田中善大

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/14 11:50
 
アバター
研究者氏名
田中善大
 
タナカ ヨシヒロ
URL
http://gyoseki.osaka-shoin.ac.jp/oswhp/KgApp?kyoinId=ymbggeodggy
所属
大阪樟蔭女子大学
部署
児童学部児童学科
職名
講師
学位
博士(心理学)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年1月
 - 
2016年3月
奈良佐保短期大学 地域こども学科 講師
 
2013年4月
 - 
2013年12月
浜松医科大学 医学部児童青年期精神医学講座 特任助教
 
2012年4月
 - 
2013年3月
財団法人日本予防医学協会 リサーチレジデント
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
関西学院大学大学院 文学研究科 博士課程後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
関西学院大学大学院 文学研究科 博士課程前期課程
 
2000年4月
 - 
2004年3月
関西学院大学 文学部 心理学科
 

論文

 
指導的立場の保育士を対象とした応用行動分析の研修プログラムの効果
田中善大
行動療法研究   43(1) 71-82   2017年1月   [査読有り]
一般小中学生における食行動異常の実態とメンタルヘルスおよび社会的不適応との関連.
伊藤 大幸・村山 恭朗・片桐 正敏・中島 俊思・浜田 恵・田中 善大・野田 航・髙柳 伸哉・辻井 正次
教育心理学研究   64(2) 170-183   2016年6月   [査読有り]
一般小中学生における日常生活習慣と抑うつ傾向の関連.
浜田恵・伊藤大幸・田中善大・高柳伸哉・片桐正敏・中島俊思・村山恭朗・野田航・辻井正次
小児の精神と神経   56(1) 47-56   2016年4月   [査読有り]
保育士の発達評価に基づく就学後の心理社会的不適応の縦断的予測:保育要録用発達評価尺度の開発.
伊藤大幸・野田航・中島俊思・田中善大・浜田恵・片桐正敏・髙柳伸哉・村山恭朗・辻井正次
発達心理学研究   27(1) 59-71   2016年3月   [査読有り]
保育所及び小中学校におけるASD傾向及びADHD傾向といじめ被害及び加害との関連.
田中善大・伊藤大幸・村山恭朗・野田航・中島俊思・浜田恵・片桐正敏・高柳伸哉・辻井正次
発達心理学研究   26(4) 332-343   2015年12月   [査読有り]
一般児童生徒の強迫傾向がのちの抑うつ,攻撃性を予測するか:単一市内コホート調査に基づく縦断的検討.
片桐正敏・伊藤大幸・中島俊思・田中善大・野田航・浜田恵・村山恭朗・高柳伸哉・辻井正次
小児の精神と神経   55(2) 117-126   2015年7月   [査読有り]
いじめ加害・被害と内在化/外在化問題との関連性.
村山恭朗・伊藤大幸・浜田恵・中島俊思・野田航・片桐正敏・高柳伸哉・田中善大・辻井正次
発達心理学研究   26(1) 13-22   2015年3月   [査読有り]
就学前の保育園生活における低出生体重児の発達の特徴:保育記録による発達尺度(NDSC)の横断データによる検討.
中島俊思・大西将史・伊藤大幸・高柳伸哉・野田航・原田新・田中善大・望月直人・大嶽さと子・辻井正次
小児の精神と神経   54(4) 345-355   2015年1月   [査読有り]
小学高学年・中学生用反応スタイル尺度の開発
村山恭朗・伊藤大幸・高柳伸哉・松本かおり・田中善大・野田航・望月直人・中島俊思・辻井正次
発達心理学研究   25(4) 477-488   2014年12月   [査読有り]
指導的立場の保育士を対象とした応用行動分析の研修プログラムの波及効果‐適切行動に対する言語称賛スキルの向上
田中善大・馬場ちはる・鈴木ひみこ・松見淳子
特殊教育学研究   52(3) 169-179   2014年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
使いこなすACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
監修者 武藤崇、監訳者 三田村仰・酒井美枝・大屋藍子、訳者 田中善大(他7名) (担当:共訳, 範囲:第3章 柔軟性と強化)
星和出版   2017年9月   
行動分析的“思考法”入門:生活に変化をもたらす科学のススメ.
監訳者 澤幸祐・松見淳子、訳者 大久保賢一、野田航、田中善大、道城裕貴、蔵屋鉄平 (担当:共訳, 範囲:「第6章 基礎的な懐疑論(pp.125-138)」、「第9章 行動分析家の倫理規定(pp.185-198)」)
2017年8月   
ケースで学ぶ行動分析学による問題解決
編 日本行動分析学会、責任編集 山本淳一・武藤崇・鎌倉やよい、著者 井澤信三・田中善大(他24名)
2015年9月   
発達障害者支援とアセスメントのガイドライン
監修者 辻井正次、編著者 明翫光宜・松本かおり・染木史緒・伊藤大幸、著者 安達潤・田中善大(他53名)
金子書房   2014年2月   
関係フレーム理論(RFT)をまなぶ:言語行動理論・ACT入門
監修者 山本淳一、監訳者 武藤崇・熊野宏昭、訳者 石川健介・田中善大(他14名) (担当:共訳, 範囲:第6章 関係フレームづけとルール支配行動)
星和書店   2013年12月   
心理科学の射程
寺尾将彦・田中善大・安田傑・上野永子
関西学院大学出版会   2012年3月   
ACTハンドブック‐臨床行動分析によるマインドフルなアプローチ‐
編著者 武藤崇、著者 伊藤義徳・大月友・熊野宏昭・酒井美枝・高橋稔・田中善大・原井宏明・増田暁彦・松本明生・三田村仰・吉岡昌子
日本評論社   2011年9月   
発達支援のためのチャレンジブック!
田中善大・神戸市発達障害ネットワーク推進室
2011年3月   
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2011/03/20110330138801.html
臨床行動分析のABC.
監修者 松見淳子、監訳者 武藤崇・米山直樹、訳者 大対香奈子・田中善大(他10名) (担当:共訳, 範囲:第7章 関係フレームづけ‐行動分析からみた「言語と認知」)
日本評論社   2009年1月   
神戸市発!特別な配慮の必要な子どもへの具体的指導内容と支援策
監修者 柘植政義、編著者 中尾繁樹、著者 日下菜穂子・田中善大(他23名)
明治図書   2008年9月   

担当経験のある科目