawa
Journal of Occupational and Environmental Medicine   59(4) 397-401   2017年4月   [査読有り]
過労死等防止対策の歴史とこれから : これまでに蓄積された過重労働と健康障害等との関連性に関する知見
茅嶋康太郎, 吉川 徹, 佐々木 毅, 劉 欣欣, 池田大樹, 松元 俊, 久保智英, 山内貴史, 蘇 リナ, 松尾知明, 高橋正也
産業医学レビュー   29(3) 163-187   2017年1月   [査読有り]
Tomohide Kubo, Masaya Takahashi, Xinxin Liu, Hiroki Ikeda, Fumiharu Togo, Akihito Shimazu, Katsutoshi Tanaka, Naoki Kamata, Yoshiko Kubo, Junko Uesugi
Journal of Occupational and Environmental Medicine   58(11) 1066-1072   2016年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
睡眠マネジメント ~産業衛生・疾病との係わりから最新改善対策まで~, 白川修一郎・高橋正也(編)
池田大樹 (担当:分担執筆, 範囲:自己覚醒と日中の眠気への影響)
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年11月   ISBN:978-4-86043-406-9
International Review of Neurobiology, 93, Science of awakening. In A. Clow & L. Thorn (Eds.)
Hayashi, M., Matsuura, N., & Ikeda, H. (担当:分担執筆, 範囲:Preparation for awakening: Self-awakening vs. forced awakening: Preparatory changes in the pre-awakening period.)
New York: Academic Press.   2010年11月   ISBN:978-0123813244

Misc

 
第3回労働時間日本学会研究集会 労働時間の側面から働き方の改善を考える
池田大樹
労働の科学   73(6) 360-362   2018年6月   [依頼有り]
劉 欣欣, 池田 大樹, 小山 冬樹, 脇坂 佳子, 高橋 正也
労働安全衛生研究   11(1) 47-50   2018年2月   [査読有り]
第2回労働時間日本学会研究集会 働き方の改革が求められる社会:問題点とグッドプラクティス,そして科学
池田大樹,久保智英,高橋正也
労働の科学   72(6) 357-359   2017年6月   [依頼有り]
過重労働対策としての勤務間インターバル制度
久保智英,池田大樹
安全と健康   68(9) 76-77   [依頼有り]
明日から実践できる快眠・快覚醒術
池田大樹, 高橋正也
べんちのーと   27(3) 16-17   2016年12月   [依頼有り]

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 過労死等調査研究センター 特定有期雇用職員
 
2014年4月
 - 
2015年9月
独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
 
2014年4月
 - 
2015年9月
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 成人精神保健研究部 外来研究員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 成人精神保健研究部 流動研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 岡ノ谷情動情報プロジェクト 研究補助員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2009年9月
広島大学  大学院総合科学研究科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
広島大学  大学院生物圏科学研究科
 
2001年4月
 - 
2005年3月
仁愛大学 人間学部 心理学科
 

受賞

 
2017年5月
第90回日本産業衛生学会 優秀演題賞(ポスター賞)
 

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日勤労働者の勤務間インターバルの規則性:その実態と問題の把握、および対応策の検討
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金 (若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 池田大樹
過労死等の実態解明と防止対策に関する総合的な労働安全衛生研究
労災疾病臨床研究事業費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高橋正也
指示忘却による記憶抑制が睡眠中の記憶処理及び夢内容に及ぼす影響の検討
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 池田大樹
起床後の覚醒度低下対策としての自己覚醒の精神生理学的検討
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 池田大樹