長阪一憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/31 08:05
 
アバター
研究者氏名
長阪一憲
 
ナガサカカズノリ
URL
http://www.teikyo-hospital.jp/medical/gynecology/
所属
帝京大学
部署
医学部附属病院 産婦人科学講座
職名
講師
学位
医学博士(東京大学)
科研費研究者番号
30624233
ORCID ID
0000-0002-0696-5175

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
帝京大学医学部 産婦人科学講座 講師
 
2012年
 - 
2017年
東京大学医学部附属病院  女性診療科・産科・女性外科 助教
 
2008年
 - 
2010年
国連機関 国際遺伝子工学バイオテクノロジーセンター(The International Centre for Genetic Engineering and Biotechnology: ICGEB Trieste, Italy) 腫瘍ウイルス学 招聘研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院医学系研究科 生殖・発達・加齢医学専攻 生殖腫瘍学
 
1994年4月
 - 
2000年3月
愛媛大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2007年
第59回日本産科婦人科学術講演会 優秀演題賞
 
2010年
国際ヒトパピローマウイルス学会 第26回 国際パピローマウイルス学会 学会賞
 

論文

 
Chuwa AH, Sone K, Oda K, Tanikawa M, Kukita A, Kojima M, Oki S, Fukuda T, Takeuchi M, Miyasaka A, Kashiyama T, Ikeda Y, Nagasaka K, Mori-Uchino M, Fujii T
Oncology letters      2018年8月   [査読有り]
Kanda R, Hiraike H, Wada-Hiraike O, Ichinose T, Nagasaka K, Sasajima Y, Ryo E, Fujii T, Osuga Y, Ayabe T
BMC cancer      2018年6月   [査読有り]
Sato M, Taguchi A, Fukui Y, Kawata A, Taguchi S, Kashiyama T, Eguchi S, Inoue T, Tomio K, Tanikawa M, Sone K, Mori M, Nagasaka K, Adachi K, Fujii T
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society      2018年4月   [査読有り]
Fukui Y, Taguchi A, Adachi K, Sato M, Kawata A, Tanikawa M, Sone K, Mori M, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Fujii T
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP      2017年11月   [査読有り]
Shinya Oki, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Masako Ikemura, Daichi Maeda, Makoto Takeuchi, Michihiro Tanikawa, Mayuyo Mori-Uchino, Kazunori Nagasaka, Aki Miyasaka, Tomoko Kashiyama, Yuji Ikeda, Takahide Arimoto, Hiroyuki Kuramoto, Osamu Wada-Hiraike, Kei Kawana, Masashi Fukayama, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii
Oncotarget      2017年3月   [査読有り]
Hiroe Nakamura, Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Ayumi Taguchi, Yuriko Uehara, Mitsuyo Yoshida, Masakazu Sato, Haruka Nishida, Asaha Fujimoto, Tomoko Inoue, Katsuyuki Adachi, Takeshi Nagamatsu, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii
BMC Cancer   16(1)    2016年12月   [査読有り]
Kensuke Suzuki, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Hiroyuki Abe, Daichi Maeda, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Kei Kawana, Masashi Fukayama, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii
BMC Cancer   16(1) 390   2016年12月   [査読有り]
Suzuki K, Nagasaka K, Oda K, Abe H, Maeda D, Matsumoto Y, Arimoto T, Kawana K, Fukayama M, Osuga Y, Fujii T, BMC cancer, 2016, vol. 16, no. 1, pp. 390, 2016
Matsumoto Y, Miyamoto Y, Cabral H, Matsumoto Y, Nagasaka K, Nakagawa S, Yano T, Maeda D, Oda K, Kawana K, Nishiyama N, Kataoka K, Fujii T, Cancer science, vol. 107, no. 6, pp. 773-781
107(6) 773-781   2016年6月   [査読有り]
Matsumoto Y, Miyamoto Y, Cabral H, Matsumoto Y, Nagasaka K, Nakagawa S, Yano T, Maeda D, Oda K, Kawana K, Nishiyama N, Kataoka K, Fujii T, Cancer science, 2016, vol. 107, no. 6, pp. 773-781, 2016
Tsuruga T, Fujimoto A, Kawana K, Mori M, Hasumi Y, Kino N, Tomio K, Miura S, Tanikawa M, Sone K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Kojima S, Adachi K, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Nakagawa S, Horie K, International journal of clinical oncology, vol. 21, no. 2, pp. 359-366
21(2) 359-366   2016年4月   [査読有り]
Tsuruga T, Fujimoto A, Kawana K, Mori M, Hasumi Y, Kino N, Tomio K, Miura S, Tanikawa M, Sone K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Kojima S, Adachi K, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Nakagawa S, Horie K, International journal of clinical oncology, 2...
Sato M, Harada M, Oishi H, Wada-Hiraike O, Hirata T, Nagasaka K, Koga K, Fujii T, Osuga Y, Journal of lower genital tract disease, vol. 20, no. 2, pp. e11-3
20(2) e11-3   2016年4月   [査読有り]
Sato M, Harada M, Oishi H, Wada-Hiraike O, Hirata T, Nagasaka K, Koga K, Fujii T, Osuga Y, Journal of lower genital tract disease, 2016, vol. 20, no. 2, pp. e11-3, 2016
Sato M, Arimoto T, Kawana K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Tomio K, Tanikawa M, Sone K, Mori-Uchino M, Tsuruga T, Nagasaka K, Adachi K, Matsumoto Y, Oda K, Osuga Y, Fujii T, Molecular, clinical oncology, vol. 4, no. 4, pp. 492-496
4(4) 492-496   2016年4月   [査読有り]
Sato M, Arimoto T, Kawana K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Tomio K, Tanikawa M, Sone K, Mori-Uchino M, Tsuruga T, Nagasaka K, Adachi K, Matsumoto Y, Oda K, Osuga Y, Fujii T, Molecular and clinical oncology, 2016, vol. 4, no. 4, pp. 492-496, 2016
Tajima S, Kawabe A, Nagasaka K, Oda K, Kawana K, Fukayama M, Diagnostic cytopathology, vol. 44, no. 2, pp. 137-140
44(2) 137-140   2016年2月   [査読有り]
Tajima S, Kawabe A, Nagasaka K, Oda K, Kawana K, Fukayama M, Diagnostic cytopathology, 2016, vol. 44, no. 2, pp. 137-140, 2016
Sato M, Kawana K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Takahashi J, Adachi K, Nagasaka K, Matsumoto Y, Wada-Hiraike O, Oda K, Osuga Y, Fujii T, Oncology reports, vol. 35, no. 1, pp. 391-397
35(1) 391-397   2016年1月   [査読有り]
Sato M, Kawana K, Fujimoto A, Yoshida M, Nakamura H, Nishida H, Inoue T, Taguchi A, Takahashi J, Adachi K, Nagasaka K, Matsumoto Y, Wada-Hiraike O, Oda K, Osuga Y, Fujii T, Oncology reports, 2016, vol. 35, no. 1, pp. 391-397, 2016
Furuya H, Taguchi A, Kawana K, Yamashita A, Inoue E, Yoshida M, Nakamura H, Fujimoto A, Inoue T, Sato M, Nishida H, Nagasaka K, Adachi K, Hoya M, Nagamatsu T, Wada-Hiraike O, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T, Reproductive sciences, Thousand Oaks, Calif.), vol. 22, no. 12, pp. 1561-1568
22(12) 1561-1568   2015年12月   [査読有り]
Furuya H, Taguchi A, Kawana K, Yamashita A, Inoue E, Yoshida M, Nakamura H, Fujimoto A, Inoue T, Sato M, Nishida H, Nagasaka K, Adachi K, Hoya M, Nagamatsu T, Wada-Hiraike O, Yamashita T, Osuga Y, Fujii T, Reproductive sciences (Thousand Oaks, Cal...
Arimoto T, Kawana K, Adachi K, Ikeda Y, Nagasaka K, Tsuruga T, Yamashita A, Oda K, Ishikawa M, Kasamatsu T, Onda T, Konishi I, Yoshikawa H, Yaegashi N, Gynecologic Cancer Study Group of the Japan Clinical Oncology Group, Japanese journal of clinical oncology, vol. 45, no. 7, pp. 611-616
45(7) 611-616   2015年7月   [査読有り]
Arimoto T, Kawana K, Adachi K, Ikeda Y, Nagasaka K, Tsuruga T, Yamashita A, Oda K, Ishikawa M, Kasamatsu T, Onda T, Konishi I, Yoshikawa H, Yaegashi N, Gynecologic Cancer Study Group of the Japan Clinical Oncology Group, Japanese journal of clinic...
Nagasaka K, Kawana K, Tomio K, Tsuruga T, Mori-Uchino M, Miura S, Tanikawa M, Miyamoto Y, Ikeda Y, Sone K, Adachi K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Fujii T, The journal of obstetrics, gynaecology research, vol. 41, no. 5, pp. 755-762
41(5) 755-762   2015年5月   [査読有り]
Nagasaka K, Kawana K, Tomio K, Tsuruga T, Mori-Uchino M, Miura S, Tanikawa M, Miyamoto Y, Ikeda Y, Sone K, Adachi K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Fujii T, The journal of obstetrics and gynaecology research, 2015, vol. 41, no. 5, pp. 755...
Taguchi A, Nagasaka K, Kawana K, Hashimoto K, Kusumoto-Matsuo R, Plessy C, Thomas M, Nakamura H, Bonetti A, Oda K, Kukimoto I, Carninci P, Banks L, Osuga Y, Fujii T, Journal of virology, vol. 89, no. 4, pp. 2448-2452
89(4) 2448-2452   2015年2月   [査読有り]
Taguchi A, Nagasaka K, Kawana K, Hashimoto K, Kusumoto-Matsuo R, Plessy C, Thomas M, Nakamura H, Bonetti A, Oda K, Kukimoto I, Carninci P, Banks L, Osuga Y, Fujii T, Journal of virology, 2015, vol. 89, no. 4, pp. 2448-2452, 2015

Misc

 
【婦人科がん最近の話題】 婦人科がん診療に関する最近の話題 ゲノム医療の時代を迎えて
長阪 一憲, 綾部 琢哉
東京産婦人科医会誌   (51) 26-28   2018年8月
婦人科腫瘍専門医としての内視鏡技術認定医へのロードマップ 腹腔鏡下手術修練に対する検討
長阪 一憲, 須賀 新, 伊賀上 翔太, 森 裕介, 藤岡 彩, 佐藤 杏奈, 関根 花栄, 石黒 共人, 糸賀 知子, 西岡 暢子
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 270-270   2018年8月
子宮体癌術後の難治性リンパ嚢胞に対しリンパ管造影検査にて漏出部位の同定を行った1例
橋本 啓, 松本 泰弘, 生井 重成, 福井 志保, 一瀬 隆行, 平池 春子, 長阪 一憲, 梁 栄治, 綾部 琢哉
東京産科婦人科学会会誌   67(3) 525-529   2018年7月
悪性腫瘍へのリンパ節郭清術のリンパ嚢胞の予防には様々な管理が試みられているが、それでも発生する場合がある。子宮体癌術後の難治性リンパ嚢胞に対しリンパ管造影検査を行った1例を提示する。症例は58歳、0妊0産、閉経後の不正性器出血を主訴に受診とした。子宮体癌IA期の診断にて、拡大子宮全摘出術、両側付属器摘出術、大網部分切除術、骨盤内リンパ節郭清術を施行した。術後TC療法15日目に発熱、右鼠径部の疼痛があり、右骨盤内に径7cmのリンパ嚢胞を認めた。抗菌薬を投与するもTC療法24日目の血液検査で白...
当科病棟における院内感染予防目的での手指衛生実施状況について
司馬 正浩, 八木 慶太, 西澤 美紀, 橋本 啓, 長屋 陽平, 中川 一平, 神田 蘭香, 瀬戸 理玄, 福井 志保, 森田 政義, 一瀬 隆行, 櫻井 理奈, 生井 重成, 岸本 倫太郎, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 末永 昭彦, 笹森 幸文, 木戸 浩一郎, 梁 栄治, 綾部 琢哉
日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集   35回 63-63   2018年5月
子宮筋腫表面の血管叢が妊娠中に破綻しショックをきたした1例
木戸 浩一郎, 橋本 啓, 一瀬 隆行, 櫻井 理奈, 岸本 倫太郎, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 梁 栄治, 綾部 琢哉
関東連合産科婦人科学会誌   55(2) 273-273   2018年5月
【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】 子宮頸がん 子宮頸癌の発生 HPVに関する新知見
長阪 一憲
日本臨床   76(増刊2 婦人科がん) 196-201   2018年3月
子宮体癌術後治療としての放射線療法と化学療法との比較検討
井上 知子, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 田口 歩, 江口 聡子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   55(1) 119-123   2018年3月
子宮体癌の中・高リスクにおける術後補助療法の方法のコンセンサスは得られていない.術後放射線療法を組み合わせた後療法の治療成績と予後を検討した.【対象と方法】当院倫理制度のもと,2000年〜2013年に当院で根治術を行った子宮体癌559例のうち,再発中リスク以上を有する154例に対し術後放射線治療を行った群(RT群)72例と,化学療法を行った群(CT群)82例(追跡期間中央値RT群112ヵ月,CT群61ヵ月)を対象とし,全生存期間,初回再発部位,合併症について比較検討した.【結果】再発中リス...
ベバシズマブ併用化学療法を施行した照射野内再発子宮頸癌の3症例
倉持 美佐子, 長阪 一憲, 久木田 麻子, 福田 友彦, 齋藤 泉, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   66(4) 682-687   2017年10月
再発または進行性子宮頸癌におけるベバシズマブ(Bev)併用化学療法が、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)を有意に延長させることが示されている。当施設においてTP+Bev(パクリタキセル、シスプラチン、ベバシズマブ)療法を施行した照射野内再発子宮頸癌の症例3例を経験した。いずれの症例も組織型はSquamous cell carcinomaであり、治療進行中の症例もあるがTP+Bev療法後Partial response(PR)あるいはComplete response(CR)を維持...
「それぞれの癌」最善の治療とは? 腹膜播種治療の今 卵巣癌腹膜播種に対しての治療法
織田 克利, 長阪 一憲, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 松本 陽子, 有本 貴英, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 SY8-1   2017年10月
卵巣癌患者の妊娠例(A case of pregnancy with ovarian cancer)
高橋 優, 長阪 一憲, 冨尾 賢介, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 IS3-5   2017年10月
ベバシズマブ併用化学療法を施行した照射野内再発子宮頸部扁平上皮癌の3症例
倉持 美佐子, 長阪 一憲, 久木田 麻子, 福田 友彦, 齋藤 泉, 田口 歩, 冨尾 賢介, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P133-5   2017年10月
子宮肉腫を契機として動脈内血栓による多臓器梗塞を発症した1例
山口 翔吾, 曾根 献文, 荒川 知子, 山口 広平, 三角 史, 浅田 佳代, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(3) 307-307   2017年10月
MDM2阻害剤DS-3032bおよびmTOR阻害剤everolimusの卵巣および腎由来の明細胞癌に対する抗腫瘍効果の検討
川田 淑子, 長阪 一憲, 織田 克利, 竹内 真, 大木 慎也, 西島 明, Chuwa Agapiti, 牧井 千波, 谷川 道洋, 曾根 献文, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   76回 P-1283   2017年9月
転写因子はBRCA1と新規複合体を形成し、相同組み換え修復を制御する
本城 晴紀, 谷川 道洋, 平池 修, 織田 克利, 町野 英徳, 川田 淑子, 児嶋 真千子, 大木 慎也, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   76回 J-2001   2017年9月
ヒストンメチル化酵素SETD8を標的とした子宮体癌における新規エピゲノム創薬の検討
大木 慎也, 曾根 献文, 織田 克利, 浜本 隆二, 町野 英徳, 児嶋 真千子, 久木田 麻子, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   76回 P-2090   2017年9月
希少細胞の一細胞解析に向けた障害物付マイクロウェルデバイスの開発
竹内 真, キム・スーヒョン, 長阪 一憲, 吉田 后那, 川田 淑子, 織田 克利, 藤井 輝夫
日本癌学会総会記事   76回 P-2322   2017年9月
子宮体癌腹腔鏡下手術における左右骨盤リンパ節郭清個数の比較検討
江口 聡子, 織田 克利, 有本 貴英, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 冨尾 賢介, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33(Suppl.I) 35-35   2017年8月
当科における腹腔鏡下子宮体癌手術の治療成績
有本 貴英, 江口 聡子, 織田 克利, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33(Suppl.I) 349-349   2017年8月
婦人科腫瘍を専門とする医師におけるサブスペシャリティー 腹腔鏡・子宮鏡手技教育のニーズとは?
織田 克利, 有本 貴英, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 曾根 献文, 谷川 道洋, 江口 聡子, 井上 知子, 樫山 智子, 田口 歩, 宮坂 亞希, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 丸山 正統, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33(Suppl.I) 555-555   2017年8月
子宮鏡による狙い撃ち生検によって診断し得た子宮体部漿液性腺癌の1例
曾根 献文, 長阪 一憲, 樫山 智子, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 松本 陽子, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33(Suppl.I) 1132-1132   2017年8月
脈管侵襲、特に静脈侵襲に着目した子宮体癌の臨床病理学的予後因子の検討
田口 歩, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 河田 啓, 樫山 智子, 江口 聡子, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 540-540   2017年6月
ヒストンメチル化酵素SETD8を標的とした子宮体癌における新規エピゲノム創薬の検討
大木 慎也, 曾根 献文, 織田 克利, 町野 英徳, 児嶋 真千子, 川田 淑子, Agapiti Chuwa, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 543-543   2017年6月
稀少組織型子宮頸部悪性腫瘍32例の治療・予後に関する後方視的検討
稲葉 洋文, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 548-548   2017年6月
子宮体癌における子宮内膜症合併の意義の検討
佐藤 麻梨恵, 田口 歩, 足立 克之, 福井 大和, 河田 啓, 樫山 智子, 江口 聡子, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 558-558   2017年6月
長期の再発治療中に治療関連骨髄異形成症候群(tMDS)を発症したBRCA変異陽性卵巣癌の1例
本城 晴紀, 谷川 道洋, 織田 克利, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 井上 知子, 森 繭代, 曾根 献文, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 609-609   2017年6月
子宮頸部原発悪性黒色腫に対して免疫チェックポイント阻害剤を使用した一例
久木田 麻子, 曾根 献文, 三角 史, 斎藤 泉, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 620-620   2017年6月
類内膜腺癌G1、1A期の子宮体癌における傍大動脈リンパ節郭清(PAN廓清)施行症例の検討
江口 聡子, 田口 歩, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 河田 啓, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 621-621   2017年6月
婦人科悪性腫瘍に伴い脳梗塞を呈したTrousseau症候群の3例
草本 朱里, 谷川 道洋, 斎藤 泉, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   35(3) 646-646   2017年6月
子宮体癌術後早期に下行結腸癌を発症しLynch症候群が疑われた一例
上原 真里, 足立 克之, 井上 知子, 川名 敬, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 160-160   2017年5月
子宮体癌術後治療としての放射線療法と化学療法との比較検討
井上 知子, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 田口 歩, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 183-183   2017年5月
子宮頸部及び体部に広範囲に浸潤性漿液性腺癌を認めた1例
谷川 道洋, 堂本 裕加子, 長阪 一憲, 高橋 優, 曾根 献文, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 289-289   2017年4月
細胞診・組織診による術前診断が困難であり、手術にて診断に至った2症例
草本 朱里, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 宮坂 亞希, 田中 麻里子, 阿部 浩幸, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 358-358   2017年4月
子宮頸部上皮内腺癌の重複発生が疑われた卵管原発粘液性腺癌の一例
上原 真里, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 宮坂 亞希, 森田 茂樹, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 375-375   2017年4月
孤発性の小腸転移をきたした子宮体部漿液性腺癌の1例
牧 瑛子, 森 繭代, 田口 歩, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   66(1) 58-61   2017年1月
子宮体癌において限局性の小腸転移は稀である。今回我々は小腸転移をきたした子宮体部漿液性腺癌症例を経験したので報告する。症例は75歳女性、2経妊2経産。不明熱およびCA125の上昇傾向を認め精査目的に受診された。造影MRI、CTにて漿膜面に達する子宮腫瘍と腹腔内に腫瘍の存在が疑われ、PET-CTでは子宮体部および右下腹部に腫瘤状の高集積を認めた。子宮内膜組織診にてcarcinosarcomaを疑う悪性所見を認めたため、開腹の上可及的に腫瘍摘出術を行う方針とした。術中、小腸表面に辺縁平滑で分葉...
【機能温存と撲滅を目的とした子宮頸がんの診療ストラテジー】 分子生物学的視点からのHPV発癌メカニズム
長阪 一憲
産婦人科の実際   65(11) 1463-1470   2016年10月
ヒトにおける抗PEG IgM抗体の産生とPLD投与への影響
松本 陽子, 藤本 麻葉, 清水 太郎, 曾根 献文, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 石田 竜弘, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   75回 IS4-10   2016年10月
子宮頸部悪性病変におけるハイリスク型HPV E6/E7癌遺伝子と宿主標的遺伝子の転写産物動態とその解析
長阪 一憲, 田口 歩, プレシ・シャルル, 加藤 紗智, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   75回 E-2105   2016年10月
子宮体癌においてDNA修復系タンパク(ATM、ATR)を標的とした治療薬はGenotoxicな治療の感受性を増強する
竹内 真, 谷川 道洋, 織田 克利, 曾根 献文, 本城 晴紀, 大木 慎也, Chuwa Agapiti, 長阪 一憲, 蔵本 博行, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   75回 P-3115   2016年10月
子宮 子宮頸がんの治療戦略 広汎/準広汎子宮頸部摘出術の可否における術中リンパ節転移探索の有用性
足立 克之, 川名 敬, 森 繭代, 曾根 献文, 谷川 道洋, 田口 歩, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS10-3   2016年10月
子宮 子宮頸がんの放射線療法・化学療法 当院における子宮頸癌IVb期の治療成績と予後因子の検討
川田 淑子, 長阪 一憲, 織田 克利, 田口 歩, 樫山 智子, 江口 聡子, 谷川 道洋, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS21-3   2016年10月
子宮 子宮体がんの手術療法 子宮内膜異型増殖症またはAPAMの術前診断における子宮鏡下手術(TCR)の有用性の検討
織田 克利, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 平田 哲也, 池村 雅子, 松本 陽子, 丸山 正統, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS98-2   2016年10月
子宮 子宮体がんの手術療法 リンパ節転移陽性の子宮体癌において付属器転移は予後不良因子である
町野 英徳, 織田 克利, 曾根 献文, 有本 貴英, 田口 歩, 樫山 智子, 谷川 道洋, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS98-6   2016年10月
粘漿液性部分と明細胞部分が共存した卵巣境界悪性腫瘍の一例
稲葉 洋文, 足立 克之, 有本 貴英, 森 繭代, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 長阪 一憲, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 稔, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 372-372   2016年8月
子宮内膜悪性疑い病変に対して子宮鏡下腫瘍切除術を施行した症例の後方視的検討
長阪 一憲, 織田 克利, 丸山 正統, 池村 雅子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 有本 貴英, 平池 修, 甲賀 かをり, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Suppl.I) 197-197   2016年8月
子宮内膜異型増殖症の術前診断で腹腔鏡下子宮全摘術を施行した症例における子宮体癌のリスク予測因子の検討
織田 克利, 甲賀 かをり, 平田 哲也, 丸山 正統, 池村 雅子, 松本 陽子, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 曾根 献文, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Suppl.I) 206-206   2016年8月
大網原発のextra-gastrointestinal stromal tumorの1例
松井 遥香, 長阪 一憲, 森 繭代, 曾根 献文, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行, 河辺 昭宏, 阿部 浩幸, 池村 雅子
東京産科婦人科学会会誌   65(3) 607-612   2016年7月
GISTは腹腔内腫瘍であり婦人科領域疾患との鑑別を要することがある。大網原発extra-GISTの1例を報告する。症例は66歳、腹部膨満感を主訴に受診した。腹部骨盤造影CT画像で腹腔内に充満する造影効果不均一な結節性病変を認め、腫瘍内部の出血、壊死部を示唆した。上部・下部消化管内視鏡検査で異常を認めなかったことから、婦人科悪性腫瘍が疑われた。組織診断目的に開腹腫瘍生検術を施行した。手術検体の病理検査でGISTと診断されたが、術後6日目に急性肝機能障害となり死亡した。剖検所見では大網に15c...
広汎子宮全摘術における膀胱子宮靱帯周囲の処理の工夫 修練医による出血回避法
川名 敬, 長阪 一憲, 足立 克之, 鶴賀 哲史, 曽根 献文, 森 繭代, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
産婦人科手術   (27) 131-131   2016年6月
子宮内膜悪性病変症例に対する子宮鏡下腫瘍切除術の有用性
長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 丸山 正統, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
産婦人科手術   (27) 151-151   2016年6月
リンパ節転移陽性子宮頸部腺癌に対する術後補助療法としてのsequential chemo-radiationの検討
鶴賀 哲史, 織田 克利, 森 繭代, 三浦 紫保, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 堀江 弘二, 荷見 ようこ, 喜納 奈緒, 川名 敬, 大須賀 穣, 横田 治重, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 409-409   2016年6月
卵巣癌新進行期分類(FIGO2014)IIIA1期の再発形式と予後の検討
田中 智基, 長阪 一憲, 織田 克利, 田口 歩, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 439-439   2016年6月
アロマターゼ阻害薬にて病勢コントロールが得られた再発子宮体癌の3例
國富 千智, 有本 貴英, 織田 克利, 田中 智基, 田口 歩, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 459-459   2016年6月
再発卵巣癌・腹膜癌53例に対するsalvage chemotherapyとしてのweekly CPT-11療法の有用性について
稲葉 洋文, 藤井 知行, 大須賀 穣, 川名 敬, 織田 克利, 有本 貴英, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 谷川 道洋, 江口 聡子, 山下 亜紀, 樫山 智子, 田口 歩, 田中 智基, 曾根 献文
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 511-511   2016年6月
心臓転移を来した子宮頸癌の1例
賀来 哲明, 森 繭代, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(2) 236-236   2016年5月
子宮内膜異型増殖症の診断で鏡視下手術を施行した症例における術前内膜細胞診所見
織田 克利, 松本 陽子, 長阪 一憲, 足立 克之, 池村 雅子, 有本 貴英, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.1) 161-161   2016年4月
子宮頸部腫瘍の病態に関する新知見 診断・治療法の開発に向けて 子宮頸癌におけるHPVウイルス発癌メカニズムをターゲットにした発癌予知バイオマーカーと治療薬開発に関する研究
長阪 一憲
日本産科婦人科学会雑誌   67(11) 2524-2536   2015年11月
子宮頸癌におけるHPVウイルス発癌メカニズムをターゲットにした発癌予知バイオマーカーと治療薬開発について検討した。HPV16陽性でCIN1由来のW12細胞と子宮頸癌細胞株SiHa、CaSki細胞のRNAを抽出し、CAP修飾した全RNAの5'端をタグとして精製、次世代シークエンサーで網羅的転写産物解析(CAGE法)を行った。W12細胞ではクラスタリングされた非常に多くの転写開始点からの多くの転写産物の存在を認め、センス鎖に25個、アンチセンス鎖に4個を同定した。子宮頸癌では、ウイルス由来の転...
ヒトiPS細胞を用いて作製した子宮頸部上皮幹細胞におけるHLA-G発現と子宮頸癌幹細胞の免疫寛容機序に関する研究
佐藤 雅和, 川名 敬, 藤本 麻葉, 足立 克之, 田口 歩, 吉田 光代, 嘉本 寛江, 山下 亜紀, 高橋 樹里, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 99-99   2015年11月
腫瘍免疫における癌原遺伝子(ras、myc)の免疫系への関与と卵巣癌腹腔内進展様式への影響に関する研究
吉田 光代, 川名 敬, 田口 歩, 高橋 樹里, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 真壁 智子, 井上 知子, 山下 亜紀, 足立 克之, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 織田 克利, 清野 透, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 125-125   2015年11月
腹膜癌モデルマウス腹腔内微小環境におけるT細胞、樹状細胞サブセットの検討 癌原遺伝子の獲得免疫系への影響について
高橋 樹里, 川名 敬, 田口 歩, 吉田 光代, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 井上 知子, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 126-126   2015年11月
子宮体癌根治術直後に、大動脈の壁在血栓による急性下肢動脈閉塞症をきたした1例
篠原 智子, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   64(4) 630-636   2015年10月
子宮体癌根治術後に大動脈の壁在血栓による急性下肢動脈閉塞症をきたした症例を経験した。患者は63歳、3回経妊2回経産で喫煙歴、肥満、耐糖能異常を認めた。不正出血を認め、精査にて子宮体癌IIIC1期疑いで、準広汎子宮全摘出術+両側付属器切除+骨盤リンパ節郭清+傍大動脈リンパ節郭清を施行した。術中に約2cmの大動脈の瘤状腫大を認めた。術直後より右下肢の蒼白を認め、足背動脈の拍動を触知せず、血管エコーでの血流の途絶およびドプラで血流音の消失を認め、急性右下肢動脈閉塞症の診断で緊急血栓除去術が施行さ...
子宮鏡下手術を施行し確定診断に至った子宮内膜悪性病変症例の後方視的検討
長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 丸山 正統, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.2) 557-557   2015年10月
ウイルス由来新規アンチセンスRNAが存在する意義と、ウイルス遺伝子転写開始点転換群が持つ意義の検討
田口 歩, 長阪 一憲, 川名 敬, 中村 寛江, 柊元 巌, 織田 克利, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   74回 E-1097   2015年10月
癌遺伝子(ras、myc)は癌微小環境に働きかけ卵巣癌の腹腔内の癌進展様式を変化させる
吉田 光代, 田口 歩, 川名 敬, 冨尾 賢介, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 足立 克之, 織田 克利, 清野 透, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   74回 J-1100   2015年10月
Gremlin1の幹細胞から見た機能解析と子宮頸癌における意義
佐藤 雅和, 川名 敬, 吉田 光代, 藤本 麻葉, 中村 寛江, 田口 歩, 西田 春香, 井上 知子, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   74回 P-2057   2015年10月
Par3(partitioning defecetive 3)極性蛋白は卵巣癌のEMTと浸潤に関与する
中村 寛江, 長阪 一憲, 川名 敬, 高橋 樹里, 吉田 光代, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 田口 歩, 足立 克之, 織田 克利, 有本 貴英, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   74回 P-3187   2015年10月
進行卵巣癌に対するベバシズマブ療法の至適使用および安全性に関する後方視的検討
長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 田口 歩, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会誌   50(3) 707-707   2015年9月
子宮 子宮体がん治療の新たな工夫 腹腔鏡下子宮体癌手術における安全性、手術完遂度、スキルアップ法の検討に関する研究
川名 敬, 鶴賀 哲史, 松本 陽子, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 曽根 献文, 有本 貴英, 田口 歩, 山下 亜紀, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会誌   50(3) 1134-1134   2015年9月
子宮 子宮頸がんの手術療法と術後治療法 子宮頸癌手術に傍大動脈リンパ節廓清は不要か? IB2、IIA2、IIB期308例の後方視的検討
鶴賀 哲史, 川名 敬, 藤本 麻葉, 三浦 紫保, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 堀江 弘二, 織田 克利, 荷見 よう子, 喜納 奈緒, 八杉 利治, 横田 治重, 藤井 知行
日本癌治療学会誌   50(3) 1292-1292   2015年9月
Pegfilgrastimは婦人科腫瘍化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制に有用である
外島 由梨, 森 繭代, 折山 豊仁, 山下 亜紀, 曾根 献文, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大野 能之, 長瀬 幸恵, 鈴木 洋史, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会誌   50(3) 2257-2257   2015年9月
ケア がん患者の胸腹水管理 婦人科悪性腫瘍に対するCART(腹水濾過濃縮再静注法)の有用性に関する検討
川田 淑子, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 花房 規男, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌治療学会誌   50(3) 2745-2745   2015年9月
子宮頸部胃型腺癌症例における臨床病理学的検討
柳澤 愛実, 松本 陽子, 前田 大地, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   52(3) 438-438   2015年8月
子宮肉腫の術前鑑別診断 フローチャートの提言
山口 広平, 田口 歩, 足立 克之, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   52(3) 441-441   2015年8月
母子感染予防のための尖圭コンジローマ合併妊婦に対するレーザー蒸散術の有用性とウイルス学的検討
高橋 樹里, 田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 足立 克之, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行
臨床婦人科産科   69(7) 697-702   2015年7月
目的:尖圭コンジローマ合併妊婦から生まれた児では,HPV6/11型による母子感染症(再発性呼吸器乳頭腫症:JORRP)を発症する可能性がある.本研究では,コンジローマ合併妊婦に対するレーザー蒸散術の有用性を検討した.方法:当該施設倫理委員会承認のもと,妊娠中にCO2レーザー蒸散術を施行した尖圭コンジローマ合併妊婦28例につき母子の臨床経過を調べた.21例については児の咽頭HPVのウイルス学的評価を行った.結果:28例で術後合併症はなかった.全例が術後の分娩時に肉眼的病変は消失し,25人が正...
20-40歳代の卵巣類内膜腺癌における子宮内膜症合併vs非合併症例の比較検討
山下 亜紀, 川名 敬, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   33(3) 582-582   2015年6月
子宮頸部上皮異形成1368例のHPV型分布の年次推移と年齢分布に関する後方視的検討
田中 智基, 長阪 一憲, 川名 敬, 山下 亜紀, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   33(3) 594-594   2015年6月
プラチナ製剤を再投与された子宮頸癌再発例に関する予後因子の検討
鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   33(3) 596-596   2015年6月
既存の分類で診断困難な、筋上皮腫・筋上皮癌への類似性を認めた外陰部悪性腫瘍再発の1例
馬場 聡, 足立 克之, 森 繭代, 曽根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行, 深山 正久, 柴原 純二
日本婦人科腫瘍学会雑誌   33(3) 637-637   2015年6月
当院における成熟嚢胞性奇形腫悪性転化11症例に対する後方視的検討
三村 暢子, 長阪 一憲, 秋葉 直也, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   52(2) 282-282   2015年5月
子宮部分切除およびMEA療法で寛解を得た治療抵抗性侵入奇胎の一例
田中 智基, 足立 克之, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   52(2) 307-307   2015年5月
【これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集】 腫瘍マーカー 乳腺・婦人科系 CA125,CA130,CA602
長阪 一憲, 矢野 哲
Medicina   52(4) 484-485   2015年4月
子宮体癌に合併するリンパ脈管筋腫症の2症例
鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 206-206   2015年4月
当科における子宮頸部胃型腺癌症例の検討
柳澤 愛実, 松本 陽子, 曾根 献文, 菊地 良直, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 藤井 知行
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 297-297   2015年4月
子宮頸部腫瘍の病態に関する新知見 診断・治療法の開発に向けて 子宮頸癌におけるHPVウイルス発癌メカニズムをターゲットにした発癌予知バイオマーカーと治療薬開発に関する研究
長阪 一憲
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 425-426   2015年2月
女性ヘルスケア 日本人HIV-1感染者におけるGag特異的CD8陽性T細胞の解析
齊藤 泉, 川名 敬, 立川 愛[川名], 田口 歩, 西田 晴香, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 井上 知子, 長阪 一憲, 矢野 哲, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 504-504   2015年2月
子宮頸癌 治療の新展開 CIN3治療薬であるHPVE7標的癌ワクチンの改良をめざした乳酸菌の菌体表出E7分子数に関する検討
山下 亜紀, 川名 敬, 足立 克之, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 田口 歩, 中村 寛江, 井上 知子, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 518-518   2015年2月
子宮体癌由来の癌関連線維芽細胞(Cancer-associated fibroblasts:CAF)によるナチュラルキラー(NK)細胞の抑制メカニズムの解明
井上 知子, 川名 敬, 永松 健, 田口 歩, 藤本 麻葉, 中村 寛江, 西田 晴香, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 546-546   2015年2月
生理活性物質レスベラトロールは卵巣癌上皮、腫瘍内マクロファージ(TAM)を制御して癌性腹膜炎を制御する
田口 歩, 川名 敬, 吉田 光代, 中村 寛江, 古屋 仁美, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 557-557   2015年2月
癌遺伝子(ras、myc)は癌微小環境に働きかけ卵巣癌の腹腔内の癌進展様式を変化させる
吉田 光代, 川名 敬, 田口 歩, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 井上 知子, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 558-558   2015年2月
細胞極性蛋白質Par3(Partitioning defective 3)は卵巣癌の上皮間葉転換に関与する
中村 寛江, 川名 敬, 長阪 一憲, 田口 歩, 吉田 光代, 西田 晴香, 藤本 麻葉, 井上 知子, 佐藤 雅和, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 559-559   2015年2月
肥満患者の創部感染予防におけるDouble Aspiration Catheter(DAC)法の有用性
鈴木 研資, 松本 陽子, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 579-579   2015年2月
子宮頸癌における癌幹細胞の形成過程に関する幹細胞マーカーを用いた免疫組織学的検討
佐藤 雅和, 川名 敬, 足立 克之, 藤本 麻葉, 田口 歩, 長阪 一憲, 井上 知子, 中村 寛江, 西田 晴香, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 820-820   2015年2月
Interval Surgery(IS)を施行した進行卵巣癌の再発に関する検討
田中 智基, 長阪 一憲, 山下 亜紀, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 855-855   2015年2月
細胞診のみでは悪性診断に至らなかった子宮頸部腺癌の2例
児嶋 真千子, 冨尾 賢介, 有本 貴英, 木下 紗林子, 山本 泰廣, 江口 聡子, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   63(4) 677-681   2014年10月
子宮頸部粘液性腺癌の中には胃型形質を発現するものがあり、細胞異型に乏しく診断が容易でないことが多い。また、子宮頸部明細胞腺癌は症例数が少なく、特徴的な細胞像について統一見解が得られていない。細胞診のみで悪性診断に至らなかった子宮頸部腺癌の2例を報告する。(1)74歳、3経妊2経産。子宮留水症を認め当院紹介。頸部・内膜細胞診でNILMおよびAtypical Glandular Cell(AGC)、MRIにて内頸部病変を認め、組織診で粘液性腺癌を認めた。術後、胃型形質を有する子宮頸部粘液性腺癌...
がん浸潤におけるPar3極性分子の機能(Various actions of Par3 polarity protein in cancer invasion)
中村 寛江, 長阪 一憲, 川名 敬, 田口 歩, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 井上 知子, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   73回 P-1350   2014年9月
腫瘍内微小環境と癌細胞をターゲットとしたレスベラトロールの抗腫瘍効果(Antitumor effect of resveratrol by modulating tumor microenvironment and inducing cancer cell apoptosis in mouse model)
田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 吉田 光代, 中村 寛江, 山下 亜紀, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 藤井 知行
日本癌学会総会記事   73回 P-1351   2014年9月
リンパ節郭清術後にリンパ脈管筋腫症と診断された子宮体癌の1例
鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   51(3) 401-401   2014年8月
ベバシズマブ併用療法を施行した進行卵巣癌の3例
飯高 さゆり, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   51(3) 407-407   2014年8月
子宮頸管狭小化・狭窄例に対する子宮鏡検査・手術等の経子宮頸管処置におけるミソプロストール前投与の有用性
松本 陽子, 平池 修, 齊藤 亜子, 江口 聡子, 高村 将司, 伊藤 正典, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 原田 美由紀, 廣田 泰, 有本 貴英, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30(Suppl.I) 263-263   2014年8月
子宮頸部明細胞腺癌の一例
冨尾 賢介, 前田 大地, 安田 政実, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科病理学会誌   5(1) 25-29   2014年6月
当院における腹式子宮頸部摘出術(Trachelectomy)23例の検討
金 愛理, 川名 敬, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   32(3) 505-505   2014年6月
子宮体癌中分化型(G2)腺癌症例の予後解析と治療成績の検討
河田 啓, 川名 敬, 川田 淑子, 金 愛理, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本婦人科腫瘍学会雑誌   32(3) 535-535   2014年6月

書籍等出版物

 
HPV (ヒトパピローマウイルス) 臨床検査ガイド2015 年改訂版
長阪一憲
文光堂. 東京   2015年   
ヒトパピローマウイルスDNA検査 臨床検査ガイド2013-2014.
長阪一憲
文光堂. 東京   2013年   
これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集】 腫瘍マーカー 乳腺・婦人科系 CA125,CA130,CA602
長阪一憲
Medicina   2012年   
プリンシプル産科婦人科学 1 婦人科編 第3版 監修 武谷雄二 上妻志郎 藤井知行 大須賀穣
長阪一憲
メジカルビュー社   

競争的資金等の研究課題

 
HPVによる子宮頸癌発癌メカニズムの解明および悪性腫瘍に対する新規治療法の開発
細胞極性崩壊による発癌機構に着目した婦人科腫瘍の悪性化予測バイオマーカーの開発
進行性・転移性卵巣癌におけるPar3複合体の機能解析とEMT阻害剤開発への応用
子宮頸がん検診におけるHPV検査の有用性に関するJCHO内多施設共同研究
マイクロ流体アプローチによる1細胞トランスクリプトーム解析とその応用展開