IIJIMA Akira

J-GLOBAL         Last updated: Mar 2, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
IIJIMA Akira
E-mail
iijimamech.cst.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Science and Technology, Department of Mechanical Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Nihon University), Master of Engineering(Nihon University)
Research funding number
50434121

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2004
 - 
Mar 2006
Fuji Heavy Industries Ltd. Subaru Engineering Division
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
日本大学理工学部 副手
 
Apr 2007
 - 
Mar 2009
日本大学 助手
 
Apr 2009
 - 
Mar 2016
日本大学 助教
 
Apr 2016
   
 
日本大学 准教授
 

Education

 
 
 - 
2004
Department of Mechanical Engineering, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 

Committee Memberships

 
Jan 2010
   
 
SAE International  Small Engine Technology Conference (SETC) 2011, Session Organizer
 

Awards & Honors

 
Nov 2016
ノック振動を伴う HCCI 燃焼の自着火挙動及び周波数特性, 日本燃焼学会論文賞, Combustion Society of Japan
Winner: Naoya Ito, Takashi Shimada, Masanori Yamada, Akira Iijima, Hideo Shoji
 
Sep 2016
可視化エンジンを用いたストリーマ放電による超希薄燃焼の研究, 2015年度(第93期)日本機械学会エンジンシステム部門ベストプレゼンテーション表彰, 日本機械学会 エンジンシステム部門
Winner: Akira IIJIMA
 
May 2016
過給とEGRを用いたガソリンHCCI機関の研究(第1報), 2015年度 自動車技術会春季大会学術講演会 優秀講演発表賞, 公益社団法人自動車技術会
 
Mar 2016
機関回転数がHCCI燃焼に及ぼす影響, 2015年度 自動車技術会関東支部学術研究講演会 ベスト・ペーパー賞, 公益社団法人自動車技術会関東支部
Winner: 田中寛人,田邊翔太,星野飄太,樋口裕也,松石宗大,飯島晃良,庄司秀夫
 
Nov 2015
Influence of Ca-, Mg-and Na-based Engine Oil Additives on Abnormal Combustion in a Spark-ignition Engine, High Quality Papers Award at 2015 SAE/JSAE SETC (Small Engine Technology Conference), Osaka, JAPAN, JSAE / SAE International
Winner: Kenta Miura, Kento Shimizu, Norikuni Hayakawa, Tomomi Miyasaka, Akira Iijima, Hideo Shoji, Toshimasa Utaka, Kazushi Tamura, Hideki Kamano
 

Published Papers

 
Yuya Higuchi, Hiroto Tanaka, Hyota Hoshino, Munehiro Matsuishi, Akira Iijima, Hideo Shoji
SAE International Journal of Engines   9(4) 2350-2355   Nov 2016   [Refereed]
Kenta Miura, Kento Shimizu, Norikuni Hayakawa, Tomomi Miyasaka, Akira Iijima, Hideo Shoji, Toshimasa Utaka, Kazushi Tamura, Hideki Kamano
SAE International Journal of Engines   9(1) 452-457   Apr 2016   [Refereed]
Akira Iijima, Hideo Shoji, Yuki Yoshida, Chibin Rin, Masanori Yamada, Takashi Shimada, Naoya Ito
SAE International Journal of Engines   9(1) 1-10   Apr 2016   [Refereed]
A study of supercharged hcci combustion characteristics using dme/methane fuel blends
Transactions of the JSME (in Japanese)   82(835) 1-8   Mar 2016   [Refereed]
松石宗大,阿部泰英,飯島晃良,庄司秀夫,三沢一仁,小島啓,中間健二郎
日本エネルギー学会誌   95(1) 139-143   Jan 2016   [Refereed]

Misc

 
エンジンの高効率化手法とHCCI燃焼技術
飯島晃良
月刊技術士   (565) 34-35   Jan 2014   [Refereed][Invited]

Books etc

 
飯島晃良
技術評論社   Feb 2017   ISBN:978-4-7741-8677-1
乙種第4類危険物取扱者が,試験科目の一部免除を受けて乙種第1,2,3,5,6類危険物取扱者試験を受験するためのテキスト及び問題集.
飯島晃良
オーム社   Nov 2016   ISBN:978-4-274-21973-3
乙種第4類危険物取扱者試験の受験対策テキスト及び問題集
らくらく突破 甲種危険物取扱者 合格テキスト+問題集
飯島晃良
技術評論社   Apr 2016   ISBN:978-4-7741-7964-3
基礎から学ぶ 熱力学
吉田幸司,岸本健,木村元昭,田中勝之,飯島晃良 (Part:Joint Work)
オーム社   Feb 2016   ISBN:978-4-274-21854-5
革新的燃焼技術による高効率内燃機関開発最前線
村瀬栄一 他 (Part:Joint Work, 低速プレイグニッション)
エヌ・ティー・エス   Jul 2015   ISBN:978-4860434304

Conference Activities & Talks

 
可視化エンジンを用いた多段パルス放電による希薄燃焼の研究
飯島晃良,竹田幸太郎,高橋優己,吉田裕貴,林智敏,島田貴司,山田将徳,庄司秀夫,民田太一郎,橋本隆
自動車技術会2016年春季大会   25 May 2016   公益社団法人自動車技術会
急速圧縮装置を用いた希薄予混合気のエンドガスにおける自発点火過程の分光観察
今井幸代,倉橋和也,細田奈々日,本多浩詩,宮内佑輔,田辺光昭,飯島晃良
日本機械学会関東支部 第22期総会講演会   10 Mar 2016   一般社団法人日本機械学会 関東支部
HCCI燃焼におけるストリーマ放電アシストの効果
星野飄太,田中寛人,田邉翔太,樋口裕也,松石宗大,佐原純輝,飯島晃良,浅井朋彦,庄司秀夫
日本機械学会関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会   10 Mar 2016   一般社団法人日本機械学会 関東支部
プラズマHCCI燃焼火炎の可視化観察
髙橋優己,竹田幸太郎,田中祥平,吉田裕貴,林智敏,島田貴司,山田将徳,佐原純輝,飯島晃良,浅井朋彦,庄司秀夫
日本機械学会関東学生会第55回学生員卒業研究発表講演会   10 Mar 2016   一般社団法人日本機械学会 関東支部
内部EGRを用いたHCCIノッキングに関する研究
林智敏,吉田裕貴,山田将徳,島田貴司,飯島晃良,庄司秀夫
自動車技術会 関東支部 2015年度学術研究講演会   9 Mar 2016   公益社団法人自動車技術会関東支部

Patents

 
特開2008-180108 : 予混合圧縮着火内燃機関の燃焼方法および装置

Others

 
2009
日本機械学会エンジンシステム部門 第87期 広報委員会 幹事
2007
日本機械学会エンジンシステム部門A-TS 07-45予混合圧縮着火燃焼技術の高度化研究会 委員
2008
規格委員会 ISO/TC22/SC23/WG9(電動二輪WG) 委員
2007
エンジンシステム部門A-TS 07-36圧縮着火燃焼技術の高度化研究会 委員