片山 光徳

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/02 03:17
 
アバター
研究者氏名
片山 光徳
 
カタヤマ ミツノリ
eメール
katayama.mitsunorinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生産工学部教養・基礎科学系
職名
准教授
学位
理学博士(東京大学)
科研費研究者番号
80345066

研究分野

 
 

経歴

 
1997年6月
 - 
1999年10月
日本学術振興会特別研究員(PD) Texas A & M University Department of Biology
 
1999年11月
 - 
2001年3月
日本学術振興会特別研究員(PD) 名古屋大学大学院
 
2001年4月
 - 
2002年1月
文部科学省戦略的基礎研究推進事業(CREST)研究員 名古屋大学大学院
 
2002年1月
 - 
2007年1月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 生命環境科学系 助手
 
2007年1月
 - 
2007年3月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 生命環境科学系 学術支援員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
東京大学大学院 理学系研究科 植物学専攻
 
 
 - 
1994年
静岡大学 理学部 生物学科
 
 
 - 
1997年
東京大学大学院 理学系研究科 植物学専攻
 

論文

 
Cyanobacteriochrome CcaS is the green light receptor that induces the expression of phycobilisome linker protein.
Hirose Y, Shimada T, Narikawa R, Katayama M, Ikeuchi M.
105(28) 9528-9533   2008年1月   [査読有り]
labA: a novel gene required for negative feedback regulation of the cyanobacterial circadian clock protein KaiC.
Taniguchi Y, Katayama M, Ito R, Takai N, Kondo T, Oyama T.
21 60-70   2007年   [査読有り]
The Membrane-Associated CpcG2-Phycobilisome in Synechocystis: A New Photosystem I Antenna
Kondo K, Ochiai Y, Katayama M, Ikeuchi M.
144(2) 1200-1210   2007年   [査読有り]
The circadian clock-related gene pex regulates a negative cis element in the kaiA promoter region.
Kutsuna S, Kondo T, Ikegami H, Uzumaki T, Katayama M, Ishiura M.
189(21) 7690-6   2007年11月   [査読有り]
Cyanobacteriochrome TePixJ of Thermosynechococcus elongatus harbors phycoviolobilin as a chromophore.
Ishizuka T, Narikawa R, Kohchi T, Katayama M, Ikeuchi M.
48(9) 1385-90   2007年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
シアノバクテリアの光屈性の多様性 [招待有り]
片山光徳
研究集会「シアノバクテリアの生態学的多様性と系統分類」   2017年11月23日   京都大学生態学研究センター,日本美生物資源学会
片山光徳
藍藻の分子生物学2015   2015年11月16日   かずさDNA研究所
糸状性シアノバクテリアRivularia sp. M-261の光屈性の屈曲の形成
片山光徳
第56回日本植物生理学会年会   2015年3月18日   一般社団法人 日本植物生理学会
Rivuaria M-261の光屈性がbulging(突出)およびbowing(たわみ)により形成されていることを示した。
Scytonema 属シアノバクテリアの屈光性
加藤浩
日本植物学会第74回年会   2010年9月11日   日本植物学会
屈光性を示す Fischerella 属のシアノバクテリア
片山光徳
日本植物生理学会   2009年3月22日