北岡 和代

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 18:15
 
アバター
研究者氏名
北岡 和代
 
キタオカ カズヨ
eメール
kazuyo.kitaokakomatsu-u.ac.jp
URL
http://www.komatsu-u.jp/
所属
公立小松大学
部署
保健医療学部
職名
教授
学位
博士(金沢医科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
   
 
公立小松大学 保健医療学部 教授・学部長・学科長
 
2013年4月
 - 
2018年3月
金沢大学 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
金沢医科大学 看護学部 教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
石川県立看護大学 准教授
 
2000年4月
 - 
2005年3月
石川県立看護大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
2009年3月
金沢医科大学 医学部 健康増進予防医学
 
1978年4月
 - 
1981年3月
金沢大学医療技術短期大学部  看護科
 
1972年4月
 - 
1976年3月
金沢大学 法文学部 哲学科
 

委員歴

 
2014年
   
 
日本看護科学学会  JJNS編集委員
 

受賞

 
2002年
日本精神障害者リハビリテーション学会10周年記念事業研究表彰
 

論文

 
116 Evaluation of a daily life activity sensing model to determine risk of falls in the elderly living alone based on trips to the toilet at night
SHOGENJI M, KATO M, KITAOKA K
Journal of Society of Nursing Practice   31 55-62   2018年9月   [査読有り]
115 Framework of subjective cognition in community-dwelling individuals with schizophrenia who experienced long-term hospitalization
KAWAMURA M, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health   42 29-40   2018年8月   [査読有り]
114 Job stress factors affect workplace resignation and burnout among Japanese rural physicians
SAIJO Y, YOSHIOKA E, HANLEY SJB, KITAOKA K, YOSHIDA T
Tohoku Journal of Experimental Medicine   245 167-177   2018年7月   [査読有り]
112 Impact of moral sensitivity on moral distress among psychiatric nurses
OHNISHI K, KITAOKA K, et al.
Nursing Ethics   1-11   2018年3月   [査読有り]
NGUYEN H, KITAOKA K, SUKIGARA M, et al.
Asian Nursing Research   12 42-49   2018年3月   [査読有り]
107 Psychosocial process in mothers with depressed mood who continue to fulfill their parenting responsibilities
KATAYAMA M, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 9-22   2018年1月   [査読有り]
108 Investigation of the influence of mentors in the workplace environment of nurses, including associated occupational stress and willingness to continue working
MORIOKA H, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 23-39   2018年1月   [査読有り]
109 Research on the process by which parents of children with schizophrenia associate with their experience
KAWAGUCHI M, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 57-67   2018年1月   [査読有り]
110 Relationship between job satisfaction and intention to remain among nurses working in a hospital in Japan
AIJO R, KATAYAMA M, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 113-127   2018年1月   [査読有り]
111 メンタルヘルス不調による休職・離職経験を経て働き続けるキャリア中期看護師のプロセス
中本明世・北岡和代
Journal of Wellness and Health Care   41 83-92   2018年1月   [査読有り]
SAKAGAMI A, AIJO R, ..., KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 97-111   2017年7月   [査読有り]
NAGATA K, KITAOKA K
Journal of Wellness and Health Care   41 113-123   2017年7月   [査読有り]
105 多くの項目に回答することによる中間選択の増加
増田真也・坂上貴之・北岡和代
行動計量学   44 117-128   2017年7月   [査読有り]
北岡和代
Journal of Wellness and Health Care   41 1-11   2017年7月   [査読有り]
102 Work-family conflict as a mediator between occupational stress and psychological health among mental health nurses
SUGAWARA N, ...KITAOKA K, et al.
Neuropsychiatric Disease and Treatment   13 779-784   2017年3月   [査読有り]
101 Longitudinal study examined to physiological and psychological transition for the development of sensing indicators of daily livings among solitude elderly persons
SHOGENJI M, KATO M, KITAOKA K, et al.
Journal of Tsuruma Health Sciences Kanazawa University   40 95-99   2017年2月   [査読有り]
IRWAN AM, KATO M, KITAOKA K, et al.
Nursing and Health Sciences   18 519-532   2016年12月   [査読有り]
増田真也・北岡和代・佐々木恵
心理学研究   87 354-363   2016年10月   [査読有り]
99 日本版Areas of Worklife Survey (AWS)-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断の妥当性について
北岡和代・増田真也・佐々木恵・他
看護実践学会誌   29 19-25   2016年10月   [査読有り]
96 統合失調症のセルフスティグマ形成から安定した地域生活へのプロセス
長田恭子・福嶋杏子・三浦美香・河村一海・北岡和代
精神障害とリハビリテーション   20 63-71   2016年6月   [査読有り]
大西香代子・北岡和代・他
日本精神保健看護学会誌   25 12-18   2016年6月   [査読有り]
90 Classification of burnout according to the Maslach Burnout Inventory-General Survey
KITAOKA K, MASUDA S
Journal of Society of Nursing Practice   28 5-15   2016年3月   [査読有り]
91 Knowledge and practice of nurses regarding nosocomial infection control in Vietnam
NGUYEN H, KITAOKA K, PHAM H
Hokuriku Journal of Public Health   42 43-56   2016年3月   [査読有り]
92 Rate of burnout among Japanese mental health nurses assessed using the revised exhaustion+1 criterion
KITAOKA K, MASUDA S, OHNISHI K, et al.
Hokuriku Journal of Public Health   42 69-75   2016年3月   [査読有り]
IRWAN AM, KATO M, KITAOKA K, et al.
International Journal of Nursing Sciences   3 11-23   2016年3月   [査読有り]
94 外国人看護師の視点から見た海外からの看護労働力受け入れの定着化に向けた一考察
森岡広美・北岡和代・他
看護実践学会誌   28 46-54   2016年3月   [査読有り]
95 特別養護老人ホームの介護職員を対象とした看取りに関連する要因
川村みどり・浅見洋・塚田久恵・北岡和代・他
日本在宅ケア学会誌   19 34-41   2016年3月   [査読有り]
89 独居高齢者の在宅生活を支援する生活行動センシングモデルの開発
加藤真由美・正源寺美穂・浅川康吉・植村小夜子・北岡和代・他
地域ケアリング   17 88-92   2015年11月   [査読有り]
88 What patients with pervasive developmental disorders think of and expect from nurses
OE S, KITAOKA K, NAGATA K
Journal of Tsuruma Health Sciences Kanazawa University   39 1-10   2015年7月   [査読有り]
86 働く人々のバーンアウトと職場環境に関する最近の研究成果
北岡和代・増田真也・森河裕子・中川秀昭
産業ストレス研究   22 113-118   2015年4月   [査読有り]
北岡和代・増田真也・森河裕子・中川秀昭
経営行動科学   28 53-63   2015年4月   [査読有り]
SAIJO Y, ..., KITAOKA K, et al.
International Auchives of Occupational and Environmental Health   88 143-152   2015年2月   [査読有り]
SAIJO Y, ..., KITAOKA K, et al.
International Journal of Occupational Medicine and Environmental Health   27 980-992   2014年12月   [査読有り]
84 アルコール依存症者の飲酒欲求につながる感情体験の分析
木原深雪・北岡和代
金大医保つるま保健学会誌   38 1-10   2014年12月   [査読有り]
NISHIMURA K, ..., KITAOKA K; J-ASPECT Study Group
Circulation: Cardiovascular Quality and Outocomes   7 414-422   2014年6月   [査読有り]
KENDALL S, BLOOMFIELD L, APPLETON J, KITAOKA K, et al.
Nursing & Healch Sciences   15 454-460   2013年12月   [査読有り]
KITAOKA K, MASUDA S
Japan Journal of Nursing Science   10 273-279   2013年12月   [査読有り]
SAIJO Y, ..., KITAOKA K, et al.
Australian Journal of Rural Health   21 225-231   2013年8月   [査読有り]
79 神経難病病棟に勤務する看護職の精神的健康および行動ストレス反応と心理的ストレス反応の関連
安東由佳子・片岡健・小林敏生・北岡和代
ストレス科学研究   28 132-140   2013年8月   [査読有り]
77 うちなだ子育てセミナー事業の評価:母親たちに子育てへの自信をもたせたか?
北岡和代・本弘美・中井七美子
北陸公衆衛生学会誌   39 34-37   2013年3月   [査読有り]
76 日本とイングランドの精神科看護師が体験している倫理的悩みの比較
大西香代子・中原純・北岡和代・中野正孝・大串靖子・田中広美・藤井博英
日本看護研究学会雑誌   35 101-107   2012年9月   [査読有り]
75 心理尺度における項目の方向性とグループ化の影響
増田真也・北岡和代・荻野佳代子
The Japanese Journal of Health Psychology   25 31-41   2012年8月   [査読有り]
MATSUMOTO K, SUMINO K, FUKAHORI H, KITAOKA K, KAMIBEPPU K, NAGAMURA F
Journal of Advanced Nursing   68 1636-1645   2012年7月   [査読有り]
73 1-2-3マジック英国子育て支援プログラムの日本導入と効果の検討
北岡和代・落合富美江・内田真紀・橋本智江・寺井孝弘
日本看護研究学会雑誌   35 91-101   2012年6月   [査読有り]
OHNISHI K, KITAOKA K, BOWERS L, STEWART D, et al.
Journal of Japan Health Medicine   20 73-86   2011年7月   [査読有り]
70 バーンアウト測定尺度Maslach Burnout Inventory-General Survey (MBI-GS)の概要と日本版について
北岡和代・増田真也・荻野佳代子・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   37 34-40   2011年3月   [査読有り]
OHNISHI K, OHGUSHI Y, NAKANO M, FUJII H, TANAKA H, KITAOKA K, NAKAHARA J, NARITA Y
Nursing Ethics   17 726-740   2010年11月   [査読有り]
67 働く人々のストレスへのアプローチ
北岡和代
日本未病システム学会雑誌   16 91-94「   2010年7月   [査読有り]
馬場玲子・笹原朋代・北岡和代・梅内美保子・木澤義之
Palliative Care Research   5 127-136   2010年6月   [査読有り]
安東由佳子・片岡健・小林敏生・岡村仁・北岡和代
日本看護科学会誌   29 3-12   2009年12月   [査読有り]
62 バーンアウトとワーク・エンゲイジメント
北岡和代
ストレス科学   24 188-195   2009年12月   [査読有り]
UMANODAN R, KOBAYASHI Y, NAKAMURA M, KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, KAWAKAMI N, SHIMAZU A
Journal of Occupational Health   51 294-302   2009年7月   [査読有り]
SASAKI M, KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, MORIKAWA Y, NAKAGAWA H
Journal of Nursing Management   17 359-365   2009年4月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, MORIKAWA Y, MIURA K, SAKURAI M, ISHIZAKI M, KIDO T, NARUSE Y, NAKAGAWA H
Journal of Occupational Health   51 123-131   2009年3月   [査読有り]
SHIMAZU A, SCHAUFELI WB, KOSUGI S, SUZUKI A, NASHIWA H, KATO A, SAKAMOTO M, IRIMAJIRI H, AMANO S, HIROHATA K, GOTO R, KITAOKA-HIGASHIGUCHI K
Applied Psychology: An International Review   57 510-523   2008年6月   [査読有り]
53 Relationship between mental health of Japanese residents and the quality of medical service
YOSHINO S, SASAHARA S, MAENO T, KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, et al.
Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology   17 3-11   2007年10月   [査読有り]
54 バーンアウト:25年間における概念変遷と研究動向、そして今後の展望
北岡(東口)和代・Schaufeli WB
北陸公衆衛生学会誌   34 1-7   2007年10月   [査読有り]
50 General Coping Questionnaire (GCQ)特性版の看護者への適用と短縮版利用の可能性について
北岡(東口)和代・佐々木恵・森河裕子・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   33 56-59   2007年3月   [査読有り]
MORIKAWA Y, KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, et al.
Journal of Occupational Health   47 378-283   2005年9月   [査読有り]
北岡(東口)和代
日本看護科学会誌   25 31-40   2005年8月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K
Japan Journal of Nursing Science   2 9-16   2005年6月   [査読有り]
41 日本版POMSにTMD得点を用いることに関する検討
北岡(東口)和代・谷本千恵・森河裕子・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   31 72-75   2005年3月   [査読有り]
北岡(東口)和代・荻野佳代子・増田真也
心理学研究   75 415-419   2004年12月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, NAKAGAWA H, MORIKAWA Y, et al.
Stress and Health   20 255-260   2004年12月   [査読有り]
北岡(東口)和代
日本精神保健看護学会誌   13 99-104   2004年5月   [査読有り]
36 精神科看護者のバーンアウトと職場ストレス要因についての検討
北岡(東口)和代・谷本千恵・林みどり・他
石川看護雑誌   1 7-12   2004年3月   [査読有り]
34 社外勤務コンピュータ関連技術者の労働状況、仕事特性、ストレス
北岡(東口)和代・森河裕子・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   30 24-27   2003年10月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, NAKAGAWA H
Japan Journal of Health & Human Ecology   69 66-79   2003年5月   [査読有り]
北岡(東口)和代・谷本知恵・林みどり・栗田いね子
日本精神保健看護学会誌   12 78-84   2003年5月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, NAKAGAWA H, MORIKAWA Y, et al.
Stress and Health   19 37-43   2003年2月   [査読有り]
KITAOKA-HIGASHIGUCHI K, NAKAGAWA H, MORIKAWA Y, ISHIZAKI M, MIURA K, NARUSE Y, KIDO T
Journal of Occupational Health   44 427-428   2002年11月   [査読有り]
27 オーだリングシステムと病院職員のメンタルヘルス
北岡(東口)和代・木場清子・谷本知恵・栗田いね子
Health Sciences   18 115-121   2002年4月   [査読有り]
26 精神に障害を持つ人に対するイメージと親近性
北岡(東口)和代・谷本知恵・栗田いね子
石川看護研究会誌   14 9-14   2001年12月   [査読有り]
23 接触体験が精神障害者への態度の変容におよぼす効果(Ⅱ)
北岡(東口)和代・森河裕子・他
コミュニティ心理学研究   4 144-155   2001年3月   [査読有り]
HIGASHIGUCHI-K, MORIKAWA Y, et al.
Journal of Occupational Health   41 215-224   1999年10月   [査読有り]
20 精神障害者のHealth Locus of Controlと保健行動との関連(第2報)
北岡和代・他
こころの看護学   3 231-238   1999年9月   [査読有り]
18 燃えつきと動機との関連
東口(北岡)和代
精神科看護   26 44-49   1999年4月   [査読有り]
17 Relationship between shift work and onset of hypertension in a cohort of manual workers
MORIKAWA Y, NAKAGAWA H, MIURA K, ISHIZAKI M, TABATA M, NISHIJO M, HIGASHIGUCHI K, et al.
Scandinavian Journal of Work Environmentl Health   25 100-104   1999年2月   [査読有り]
16 看護職者の燃えつき現象に対する職業要因および個人属性の影響
東口(北岡)和代・森河裕子・他
北陸公衆衛生学会誌   25 36-40   1998年11月   [査読有り]
15 精神科臨地実習と精神障害者観の変容についての一考察
東口(北岡)和代・米沢久子・菅野久美子・中村凪・森河裕子・中川秀昭
Quality Nursing   4 793-800   1998年9月   [査読有り]
東口(北岡)和代・森河裕子・三浦克之・西条旨子・田畑正司・由田克士・相良多喜子・中川秀昭
日本衛生学雑誌   53 447-455」   1998年7月   [査読有り]
13 臨床看護職者の仕事ストレッサーについて:仕事ストレッサー測定尺度の開発と心理測定学的特性の検討
東口(北岡)和代・森河裕子・三浦克之・西条旨子・田畑正司・中川秀昭
The Japanese Journal of Health Psychology   11 64-72   1998年6月   [査読有り]
12 精神障害者のHealth Locus of Controlと保健行動との関連(第1報)
東口(北岡)和代・寺井登志美・森田一美・東千夏・菅野久美子・中村凪
こころの看護学   2 161-168   1998年6月   [査読有り]
10 病院勤務看護者の職業性ストレス反応と職場ストレス要因:勤務場所間の比較を中心に
東口(北岡)和代・森河裕子・由田克士・相良多喜子・奥村義治・瀬戸俊夫・西条旨子・三浦克之・田畑正司・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   24 55-60   1998年3月   [査読有り]
9 主要な後遺症状として特異的な地誌的記憶障害を呈した急性一酸化炭素有毒の1例
川原真理・富岡秀文・東口(北岡)和代・高木哲郎・福島伸一郎・中山渉・中川允宏・榎戸芙佐子・鳥居方策・地引逸亀
北陸神経精神医学雑誌   11 33-43   1997年12月   [査読有り]
8 病的笑いを呈した脳外傷の1例
渡辺健一郎・片町隆夫・北本福美・東口(北岡)和代・鳥居方策・地引逸亀
脳と精神の医学   8 413-418   1997年12月   [査読有り]
7 精神障害者に対する態度に関連する心理的要因についての実証研究:Health Locus of Controlとの関連
東口(北岡)和代・木場深志・森河裕子・由田克士・相良多喜子・三浦克之・西条旨子・田畑正司・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   24 16-20   1997年11月   [査読有り]
6 接触体験が精神障害(者)への態度の変容におよぼす効果:医学生における臨床実習の場合
東口(北岡)和代・森河裕子・三浦克之・西条旨子・田畑正司・中川秀昭・中川東夫・鳥居方策
コミュニティ心理学研究   1 173-186   1997年11月   [査読有り]
5 精神障害(者)に対する態度についての測定尺度の作成:信頼性と妥当性の検討
東口(北岡)和代・森河裕子・中川秀昭
心と社会   28 110-118   1997年9月   [査読有り]
4 脳高次機能とは
鳥居方策・東口(北岡)和代
CLINICAL NEUROSCIENCE   15 718-721   1997年7月   [査読有り]
2 高齢者のカルシウム摂取状況
相良多喜子・由田克士・西条旨子・森河裕子・田畑正司・三浦克之・東口(北岡)和代・瀬戸俊夫・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   23 80-83   1997年3月   [査読有り]
高瀬悦子・西条旨子・田畑正司・森河裕子・三浦克之・由田克士・東口(北岡)和代・石崎昌夫・中川秀昭
健康医学   12 95-99   1997年3月   [査読有り]
1 生体インピダンス法で測定した体脂肪率およびBMIにより判定した肥満区分別の食物摂取状況
由田克士・田畑正司・森川裕子・西条旨子・三浦克之・高原英幸・奥村義治・東口(北岡)和代・瀬戸俊夫・高瀬悦子・石崎昌夫・中川秀昭
北陸公衆衛生学会誌   23 9-15   1996年10月   [査読有り]

Misc

 
精神科臨地実習と精神障害者観の変容についての一考察
Quality Nursing      1998年

書籍等出版物

 
公衆衛生看護学テキスト:第4巻公衆衛生活動Ⅱ
荒木田由美子(編) (担当:分担執筆, 範囲:6章産業における公衆衛生活動の実際)
医歯薬出版   2014年4月   
ワーク・エンゲイジメント:基本理論と研究のためのハンドブック
島津明人(総監訳) (担当:共訳, 範囲:6章職場で生き生きとする)
星和書店   2014年2月   
看護心理学
鋤柄増根(編) (担当:分担執筆, 範囲:心理学を学ぶ意味、看護に役立つ心理学とは)
ナカニシヤ出版   2013年3月   
現代のエスプリ 感情教育
大渕憲一(編) (担当:共著, 範囲:看護師における慢性的ネガティブ感情の軽減に向けて)
至文堂   2008年9月   
バーンアウト:仕事とうまくつきあうための6つの戦略
増田真也・北岡和代・荻野佳代子(著) (担当:共訳, 範囲:7-10章)
金子書房   2008年7月   
ストレススケールガイドブック
パブリックヘルスリサーチセンター(著) (担当:分担執筆, 範囲:臨床看護職者の仕事ストレッサー測定尺度、日本版Maslach Burnout Inventory-General Survey)
実務教育出版   2004年2月   
生活習慣病予防キットみんなで健康くん
上島弘嗣(監修) (担当:分担執筆, 範囲:メンタルヘルス編)
保健同人社   2004年1月   
21世紀の健康づくり10の提言:社会環境と健康問題
西三郎(総監) (担当:共訳, 範囲:3人生の早期)
日本医療企画   2002年10月   

競争的資金等の研究課題

 
地域生活を送る統合失調症をもつ人の自殺念慮の体験とその対処方法に関する研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 長田 恭子
アルコール依存症者の感情活用能力育成プログラム開発の検討
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 木原 深雪
精神障がい者が当事者の視点から研究支援することのエンパワメントへの影響
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 桂川 純子
ライフラインデータを活用した高齢者の在宅生活を支援するライフマネジメント基盤研究
高度通信・放送研究開発委託研究: ソーシャルビッグデータ利活用・基盤技術研究開発
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 加藤 真由美
若手看護師がバーンアウトすることなく就業継続意思を強めるための新プロセスモデル
科学研究費補助金: 基盤研究B
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 北岡 和代
看護学生のコミュニケーションスキルの特徴と変化
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 武山 雅志
倫理的悩みの解決に向けた精神科倫理コンサルテーションシステムの効果の研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 大西 香代子
働く人々のバーンアウトと循環器疾患リスクに関する縦断研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 北岡 和代
精神科看護師における倫理的悩みとそれによるバーンアウトを防止する要因の検討
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 大西 香代子
対人援助職のワークライフバランスへの取り組みとバーンアウト予防に関する研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 荻野 佳代子
対人援助職の離職を防ぐためのバーンアウトの予防と回復に関する研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 増田 真也
A comparative study of the effect of group based parenting support on parental stress and outcomes for children
British Council: PMI 2 Connect-Research Co-operation Award
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 北岡 和代
産業領域におけるバーンアウト予防のための介入研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 北岡 和代
夜勤交代勤務に対する適応過程の追跡研究:睡眠、疲労、バイオマーカーの1年間の追跡
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 森河 裕子
産業領域におけるバーンアウトと企業損失に関する縦断研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 北岡 和代
看護職者のバーンアウトと医療事故に関する研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 北岡 和代