遠藤 信貴

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/13 11:29
 
アバター
研究者氏名
遠藤 信貴
 
エンドウ ノブタカ
所属
近畿大学
部署
総合社会学部 総合社会学科
職名
准教授
学位
博士(学術)(名古屋大学), 修士(学術)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2002年
名古屋大学 人間情報学研究科 社会情報学専攻
 
 
 - 
1996年
中央大学 文学部 教育学科
 

受賞

 
2008年9月
日本心理学会 優秀論文賞 全体または局所レイアウトの繰り返しにおける文脈手掛かり効果
 
2003年10月
日本感性工学会 優秀発表賞 視覚ディスプレイ情報の見落とし要因の検討
 

論文

 
顕在知識の付与が直感に基づく意思決定判断に及ぼす影響
遠藤 信貴
近畿大学総合社会学部紀要   8(1) 23-31   2019年9月
遠藤 信貴
近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University   6(1) 53-64   2017年10月
[Abstract] The purpose of the present study is to examine whether working memory capacities are intrinsically domain-specific for different modalities (visuospatial and verbal information). In previous studies, this question was addressed by asses...
遠藤 信貴
近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University   4(2) 1-13   2016年3月
Visual context, such as a spatial relationship between the locations of a particular target object and the other distractor objects, is learned with repeated presentations of the same spatial layout, and facilitates searching for or detecting the ...
本間 元康, 遠藤 信貴, 長田 佳久, 金 吉晴, 栗山 健一
Scientific Reports   2 1-8   2012年10月
共著
Japanese Journal of Psychonomic Science      2009年
共著
心理学研究   78(6) 583-590   2008年2月
Visual context, such as an association between a target location and a distractor configuration, has been shown to be implicitly learned through repeated experiences in a visual search task, and facilitates the search performance (contextual cuein...
Use of spatial context is restricted by relative position in implicit learning
共著
Psychonomic Bulletin & Review      2005年
Selective learning of spatial configuration and object identity in visual search
共著
Perception & Psychophysics      2004年
共著
心理学研究   74(5) 437-443   2003年12月
For conducting efficient visual search, it is important to inhibit spatial attention from reorienting to previously examined distractors. Several studies have proposed that this inhibition can be associated with object-based inhibition of return (...
熊田 孝恒, 遠藤 信貴
計測と制御   42(12) 1039-1043   2003年12月
心理量の計測法である心理物理学的測定法,心理尺度構成法,プロトコル解析,生理心理学的手法について,その長所と短所,実際の利用例について解説した。本論文では,心理量を計測する際に物理変数と心理変数が各々既知か未知かという観点から議論を展開した。
共著
心理学研究   74(4) 346-353   2003年10月
Previous studies of pattern psychophysics have suggested that a form property such as the number of turns and a structural property such as symmetry were useful cues for perceptual judgments of simple forms. However, it is necessary for complete d...
共著
心理学研究   72(3) 204-212   2001年8月
We examined the effect of relation between interferences from distractor and inhibitory mechanism on the occurrence of negative priming, by using a matching paradigm. The ease of perceptual target selection was determined by magnitudes of interfer...

Misc

 
本間元康, 栗山健一, 長田佳久, 遠藤信貴, 金吉晴
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (25) 236   2012年3月

講演・口頭発表等

 
遠藤 信貴, 齋藤 洋典
日心大会論文集   2018年7月3日   
展望的記憶の想起における内発的動機づけと意図優位性
西島 志, 遠藤 信貴
日本心理学会第81回大会   2017年9月   
潜在的知識と顕在的知識の整合性が反応選択に及ぼす影響−モンティホールジレンマ課題による検討−
遠藤 信貴
日本基礎心理学会第35回大会   2016年10月   
本間元康, 遠藤信貴, 長田佳久, 金吉晴, 栗山健一
日本認知心理学会大会発表論文集   2012年6月1日   
巨大地震は様々な心身の不調をもたらすが,特に繰り返す余震に関連してめまいの訴えが増加する.東北地方太平洋沖地震の際も本震から数か月後に,めまい患者の増加が報告されている.めまいの原因の多くは平衡感覚機能異常だが,心理的ストレスがめまいの原因となるケースも多い.本研究は東北地方太平洋沖地震発生約4カ月後に,余震を多く経験した集団(地震群)とほとんど経験しなかった集団(統制群)の平衡感覚機能と心理的ストレスを調査した.心理的ストレスに群間差はなかったが,地震群の平衡感覚は閉眼時に限り有意に悪化...
遠藤信貴
基礎心理学研究   2012年3月31日   
遠藤 信貴, 永井 聖剛, 熊田 孝恒
基礎心理学研究   2008年   
Brain activation during visuomotor sequence tasks measured by NIRS
池田 華子, 遠藤 信貴, 渡邊 克巳, 永井 聖剛
Human Brain Mapping   2007年6月   Human Brain Mapping
Effect of physical activity level on implicit spatial context learning in healthy aging.
遠藤 信貴
Annual Meeting of the Psychonomic Society   2011年11月   Annual Meeting of the Psychonomic Society
武田裕司, 遠藤信貴
日本感性工学会大会予稿集   2003年10月12日   
遠藤信貴, 武田裕司
日本心理学会大会発表論文集   2003年8月   
Interaction between object cueing and spatial cueing in visual search
遠藤 信貴, 武田 裕司
2002年9月   
Interaction between spatial context learning and learning strategy
遠藤 信貴, Boot, W. Kramer, A. F. Lleras, A., 熊田 孝恒
Psychonomic Society   2007年11月   Psychonomic Society
Measuring brain activities related to understanding using near-infrared spectroscopy (NIRS)
永井 聖剛, 遠藤 信貴, 熊田 孝恒
HCI International 2007   2007年7月   HCI International 2007
熊田 孝恒, 遠藤 信貴, 永井 聖剛, 横澤 一彦
日本認知心理学会   2007年5月   日本認知心理学会
新奇な物体の触覚的物体認知時の脳活動を、NIRS (near-infrared spectroscopy)を用いて計測した。fMRIによる先行研究では、右手のみを用いて日常物体の再認を行った場合に、右頭頂葉が活動することが報告されている(Reed et al., 2005)。本研究では、この結果を、右手に加えて左手を用いた場合で、かつ、新奇な物体の認知を行う場合に拡張することを試みた。右頭頂葉のみが触覚による物体認知にかかわる脳部位であれば、これら条件下でも同様の右頭頂葉の活動が観察される...

Works

 
齋木 潤, 乾 敏郎, 中尾 陽子, 遠藤 信貴   データベース   

競争的資金等の研究課題

 
潜在学習事態における能動的構えと学習効率に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 遠藤 信貴
身体活動レベルに基づく潜在的知識の利用可能性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 遠藤 信貴
機器操作の技能習得過程における反復経験の利用を促す学習方略および訓練手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 遠藤 信貴
新奇な視覚情報の知覚的学習過程と脳内機構の解明及び人間工学的応用のためのモデル化
日本学術振興会: 日本学術振興会特別研究員奨励費
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 遠藤 信貴