片岡 史夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
片岡 史夫
 
カタオカ フミオ
所属
慶應義塾大学
部署
医学部産婦人科学(婦人科)
職名
専任講師
学位
医学博士(乙種)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
40306824

研究分野

 
 

経歴

 
1996年5月
 - 
1997年4月
慶應義塾大学病院  研修医(産婦人科)
 
1997年5月
 - 
1998年5月
足利赤十字病院 産婦人科
 
1998年6月
 - 
2000年3月
清水市立病院(現 静岡市立清水病院) 産婦人科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学 医学部 助教(産婦人科学)
 
2005年12月
 - 
2007年4月
国立病院機構東京医療センター 産婦人科
 

委員歴

 
2008年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  代議員、査読員
 
2008年
 - 
2017年
日本臨床分子形態学会  評議員
 
2016年
   
 
日本産科婦人科内視鏡学会   評議員・査読委員
 
2010年
   
 
東京産科婦人科学会  専門医制度委員会 幹事
 

受賞

 
2012年
日本産科婦人科学会 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 グッドプレゼンテーション賞
 
2012年
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 第64回日本産科婦人科学会学術講演会 グッドプレゼンテーション賞
 

論文

 
GSTP1 rs1695 is associated with both hematological toxicity and prognosis of ovarian cancer treated with paclitaxel plus carboplatin combination chemotherapy: a comprehensive analysis using targeted resequencing of 100 pharmacogenes.
Yoshihama T, Fukunaga K, Hirasawa A, Nomura H, Akahane T, Kataoka F, Yamagami W, Aoki D, Mushiroda T.
Oncotarget   3;9(51) 29789-29800   2018年   [査読有り]
Is repeated high-dose medroxyprogesterone acetate (MPA) therapy permissible for patients with early stage endometrial cancer or atypical endometrial hyperplasia who desire preserving fertility?
Yamagami W, Susumu N, Makabe T, Sakai K, Nomura H, Kataoka F, Hirasawa A, Banno K, Aoki D.
J Gynecol Oncol   29    2018年   [査読有り]
Ueno M, Shiomi T, Mochizuki S, Chijiiwa M, Shimoda M, Kanai Y, Kataoka F, Hirasawa A, Susumu N, Aoki D, Okada Y.
Cancer Sci   109 471-482   2018年   [査読有り]
手術前禁忌薬(経口避妊薬、低用量エストロゲン-プロゲスチン配合薬)に関する医療安全対策
高柳 裕子、冨永 英一郎、小林 佑介、仲村 勝、片岡 史夫、平沢 晃、阪埜 浩司、田中 守、青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   66 424-428   2017年   [査読有り]
Efficacy and safety of dose-dense paclitaxel plus carboplatin as neoadjuvant chemotherapy for advanced ovarian, fallopian tube or peritoneal cancer.
Yoshihama T, Nomura H, Iwasa N, Kataoka F, Hashimoto S, Nanki Y, Hirano T, Makabe T, Sakai K, Yamagami W, Hirasawa A, Aoki D.
Jpn J Clin Oncol   47 1019-1023   2017年   [査読有り]

Misc

 
進 伸幸, 片岡 史夫, 山上 亘, 中原 理紀, 青木 大輔
臨床婦人科産科   71 293-297   2017年   [依頼有り]
子宮内膜癌治療における臨床試験の現況-抗がん剤を中心に-
進伸幸、野村弘行、山上亘、片岡史夫、青木大輔
産婦人科の実際   64 669-677   2015年   [依頼有り]
解剖に基づいた腹腔鏡手術のトレーニング
片岡史夫、中平直希、二宮委、今西宣晶、進伸幸、平形道人、相磯貞和、青木大輔
産科と婦人科    82 1284-1289   2015年   [依頼有り]
【産婦人科手術Up to Date】 (第2章)婦人科 子宮体癌 早期子宮体癌における腹腔鏡下手術
片岡史夫、有馬宏和、岩佐尚美、山上亘、進伸幸、青木大輔
産科と婦人科    81 157-164   2014年   [依頼有り]
【プロメテウス 婦人科がん最新医療】 卵巣がんの臨床試験
野村弘行、片岡史夫、青木大輔
産婦人科の実際    2013;62:-62 1985-1991   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
卵巣癌・子宮癌マーカー。臨床検査ガイド
片岡史夫、青木大輔
文光堂   2015年   
センチネルリンパ節生検でリンパ節省略は可能か?。EBM 婦人科疾患の治療
進伸幸、片岡史夫、山上亘、青木大輔
中外医学社   2013年   
腹式広汎性子宮頸部摘出術。婦人科がん 低侵襲手術 -動画で学ぶエキスパートのテクニック-
進伸幸、片岡史夫、西尾浩、山上亘、野村弘行、藤井多久磨 (担当:共著, 範囲:14-17)
メディカルビュー社   2012年   
準広汎子宮全摘術(子宮動脈からの尿管枝を切断する術式)。婦人科がん 低侵襲手術。
進伸幸、片岡史夫、西尾浩、山上亘、野村弘行、藤井多久磨 (担当:共著, 範囲:20-24)
メディカルビュー社   2012年   
傍大動脈リンパ節郭清術。婦人科がん 低侵襲手術
進伸幸、片岡史夫、西尾浩、山上亘、野村弘行、藤井多久磨 (担当:共著, 範囲:20-24)
メディカルビュー社   2012年   

講演・口頭発表等

 
BRCA1/2変異卵巣癌の血縁者における乳癌および卵巣癌の罹患に関する検討。
岩佐尚美、平沢晃、野村弘行、赤羽智子、千代田達幸、山上亘、片岡史夫、井本逸勢、青木大輔。
第27回 日本乳癌検診学会   2017年   
肥満を合併した若年子宮体癌患者に対する妊孕性温存ホルモン療法の検討。
山上亘、進伸幸、平野卓朗、真壁健、坂井健良、二宮委美、小林佑介、野村弘行、片岡史夫、平沢晃、阪埜浩司、青木大輔。
第55回 日本癌治療学会学術集会   2017年   
ベバシズマブを投与した卵巣癌症例における有害事象の発現時期および治療効果との関連。
千代田達幸、野村弘行、片岡史夫、岩佐尚美、南木佳子、吉浜智子、山上亘、平沢晃、青木大輔。
第55回 日本癌治療学会学術集会   2017年   
神経内分泌成分を伴う特殊組織型子宮体癌の細胞像に関する検討。
飯島朋子、仲村勝、田中恒成、佐伯直彦、森定徹、片岡史夫、岩田卓、田中京子、青木大輔。
第58回 日本臨床細胞学会 秋期大会   2017年   
婦人科悪性腫瘍患者におけるD-dimer値による深部静脈血栓症/肺血栓塞栓症スクリーニングの検討。
吉村拓馬、山上亘、平野卓朗、坂井健良、真壁健、野村弘行、片岡史夫、平沢晃、冨永英一郎、阪埜浩司、進伸幸、青木大輔。
第59回 日本婦人科腫瘍学会   2017年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
EMT関連遺伝子を標的とした新規分子標的薬の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 片岡史夫
子宮体癌の術後再発予測方法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 片岡史夫
再発卵巣癌に対する抗がん剤治療効果の新たな早期判定システムの構築
慶應義塾: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 片岡史夫
子宮体癌における間質-腫瘍相互作用の臨床的意義の解明と新規分子標的の探索
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 片岡史夫
子宮体内膜細胞の細胞接着に関与する新たな情報伝達機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月